09.28
Sat
お子はやっと学校生活にも慣れてきたようで、朝から教室に入るのを嫌がったりすることも減ってきたようだす。よかったよかった。先日は保護者会みたいなものがあって担任の先生とちょこっとお話しする機会があったのだすが、どうやらお子はちゃんと先生の言うことを聞いてそれなりに過ごしているらしく、安心しますた。まあね、でも、時間割を見て「あ、今日は○○のお勉強があったんだー、何やったの?」とか聞いても「やってないよ」とか言われたりして・・・。きっとボーっとしていてその時には聞いてなかったり、何かほかのことをしてたんじゃないのだろうか?とか懸念はないわけではないのだすが。まあ、長い目で見守りませう。学校に慣れてきたというのは良いことでホントに安心しますた。
そして早々と宿題があるだす。といってもほんと大したことじゃなくてちょこっと何かするっていう(ぬり絵とか)感じの宿題なのだすが、それをさせるのに一苦労。そもそもきちんと座って何かをするということをこれまでにしてないわけで、その段階に持っていくまでがすごく大変。なだめてすかして最後は脅して(おい)。まあ、この宿題の意図はそういうところにあるのかと。今から1日5分でも座って何かをすれば、もう少し大きくなって宿題をちゃんとやる癖がつくというありがたい学校の壮大でビックなプランが透けて見える感じだすが、そんな配慮は子供にはちーっとも通じないので、その気にさせて座らせて宿題をやらせるという重労働が親に乗りかかるという現実がそこにはあるだすよ。早くお子もそれに慣れてちょっとづつ自分でできるようになってほしいだす。まあ、同じクラスの女の子のお母さんとお迎えがてらに雑談してたらそこの子は自分で勝手にさっさとぬり絵をしてそのあとは遊んでいたりすると・・・、なんか、ほんと、うちとはえんらい違いっすね・・・(ため息)。まあ、子供も個性いろいろっつーことで。
ワタシもだいぶこのお迎えの時間が早いという生活にも慣れてきますた。仕事でバタバタしてお迎えぎりぎりになったりするストレスはあるのだすが、とりあえずなんとかそれもこなせるようになってきますた。人間ってハードルが上がればそれなりに対応できるものなのかと。どんどんハードル上がってしんどくなってて苦しいって感じだすが。
そして職場は新しいマネージャーが登場。以前にいた人が先週で退職してしまったのだすが、引継ぎとかあんまりできてなくて相当混乱状態。勘弁してくれ・・・って思ったりもするのだすが(材料の注文ができてなかったりする)、新しい人はそんなに悪い人じゃなさそうなので早く仕事覚えてもらってしっかりやってくれたらーと願ってやみませぬ。

comment コメント 0
09.25
Wed
学校もちょうど2週間行ってだいぶ慣れてきますた。ワタシもお迎えのペースがちょびっとつかめてきたかなという感じだす。保育園より時間が早いので仕事を終わらせる時間が早くなるのだすが、お子を引き取ってから家に帰ってまったりと時間があるのでそれは以前よりも少し楽になったかもしれませぬ。保育園から戻ったらいつもすごい勢いでお風呂したりご飯の用意したりとかしないと寝る時間がどんどん遅くなってしまって大変だったのですが、学校だと戻ってからも余裕があるので焦らなくていいのがありがたいだす。それでも宿題とかあるからそれを見てあげないといけないのでその時間も必要なのだすが。
給食は何を食べた~?と聞いても、毎日人参とかインゲンマメとかマッシュポテトとかの答えしか返ってこない。一応給食のメニューを見たらちゃんとサーモンのグリルとかメインも書いてあるんだけど・・・。付け合せしか食べてないってこと?まあ、ワタシもどちらかというとお肉とかお魚よりも付け合せのローストポテトとかの方が好きで、レストランとかに行ったらいつも付け合せが何かで選んだりする方だけどさ、そんな付け合せ大魔王のところはハハのマネをしなくてもよろしい。
帰り道に広い芝生の公園を通るのだすが、そこで走るのが好きなお子。「競争しようかー?」と言って走り出すので、わざとゆっくりして「あー、お子ちゃん走るの早いー、お母さん負けちゃうー」と言ったら「それは大変、んじゃあ、手をつないで一緒に走ってあげるよ、そしたらお母さんも早くなるから大丈夫」とな。
まあ、なんてかわいいことを言うのだ!と感動したのだすが、手をつないで走っていたら
「うん、そういう時には、ちゃんとありがとうって言って」
と言われマスタ。
いや、正しいのだけどさ、なんかね・・・、えーっと、いつもワタシがそういっているってことだすかね?
そういえば、この前何かしたときにワタシが余計なことをしたらしく
「んっもうっ、ダメだよっ」
って言われた。これも、ワタシが言ってるってことだよね?
今後気を付けます。。。(反省)
comment コメント 0
09.17
Tue
そしてお子の学校が始まりますた。それが先週の出来事。そう、今頃そのことを書いているっつーのは、先週はアップアップでほんとに何も書く時間がなかったからだす。もう少し要領よくしないといかん・・・。やっぱここはスマホとか買ってそこからマメにアップできるようにしないと!って?いやいや、ほんとスマホは全然要らないけどタブレット欲しいっす(そんな希望書いても・・・)
って話がずれますたが、とりあえず学校が始まりお子の生活が一転したのと同時にワタシの生活もだいぶ変わりますた。お迎えの時間が早くなったのでかなりキツイだす。
イギリスの学校は入学式とかまったくないのだすが、さすがに初日は両親そろって来ている人も多かっただす。ワタシもオフを取って一緒にいきますた。学校は入学式とかはないのだすが、子供たちがスムーズに学校に慣れられるようにといろんな工夫をしてくれていたりするだす。学校が始まる前日には教室に遊びに行くことができたりしますた。これはお子が安心する材料として結構よかったみたいだす。
が、しかし、保育園に慣れるのに2か月もかかったお子だす・・・はやり思った通り大変ですた。
初日はよかったのだすが、二日目は朝から制服を着るのを嫌がり、そして泣いて保育園に行きたいと言ってお父さんを困らせたらしい。ワタシは仕事に行っていてその場面は知らないのだすが、その直後に仕事から戻ってきてお子をお父さんと一緒に送っていきますた。その時にはお子もだいぶ落ち着いていたんすけどね、また学校で教室に入るのを渋ったりとちょっとまだ躊躇しているみたいですた。
ワタシはお迎えの時間が早いため、お見送りもすると就業時間が足りなくなるのでその日は早朝に出勤していったん戻ってきてお子を送って行ってからまた仕事に戻りますた。そんなことしていると相当疲れるのだすが仕方がありませぬ。とりあえず今週からはお父さんがお子のお見送りを担当してくれているのでよかっただす。
そしてお子は学校で何をしたのかは教えてくれないのだすが、給食で何を食べたのかは嬉しそうに教えてくれるだす。今日はピンクのヨーグルトを食べたよ!と報告してくれますた。まあ、学校はまだなじんでないみたいだけど、給食が楽しみなんだったらそれはそれでヨシ。何か楽しいことないとな。
三日目は体操着で登校との指示があったので体操着を着せようとしたら、それも嫌がって大変だったらしい。お父さんは朝から大変だ。そしてワタシは朝担当でなくてよかった(おい)
週末を挟んで今週からは少しは慣れてきたのかな?まだ朝はぐずるけど、一緒に遊んだ友達の名前とかを言うようになってきたのでちょっと希望が持てるだす。がんばれ~お子。そしてワタシも時間の使い方の見直しをしないといかんだすな・・・(ため息)

comment コメント 0
09.07
Sat
昨日の晩にドイツ旅行から戻ってきますた。ホリデーといっても同居人は仕事だったのでワタシはお子と街をうろうろ。天気が良い日はいいんすけど、天気が悪い日は室内のエンターテイメントを考えないといけないのでちと面倒くさい。それでも、だいたい天気がよくて助かりますた。旅行の前半はワタシは何故かよく眠れずに苦労しますた。普段はほんと人に自慢できるくらいにどこでもどんな状況でも眠れる特技があるのだすが、なぜか夜中に目がさめてしばらく眠れないというのが数日あって消耗しますた。
やはり睡眠不足はよくない。
8月は仕事が非常に忙しかったので超早朝出勤が多かったのだす。お迎えの時間という時間に縛りがあるのでどうしても、その日の午後に何か用事があったりすると、ものすごく早く出勤して仕事を早く終わらせて、用事を済ませて、保育園のお迎えにいくというパターン。しかし、これを長くするとかなり疲れる。早朝に起きて通勤電車で寝ながら出勤とかだったらいいのだすが、ワタシの場合は通勤は自転車で10分。起きてしばらくしないうちにいきなり仕事は始まるわけで、起きている時間を有効に使えているといえばそうで効率はよさそうなんだすが、ぼーっとする暇もなく、いきなりフル回転で仕事しているとなるとやっぱり疲れるのだすよ。んでもって夜もついつい家事をしたあとに雑用とかがいっぱいあってふと時計をみたら寝ないといけない時間をとっくに過ぎていて・・・翌朝起きるのがさらにつらくなり・・・悪循環っす。
本当に子供が複数いて、フルタイムで仕事をしている世の中のお母さんとか尊敬するだすよ。
9月は仕事が少しは楽になるハズなのでちょっとは楽になるかな・・・。でないと、正直もう持たないっす。もう少し体力ある人だったらいいのかもしれませんが。
まあ来週からお子の小学校が始まるので、そうなったらワタシの生活パターンがどう変わるか?かなり不安だす。お迎えの時間が保育園よりも2時間も早まるので、さらにぎちぎち・・・(滝汗)。とりあえず最初は結構しんどいだしょうが、早くお子もワタシも慣れることを祈るのみ。
comment コメント 0
back-to-top