07.01
Fri
7月に入ったというのにイギリスはぜんぜんパッとしない天気で、私の夏はどこへ行っちゃったの?という感じだす。ここ近年、こういう異常気象が多すぎて、なんか変な気候に慣れてきてしまった気もしまする。それも寂しいよなー。
昨日はお子の学校の保護者面談ですた。今年の担任の先生はとても良い先生で暴れる小学生男子にも理解ある先生だったのが幸いしてお子はストレスのないとてもハッピーな一年の学校生活を過ごしますた。んでも、やっぱり面談に行くといろいろな現実を知らされるわけで(汗)聞いていてため息が出るような事柄もいっぱい・・・。世の中の親たちはみんなこんな思いをしているのだろうか?(遠い目)
図画工作とかの自由度の高い教科の授業はとことん集中できていないらしく、課題が終わらないことばかりらしい。確かに、自分でどんどん物事を推進しないといけない科目だと、ぼーっとしているお子には時間通りに終わらせることは無理だろうな・・・とか納得。もう少し集中してやってくれーーー!!!
まあ、普通の算数とか国語の教科の授業はちゃんと与えられた課題を時間内にはこなしているし、算数も英語のスペリングも読解力も今のところ問題ないそうなので、それだけはホッとしますた。よかったよ、ほんのちょっとだけ救われた?
何れにしても、お友達との問題もなく、毎日本当に楽しく学校に行っているのでヨシかな。これで問題ありまくりだったら、私も精神的にアップアップで疲弊するので、元気に楽しく通っていてくれるだけでもありがたいことだと思うことにしよう(でないとやってられん?)
そしてお子はもう来週でこの学年が終わって長い夏休みに入りまする。この1年間はすんごい早かったっす!担任の先生も今年は元気な子が多くてものすごく活発な1年であっという間でしたとおっしゃっておりますたが。多分、その「活発」という柔らかいお言葉にはしてくれているものの、現実には暴れる男子が台頭するクラスで先生も大変だったのだしょうな。暖かく見守ってくださった先生にはひたすら感謝の言葉しかありませぬ。
学校の年度末になるに従っていろんな連絡が来るのだすが、たまに読み間違えていたりすること多し。来週の金曜日はクラスでパーティをする予定らしく、先生からお知らせが来ていたのだすが、私はそれが今週の金曜日だと勘違いしておりますた。金曜日は体操服で登校するのだすが、もうちょっとでお子に普通の制服で行かせるところだったよ!気がついてよかったっす。
だって、先生からの連絡のメールがたくさん指示が詰まっていてわかりにくかったと言い訳をしていたら夫に「読解力不足」と言われてしもうた。確かに、英語の文章読むのって苦労するよな。すでにお子の方が私より読解力があるだすよ!やばい!
comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/1684-402eb3dd
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top