05.24
Tue
最近なんだかしょーもないお子の話がいっぱい。

<何の自慢?>
お友達と一緒にカフェに。その日は珍しくお子はちゃんと座っていたのだが、友人がカウンターにコーヒーを注文しに行っている間に、その友人の子(ひとつ年下の男の子)が、席を立ってうろうろする。周りのお客さんの迷惑になりそうなので、ワタシが座るように注意したところに、その子のお母さんがコーヒーを注文しおえて戻ってきたので
「あ、ごめん、勝手にウチの子みたいに注意しちゃったよ」と言ったら、友人は
「ああ、ありがとう。どんどん叱ってやって。よその人が言ってくれたほうが言うこと聞くし!」
という友人の軽快なお答え
そしたら、お子が自慢をはじめた

「お子ちゃんはねー、誰に注意されても全然聞かないよ!」

だと。
おい・・・。自分はちゃんと座っていたとかいう自慢を始めるのかと思ったが、そっちかよ?
っていうかそれ、何じまん?もーわけわからん。斜め上を行き過ぎる発言にガックシ。
ちゃんと人の言うことは聞いてください(たのむよー)

<なぜか上から目線>
最近お子はムーミンのシリーズの本にはまっている。この春に日本に帰国した折に図書館で借りたのがすごく気に入ったらしく、シリーズのほかの本も読みたがったので講談社の9冊ボックスセットを買ってしまった。そして夢中で読みまくる毎日。
ある日、朝早く起きたらしくその間に読書。もうおきているの?と6時過ぎに部屋をのぞいたら、目が覚めたので本を読んでいるとな。まあ、そこまではいいとしよう。っつーか、学校行く日はできれば朝はぎりぎりまで寝てほしいんだけど。
そしてそのときの一言

「トーベヤンソン(ムーミンの著者)ってすごくよくやってるよねー。お子ちゃんこの話読んでいてどきどきしたり先がきになったりするよ!」

とな。おまへは何様?どうしてそんなに上から目線なのか?
単にいい本ですごく褒めたかっただけなんだろうけど・・・なんか・・・

通学の帰宅途中にずっと長いこと工事をしている通りがある。
フラットができるようなのだが、だんだん建物が出来上がってきている様子。

「なんかここの建物けっこうよくできてるよね。ちゃんと建ってるし」

たぶん、工事進んでいるということをいいたいのだろうが、なぜか上から目線発言。
おまへは現場監督か?スポンサーか?と突っ込みたくなる気持ちを抑え切れなかった。


comment コメント 0
05.18
Wed
そして待ちに待った食洗機がやっと導入されますた。配達の可能な日がなかなか私の空いている日に当てはまらなかったので、結局3週間も待つ羽目に。まあ、とりあえず届いてよかったっすよ。
そして予想通りに?すんなりとはいかなかっただす。
我が家のキッチンは私たちが引っ越してくる前に、以前の住人が入れたものだったんすけど、シンク下のキャビネットとか全部同じ木の化粧板がついているタイプで、食洗機も同じ化粧板がドアにつけられているものですた。なので、自分で設置するのは到底無理と最初からあきらめて設置料金も払って来てもらいますた。
んで設置して、ドアも無事に着いただすが、なんと、本体と床の間のカバーする板がもとに戻せない。戻すことはできるのだすが、それを戻すと食洗機のドアが全開にできないという。古い食洗機はそれほど大きく回転軸のあるドアじゃなかったけど、新しいのはもっと扉の底の部分が回転して奥に入る仕様であったらしく、床とのカバーの板を少し切らないと入らなくなっておりますた。
がっ、業者はそこで「あ、これは、設置の仕事じゃないから、とりあえず食洗機は設置して無事についたから!んじゃ!」
と言って床に板を残したまま、さっさか帰っていってしまいますたわさ。
おい!
っつーか、エゲレスだわ~。
日本じゃありえないありえない。とはいえ、その板をなんとかして元に戻さねばならず。
仕方がないので、頑張ってその板のあたる部分を切りますた。最初は糸鋸で切っていたのだすが、細長く切ろうとすると糸鋸ではその幅以上のものが切れないことに気がつき(最初から気がつけ・・・)。仕方がないので、工具屋にのこぎりを買いに行き、なんとかその木を上手にあたる部分だけ切り取ることができますた。ワタシって・・・こんなことまで出来たんだ!とか自分で感動すら覚えますたわさ。マジ、こんなこと別にやらなくていいなら、やりたくないんすけど!!!とか思うだす。
んで、本日から無事に食洗機が使える・・・ハズ。





comment コメント 0
05.02
Mon
食洗機は結局どこを見ても自力で直せそうな範囲ではなく、仕方なく新しいのを注文しますた。とはいえ、配達日を指定しようとしたら、なぜかワタシが出勤せねばならん日ばかりが空いていて、ワタシが受け取れる日はすでにいっぱいという現象。結局、設置に来てくれるのはかなり先になってしもうた。しばらく手洗いだわな。毎日がカフェ風にワンプレートディナー?
んでもってお子は水泳教室に通い始めてからちょうど一年になりまする。ずっと年末くらいからスランプというのか、あと少しコツをつかめばOKというところでなかなかそこの壁が乗り越えられずに停滞していて、少しやる気を失いかけていて困っておりますた。ここのところ教室に行くのを嫌がったりする節もあり、「頑張ろうよ!あとちょっとで進級できそうじゃん!お子ちゃん頑張ればできるよ!」とかいちいち励ましてあげないといけなかったり。もちろん、ワタシがいつもそんなに余裕でいられるワケもなく、「あ~もう~、ごちゃごちゃ言わんととりあえずいくぞ!」みたいに無理やり引っ張っていったりもしてますた(超ダメ母)。
んでも、この春休みに時間があったときにプールに行って特訓。というか、結構長い間頑張って泳いだりしていたらコツをつかんだらしく、できなかった部分をクリア。休み明けの今日にやっと次のレベルに進級できますた。
とりあえずお子はこれでモチベーションがあがったと思うので、しばらくは教室に連れて行くのに苦労しなくてすみそうでよかったっす。お子もこれで努力すれば報われることがあるというのを少し学んだと思うだす。
先生から進級できると聞いてお子は本当にうれしそうですたし、そしてワタシもかなりうれしかったっすよ(ホッ)
子育てって、自分が努力するんじゃなくて、誰かに一生懸命やらせるというのが・・・難しいっすよね。ヘタレ母はがんばらねばなりませぬ。

comment コメント 0
back-to-top