05.07
Thu
あんまり早くから産休とって遊びまくっているので(おほほ)友人とかに「もう生まれたの?」とかいうメールを貰うのだすが、まだだす!(キッパリ)。現在35週目で、あと予定日まで1ヵ月もあるだすよ!このまったり生活がまだ1ヶ月も!!!いやっほ〜〜〜〜!
しかし、臨月に入る前に病院に行くバックとか整えておいたほうがいいといわれているので、病院に持っていくリストをチェックしたり。そろそろかばんにいろいろ入れ始めようかなと思ってまする。しかし、そのリストは

ナイトドレス 2枚
ドレッシングガウン 1枚 (軽いものが好ましい)

・・・舞踏会にでも行くのだすか?

って感じで思わず笑ってしまいますた。このナイトドレス(Nightdress)というのはいわゆる寝巻き・パジャマのことらしく、ドレッシングがウン(Dressing Gown)というのはその上に羽織るガウン。ドレッシングですぜ!ドレッシング!!!(サラダじゃないっつーに)。イコマさんと電話でもこの話をして二人で大笑いしておりますた。とりあえず家にある今はほとんど着てないガウンを鞄につめますた。それと新生児用のオムツとか、自分のための産褥パッドとか、そういう出産後のものも別の鞄に。だいぶ気合入ってきたので、漸く今日は新生児用の買ったベビー服を洗濯したりしておりまする。ぎりぎりまで買ってなくてみんなに心配され(スマンだす)、その後買ってから安心してしもうて何もしてなかっただすが、やっと洗濯をするに至りますた。ワタシは真っ白の一番安い何の変哲もない下着を買ってしもうたのだすが、同居人のママが「これ使ってね、ミフィー好きでしょ?」と言ってミフィー柄の下着を何枚かくださいますた(ワタシは確かにミフィー大好きなんだす)しかもすぐに着られなくなると寂しいからと、大き目のサイズを。さすが同居人ママ!しかも同居人出身国はミフィーの国だけあって、ベビー用品売り場にはミフィーがあふれているそうだす!い、行きたい!!!ベビーが落ち着いたらどうせ同居人ママにもご対面に行くだろうし、その時に鼻息荒くいろいろと買いたいと野望メラメラだす。

そして体重増加はやはり運動もせずに家にこもっているのが敗因かと。確かにこのところ腹が重いとかいって動きも緩慢だすし(ほとんど牛?)。まあ、ひきこもりはワタシの得意とする分野なので(マジ)全然苦にはならないのだすが、この調子で体重が増えては困るということで、今週は散歩強化期間。近くの大型ショッピングセンターとか大型スーパーマーケットに気合を入れて歩いて行っておりまする。ワタシの住む町は坂道がほとんどない平らなところなので距離は遠くてもゆっくりさえ歩ければそんなに苦にはならない。大手のスーパーチェーンのセンスベリとかTESCOとかASDAとかがだいたいウチから歩いて2kmぐらいのところにちらほらとあるので、毎日違うスーパーにテクテク歩いて行ってみますた。目的があるほうが楽しい。とはいえ、今ののろのろ歩きだとほとんど牛歩戦術で片道3、40分ぐらいかかっていたりするのだすが・・・。でも、まあ体重が10%以上増えていてその分を運んでいると思えばかなりの運動ですな。いつもは街の中心にある小さなスーパーしか行かないので、普段行かない大型スーパーに行くと物があふれていてなんか見ているだけで相当嬉しいというアヤシイヤツ。昨日は新生児のSize2という46枚入りのオムツが普段は4.29ポンドなのに、3パックで10ポンドとお安かったので思わず買ってしもうた。こんなに量は要らないのか?とか思って心配になったので、横でバギーを押している女性に「これって今から3パックも買ったら多いですかね?」って聞いたら「オムツは半端じゃないくらい要るわよ、3パックじゃ全然足りないと思う。ここのスーパーのブランドのものはワタシは結構気に入ってるし大丈夫よ!ま、赤ちゃんにもよるみたいだけど」と親切にも教えていただきますた。まあ、体重3-6kg用なので大丈夫かと。・・・結構重くて帰りしんどかっただすが。でも、微妙に充実感が。こんなことでシアワセを感じられるお手軽な性格。
そういったものは置き場所がないのでリビングの片隅に積まれていっているのだすが、同居人が帰宅してオムツの山をみて笑っておられますた。いよいよ、我が家もそんな風景がっ・・・っていう気分なんだしょうな。リビングはきっとバギーが駐車されたり、子供用品が散らかったりしていくのだしょう。子供がいる人の家に行くと必ずそういうのがあるのをみて「うぉ〜〜、子供パワー」とか思ってた昔もあったのだすが、まさか自分の家がそうなるとは・・・。なんか不思議な感じだす。
comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/243-12a56559
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top