11.10
Tue
イギリスの暗〜い秋がやって来ますた。
せめてもの救いは観光客が減って私の仕事が楽になったことかちら。
お子はとても素敵な担任の先生に恵まれて毎日楽しそうに学校に行っておりまする。それはとても幸いだと感謝して止みませぬ。
そしてついに歯が!
お友達はもう前歯が抜けている子とかいるのだすが、お子は全然その兆候がなく、本人的にはチョット悲しかったみたいなのだすが、やっと奥歯が生えてきた様子。6歳臼歯。
嬉しそうに語っているのは良いんすけどねー、これが奥歯でしかもまだ生えきっていないので一段下がっていて、とても磨きにくい!永久歯だけにこれが虫歯にでもなったら大変だとお子には大事にするように指導する毎日。
んでもこんな時に限って貰うんすよねー、甘いものを。。。ため息。
先日は学校でクラスのみんながご褒美にチョコレートを貰ったらしい。
それが、いままで不思議なことにお子はチョコレートに興味がなくて食べなかったので心配していなかったのだすが、最近急に試してみたくなったらしく、食べたら美味しかったらしい。そりゃそうだ。
んでも、このタイミングで甘いものに目覚めるのはマズイっしょ。なので、大好きなお煎餅と交換してあげるよ。と歯の大事さを説いて砂糖の摂取をなるだけ軽減しようと模索中。
それにしても学校で甘いものを貰うってどうよ?といつも思うだす。私が小さい時には少なくともチョコレートが学校で振舞われることなんかなかったと思うのだすが。それは私が覚えてないだけ?今は時代が違うの?それともイギリスの小学校が虫歯予防に無頓着なだけ?!疑問だす。
まあ大量にケーキを焼いて甘いものを生産しまくるのを仕事にしている私が言うのもなんだすが。。。

comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/1661-b97c8356
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top