05.18
Wed
そして待ちに待った食洗機がやっと導入されますた。配達の可能な日がなかなか私の空いている日に当てはまらなかったので、結局3週間も待つ羽目に。まあ、とりあえず届いてよかったっすよ。
そして予想通りに?すんなりとはいかなかっただす。
我が家のキッチンは私たちが引っ越してくる前に、以前の住人が入れたものだったんすけど、シンク下のキャビネットとか全部同じ木の化粧板がついているタイプで、食洗機も同じ化粧板がドアにつけられているものですた。なので、自分で設置するのは到底無理と最初からあきらめて設置料金も払って来てもらいますた。
んで設置して、ドアも無事に着いただすが、なんと、本体と床の間のカバーする板がもとに戻せない。戻すことはできるのだすが、それを戻すと食洗機のドアが全開にできないという。古い食洗機はそれほど大きく回転軸のあるドアじゃなかったけど、新しいのはもっと扉の底の部分が回転して奥に入る仕様であったらしく、床とのカバーの板を少し切らないと入らなくなっておりますた。
がっ、業者はそこで「あ、これは、設置の仕事じゃないから、とりあえず食洗機は設置して無事についたから!んじゃ!」
と言って床に板を残したまま、さっさか帰っていってしまいますたわさ。
おい!
っつーか、エゲレスだわ~。
日本じゃありえないありえない。とはいえ、その板をなんとかして元に戻さねばならず。
仕方がないので、頑張ってその板のあたる部分を切りますた。最初は糸鋸で切っていたのだすが、細長く切ろうとすると糸鋸ではその幅以上のものが切れないことに気がつき(最初から気がつけ・・・)。仕方がないので、工具屋にのこぎりを買いに行き、なんとかその木を上手にあたる部分だけ切り取ることができますた。ワタシって・・・こんなことまで出来たんだ!とか自分で感動すら覚えますたわさ。マジ、こんなこと別にやらなくていいなら、やりたくないんすけど!!!とか思うだす。
んで、本日から無事に食洗機が使える・・・ハズ。





comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/1679-449ee2cf
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top