07.25
Mon
お子が生まれた時に、生まれてすぐからずっと使えるバギーを買いますた。小さいときには寝かせて使えて、そのあとは向きも変えて大きくなったら座って使えるというタイプのものだす。ちとお値段は張りますたが、すっごいヘビーに使っていてかなり気に入っておりまする。
それが、どこへ行くのもバギーがんがん押して歩いて行ってあんまり酷使しているせいか、後ろのタイヤのゴムがすり減ってゴムの外側がべろんってめくれてしもうた・・・。ひぃぃぃ〜!!!
修理とか出すのかな?とメーカーに問い合わせたら、スペアのタイヤを購入できるとのこと。しかも、自分でつけ直すことができるとな。んで、早速注文して購入。部品だけなので安かった(ホッ)。んでL字型の六角レンチみたいなのも一緒についてきてそれでこのワタシでもすぐに取り替えができますた。ブラボー。
がっ、とりあえず傷んだ車輪だけ替えればいいやと思っていたら、もう片方もかなりすり減っていて車輪の大きさがかなり違う(滝汗)。ケチケチせずにもう一方も交換することにしてさらに注文しますた(最初からそうしとけってか?)。お子はまだまだバギー必要なので、あと1年はこれでもって欲しいものだす。まあ頑丈そうなのでなんとかなるだしょう。
週末はいつもの公園ではなく少し歩いていったところにある遊具がたくさんある公園にいきますた。天気が良かった日というのもあって満員御礼。お子は人がたくさんいるところが好きなのかすごく楽しそうですた。
がっ、Wasp(なんだろ?蜂の一種で刺されると痛いやつだす)がやってきて飛び回っているので一生懸命追い払っていたのだすが、やたらとお子にまとわりつき・・・さらにお子は押しのけようとして手でびしびししていて返って顔に押しつけてしまい・・・ほっぺたを刺されますた。ひぃぃぃ〜〜〜
アレルギーとかあるとショック死することがあるらしいだすが、幸いにしてお子はアレルギーがないことが証明されますた。なんか痛そうにして手で何度も触っていてそこが腫れてきたので、慌てて薬局にいきますた。とりあえずお子はその時点で相当元気そうで、ほっぺたが赤く腫れているだけなので抗ヒスタミンの軟膏を勧められますた。もっと腫れてきたら経口のヒスタミン剤を飲ませた方が良いかもと言われますたが、その軟膏をつけていたら腫れもひいて今日はもう跡も残ってないだす(ホッ)。まったく・・・ほんと次から次へといろんなことが。怪我したり虫に刺されたりほんと心が安まる時がありませぬ
comment コメント 3
07.22
Fri
ハリポタの映画館の前に予習というのはやっぱり全然見られてません。計画は頓挫する寸前って感じですな。
イヤイヤなのが何もかもになってきて、何をするのにも時間とエネルギーが要るようになってきますた。お子もいちいち手足をバタバタして号泣するからエネルギー要りまくりで大変でしょうに(同情)。お互いこの辺は省エネでいきたいところなんすが、そうもいかないのか・・・。
昨日は保育園を去るときに入り口でバタバタ号泣、バギーに乗せるときにバタバタ号泣。いちいち何をするのにもこのタントラムのアクションがいるのだすか?とりあえず公園でボール遊びでもしてから帰ろうと思っていてボールを持っていたので、ボールを持たせたら少し機嫌が直ったのでバギーに乗ってボールを抱えて広い公園へ。ひろーいグリーンの真ん中にバギーをとめて「さ、ボール遊びしよっか?」と言ったら即答で「ノー」。え〜〜〜(汗)。バギーのストラップを外そうとしても手を払いのけるだけなので、仕方ないのでそのままバギーに座らせておきますた。
お子は広い公園の真ん中でバギーに鎮座してボールを抱えたまま・・・(おい)
なんか、楽しいのか?それで?
もう本当に何をするのも言われたことをするのがイヤって感じだすな。
夜に寝るときも、ベットに近づくと号泣。
そして今朝も保育園の前についたら号泣。
まあ、結局ベットに入れたらしばらく泣いてはいるのだすがすぐに寝るだす。そして朝までちゃんと寝てくれるので、文句はありませぬ。保育園も朝のお見送りのときには号泣して暴れまくっているだすが、その後はとっても楽しく遊んでいるそうなので、まあ、いいのかと。
これからしばらくこんな感じですかね?いちいち泣くのが儀式?いやだなぁ〜。

comment コメント 0
07.21
Thu
ちょこっとおとなしくなっているかな・・・と思いきや、昨日からまたしてもイヤイヤ期まっさかりって感じで何をするのにもバタバタと暴れて大変っす。すこしその気分になるまで待ったりとかいろいろこちらも策を弄してはいるのだすが、なんかちょっとしたことが「いや〜〜〜〜!!」みたいなことにつながるらしく、大泣きになったりするだす。ま、ここはもう思う存分やりたいだけイヤイヤさせるしかないと半分あきらめモードだす。
保育園に預けに行った折にいつもは嬉しそうにバイバイとかしてくれていたのだすが、ここ数日これもイヤイヤモードで私に抱きついてきて泣きまくる。ナゼ?今まで全然平気だったのに???とか思ったのだすが、どうやらお母さんを困らせることが目的らしい。私が去ったらっさっさと泣きやんで涼しい顔して遊んでいるらしいだすし(おい)。子どもってすごい。こんな小さいのにいろいろ考えてあれこれと実施しているわけね。こっちも負けずにがんばらねば。
人から借りているDVDとかたくさんあっていろいろ見ないといけないっつーのに、全然時間がなくて見られてないっす。映画とかせっかくだから細切れにならないようにちゃんとまとめてみたいだすしね〜。とか言ってたらずっとみられなさそう。
ハリポタの最終作をぜひとも映画館で3Dで見たい!とか思っているのだすが、その前のPartIもそのひとつ前の謎のプリンスもまだ見てなかった。ワタシが産休に入っている(?)うちに2つも見逃してただすよ。んで、それを見て予習してから映画館に行こうか!と到底無理そうな計画を立てていたら「え?なに?ハリポタ、ボクもみたい」と同居人がいいおる。そういえばこの人はちゃんと本も読んでるくらいちゃんとハマッテタんだった。(ちなみにワタシは本は読んでないっす、せっかく家にあるのに・・・)。というわけで、昨日は謎のプリンスを見て、今晩は死の秘宝のPartIを見て、明後日には映画館でPartIIを!!!とか思っていたのだすが・・・。「何?その軍隊並みのスケジュール・・・」と同居人に言われますた。とりあえず昨日の晩には一本見たのだすが、内容が濃すぎて消化する時間がかかりそうで、とても今晩には次のを見る気分にもなれず。ああ、ワタシの3D映画館鑑賞という夢は遠のいていくばかりっす。間に合わないうちに映画自体が終わってしまいそうだす(涙)
お子は今月に入ってすごく背が伸びたのか?ついにロンパースがぴちぴちに。まあ、布のオムツしているのでごぽごぽしているっていうのはあるだしょうが。そろそろ潮時だなと思ってロンパースは卒業することに。んで、下着にランニングシャツを買ってきて着せてみたのだすが、頭が禿げているというのもあってか?なんか似合いすぎ。坊主頭にランニングはどうみても、その姿は裸の大将。貫禄ありすぎ。やっぱ白いじゃないのにすべきなんだろうか・・・(白いほうが安いのにぃ)。

comment コメント 0
07.20
Wed
なんだかバタバタしておりまする。昨日は朝から仕事に行き、夕方お子を保育園からピックアップして近くの公園で遊んで時間をつぶし、走ってくる同居人にバトンタッチ。同居人にお迎えに行ってもらいたいところなのだすが、ちょうどその時間にミーティングが入っていてちと無理ということなのでとりあえず私がお迎えに行きますた。それから私は走って保育園に戻り、講習を受けたりしますた。今週と来週と2回に分けて保育園で子どもの応急処置の講習をしてくれているので参加してみますた。こういうのって使うチャンスがないまま終わって欲しいと願うことだすが、ちょっとした知識があるのとないのとではだいぶ心構えが違うので受けておくのはいいことだと思うだす。以前の職場で大人の応急処置の講習を受けたことはあるのだすが、子どものとはちょっと違うので勉強になりまする。
んで、講習を受け終わって帰宅する頃にはお子はもう寝ている頃で、私はそれからご飯を作る気にもなれないのでテイクアウトでカレーを久しぶりに買いますた。お子がいない頃はよく同居人とカレーを買っていたのだすが、さすがにカレーはお子は食べられないので最近全然買ってなかっただすよ。久しぶりに食べたせいか、かっらい・・・。種類のチョイスを間違えたか?辛すぎてハフハフいいながら食べますた。
ここ数日忙しかったので、家が荒れていて・・・。とりあえずなんとかまわしてるって感じだったのであちこちにモノが積まれてたりして家の中がえんらいことに。いかんだすな・・・。家が荒れると心がすさむだす。そしてお子がいなかった頃には少々家のことをしなくてもそれほど支障が無かっただすが(荒れていることには変わりないが)、今は洗濯が滞るとすぐに着るものが無くなったり、お子のベットが汚れまくりだったりと問題ありまくりだすよ。いかんいかん。とりあえず忙しい波は通り過ぎたので今日はがんばって家の中を復活させることに専念するだす(反省)

comment コメント 0
07.16
Sat
スイス旅行の前半はローザンヌに行っていたのだすが、そこではお子より4ヶ月若いマテオ君と一緒に遊んでおりますた。昔一緒に大学で働いていた同僚の子だす。とにかくすごい食欲で、食べ物が欲しくて欲しくて常に何かを要求しているという感じですた。お子と一緒におやつにクラッカーを数枚ずつお皿に入れてもらって食べ始め。あっという間に食べ終わったマテオ君はお子のクラッカーも欲しくて騒ぎまくり。お子は食が細くてあんまり食べ物に執着心がないので、目の前の自分の残りのクラッカーを求めて暴れまくるマテオ君を冷ややかに眺めておりますた。ふぅ〜〜。ちょっとは見習って欲しい、っつーかあれぐらい食べて欲しい・・・とか心底思ったりもしたのだすが。
しかしだ、お子が見習ったのはぱくぱくおいしく食べるということではなく、希望がかなえられなかった時の態度ですた(激爆)普段はあんまり暴れまくるということはないのだすが、その日の晩は気に入らない事がある度に大暴れして泣きまくり駄々をこねるという状態。ワタシも同居人もびっくり。どうしたの???病気かなにかで機嫌が悪いの?と同居人があまり心配したのだすが「た、たぶん、マテオ君を見習っているのではないだろうか?」と二人で結論したりしてますた。お子本人もぎゃーぎゃー言いだしたらその後は一体自分は何が欲しかったのかわからない状態って感じですたし。ま、この年齢だと仕方ないのだしょう。それにしても、子どもってすごい影響を受けやすいのだわな〜。っつーか、そんなとこじゃなくてもっと良いところ見習おうよ!お互いに高め合おうよ!とか心の中で叫んだだすよ。
この旅行で少し良くなったことは、一緒に歩いたりするのが以前よりうまくなりますた。以前は縦横無尽に逃げていってしまうので、ワタシは片手で空のバギーを押しながらもう一方の手で走り回るお子を制御するのは車通りの多い道では不可能って感じであきらめていたのだすが、旅行中はバギーから降りたいと言ったら下ろしてあげて、その代わり「お母さんと手をつないで一緒にあるくんだよ、手をつなぐのがイヤだったらバギーの端っこを一緒につかんで押そうね」と言って歩いていたら、結構ちゃんと道を一緒に歩いてくれたのでよかっただす。まあ、家の近所だったら知っているところなのであちこち行きたくなるのかもしれないだすが、知らないところなのでワタシからそれほど離れたくなかったという利点もあったのかもしらん。でも、ちょびっと進歩だす。一緒に歩けるようになったら楽なので嬉しいだす。
そしてずーっと一緒にいたせいか、コミュニケーションが取りやすくなりますた。ワタシもお子のペースをつかんだというのもあるのかもしれないし、お子も言いたいことを表現するのがうまくなったのかもしれませんが、いろいろと言っていたらだいぶ言うことを聞いてくれるようになってきた気がするだす。まあ、ダメって言ってもやるときゃやるんすけど。ちゃんと説明したりしてそれを聞いてくれたりすることもある(そうでないときも多々あるが)ので、頑張って言い聞かせようかと思ったりするだす。まあ、魔の二歳児ですしな、言うこと聞けっていう方が無理っつーのもあるですな
しかし、相変わらずご飯は食べないっす。もう食べないんだったら食後のフルーツとかナシだよ?と条件を出して脅したりしてみるのだすが、「あ、そう、それなら別にそれでもいいよ」って感じでちーとも効果なし(ため息)。道を歩くときには、お母さんと手をつないであるかないならバギーに座ってもらうからね!と脅すとすぐに言うこと聞くようになるというのに。まあ、仕方ないっすね。

comment コメント 0
07.14
Thu
スイスはとっても楽しかっただす。後半はみちえさんのいるツークまで足を伸ばして家族旅行ですた。同居人は仕事も終わっているのでワタシたちと一緒に思いっきり遊べるのでお子も大喜び。ワタシも大喜び(そりゃそうだ)。小さい子がいて大変なみちえさんは相変わらずパワフルで活躍しまくりで、本当にいろいろとお世話になりますた。旦那たちも理系君同士なので話も合うみたいで、週末に湖に泳ぎに行った折に、お父さん二人そろってバギーを押して子どもをお昼寝させつつ散歩に行ってくれて、ワタシとみちえさんはまったりとくつろげてシアワセだったりして。すごくいいだすよ!!!
帰りは同居人がチューリッヒに寄りたいというので、チューリッヒに寄ってランチ。テラス席みたいなレストランでおいしいご飯を食べて満足ですた。すごく天気がよくて気持ちいいので、外で食べるご飯もおいしいのかお子は珍しく食欲もあってよかった。普段からあまり食べないし、旅行とかいくと特に食べないので心配していたのだすが、この旅行の後半は結構食べていたかも。
んでもって飛行機はそんなに遅くなかったのだすが、バジェット空港で悪名高い空港。着いたら入国審査に長蛇の列。え〜〜〜。ヒースローとかだと家族連れだと優先的に通してくれたりするのだす。がっ、この空港はそんな配慮もなく。暴れる2歳児を大人しくさせながら列に並んでちょっとずつ進むという到底不可能なことを強いられ・・・。走り出すお子を制御しつつ、ふと気がついたら思いっきり何もないところでお子はばったり前に転んでおでこにでっかいたんこぶを!痛かったのであろう、列にいる間中、号泣しまくりですた。スマンのぉ〜、この列を我慢するのは大変だろうに。それでもワタシが頑張って抱っこして(重い・・・)あげていたら、途中ぐらいから気を取り直して泣きやんでいた。入国審査を通って荷物を受け取るターンテーブルのところで他の人たちに、お子ちゃん大丈夫?と聞かれたので、泣きわめいていて相当目立ったのであろう。たんこぶがすごいことになっていたのだすが、その後1時間ぐらいしたら治まってきて、青あざになっただけで済んだみたいですた。ホッ。
普段から怪我しまくりなのだすがこの旅行中は結構怪我してないなぁ〜って思っていたばかりだったんすけどね。案の定ってやつだすかね。
帰りの車の中でお子は爆睡。家に着いて起こされたのが機嫌悪そうだったので、そのままオムツだけ替えてベットに入れたら朝までぐっすり寝てくれて幸いですた。なので翌日はいつも通り保育園にいきますた。旅行の間中も保育園の友達の名前とかを何度も言っていたので、保育園にいけなくて寂しかったのか?しかしだ、午前中にちょびっと泣き出して保育士さんが気をそらしてなだめてくれたりしたらしい。やっぱね、旅行中はずーっとお父さんとお母さんと一緒にべったりだったからね〜、ちょびっと寂しくなっちゃったんだろうかね。
ホリデーに行く前は荷造りとかめんどくせ〜って感じですたが、行ってみたらとっても楽しくて、あ〜やっぱホリデーって人間には必要なのねぇ〜ってしみじみ思ったりしますた。家にいるとついつい家事とかいろいろやること満載だすが、出かけているとお子とも思いっきり遊んであげられたりしてお子も楽しいし、そしてお父さんもお子と時間をもててよかったみたいだす。

comment コメント 0
07.07
Thu

ちょこっとだけバカンスでスイスだす。といっても同居人の仕事についてきているのでワタシにとってはバカンスか?って感じではあるのだすが。昨日も今日も同居人が仕事に行ってしまっているので、ワタシはお子を連れて公園めぐりっす。砂場で遊び、滑り台をしまくり。お昼ごはんを食べてお昼寝にホテルに戻って、またしても午後には違う公園に遊びに行くというスケジュールだす。スイスに来た意味あるのか?という虚しい質問はしないでおこう。
とはいえ、旧友の奥さんのパオラさんと会ったりしているのでそんな悪くないかな。パオラさんのところにもお子と同じぐらいの月齢のマテオ君という男の子がいるので一緒に公園めぐりできるのでそれは楽しいだす。ま、おしゃべりしている時間などないぐらいにお子が走り回るのを追いかけないといけないのだすが(汗)。
お子は結構気性が激しかったり、ご飯を食べなかったりとワタシはいつも手を焼いているのだすが、一事が万事駄々をこねて暴れまわるマテオ君をみていたら、不思議とお子がすごくいい子に見えてしまったりする錯覚におちいるほどですたわさ。子供ってほんといろいろなんすね。
お天気はすっごく暑くもなく、そして寒くもなくちょうどいい感じだす。お日様がかんかん照るわけでもないだすが、エゲレスみたいに薄暗いわけでもなく気持ちいいだす。しかし、あんまり晴れてないしいいか・・・と思って油断していたら思いっきり日焼けしますた。ああ、美白とは程遠い・・・かなしい。


comment コメント 0
07.02
Sat
あっという間に気がついたらもう7月になってますた。早いのぉ〜。先週はすごい天気が良くて暑い週末ですた。気温がぐんぐん上がりますた。日本に比べたら全然暑くない程度だしょうから、こんなんで暑い暑い言ってたら怒られそうだすが。植物園に行ったらお子は日向でひたすら小石を拾いまくり。暑いよ〜、日陰に入ろうよ〜と促しても聞いちゃいないし(おい)。
冬に公園とかに行って「帰ろうよ〜」と言ってもひたすら滑り台をしていたことがあって「あんたは動き回ってるから寒くないかもしらんが、わたしゃ立ってるだけなので寒くてたまらん!」とか思ったことがありますた。
がっ、それは間違いだったのかもしらん。実は暑いとか寒いとか感じてないのでは?と思ったりするだす。
とりあえず植物園では熱射病とかなられても困ると思ったので、なんとか日陰に誘い込む作戦で頑張りますた。いろいろといらん苦労があるっすよね。
そして昨日の晩はお子が生まれてから初めてベビーシッターを頼んで同居人と二人でディナーにお出かけしますた。2年ぶりってことだすな。カレッジのディナーだったのでいろんな人と話をしてとっても楽しかったので私はとても満足ですた。ディナーのメニューは結構変ったものですごくエキゾチックな感じ。お魚のソースにショウガとかがぴりぴり効いてたり、メインコースのチキンもピリ辛っぽい味付けですた。久しぶりにワインなんぞがばがば飲んじゃいますたわさ。わはははは。
んでもってベビーシッターは友達のヤコブ君が快く引き受けてくださいますた。保育園から帰ってきてすぐに私が夕食を食べさせておいたので、彼がすることはお風呂に入れて、本を読んでベットに入れるという役だったのだすが、「すっごい楽ちんだったよ!全然問題なし!」とのこと。お子も疲れていたのかベットに入れたらちょこっと文句言ってたらしいだすが、すぐ寝たみたいですた。んで、ヤコブ君は私が用意したディナーを合流したパートナーと一緒に二人でおいしく食べてくれたそうだす。こんなにスムーズにいくのだったら、もっと夜にお出かけしようかしら(ふっふっふ)とか密かに思ったりしますた。お子は外面がいいので、他の人だとあまりワガママを言わないというのもあるのかもしらん。今まで、私が相手するとぎゃーぎゃー言う癖に、ヤコブ君とかだと天使のように振る舞っていて、「ちっ、外面ばっかよくて!」とか思うことあっただすが、実はそれはとても助かることなんだと改めて思った次第だす。ヤコブ君もノリノリで「また今度いつでもたのんでよ〜」と言ってくれたのでありがたい限り。ちなみにベビーシッター代はいらないと言ってくれたので、私が用意した夕食のみが彼の報酬ですた。まあ、私も彼らが旅行に行っている時によく家庭菜園の水やりとか行ってあげてるしね〜、もちつもたれつだす。
comment コメント 0
back-to-top