08.06
Mon
私は7年前に買ったふる〜〜いデジカメを後生大事に使っていたのだすが、ケーキとかを撮ろうとするといまいち画面が悪かったりするだす。接写とかにむいてないのだしょう。先日面接のときにもって行った写真をてるこさんに見せていたら「すごいキレイなケーキなんだけどさ、なんでもっと良いカメラで撮らないの?」といわれてしまいますた。そうなんだよな、古いカメラしか持ってないんだよな・・・。んで、やっぱここはもう7年も経っていることだしということで、今日は新しいデジカメを買いますた。いえ〜〜い。技術は進歩するんだすね〜。カメラはコンパクトですごく小さいし、そしてシャッタースピードも速く、画面も大きくなによりもとてもキレイに撮れるだす。これから作ったケーキなどはいろいろと写真を撮っていけると思うと嬉しくなりますた。
この週末はびっくりするくらいの晴天。エゲレスにもプチ夏がきたという感じで、一日中庭でくつろいで楽しみますた。7月はものすごく天気が悪くてミゼラブルな夏だっただけに(ほとんど夏ではなかった)、この数日というもの、浮かれまくりだす。同居人もずっと庭に座って仕事をしておられますた。天気がいいとこうも幸せになれるのかと思うと、普段天気が悪いことがいいことなのか悪いことなのかわかんないだすよ。ずっと良い天気だったらべつにうれしかないだすしね。
友人のハイジがまたしても「結婚したいモード炸裂」に入っておられて、なんちゅーか気の毒ですた。白馬の王子様なんて現れないっすよ。結婚したいならそれなりの自分の努力っつーか、相手に求めるばかりでなく、自分にも提示するものが必要な気がするだすよ。「結婚=ゴール」ではなく、「結婚=実生活」なのだと思うだすから。
とはいえ、職場の周りで結婚や出産が相次ぐと取り残された気分で変に焦ったりするようだす。そして挙句にはボーイフレンドに「結婚したい、仕事やめたい、なんで私とは結婚できないのか?」と迫りたくなるらしい。ある意味それはプロポーズ(脅迫?)。もう少し冷静になったほうがいいんじゃないか?と思ったりするのだすが。ハイジのボーイフレンドは私の元同僚で今の彼の状況は痛いほどよくわかるので(とてもじゃないけどこの1年ぐらいは結婚どころじゃない)、ああ、そんなにガールフレンドに迫られたらかわいそうだよな・・・と同情してしまうだす。願わくば、この1年以内に彼の仕事の状況が落ち着いてハイジに少しでも心の安らぎが与えられることを祈るばかりだす。でも、最近はどうやら二人ともそんなタイミングが合わないことにギクシャクしているらしい。恋愛って難しいだす。そして結婚はもっと難しい。
そもそも日本社会ってとりあえず結婚ありきという体質だすしね。エゲレスは結婚という形よりも、もっと実質的な生活を重んじていると思うだす。私はそのほうがずっと合理的だと思うのだす。結婚がゴールじゃなくて、二人で確立したものを踏まえての結果として結婚という形をとるという、そんな理想が成り立つといいな〜と思っておりまする。

comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/472-6c7a486b
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top