03.23
Fri
お子はしばらく「むつかしい」というのが口癖で、何かあってすぐに自分でできないと「むつかしい、むつかしい、おかあさん手伝って」と言っていた。たまに同居人が何か私にやって欲しいことがあると「ムツカシイ」と言ってまねしていたので笑ってしまったのだが。
やっと語彙が増えてきたのだすが、微妙に間違っていること多々あり。私がしっかりしていてちゃんと訂正して覚えさせてあげないといけないのだしょうが、たまにボーッとしていて何を言っているのかわかんないことがあるので、その訂正の機会を逃しまくっておりまする。いかんだすな。
未だに、「かわいい」と「かわいそう」がごっちゃになっているだす。道ばたに咲いている花をみて「きれいだね~、かわいそう~」と言うので、頑張って「かわいいよね~」と言い直してはいるのだすが、イマイチ効果が現れず。私の努力が足りない?すべて「かわいそう」でくくられているだす。
今朝はブロックを積み上げていて「あったかいね~」と言っていたので何かと思ったら「高い」と言いたかったようだ。「ええっ?あったかい?」と聞き直してみたら、「あかい?」と赤いブロックを指していうので赤いと言おうとしてるのかと思った。でも、よくきいてみたらやっぱり高いと言いたいみたいだった。「たかい」と「あかい」と「あったかい」。確かに混乱しそうだよな・・・(汗)
日本語のインプットが私だけからっていうのが非常に乏しい語学力の原因だとはわかっているのだが、なかなか難しいところだすな。

comment コメント 0
03.21
Wed
お子はとりあえず夕方にアンパンマンを見るのが日課になっておりまする。何が幼い心をそこまでくすぐるのかわからないのだすが、絶大なる人気だすよ。お子のヒーローはバイキンマンなんすけどね(悪キャラ好き?)。あと、ドキンちゃんも好きだす。よく「ドキンちゃんもいまーす」というフレーズをつぶやいたり、「しょくぱんまん様~」とつぶやいていたりするだすよ。そして日本語がわからない同居人も一緒に見ていたりするのだすが「このドキンちゃんってどうしてバイキンマンなんかと一緒にいるの?悪いヤツなんだから逃げればいいのに」とな。いやいや、ドキンちゃんもどっちかっつーと悪キャラっていうか、バイキンマンに悪いことやらせてたりするくらいの立場なんすけど・・・と説明したら相当意外だったらしい。え~、悪キャラと一緒にいる女子っていう存在は結構あるじゃないすか、ルパン三世のフジ子ちゃんとかさ~。といっても、ルパンも知らないので説明しようがないという。ちっ、育った文化が違うとこういうときに共感得られなくて寂しいだすよ。
んでもって今日は結婚記念日ですた。特に何をするというわけでもないのだすが、メトロみたいな小さい電車に乗ってサンフランシスコまで観光にいきますた。お子はケーブルカーを眺めて嬉しそうにほくほく。バギーを押しているので乗るのは大変そうなので今回はやめときますた。とりあえず動いているのを眺めるだけで楽しそうだったし、いっか。んで、同居人とちょこっと買い物とかして、昼過ぎに戻ってきてお子には遅い目のお昼寝。それが、気がついたら2時間ぐらいぐっすり寝ていて夕方になってしもうた。これをすると夜の寝る時間が遅くなっていかんのだすが、ついついそんな感じになってしまうだす。やっぱり朝ちゃんと起きて保育園行くとかって生活のリズムが整っていていいのだすな。
街で消防車を見かけるとすごくお子は嬉しそうに指さしてとりあえず眺めるだすよ。それが、この前は親切な消防士さんがシールをくれて、さらに昨日はプラスチックのヘルメット(ぺらぺらだけど)をくれただすよ。お子は大喜び。なんだろう・・・消防士のリクルート活動はこんなに早くから始まっているのだろうか?カリフォルニアってよっぽど消防士が足りない?(ないないない)。なんかここまで啓蒙活動が激しいといろいろと考えちゃうだす。お子はそのヘルメットを抱いて寝ておりますた。

comment コメント 0
03.18
Sun
カリフォルニアに来てからというもの、同居人は仕事に忙しくて土日もばっちりと時間をとられているので結局ワタシがほとんど毎日お子の世話をしているという。まあ、お母さんが子どもの面倒を見るなんてそんなの普通だよ!って言われたらそれまでなのだすが、お子が保育園に行っているのに慣れているヘタレ母にとってはかなりしんどかったりして。せめて週末ぐらいちと息抜きしたいわな。とか思ってしまうだすよ。んで、ここ数日雨が降っていたのでお子もエネルギーもてあまし、ワタシも結構ぐったり疲れていたのでかなーり機嫌悪くて同居人に申し訳なかっただす。同居人は罪悪感に駆られて?昨日はちょこっとだけ都会にお買い物に行こうと半休をとってくれますた。ブラボー。ワタシは行きたかったキッチンショップに行って鼻息荒く欲しい物を見ていたりしてたのだすが、その間同居人がお子の面倒を見てくれておりますた。その間、結構大人しくしてたので(ぎゃーとか聞こえてこなかったし)、どうしてたのかと思いきや、手持ちのパンとかリンゴとかどんどん食べたいというだけ食べさせて大人しくしてもらっていたという・・・。おい・・・。そりゃ大人しくもなるわな(汗)。ま、いっか、ワタシも買い物できたし。んで帰りの電車(というかメトロみたいなの?)の中でお子は座席に座って横のおじさんに「これボクのお父さん、そしてボクはモンスター」と自己紹介してた。なんじゃそりゃ?
そして雨が降ってどこへもいけん!と思っていた矢先、先日公園で会っておしゃべりした在住の日本人ママに「こういう日はどこへ行って遊ぶの?」と言っていたら「今からお友達の家に行って遊ぶのだけど、一緒にいく?」と誘ってくださっただす。いい人だ。知らない人の家にワタシも勝手に行っていいのか?とか思ったりもしたのだすが、とりあえず子ども同士遊んでくれたら助かる!と思って図々しくお邪魔しますた。それが、びっくりするぐらいの豪邸でお子が家中走り回って遊べるという・・・。すげ~、アメリカ、もう何もかも規模が違うだす。んで、そのお宅の持ち主もすごくいい人ですっかりお言葉に甘えてまったりさせてもらい、ワタシも久しぶりにたくさんおしゃべりしてものすごく楽しく過ごしますた。ここのところ雨でワタシは鬱々してたのだすが、その日は仕事から疲れて帰宅した同居人にご機嫌に報告。「今日はすごいアメリカの豪邸!っていうような家に行ってきたよ!玄関入ったら風と共に去りぬとかみたいな階段がどどーんと広がっているようなそんなすごい家だったよ!お子が家中を走り回っていたらどの部屋に行ってしまったのか探すのが大変なようなそんなすごいとこ!」と興奮して自慢しておきますた。同居人は「ボクも招かれたい・・・」とボソッと言ってたのが笑えますた。なんかいろんな意味でカルチャーショックだすよ。ご飯食べても一人分がでかすぎて到底食べられないし(小食のワタシと同居人は一人分を分けてちょうどって感じだす)。何もかもでっかい~というだけの印象がますます強くなるのみだす。

comment コメント 0
03.14
Wed
カリフォルニアに来てから2週間ぐらいずっと晴天が続いてウソのようですたが、どうやらそれはウソだったようで(謎?)この季節にしては異常に天気がよかったらしい。んで、それを証明するかのように昨日からずっと雨。今週はずーっとこのまま連日雨らしいだす。え~。
晴れていたら近くの公園に行ってお子を野放しにしておけば遊んでくれて体力消耗してくれるのでいいのだすが、雨が降るとどうにもこうにも。しかも、イギリスだと雨といっても小雨がちょこっとしとしとという感じなのだすが、ここはしっかり雨が本気で降るだす。なのでレインコート着て重装備で出かけてもびちょびちょ。傘とかさしたいといって持ちはするものの、雨をよけるような持ち方はほとんどしてないし・・・(おい)。ま、仕方ないか。
んで、こういう雨のときにはみんなどこへ行くのかちら?と思って公園に行った時に他のママたちに聞いてみたら、インドアのプレイグラウンドがあるとな。おおっ、そりゃいいじゃん!と思ったら入場料が1人10ドルなので子どもと一緒に行ったら20ドルだとか。え~、大人も同じ料金?遊ばないのに?(大人は半額くらいにして欲しいっすよね)。まあ、1日そこで遊べばもとがとれるか?とか思ったら午前中の3時間ぐらいしか空いてないらしい。そりゃ・・・やだよな。まあ、どうせお子はお昼ご飯食べたらお昼寝するから1日は遊べないけどさ。んで、そこはどうしようもなくなったら行くことにして(貧乏性)、他のママが勧めてくれた中央図書館へ行ってみますた。バギーを押しながら傘をさすのが不可能だったのでコートのフードをかぶってはいたものの、ついたらびしょびしょ。とりあえずお子はバギーにしっかりビニールのカバーを掛けていたので大丈夫ですたが。んで、ワタシが住んでいる地域にある図書館は子どもが遊べる区画とかあって騒いでも全然平気なのだすが、ここの図書館はもう少し厳粛な感じ。きぃきぃ大声で騒いでいるとちょっと顰蹙って感じだす。まあ、お子はそれでも書架の間を走りまくってはおりますたが(おい)。いくつか楽しそうな本を見つけて一緒に読んだりしてなんとか午前中は間持ちしたものの、これがずっと一週間も続くと無理だろうな。どこかにショッピングセンターとか見つけたりして走り回ったりしないと難しいかもしれませぬ。雨が降ると行くとこなくて困るのはどこへいっても同じなのだすが、連日っていうのは困るよなぁ。1日おきとかにしてくれたらいいのにねぇ(そんな都合良くいくか?)、っていうか夜に雨が降って、昼間は晴れているっつーのが一番ベストなんすけどね~。ワガママ言うな!と空から怒られそうだす。しかし、遊びに行くところに困るワタシには切実だすよ。仕方がない、明日も図書館いくか・・・(ため息)
comment コメント 0
03.07
Wed
やっと何となく日常生活が成り立ってきた感じだす。とりあえず時差ボケのせいか?お子は朝早くに起きて走り回ってからまた寝るという変な癖がついてしもうてワタシはグッタリだすが。まあ、起きる時間は少しずつ遅くなっていっているので、そのうち治るだしょう。しかも、アメリカはこの週末から夏時間に入るみたいだすし(確かエゲレスはもう少し後だった気がするだす)
んでもって、お子は牛乳大好き、ヨーグルト大好き!という乳製品好きだす。それが、アメリカに来て一番びっくりしたのは、牛乳にビタミンDとかが配合されているのが普通なことだす。何も入れてない生乳っつーのはないの?とか思って一生懸命棚を探してもなかなか見あたらず。無脂肪とか低脂肪とかの牛乳が主流みたいだすし。やっと見つけたのは「なんとか牧場」みたいな由緒正しい瓶に入ったような牛乳ですた。とりあえず、ビタミン入りとかよりはいいかも・・・と思ってそれを買って飲ませてまする。飲んでみたら、なんか濃厚でコクがある感じでいいのだすが、クリームトップとかいってなんか瓶の上澄みにクリームの固まりみたいなのが浮いていてちょっとイヤかも。そしてヨーグルトはもっと難しくて、低脂肪ではなく、しかも砂糖の入っていないものというのを探そうとすると至難の技。ほとんどが砂糖入りか無脂肪またが低脂肪の製品。びっくり。やっと見つけたのは「ヨーロピアンスタイル」と書いてある、それもなんとか牧場の製品みたいなものだった。とりあえず買ってみたら、結構さらさらした飲むヨーグルトまではいかなくても液体っぽいものだった。うーん・・・。まあ、おいしいけどさ。ちょっと酸味が強いせいかお子はあんまり好きじゃないみたいで、仕方ないのでワタシが食べることに。もう一つあったグリークスタイルみたいなのにしたらよかったのかも。明日はそれに挑戦してみよう。
しかし、こんなにみんな低脂肪とか脂肪分には敏感なのに、砂糖はいっぱい入ってるっつーのはなんでなんだろうね~?太るのを気にするなら砂糖も同じく気にしたほうがいいっつーのに?とかつくづく思ってしまいますた。
今日は近くの公園に遊びに行き、お子はそこで三輪車を乗り回してご機嫌。2時間もたっぷり遊んだら相当疲れたみたいで、家に帰ってご飯を食べたらもりもり食べて、お昼寝もばっちり。やっぱり、ぐったりするまで遊ばせるに限るわな。しかし、始めて訪れる公園は非常に魅力的みたいですごくはしゃいで遊ぶ遊ぶ。あんまり夢中になっているとトイレに行くのを忘れてえんらいことになってしまうので、途中で声をかけてトイレに誘わねばならず。しかも、「ちょっとトイレ行っておこうよ~」と声をかけても「いや~~~」という返事がかえってくるだけ。ま、そうだろうな、遊んでいて楽しいもんな・・・。なので嫌がるお子を引きずってトイレに連れていくということをせねばならんので面倒だす。早く自分でトイレのタイミングも見計らうことができるようになって欲しいとか思うのだすが、それはまだまだ先の事なんだしょうな。ふぅ~。
comment コメント 0
03.03
Sat
だいぶ回復してきますた。時差ボケはまだまだ酷くて、朝4時に元気に起き出すヤツがいてちーとも私の時差ボケが治らないだすが。でも、風邪は鼻水が滝のように出るだけで、咳も治まってきたし、何より元気が戻ってきてよかっただす。ワタシも風邪が酷くならなくてすんだようでよかっただすよ。とりあえず早め早めのコンタックということで風邪のひき始めに薬を飲むのが有効だと今更ながらに学習しただす。小さいのいるとおちおち寝込んでもいられないだすし、風邪薬はありがたいだす。
んで着いた日も寒かっただすし、翌日は雨でなんかエゲレスみたいな天気でがっかりだったのだすが、それがどうよ?というくらいに暖かい気候に急変。今日なんかエゲレスの「夏」みたいな天気の日でからっと晴れ渡る青空で暑いくらいだす。あ~やっぱ地中海性気候っていいわ。じめじめしてなくて。洗濯物はからりと乾くし。
近くにおいしいお寿司のテイクアウトの店を見つけてしまって、まだ来て間もないのにすでに通っているだすよ。どうやら、ワタシが滞在しているあたりはおいしいレストランとか食料がわんさかあるので有名な地域らしい。ひゃっほ~。気候が良くておいしいものが食べられるってシアワセ。
お子は元気を取り戻すと同時に魔の二歳児行動も復活してきますた。買い物に行ったスーパーでぎゃーぎゃー騒いだりするのはやめてくれ・・・。とりあえずどこへ行くのも連れていかないといけないので、ちょこっとそこいら辺りに食料の買い出しにいくのでも一苦労だす。普段は保育園があるので非常にありがたいということに、今更ながらに気がつくだす。ああ、このまま保育園ナシで一ヶ月もワタシはもつのだろうか・・・(相当不安)

comment コメント 0
03.02
Fri
そしてカリフォルニアだす。イギリスから日本へ行くのと同じ約11時間の飛行時間なのだすが、今回ほど長く思ったことはなかっただす。お子は出発前に無事に回復していたかのように見え前日は元気にしていたので大丈夫かと思っていたのだすがね、空港に着いてから機嫌が悪くなり・・・そしてみるみる具合が悪くなって飛行機の中で発熱。赤い顔をしてはーはー言いながらごほごほ咳をして隣に座っているわが子を見てとっても自責の念に駆られますたわさ。調子よくなったと思ってたけど・・・ダメだったのね・・・延期したほうがよかったかちら?とかもう遅いっちゅーにみたいな後悔ばかり。まあね~航空券とかすでに買っているし直前に変えるのはよっぽど勇気がないとできなくて(お金勿体ないし)ついつい強行してしまうだすよ、貧乏人としては。
とはいえ、お子は後半は持ち直して自然に熱も下がったみたいで(ミラクル)降りる頃には調子良くなって来ておりますた。解熱剤は一応持ってはいたのだすがお子は全然飲みたがらなかったのであげることもできず。さすがに機内の狭いところで(エコノミーでぎちぎちだったし)座薬もできないし。でも、返って自然に熱を下げることができてよかったのかもしらん。
とりあえず今回は同居人の仕事の関係でカリフォルニアに1ヶ月滞在するだす。すでに同居人はアメリカに2週間前から来ているので、私はお子と二人で後からきますた。道中は一人でしんどかっただすが、ぶっちゃけ具合悪くて大人しかったので機内では楽だったかも。歩きたいとか言わないし(おい)。いやいや、これも無事につけたからこそ言えることなんすけどね。ホント
到着したらイギリス時間の夜中なんすけど、カリフォルニアは夕刻。そして入国審査は長蛇の列。ひぃぃぃ~。お子は眠いのかしんどいのかぼーっとしているので、頑張って歩いてもらいますた。ベビーカーは荷物の受け取りのところまでいかないとないので、歩くしかないっす。それでも、とりあえず列のところまでは大人しく歩いてくれたのだすが、長い列をゆるりゆるりと進んでいるうちにイヤになってきて「もう歩けない」と泣き出しますた。だろうな・・・。長時間の飛行の後、しかも夜中に相当する時間、さらに具合も悪かったわけだすし。私も手荷物いっぱいなのでお子を抱えることもできず。途方にくれていたら、係員の人がきてくれて列に並ばないで審査してくれるところに案内してくれますた。ブラボー。お子はうさぎのぬいぐるみを抱えて「No Walk」と言って泣いていたのだすが、係員の人が「うさぎちゃんと一緒にこっちに行こうよ」とか声をかけてくださって親切ですた。こういうところ子どもに親切で本当にありがたいっす。
んなわけで、やっとゲートを出たらお父さんにも会えてお子は大喜び。私も道中大変だったので迎えに来てくれた同居人を見てホッとしますた。
んで私も見事に風邪をひきますた。まあ、お子の看病で寝不足つづいていただすしね・・・。
そしてカリフォルニアは太陽がさんさん・・・というイメージだったのだすが、翌日は朝から雨で薄ら寒い。なんでやねん。時差ボケと風邪とあいまってお子と二人で外に行かずに寝て過ごしますた。おかげでだいぶ回復。
そしてアメリカは私にとってはいろいろとカルチャーショックだすよ。
空港でベビーカーを受け取るところで「プッシュチェアー」はどこ?と言っていたら、不思議そうにお子をみながら「ええっ?ベビーの?」と言われますた。そうそう、と言ったら「ストローラーだよね?」と訂正されますた。そうか、ここではストローラーと言うのか。。。エゲレスでは正式になんと呼ぶのか全然知りませんが、普通はプッシュチェアーとか言ってるだす。お子のはナゼカわたしも同居人もバギーと呼んでまするが(なんでかいな?)。しかし、ここではプッシュチェアーといえば車いすのことを指すようだ。そんでもってお子に牛乳を買おうとしたらビタミンDが加味してあるものしか売ってなくてびっくり。太陽がさんさんの場所じゃないの?少なくともエゲレスよりはさ。

comment コメント 0
back-to-top