06.23
Thu
エゲレスの天気は変りやすいとはいうだすが、最近は変りすぎるにもほどがあるみたいなことばかり。さっきまでぴかぴか晴れていたのに、急にざーざー雨が降ってきてそのあとまたからっと晴れたり。洗濯物には大敵ですな。干したとたんに雨なんてことはざら。朝仕事に行く前に干していって帰ってきてパリっと乾いたものを取り込むなんてムリムリ。しかたないので家のなかに干すことになり、パリっとも乾かず、そして家のなかは洗濯物だらけ。ああ・・・(涙)
以前にいた職場の仲良かったパティシエ君が最近新しく入ったマネージャーについてこんこんと語ってくれますた。イタリア人のマネージャーが定年退職したので新しいマネージャーに変ったのだすが今度はイギリス人。結構しっかりマネージメントしている様子だす。これまでイタリア人らしく、ゆるゆるだったこととかが厳しくなったっつーマネージメントとしてはアタリマエのことなんすけどね、そこで働いている人にとっては自分たちにとって都合が悪いことなので、文句たらたらとなるわけだすよ。ま、そのパティシエ君には私はいろんなことを教わりますた。お菓子の作り方はもちろん(すごく腕のいいシェフだす)、仕事に対する自信の持ち方とかも。「え〜そんなのできないよ〜」みたいなことを上からやれ言われても、絶対に出来ないと言ってはいけないとか等々。確かに彼の言うことは正しいだすよ。自信のなさが現れると賃金交渉に響くとかもっともだすし。ま、そんなまっとうなことだけでなく、こっそり作ったものを持って帰る方法とか(おい!)そんな素敵なことも堂々と教えてくれるよき同僚ですた。マネージャーがイタリア人だったこともあって、その辺はゆるゆるの職場ですた。あまりに堂々とするとたしなめられますが、こっそり(でもバレバレ?)ケーキとか持って帰る程度なら目をつぶってくれるという風潮がありますた。なのでみんなも、あまりおおっぴらにはせず、一応モラルを持って(?)たま〜に余ったケーキを持って帰ったりとかしてたんす。がっ、新しいマネージャーはそういうのは徹底して排除する方向ならしく、いろいろと厳しくなりますた。ま、アタリマエだすよな。従業員がいろんなものを持ってかえるとコストがかさむだすし、それを許していたらキリがないし。それに余ったものとかを持ち帰るのを許していると、わざと余らせたりするような作業の仕方をする輩が出てくるのが世の常。ま、確かに私は自分の持ち帰る用のケーキとかしっかりカウントに入れて焼いたりしてたし(おい!)。マネージメントとしては従業員には持ち帰りはさせないというのは基本だと思うだす。しかし、そのパティシエ君はその新しいルールにはとことん反対らしく(だろうねぇ〜)ぶつぶつ文句言ってますた。いや、でも、どっちかっつーとこれまでがゆるゆるで普通の職場よりずっと穏やかな場所だったんだと思うけど・・・と言いたいところだすが、こういう場合って・・・。表面上だけでも「そうだよね〜」って言っておくべきなのか?迷うところだす。
もう一つは同じ保育園の年長組のおかあさんと話していたとき。その子が植物園に行ったときにスクーターに乗っていて注意をされたそうな。ま、確かに、植物園で乗り物はいかんかもしらん・・・。とはいえ、小さい子(3歳)が乗っているスクーターだし、自転車乗り回しているのとは違うからいいのか?とか思ったりはするかもしらんだす。しかし、そのお母さんは「バギーとか車いすはいいのに、どうしてスクーターはダメなの?車輪がついているものがダメなんだったら同じじゃないの!」とな。ええっ〜〜〜、そこまで来ると極論では?「い、いや、バギーとか車いすは移動手段として必要だし・・・」と言ったら「うちの子にはスクーターが移動手段なのよ!」とな。「それに植物園のどこにもスクーターはダメ!っていう注意書きはなかったのよ!私は家に帰ってからホームページも確認したけど書いてなかったわ。だから文句の手紙を書こうと思っているの。スクーターがダメならちゃんとダメって明示しろって!」
ひぇぇぇぇ〜、ここまで来るとモンスターなんとか?みたいな感じっすよね。明らかに賛同できかねる過剰意見なのだすが、なんともいえず。「まあ、3歳の子のこの小さいスクーターだったら全然いいと思うのだけど、もっと大きい子が乗り回してたらピクニックとかしている人に迷惑だし、それで一応係の人が言ってただけなんじゃないかな〜」とすごく努力してやんわり言って「でっかいあそこの公園とかでスクーターすれば?お子とかよくあそこで走り回ってるよ〜」と言ってみたら「だめよっ!うちの子は植物を眺めてその名前とかも覚えさせたいんだから、だから植物園にいくのよっ!」とな。ここまで言われるともう何もいえまへん。でも、その人って弁護士とかってすごい世の中の公平を司るような仕事に就いている人なんすけど、いいのか?そんなんで?

comment コメント 2
06.22
Wed
イヤイヤ期が絶好調になってきて、最近朝のオムツ替えが苦痛になってきますた。なんかね〜、もうのたうちまわってくるくる回転してオムツなんてつけられないっちゅーに。
あのさ〜ちゃっちゃと替えたらそんなに苦痛じゃないし、すぐに終わるからさ〜と説明しても毎度同じように真っ赤になって泣き叫んでぎゃーぎゃー。はぁ〜〜。朝のオムツ替えがだんだん私も苦痛になってきた。
「いやだいやだと思うとすごくいやになるからさ、そう思わないようにしたほうが人生楽しいよ?オムツかえてもらうの、すっきりして嬉しいって思えば?苦手意識あると苦痛だしさ〜」とお子に説明しつつ、ふと、それは私もや!朝のオムツ替え苦手とか言ってる場合じゃなかった・・・。朝起きてすぐのときはすごくイヤみたいだす。他のときにはそんなに嫌がらないんすけどね〜。
昨日は夏至だったんすね。これからまた日が短くなっていくのかと思うとちと寂しい。春がきて夏が来るまでの季節が一番楽しくて好きだす。
そしてやっとエゲレスも気温があがってちょびっと夏らしくなってきますた。そうすると、バターとかが溶けやすくて、タルトの生地とかがやわらかくなりすぎて扱いにくくなるんすよね(ため息)。冬だとカチカチで困るだすが、夏は夏でヘロヘロになって困る。なかなかちょうどいい感じの季節って少ない。

comment コメント 0
06.18
Sat
今週は仕事もビシバシしていて忙しく、しかも保育園のPTAの会合があったりしてなんだかバタバタしているうちにあっという間の一週間ですた。そうなると器用にいろんなことが同時にこなせない質なので、結局家事とかが全然うまく回らず、家の中がとんでもないことになっているだす。それはまあ、仕方ないか・・・(ため息)。がんばってこの週末に溜まったものをやってしまわねばなりませぬ。
そして、昨日は2歳のお誕生日ですた。親としてはなんとも感慨深いだす。もう2年も経ったのねぇ〜と思うのと、長かったなぁ〜って思うのと両方かな。保育園のお友達はお誕生日パーティを開いたりしている子もいるのだすが、うちはひっそりととりあえず内輪で祝うという感じですませますた。まあ、お子がもう少し大きくなってどうしてもやりたいというなら考えてやってもいいっすが、少なくともお金のかかるパーティはやりたくないわな、というのが正直なところだす。
そして保育園はちょうどお子の誕生日に父親参観のある日だったので、お子はお父さんと一緒に午後を過ごすことができてとても楽しかったみたいだす。ま、行事のおかげでお子が早く帰宅したので、夕方にはすでに私は何もできず、あたふたしまくりだったんすけど。ヘタレ母としては「ちっ、もう少し保育園に長くいてくれたらいいのに」とかついつい思ってしもうたり(もうすでにこの辺でダメダメ)
しかし、たった2歳だというのに、プレゼントはいろんなものをもらいまくり、おもちゃでいっぱいだすよ。おじいちゃんやおばあちゃんから高価なプレゼントを貰ったりして、もうそれは「甘やかされている孫」そのものだす。
かつては、よその子が高価なおもちゃとか買ってもらっているのを見て、「ふーん、そんな高いものを子どもに・・・」とか思ったりもしますたが、自分も子どもをもってみたら、まったく同じことをしているだすよ!(爆)人間立場が変わると思想も変わるのだしょうか?というか変らざるを得ないというか、ナゲヤリになるというか(爆)
お子はおばあちゃんに自転車を買ってもらい(ひえぇぇ)、そしてもう一方のおばあちゃんにはレールを敷いて走る電車のセットを貰いますた(おおおぉ)。すごいよ、もう、家の中は何人子どもが何人いるのか?っていうようなリビングルームのおもちゃのあふれようだす(ため息)。私の本来の思想とは激しく矛盾するのだすが、お子が楽しそうに遊んでいるのをみると、ま、いっか・・・とか思いますた。
夕食後にヤコブ君たちが誕生日祝いに寄ってくれたのでみんなでお茶をしてケーキをつまみますた。軽い感じのバナナのケーキを焼いてそれにハッピーバースデーと書いたりしただすよ。仕事で人のバースデーケーキとか作りまくっているというのに、自分の子の誕生日は何も作らないっつーのは同居人から相当ブーイングされそうなので、簡単な焼きっぱなしのケーキだけとりあえず慌てて焼きますた。お子は2本のろうそくを立てたケーキを目の前に置いたら、ちゃんと「ふーっ」ってできるあたり、感心しますた。たぶん、いろんなところで保育園のお友達がするのを見てたりするんだろうな。去年はろうそくの火に触ろうとして危ないことこの上なかったのを考えると、かなりの進歩だすよ。いろんなことができるようになっているんすね〜、知らないうちに。みんなでハッピーバースデーを歌いながらケーキを見ていたら、なんだか嬉しくてがらにもなく、ちょびっとうるうるしてしまいますた。
とても元気に育ってくれていることに心から感謝だす。

comment コメント 2
06.14
Tue
この週末は近所のでっかいグリーンでお祭りがあったので結構楽しみますた。移動遊園地みたいなのが来ていたり、いろんな露店が出ていたりするのだすが、これまでは「ふーん」って感じでスルーしていて、露店で売っている植木を買ったりするぐらいしかすることなかったんすけどね、子どもがいると全然違いますた。そのでっかいグリーンはいつも遊びにいく滑り台とかがある公園に隣接しておりまする。週末の朝はその公園で遊ぶのだすが、いつものように遊んでいたら、蒸気機関車みたいなのがお祭りの会場に向けて公道を走っているところで、それを見たお子は興奮しまくってフェンスにかぶりつき眺めまくり。まあ、楽しそうだわな。なので、そのままグリーンに移動してお祭りを眺めることに。しばらく、いくつかある蒸気機関車を眺めて満足し、そのあとは屋台とかを眺めて楽しそうにしてますた。アヒルを釣ったりして賞品がもらえる屋台とかあったのだすが、お子はそのアヒルを「ダック、ダック」と指差して叫ぶのみ。おっちゃんが「やるかい?」と聞いてくれても、たぶんその遊びの醍醐味は全然わからないであろうと判断したハハは「いえ、見てるだけでいいです」と断りますた。だって、1回2.5ポンドもするのに、景品はざっとみてもたいしたものがなかったし・・・(オイ)。他にもショボイジェットコースターみたいなのとか、空飛ぶ象みたいな乗り物とかもいっぱいあったのだすが、お子はそれを眺めているだけでシアワセそうで、私の手を握り締めて乗り物を眺め、少し歩いていって他の乗り物を眺めというのでかなり満足そうですた。なので、結局何も乗らず。遊園地デビューは来年かいな?
お祭りのなかで自転車屋さんがいろんな自転車を持ってきていて試乗させてくれる場所があり、そこで子どもを乗せる箱みたいなのがついている自転車(うまく説明できん・・・)を試乗しますた。それは以前から同居人がとても欲しがっていたものなんすが、私は「え〜、どこに駐車するわけ?」とかそのでかいものを眺めて思っていたので、購入にはいたってないのだすが。でも、同居人はお子を乗せて試乗して嬉しそうで、しかも乗っているお子もすごく嬉しそうですた(乗り物デビュー?)。なのでそれをみて「ま、そんな欲しいなら買ってもいいか?」という気分に少しだけなりますた。
今日は同居人の職場に日本からのお客さんが何人も来たらしく、いろいろとディスカッションをしたらしい。んで、同居人は「ボクの日本語の能力を披露しておいたよ!!!」と嬉しそうに言うので何かと思ったら「ぞうさん」とか「ハト」とか「ぶた」とか「うし」だった。それって・・・、子どもかっ!。仕事とはまったく関係ない単語だすが、随分と自慢げに言ったらしく、みなさんとても感心してくれたそうな。動物専門?いやいや、「ぶどう」とか「いちご」も知ってるわな。

comment コメント 0
06.09
Thu
ちょっと前なのだすが、書くのを忘れておりますた。この前ベルギー人のママ友がお誕生日にといって映画に誘ってくれたのですた。それでパイレーツオブカリビアンを見ますた。あ、私の趣味というより彼女の趣味なんすが、まあとりあえず。これって第何作目?って感じなのだすが、どの回も今までまともには見たことなかったっす(キッパリ)。飛行機の中で細切れにちと見たことあるとかその程度。なのであまり乗り気ではなかったのだすが、内容はともかくとして、これが3Dの映画ですた。初3Dだすよ!それがすっごい立体感ありありで感動しますた。めがねをみんながかけて見ているというのがちょびっとこっぱずかしいのだすが、そんなことよりも飛び出してくるものに触ろうとしたくなって手を伸ばしていて、めっちゃ笑われますた。しかし、そんなに3Dに感動してたくせに、前日にお子があんまり寝付きが良くなくて夜中に何度も起こされたせいか寝不足極まりなく、途中で意識がなくなったりしてしまっただすよ。ふと気がついたら人魚がいきなり出てきていてびっくりしますた。一体彼女はどこから現れたんだ?(未だに謎だす)

comment コメント 0
06.02
Thu
今日は本当は仕事のハズだったんだけど、直前になくなってしもうてなんかぐったり。しかもなんか納得いかない感じのキャンセルだったので、なんだかなぁ〜もう〜ぶつぶつって感じですた。でも、ぽっかり空いた時間だったのでぼーっとして過ごしたりずっとやりたかった庭の手入れをしたりしてますた。
ご飯を炊いて和食の夕食の日はお味噌汁も作ることにしているのだすが、最近お子がこのおつゆぶーむ。たぶん、液体をお椀から飲めるようになったのが嬉しくてたまらないというのと、浮いているお麩を掬って口に入れるのが嬉しいみたい。あ、掬うのは手づかみなんすけどね(オイ)。んで、おつゆ飲んだらもっとくれくれ言っておつゆばっかり飲んでお腹いっぱいになって他のご飯を食べなくなるので、最近はおつゆはご飯を半分以上食べ終わったころにだすことに。もちろん私たちも巻き添えだす。一緒に食べているのに私たちだけおつゆとか飲んでたら、テーブルのおつゆを指さして号泣されるだけに終わるだす。
んで、この前、例によっておつゆの用意はしてたのだすが、ご飯を先に食べておりますた。どっちかっつーと私はおつゆもご飯も全部いっしょにゆっくり食べたいんすけどね〜(それは無理な相談)。んで、同居人が「あれ?さっきスープの用意してなかった?」と言うので「あ、うん、あるんだけどさ、先にだすと、ほら・・・なのでもう少し食べ進めてからもってこようと思ってさ・・・ごにょごにょ」と説明してたら、お子がくるっと台所を振り向いてそこにお椀とおつゆのお鍋があることを確認してそこを指さしてわめきまくり。ば、ばれとるがな・・・。結構今までわかんないと思って同居人とそんなこっそり話を堂々としてたんすけど、最近は私たちの言っていることもわかるようになってきたみたいだす。うぉ〜〜〜、要注意、要注意。
スープスープ言ってうるさかったので仕方なくあげますたが・・・。そんな話をエレノアちゃんのお父さんと話をしていたら、「そうなんだよ、うちでも結構そういうことあってさ、だんだんわかってきてるみたいだから、綴りで言い合ったりしてる」というので笑ってしまいますた。SOUPとかだったら、エスオーユーピーは?とか言うのか。ぎゃははははは。っつーか、それだとすべての綴りを正しく言えないといけないっつーことなので、私にはちと高度で難しいかもしらん(オイ!)。
言葉はまだあんまり出てきてないのだすが、理解度は結構深まってきているみたいだす。鼻とか口とか耳とか言って話しかけると自分の耳を指さしてたりして「おおっ、わかっているんだ!」って感心するのだすが、ナゼカ目のときだけ私の目を思いっきり差してきて指を目に突っ込まれそうになってコワイ。わざと?(ぶるぶる)

comment コメント 0
back-to-top