02.06
Sat
お子と帰宅してからの家庭学習がちょっと煮詰まり気味。好きなことはやるけど(本読み、音読)、好きでないこと(主に算数)は全然身が入ってなくて集中してないから間違い続出。そして横でさらにイライラするワタシという悪の無限ループ。どうやったらここから脱出できるか模索中。たぶん、ワタシがもっと工夫して楽しく勉強できるようにとかしないといけないのかもしらんが、(ストレスいっぱいの)仕事から疲れて帰宅して夕食の準備とかしながらの家庭学習の監督、もちろん、そんな気力ないわな。ああ、もう少しワタシに体力と気力を・・・。
家事の外注が必ずしも時間の捻出にはつながらないという記事「家事がなくなる日」をちら読み(会員でないと読めないところとかは読んでないのだす)。以前にもワタシがハウスクリーニングを頼みたいと思っていたときに、友人のてるこさんに言われたことがあるだす。
お掃除頼むとね、
-その人を監督するという別の仕事が増えて、
-さらにその人がちゃんとやってくれないとイライラするというストレスも増えるのよ、
-自分がやるのではなく自分が思うような出来具合に人にやってもらうという、「人を使う」という別のマネージメントのスキルが要求される
とおっしゃっていたのを思い出しますた。
そうなんだよね~。お風呂とか台所とか誰かが家にきて知らない間にピカピカにしてくれる!という素敵な面だけを夢見ていたワタシにはかなり現実を突きつけられた瞬間だったのだすが、家事をこなすというのがかなりのアドミン能力が要求されることだけは身にしみて年々痛いほど思い知らされることになっておりまする。
その後、我が家もお掃除の人を頼もうか?とか思ったこともあったのだすが、夫が他人が家に入ることを極力嫌がったためにボツ。まあ、ワタシもてるこさんの言う「人を使う」マネージメントは面倒くさそうだと思ったヘタレで、結局落としどころとしては
「家事を完璧にこなせてなくてもあまり気にしない」
というスキル(謎?)を身につける努力をする方にシフトしていきますた。
少々家が散らかっていても、全然気にせずに過ごす、急に人が遊びに来たとしても「ありのまま」を見てもらえばいいか。と思えるようになり。掃除機もそんなに頻繁にかけなくても、はいはいする赤ちゃんがいるわけじゃないし。少々埃が溜まっても見て見ぬふり。お子の学校の制服はどうせ安いシャツとかだからあと数枚買い足して洗濯も頻繁にしなくても一週間なんとかなるように。
こうやって毎日が必死にとりあえず生きているという感じではあるものの、以前より家事のストレスは軽減された気がするだす。そもそも、少々汚い家でも我慢できる能力は小さいころから養われていて(!)問題ないっす。
食事だけはおいしいものを食べたいと思うこともあるので、ご飯はなるだけ自分が食べたいものをできる範囲で作るようにしておりまする。
夫と分担するために家事をリストアップするとか、ほかにもいろいろアイディアはあるみたいだすが、もうそのリストアップ作業に費やす時間もエネルギーも残っておらず、夫を説得して部分的に担ってもらうというのもしんどい。さらに夫がやってなかったらそれはそれで早くやってほしいとかイライラしそう。「他人に何かやってもらう」というストレスが生じる。会社とかだったら、きっちり作業内容とか個人にふってもいいのかもしらんが、ここは家庭だし・・・。
で、ワタシは家事はもう夫はほとんど戦力外と位置づけて(夫がするのは主にゴミだし、あとは本人の身の回りのことは勝手に自分でやってくれる)
お子の宿題やらを見てもらうほうに回ってもらうことにしますた。これは是非分担したい!
いまでも、学校の宿題の英語の本読みはやってくれているのだすが、今度は算数とか!お子が好きでなくていやいやしかやってくれない部分を勝手に役割分担して振ることにしますた・・・
お父さんのほうがきっとしっかり見てくれるだろうしね!よろしくね!
さあ、どうなることか???
comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/1671-e4ca524c
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top