10.25
Sun
学校は今週は一週間だけ秋休みでお休み。以前は学校の休みは仕事をする私にとっては迷惑以外の何物でもなかったのだすが、最近はお子が学校で疲れているので、少しお休みがあってメリハリがあっていいかなーと思えるようになりますた。学校は結構勉強も運動もたくさんさせてくれて、とてもいいのだすが、やっぱり小さい子には疲れるようだす。なのでお休みがあってちょっとゆっくりできるとお子も息抜きできていいかと。とはいえ、学校のお休みに学童を手配したりせねばならずにそれはそれで面倒なのは以前と変わらないのだすが。
秋休みに入る前に担任の先生との面談がありますた。今年の先生はすごくベテランの女の先生で威厳があって、それでいてとても親身に子供のことを面倒みてくれているので、お子もすごくなついていて良い感じ。面談も思ったよりずっと良くてお子はいろいろと頑張っている様子ですた。あー、先生に注意されまくりで学校にお迎えに行くのが憂鬱だった去年とは雲泥の差。
とはいえ、お子はいろいろやらかしてはいるらしい(おい)。みんなで食事の前に手を洗うときに横入りしてみたり、蛇口の水をはねさせていたずらしたり・・・。全然あかんやん・・・
と思ったのだすが、先生曰く「ごくごく普通の男の子のする行動は多々みられますが、男子ですしねー。その折にちゃんと注意して反省もしているから大丈夫ですよ」
と暖かく見守ってくれている様子ですた。助かるわ・・・暴れる男の子に寛容な先生だと。ホッ。
まあ、授業も聞いているのか聞いていないのかわかんないくらいにぼーっとしているみたいだすが、先生は押し付けることなく、「今の先生の話をお隣に座っているアリスに説明してくれるかしら?」とか上手に促してくれているらしく、お子はぼーっとしている場合じゃない状況に陥る羽目に。さすがだわ。
とりあえず今までの面談は帰宅して落ち込むことばかりだったのだすが、今回はホッとすることばかりで、よかったっす。
まあ、ここまで書いていて思ったのは、お子はいつもぶれずにお子のままであるものの(いいのか?)、担任の先生の許容範囲によって違うんだわなということ。お子も去年の今頃はストレス満載で大変だったのだすが、今年は寛大な先生のおかげでのびのびできているみたいで、親のワタシもちょこっと心穏やかに過ごせてありがたいっす。
子どもが学校で問題を抱えるとこっちも精神的に相当落ち込むから、ハンパなくダメージあるし。とりあえずこの一年は穏便に過ごせることを祈るのみだす。
comment コメント 0
Trackbacks URL
http://shamneko3.blog.fc2.com/tb.php/1659-3fd1d600
Trackbacks:
Comments:
Only the blog author may view the comment.
 
back-to-top