08.10
Wed
昨夜はお魚を食べたら小骨がのどにささった・・・。うー。苦しいんだけど、なかなか取れない。お水を飲み、お茶を飲み。
ずっとのどが痛くて、だんだん機嫌が悪くなって家族には迷惑なことこの上なかったであろう。
仕方ないので、放置してたのだが、後片付けのときに、残ったご飯をぐびぐび食べてみたら、ほんとに取れた。ホッ。良かったっす。
それを見ていたお子は「お子ちゃんは、やっぱお魚食べたくない・・・だって痛そうだもん」
とな。いや、確かに痛いけど、気をつければこんなことにはならないから。私だってのどに骨がささったのとか何年ぶり?って感じだし。だから、そんなこと言わないでお魚食べてね。
夏休みに入ってから、お子と過ごす時間が多くなり、私の忍耐度も下がる一方。あんまり密な関係だとしんどい?
んで、今日はお父さんが映画につれて行ってくれた。
私の束の間の休息。ありがたいわー。
だからといって何をするわけでもないんだが、姪っ子にプレゼントを買わねばならなかったので買いものに。お子と一緒に買いものするとお店で吟味する余裕がないので、お子がいないこの間にささっと済ませ、それから家の掃除もしまくった。なぜだ?ヤツがいないとものすごーく物事がはかどる気がするのは気のせいじゃないよね?買いものささっと済ませるとか、到底無理っつーのはいつになったら解消されるのだろうか・・・
comment コメント 0
08.03
Wed
夏休みが始まって私の中では色んな野望があったのだすが、何もこなせないままもう半分が過ぎようとしておりまする。
やばいよ。お子の学校の宿題でスペリングとかあるんすけど、先日久しぶりにやったらボロボロですた。漢字の書き取りと一緒で日々鍛錬してないと忘れてしまう模様。やばいやばい。
さらに、お子はこの歳にして手を抜くことを覚え始めた。適当にやって流すというか、いかに努力しなくて良いかというところに最大限の努力をするという。すごくやだよ。もう少し一生懸命やって欲しいっすよ。
しょーもないことには情熱を注げるのに。。。学校でやらないといけないことには余り情熱を注げてない様子。まあまだ小さいし仕方ないとは思うのだすが、学校とかで余りにもぼーっとしておる小学生男子らしく、親としてこの先が心配っす。
私は夏休みに入って学校の送り迎えから解放されてそれだけは助かっているだす。まあ、だからこそ、もう少し私が努力して色々と面倒を見てあげないといかんのだしょうが、日々の事に流されて毎日が過ぎていってしまっているだす。
すんごい古い家に住んでいて時々メンテが大変なんすが、先日思わぬことで床下の電気の配線がショートして火花が散るという惨事が。もうやだよ〜これだから古い家は。仕方がないのですぐに電気工を呼んで配線を応急処置してもらいますた。
色々とあるっすが、こういう対処もなんとかできるようになってきて、私もここの生活にどっぷり慣れたよなーと思った次第だす。ああ、火事にならなくてマジよかった。

comment コメント 0
back-to-top