11.08
Thu

月曜日はGuyFawkesという歴史的に意味のあるらしき花火の日ですた。んで、もちろん市の花火大会に気合いれていきますたわさ。結構大きな花火が間近で見られるので楽しいだす。いつもは結構寒くてたまらない気がしていたのだすが、今年は外で始まるのを待っていてもそんなに寒くはなかっただす。やっぱ地球温暖化なんだすかね〜。
そして陽陽陽さんのところで栗の話が出ていたのが羨ましくて悔しがっていたら(ちくしょ〜羨ましいぜ)、よく行くスーパーのセンスベリで栗を発見!おおっ!しかもオーガニック(謎)。イタリア産の栗が売られていたので早速購入。うーん、マロニェ〜(意味不明)。鬼皮を剥いて、渋皮を剥いてと作業していたら同居人に「すごい手間がかかるんだね・・・」とは言われますたが執念で栗おこわを作りますた。これが結構美味しかった。ま、日本の丹波栗とかには負けるけど、それでも結構おいしゅうございますた


comment コメント 4
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/434-5f77a4b2
Trackbacks:
Comments:
「栗好き」にはタマラン季節です
っがなんと言っても「手間」がね〜
来年は「渋皮煮」(渋皮ごと煮るのかしら?)にしようかと
思ってます
渋皮が破れてると煮崩れるらしいのですが
最終ドロドロにするなら関係ないか…っと思ってます
「その考えは甘い」かも知れません
陽陽陽 | 2007.11.09 01:55 | Edit
そう、なんと言ってもこの季節は栗!うちらにはタマラン季節でんがな!手間はかかるけど、結局美味しくいただけるので私はまたしてもこの週末にもスーパーで購入してしまいました。頑張って剥く気満々ですよ!
にしても渋皮煮ですって???それって甘栗みたいになるのかしら?甘栗ってキレイに剥けるじゃない???
しかし・・・何よりも大変なのは鬼皮を剥く事で、渋皮はそんな言うほど面倒っつーこともない気がするのでそれほど近道っつー気もしないでもないのだすが(あ、そんなこと言っちゃだめ?)。甘い考えでないことを祈るのみです。
ネコ | 2007.11.11 20:20 | Edit
やっぱり「甘い考え」の様でした
検索かけたら「とんでもないレシピ」の数々…
ぜ〜んぶの皮を剥いた方が簡単みたいです
大体「無農薬の栗」だと「虫ごと何時間も何回も煮る」
ってことになって、良いおダシが出そうです
「お湯か水に少しつけた方」が『鬼皮』は剥き易く
なる様です
来年は「皮むき機」を買うことにします
(なんだか毎年言ってるけど…)
陽陽陽 | 2007.11.12 00:52 | Edit
ぎゃはははは。甘い考えでしたか!虫ごと何時間も煮るというのに笑ってしまいました。確かに私がスーパーで買ったものもオーガニック!この間割ったときにも結構な確率でいらっしゃいました。私はいつもボウルに入れて熱湯を注いでひたひたにして、お湯が冷めるまで数時間浸しておいてそれから鬼皮を剥いています。今日の料理か何かの本に書いてあったのですが、下(?)のヘタ部分(?)を切り落として剥くと剥きやすいそうで、確かにそんな気がするので私もそうしてます。でも、やっぱ手間ひまかかりますよね。この週末には頑張って栗入りどらやきとか作ろうかと思ったりしてます。もうどこからどこまでも野望の塊(栗を甘露煮にする、どら焼きの皮を焼く、あんこを煮る)のような作業なのできっと実行されないまま、剥いた栗はやっぱり栗ご飯になって終わりそうです。
ネコ | 2007.11.14 18:54 | Edit
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top