05.29
Sun
お子は保育園の今の年中さんのクラスでは若い方で他の子はもう少し月齢が高い子が多いのだすが、それにしても・・・というくらいにみんなとは違いすぎるくらいになんでもゆっくりさんだす。歩き出すのも遅かったしなぁ・・・。んでもちろん喋るのも全然遅いのだす。やっと少しずつ単語が出てきたくらい。そんな中、この前保育園にお見送りに行ったときに同じクラスの子が髪の毛スッキリ散髪してたので「あら〜ヘアカットしたのね?」って言ったら「I had my hair cut, yesterday」と言ってただすよ(驚愕)。っつーか、そんな文章は文法的にすごく難しくて試験問題に出るくらいのものだというのに、こんな2歳かそこいらの子でこんなことが言えるようになるんだ!さすが!となんか変なところで感心したり。しかしだ、お子はもちろんそんな文章は全然言えないっすよ。お子と数週間しか違わないその子はちゃんと「昨日」という過去の概念も理解しているみたいであっぱれだす。しかも、お子は赤ちゃんのときからずっとハゲでもうすぐ2歳になるというのに頭はまだうっすらしか髪がない(涙)。散髪なんて夢のまた夢という感じなので、それはある意味2重の意味での屈辱でありますた(爆)
また、他の子が遊んでいるところに走っていってそのおもちゃを奪おうとしてたりして(オイ)、そしたらその子にお子は「Could I have this one, please.」と言われてしまっておった。プリーズですぜ!プリーズ!奥さん!もうびっくりっすよ。お子は「んあ”〜〜〜〜」といって大声で相手を押しのけるだけしかできないというのに(ため息)。この違いは何?
しかし、一応保育園で鍛えられているだけあると思ったのは、昨日図書館に行ったときにお絵かきできるテーブルがあったのでクレヨンでお子はお絵かきしようと遊んでいたら隣に座っていた同じ年くらいの子がお子の紙を奪ったりクレヨンを奪ったりしてきていますた。たぶん、その子はお姉ちゃんがいる子だったからいろんな意味で鍛えられてる模様。でも、そのときに急にお子が「Share!(一緒に遊ぶ)」って叫んでいた。わははははは。きっと、保育園でとりっことかして、一緒に遊びなさい!って言われてるんだろうなぁ。自分が奪ったときには何も言わないくせに、相手が奪ってきたらことさら諭すようにそんなことを言うなんて(滝汗)。思わず笑ってしまいますた。その相手の子のお母さんも「そうよね〜、一緒に遊ばないといけないわよね〜」って言って笑ってますたわさ。
まあ、その子それぞれの成長のスピードはあるだしょうな。保育士をしている知り合いが「喋るのは歩きだすとかの行為よりももっとこどもによって早い遅いの度合いが違ってると思う」と言ってたので、お子はゆっくりさんということで。マイペースで育って欲しいだす。

comment コメント 0
05.25
Wed
あっちゅー間に時間がすぎるだす。昨日は誕生日ですた。といっても何をするわけでもなく。しかも仕事が入ってしまったので、仕事して終わる一日ですた。とはいえ、結構楽しい類の仕事だったので別にそれはそれでよかっただす。
同居人からは誕生日のカードを貰って「何か欲しいものあったら買ってあげるから探しておいて」という同居人にとってすごく楽なプレゼントのチョイスですた。まあ、いらないもの貰うより全然いいっすが。それから誕生日にということで陽陽陽さんから大量のあんぱんまんのDVDを送ってもらいますた。感謝だす!これでお子を静かにさせる秘密兵器がたんまり!!!とりあえずビデオ見ている間はおとなしくできる(といっても10分ぐらいっすが)のでありがたいことこの上ないっす。しかし、そのビデオを見ていて気がついたのだすが、番組中に左上の隅っこに時間が表示されており、日本でのあんぱんまんの放送時間が5時30分とかであることを知りますた。夕食の準備で忙しいときに子どもにこういうのを見させておとなしくしていて貰うっていう配慮なんだしょうか?ブラボー!ワタシも是非その用途で使わせてもらおうかと。
んで、夕食は近くの韓国料理の店にビビンパでも食べにいくか!と言ってたのだすが、なぜかその店は火曜日が定休日だった(ガックシ)。誕生日の日に夕食とか作りたくない!という理由だけで外食したかったのだすが、仕方なくグルメバーガーキッチンというレストランというよりはカジュアルな感じの、でも、ファーストフードよりはレストランチックというような店にいきますた。お子にはパスタとか茹でてタッパーに入れてもっていこうと思ってたのだすが、用意しているのを見たらおなかがすいて我慢できなかったらしく大騒ぎになってしもうたので、先に家でご飯を食べさせてから出かけますた。とはいえ、外食するといつもと違うところに座ってまわりとか観察してご機嫌みたいで、いい子にしてくれてたので助かりますた。ちょうど外が見える席だったので、外を通るバスとか眺めてると楽しかったみたいだす。もうワタシたちの外食ってこんなとこしかいけないのか・・・とか寂しくなることもあるのだすが。なんせ、いい子にしているとはいえ、大きな声でワーワー言ったりするしね〜〜。音楽ガンガンかかっていてうるさい若者いっぱいのこういう店だったら全然OKだすが、もっとお上品なレストランとかは無理だわな。
帰りに大きな芝生の公園を通るのだすが、そこで同居人とお子と3人で手をつないで歩いていたらなんだかとってもシアワセですた。小さいのがいるとワタシの世界が狭まることもあるけど(上品なレストランに行けないとか)、でもその反面これまで知らなかった世界をたくさん知ることができて良かっただす。
保育園でまた何かを貰ってきたみたいで咳がひどくて夜中に何度も起こされますた。こういう子どもに翻弄される寝不足の世界も知らんかったよな・・・。っていうか知りたくないわな。

comment コメント 2
05.19
Thu
週末はお父さんと川のほとりのパブにランチに。日曜日のパブとかだとすごく混んでいてサービスとか遅いのだけど、お子はそこに座って周りの人とかを眺めているのが楽しかったらしくとてもいい子にしてくれていて助かりますた。まあ、食べ物が出てくるまで待っていられることは当然ないので、持っていたパンとかフルーツとかを食べてしまって私たちのサンドイッチが運ばれてきたときには実質お子はもうごちそうさまだったんすけどね。
そういえば、ごちそうさまといえば、ご飯を食べ終わると「んまっ」と言うだす。たぶん、ご馳走様の最後の部分かと。家に帰ってきたときも、「んまっ」でこれはただいまの最後の部分かな。音楽とか「ミュ」って言ってるからなんでも最後の部分が省略されるかと思ってたけど、そうでもないかも。どちらか一部が省略なんすね。
この前は靴を履くときに「くつシュー」と言ってただす。おおっ、新しいコンビネーション。あわせ技っすか?(激爆)。
そして鳥を見るとすべてがダックなのだすが、この前外を歩いているときにダックダック言いながら鳩を指差していたので「ちがうよ、あれはハト!ハトだよ!」と言ってたら、急に自分の頭を抑えていたので何かと思ったらHat(帽子)と混乱しているようだった。そうか、帽子はわかるんだと改めて発見。
保育園の帰りに一緒に数を数えながら歩いていますた。もちろん数の概念とかもわかってないしまだ何も数えられないのだすが、お父さんがいつも英語で数を数えているので私も負けないように(謎)日本語で。好きな音は復唱してくれるだすが、そうでもないのはスルー。「ごー、ろくー、なな〜」と言ってたら、急に「ナナ!ナナ!」といって色めきたってバギーから立ち上がりそうになり。何かと思ったらバナナが出てくるかと思ったらしい。そうえばお子はバナナのことをナナといつも言ってるのだった・・・(これも最初の音が省略されるパターンか)。
ご飯を食べようとしない折によくワタシが「ほら、おいしいよ、たべようよ〜」と言っているのだすが、その「おいしいよ」のフレーズが何か気に入ったらしく。この前は朝起きたときにベットに座って一人でぶつぶつ何か喋っていると思ったら「おいしいよ」って言っていて笑ってしまっただす。その後、歌を歌っているときに、フレーズにあわせて「おーいしーよー」って歌ってたのも爆笑してしまいますた。意味はわかってないんだろうなぁ・・・。
魔の二歳児モードはますますテンションあがってきて、もう何もかもがイヤイヤで大変っす。オムツを替えようとしてもぎゃーぎゃー騒いで、ひと騒動。やっと替え終わったと思ったら、お子も「ふぅ〜」って言ってた。「ああ、騒いで泣いて疲れたよ」って感じなんすか?だったらいちいちオムツぐらいで抵抗してぎゃーぎゃー言うな!「ふぅ」っていうのはこっちのセリフじゃ!って感じですたわさ。
お子は体重はどんどん増えていっていてもう持ち上げるのも重くなりますた。成長してるってことやのぉ〜〜。なぜかワタシの体重もどんどん増えていってるだす。もう成長してないのに・・・横に?(ぎゃ〜〜〜)

comment コメント 2
05.14
Sat
昨日は保育園で楽しい時間を過ごしたらしく、ワタシがお迎えにいってドアを開ける数分前まではとてもよかったらしい。がっ、そのワタシが建物に入る直前にお子は壁に作り付けの棚に激突しておでこにでっかいたんこぶを作っていた(おい)。ワタシが入っていったら、内出血してすごい勢いで膨らんでいるたんこぶがおでこに。ひぇえぇぇぇぇ。
泣いたりもせず・・・なんか急に大人しくなったのでそれが返って不安を誘っただす。とりあえずアイスパックで冷やしてくれたのだすが、普段はきゃぁきゃぁ騒いでいるのにひたすら大人しくしてますた。たぶん、ショックだったのだしょう。んで、歩こうとしたらちょっとふらふらしていたので、まあ、大丈夫だろうけど念のためってことでそのままGP(お医者さん)に速効で行きますた。
病院では受付ですごいたんこぶをみたナースがすぐに部屋に誘ってくれて様子をみてくれますた。待たずにすんでホッ。
とりあえず頭を打ったからふらふらしているけど、手足のしびれとかなさそうだし、目とかも調べてくれたけどちゃんと反応もあるからとりあえず大丈夫。このあとに何かが急変したら迷わず救急に行くように、でも、たぶん大丈夫よ。たんこぶが治るのには時間かかるかもしれないけど。とのこと。
まあ、よかっただすよ。びっくりするほど膨れて漫画のたんこぶみたいですた(ぶるぶる)。でも、今日はこぶも治まって、元気に走り回っているしあとは内出血がひいていくのを待つだけで大丈夫そうだす。よかったよかった。
しかし、こんなことがこれからも何回もあるんだろうなぁ〜〜〜
にしてもあんなに何もないところでつまずいて転ぶなんて・・・(ワタシ似?)

comment コメント 0
05.12
Thu
原発の問題は収束に向かうというよりも、つぎつぎと新たな問題が発生してなんだか解決からどんどん遠のいていっているような気がする。圧力容器も格納容器も損傷していて、水をどんどん注入しても漏れていて全然中に水が溜まらないというニュース。それを読んで昔小学生のときにやった算数の問題みたいだと思っただすよ。水槽に蛇口から水を注いでその容器の底から少しずつ排水していって何分後に水が溜まるかみたいな・・・。若かりし頃は「なんで上から水入れてるのに、排水しちゃうわけ?」とか思っただすが。そんなことはさておき、早く事態が収束するといいのだすが。
昨日は保育園の面談があったので行ってきますた。さすがにお子は小さいので三者面談とはなりませぬ(アタリマエ?)。お子は家でお留守番してワタシと同居人と行ってきますた。あ、そしたらある意味では三者面談か?先生と両親と(爆)
んで、お子は二重人格であることが判明しますた(おい)
っていうか、家ではあんなに横暴で傍若無人なのに保育園ではすごく良い子らしい(え〜)。なんやそれ?って感じっすよ。お子は今の年中さんのクラスの中では一番月齢が若い方なので他の大きい子に圧倒されてるっつーのもあるみたいだすが、あんまり我が儘とかも言わずに保育士さんを困らせることもないらしい。もう同居人とひたすらびっくり。まあ、良い子にしているなら、それはそれでいいんすけど・・・。なんか心中は複雑だす。そしてプチジャイアンかと思っていただすが、実はのび太キャラってこと?って感じで、他の大きい子がいるときにはそれほどでもないくせに、大きい子たちが休んでいたり、早く帰ってしまったりしているときには急に気が大きくなってはしゃぎ回ったりするらしい。それって、どうよ?ボスが出張の時にやりたい放題する部下みたいな?(汗)っていうとスネ夫キャラってこと?
も〜なんか笑ってしまうっつーか呆れてしまうっつーか。ま、そんな面談ですた。でも、保育士さんもすごくよくしてくれているだすし、お子もすごく楽しく過ごしているみたいなので本当によかっただす。
そしてお子が留守番している間は友人のヤコブ君が家に遊びにきてくれてお子の面倒を見てくれておりますた。んでもって、これまた、お子はすごく良い子にしていたようだす。まあね、お兄ちゃんが遊びにきてくれて、思いっきり遊んでくれたらそら楽しいだしょうな。外面が良いのは悪いことではないとは思うのだすが、たまにワタシと一緒にいてワガママ言い放題してにゃーにゃー言っているのを考えると、複雑な心境だす。おかあちゃんとは遊びたくないのか?それとも、おかあちゃんといると甘えているのか?

comment コメント 0
05.11
Wed
ポケットにティッシュが入ったままのズボンを入れて洗濯してしもうた。ああ、もろもろがすべての洗濯物に・・・(ガックシ)
昨日はお子は夕方はお父さんと楽しく過ごす日ですた。成り行きで、というか、園長先生に押しきられた?という感じで保育園のPTAの役員をやっているのだすがその会合が夕方にありますた。まあ、押し付けられたとか言っている割には、実はやってみたらいろいろとやり甲斐のあること多かったりして、なんかすごくがんばっちゃっていろいろと貢献しようとはしているんすけどね。なんとかならんのかこの性格って感じで同居人も笑ってますた。これこそ園長先生の思うツボって感じだすが、保育園の事情も良くわかるし、ひいてはお子のためにもなるのでいいことだと思ってもう少しがんばるだす。
んで、会合に行くために5時半にお子を保育園から引き取ってお父さんにバトンタッチ。それからお父さんに夕食とお風呂と寝かしつけをやってもらっただす。以前は任せると心配だったのだすが、クリスマス明けにワタシが仕事をいっぱいしてたときにお子を任せることが多かったせいか同居人も随分慣れてくれてその後は同居人に任せても大丈夫になって最近は安心だすよ。まあ、お子はお父さんだと甘えて(ナメテる?)いろいろとワタシにはやらせてもらえないような遊びとかするみたいだすが(え〜〜〜)。昨日もなんの問題もなく楽しく過ごしていたようだったので、これから先ワタシはどんどんお出かけしようと思う次第だす(おい)。
子どもを持つまではぶちきれて子どもを叱っているお母さんとか見かけると「やーねー、あんなに取り乱しちゃったりして」とか涼しい顔して思っていますたが、いまや自分は同じ状況だす。たまに切れずにはいられないっすよ。人間そんな出来てないし。そしておもちゃとかも、たくさん買っている親をみて「そういうのってどうよ?」とかすごく思ってはいますたが、いまや「え?こんなミニカーとかで遊んでいるだけでこれだけおとなしくしてくれているの!どんどん買ってあげるよ!」とか思ってしまうヘタレだす。新しいおもちゃとかの効力は絶大で、気に入ったミニカーとかだとながーーい間1人で静かに楽しく遊んでくれていたりしてワタシの心の平安を約束してくれるだす。となると、ミニカーなんて安いもんだ!とか思ったりして。いかんだすよ・・・。人間って立場が変わるとポリシーもどんどん変わるのだすな。ゆるいほうへと・・・。ヘタレだすな。
語彙がどんどん増えてきているだす。シュー!シュー!と言っているので何かと思ったら靴を持っていただす。おおっ、靴もいえるのか?魚の絵をみて「フィー」と言ってたのもフィッシュのことなのだしょう。そういえば、音楽かけてくれっていうときも「ミュっ」って言ってステレオを指差すだす。ナゼみんな最後の音がないのか???省略?蜂の絵を指して「ビー」といってたのはかろうじて合ってるだすよ、最後の音が無い短い単語だと正解なんだけどな。「カー」とか。しかし、見事に英語しか出てこず。ワタシの日本語教育の成果は片鱗もみられないところが寂しいところだす。がんばらねば。

comment コメント 0
05.10
Tue
ワタシはパティシエという職業柄、周りにはお菓子がいっぱいあったりすることがあるのだすが、そんな環境にありながら実はお子にはまだ甘いものはあげてませぬ。お子は食べムラがあってご飯をたくさん食べるときもあれば、全然食べないときもあり。甘いものとかを食べ始めたら好きなものしか食べなくなってしまそうだしそして歯のためにもしばらくは甘いものをあげないという方針でやっていくことにしてるだす。毎日すっごい抵抗されてプロレスのごとく羽交い絞めにしてやっている歯磨きのこととかも考えると、ますます砂糖のない生活をしたくなるだす。歯は奥歯が出てきて上8本、下8本になりますた。あともうひとずつ奥歯っすね(乳歯って全部で10本なんだすよね?)。奥歯が出てくるときに涎だらだらで服がすっごい濡れまくっていたのだすが、このところ少し治まってきたかも。次の奥歯が出てくるまでに少し時間があるのかな。
話が逸れますた。そしてこの甘いものをあげないというのは、実は相当難しいことなのだということを思い知った今日この頃だす。保育園では毎日お昼ご飯におやつがついていて、チョコレートとかはないにしろ、マフィンだったりクッキーだったりするみたいだす。で、ワタシは毎日ヨーグルトとフルーツをタッパーに入れて持っていってそれを代わりに出してもらっているだす。そのうち、他の子が食べているのをみて自分も欲しいと言い出すだろうから難しくなるといわれているので、そうなったらそのときには仕方がないのであきらめようと思っているのだすが、幸いにしてお子は他に甘いものを知らないせいか?ヨーグルトが大好きなのでそれさえあれば満足なのか?未だに他の子のマフィンを欲しがったりもしないそうだす(保育士さんも、結構ダイジョウブなのねぇ〜とビックリしてますたが。)
保育園はいいんだすよ、親の方針は親の方針と受け取ってくれるので。しかし、一番困るのが人の家を訪ねたときだす。子どもが喜ぶからといってたいてい甘いものを供応してくれようとするのだす。がっ、ワタシが「いいです、甘いものあげてないから」と言って断ると、「ええっ!あげてないの?そんな〜かわいそうに!」と必ず言われるだすよ。まるで子どもに意地悪をしている鬼ハハみたいに(まあ鬼ハハは別の意味でそうなのかもしれないけど、最近怒ってばっかりだし)。どうして?子どもにとっていいことのハズなのに・・・。
おばあちゃんのところとかで、すでにクッキーをお子の目の前に出しながら「これ、あんまり甘くないからあげていいかしら?」とか言われたりすると、ダメとはいいにくいだすよ。お子はもらえると思って手を伸ばしかかっているのに。そんなに欲しそうなのに目の前で取り上げるとかってそれこそ意地悪じゃないすか!
友人の家にいってもすぐに「ジュース飲む?」とか言われるだす。「あ、ジュースいりません、お水でいいです」とワタシが断ると「ええっ、100%ジュースだよ?それでもダメなの???」とか言われてこれまたワタシがすごくプレッシャーかけている親のような印象を持たれ・・・。果糖でも十分甘いっすよ。ジュースばっかり飲みたがってお水飲まなくなったら困るじゃないすか。普通に果物あげてそれを食べてくれているからジュースでなくてもいいと思うのだすが。特にお子は加減を知らないというか、それが美味しかったら出てくるだけどんどん食べるだす。みかんとか、何個でも食べるんじゃ?っていうくらいにもっとくれもっとくれ!と食べまくりだったりするので、こっちが加減してあげないと。
以前に他の人と話をしているときに、甘いものあげてないと言ったら「そんなの無理だよ。学校とか、友達の家とか、あげたくなくてもすぐにそういうところで貰うから」と言われたのに納得だすよ。
できれば甘いというだけでお菓子を食べたくなるような子にはなって欲しくないと思うからなんすけどね〜。カレッジのキッチンで働いていたときに、どんな美味しい繊細なお菓子をつくって出しても、それにどっぷりとカスタードをかけまくって「もうそれってカスタードの味しかしないんじゃないの?」みたいな食べ方をする子どもたちをたくさんみてきたので、ますますワタシの食習慣への懸念が促進されるだすよ。だって、そんなカスタードどっぷりって、お菓子に対する冒涜っすよ!!!マジでエゲレスで育つとみんなカスタード大好きな人間になると確信しているだす。いわゆる甘い蒸しパンみたいなものなんだすが、プディングというスポンジにカスタードをかけるという砂糖屋の陰謀ではないかと思われるような食後デザートのメニューが一番好まれるだす(すごくイヤ!)。
まあ、今のところお子だけでどこかに行くこともないだすし、食べるものはアレルギーとかの関係で一応親には許可を取るようにしてくれているので、知らないで食べてしまったとかはないんですけどね。
もちろんワタシだってお子に美味しいものを食べさせてあげたいとか、分けてあげたいとかそんな気持ちはあるだすよ。でも、やっぱりもうしばらくはお子には頑張ってもらいたいって思うだす。というか、ワタシが頑張るんだわな。どんなに周りに言われてもめげずに。とりあえず、保育園でみんなと同じデザートを食べたいと言い出すまでは頑張ろうと思うだす。それはいったいいつなのか?すっごい近い将来のような気がしないでもないっすが。
しかし、ワタシの敵はもう一人身近にいて、お父さんがたまにフィナンシェとかこっそりあげちゃったり、スムージーとかストローでずるずる飲ませちゃったりしてるんだわな・・・。日曜日だけ特別にとか言って(おい)。だめじゃん・・・(ため息)。

comment コメント 0
05.07
Sat
動物の名前を覚え始めたみたいで、猫を見かけたら「ミャーオ」と指さして叫びまくりまする。最近読んだ本に出てくる黒猫の名前がミャーオだったからなんすけど。一応そういうのちゃんと覚えてるんだ!と感心するだす。しかし、カテゴリーで分けて間違っていることも多々あるだす。言語を覚える課程ってこんな感じなのかと見ている私にも発見があるだす。鳥を見ても鳩をみてもあひるを見ても「ダック」と言っているので、鳥を見て言っている時には「ちがうよ、あれはあひるじゃないよ、鳥だよ」と訂正してあげておりますた。今日もお散歩に行って公園を歩いていたら、ダックダックと叫びだすので「もー、お子ちゃんたら、あれは・・・」とまた鳥を見ていってるんだろうと思ってふとみたら本当にカモが公園をべたべた歩いていた(爆)。たまには正解もあるのか?思わず爆笑。近くの池から出張してたみたい。
混乱するであろうことは承知の上でいつも日本語で言うようにしているだす。ま、ヘタレなので私の努力がいつまで続くかって感じなんすけどね。そのうち二通りの言い方があるというのを理解して貰えるであろうと希望的観測なんすけど。やっぱり保育園での英語がメインなのでどうしても英語に偏りがちなんすけどね。お父さんの豚の貯金箱を指さして「ピッグ!」と叫んでいたので「ぶた」と横から言ったら、すっごくキョトンとして「モー?」と牛の鳴き声を。間違えたかと思ってとりあえず違う動物を言ってみるのか?ま、仕方ないか。
それでも、やっぱりどこかには残っているらしく、先日保育園で年長組のハナちゃんという子がクラスに来ていて話してたときに、お子がその子を指さしているから「あれはお友達のハナちゃんでしょ」と言ったら、急に自分の鼻を指さしだした。びっくり。日本語の鼻がわかってるんだ!!!すごいな〜〜。やっぱり根気よく話しかけるべきなんだと思った次第だす。
まあ、2言語習得は到底難しいし結局は英語環境で育って英語だけになってしまうことは否めないのだすが、せめて読み書きはできなくてもお母さんの言っていることぐらいはちゃんと理解できる程度になって欲しいと願う今日この頃だす。でないと、私のアヤシイ英語で話しかけるのはすごく虚しくなるかと(それ?)。
comment コメント 0
05.03
Tue
やっと祝日が終了しただす。ありがたい限り。保育園はお休みだっちゅーのに同居人はドイツに出張に行ってしまったりしていて、どうなることかと思いますたがなんとか乗り切れますた。友人たちがお茶に招いてくれたりして、しかも絵本とか読んでくれてすっごいかまってくれたりしたのでとっても助かりますた。いつも彼らのうちに行って帰ってくるとすごく遊んでもらった後のせいか、リビングで一人で静かに積み木で静かに遊んだりとかができるだすよ。やっぱ普段からもっと私が構ってあげないといけないのだしょうが、ついつい炊事とか洗濯とか用事をしてしまってフルに構ってあげてないからいけないんだしょうな。
同居人はドイツでお子にミニカーを買おうと思ってお店で見ていたら「14歳から」って書いてあったのしか見つけられなかったらしい。どんな車だ?と思ったらベンツとかBMWとかのミニカーでちょうどいいと思ったらしいのだが。え〜、ドイツではそんな年になるまでミニカーで遊べないのか?ドイツの子は気の毒だな・・・とか言ったりしてたんすけど、そんなことあるわけないよな。きっと見たところが間違ってるのであろう。
今持っているミニカーは日本で兄が買ってくれたものなんすがすごい気に入っていてよく持ち歩いているだす。ま、投げたりたたいたりやりたい放題なんすけどね。「カー」というか「ハー」って感じにも聞こえるのだすが一応車はわかってるのか?
相変わらずお父さんは認識できるけど、お母さんはまだって感じだす。ダディーといってお父さんは指差しているけど、マミーと言うといろんな人を指差していたりして・・・(おい)
そして反抗期はますますすんごいことになっていて、先日はどうにもこうにも。ご飯を食べていてすっごいお皿をひっくり返したり食べ物を投げたりとひどい態度だったので私は怒りまくってお皿をさげますた。何度も食べ物を粗末にしてはいけないとこんこんと説明してるんすけどね〜。ダメと言われるとますますやるって感じだす。なので、もうそんなに食べたくないなら夕食は食べなくていいよと。お子はそのまま椅子に座って何も食べずに私たちがもくもくと食べるのを見ていて(私は怒りにぶちきれて無言でむしゃむしゃ食べてたんすけどね)おとなしくはしておりますた。んで、同居人が哀れんで「かわいそうだけど、このままだとおなか空くだろうし、もう一回チャンスあげたら?」と言って下げたご飯をあげようとするので「ワタシはもう知らん、あげたいならどうぞ」と言ったら同居人がまたエプロンをつけてあげて仕切りなおしてご飯をあげようと。そしたら、その心優しい同居人の好意を踏みにじるかのように、口に入れたご飯をぺっぺと同居人に向かって吐き出し(ぎゃ〜〜〜)。さすがの同居人も怒ってぶちきれた。まあね、もうほんとにお子は何もかもがイヤって感じで怒られれば怒られるほど反抗したい気分だったんだしょうなぁ(え〜〜すごくイヤ)。
で、ついにでますた。「寝室で反省」の刑が。そのまま顔を拭いてオムツを替えて、楽しいお風呂も(お風呂大好きだす)そのあとの絵本も何もナシ、そのままベットに直行。しかもいつもは心優しい同居人が寝るまで少し横に座ってあげたりもするのだすがそれもナシ。泣き叫ぶお子をベットに入れてドアを閉めますた。いつもはそんな厳しくしたらかわいそうとか私のすることに異を唱える同居人ですら、ほっとけばいいモードだったので(爆)お子はそのまま20分ぐらい泣いて過ごすことに。でも、昼間は走り回って疲れていたというのもあってそのまま静かになって泣き寝入りしますた。こんなに怒られてもきっとぜーんぜん反省してなくてまた同じことを繰り返すんだろうなぁ〜とは思うのだすが、とりあえずその後はそれほどのやりたい放題の行為はないっす。やっぱ反省させるのが一番の薬なんすかね???
ダメって言われるとエスカレートしてどんどんやったりするのだすが、ダメって言わないわけにもいかず、こんこんと言って聞かせるしかないのはわかってるだすが、ワタシはそこまで人間できてないので、いつもぶちきれて終わるっすよ。
昨日は夜に寝る前に少し時間があったのでアンパンマンのビデオをみますた。子どもがみんな好きだというアンパンマン、何が子どもの心をそれほどくすぐるのかわかりませんが。お子もだいぶいろいろわかってきたのか?昨日はアンパンマンが登場すると「あんまんまん!」と指差して叫んでおりますた。
あんまんじゃないって・・・なんか違うキャラになっちゃいそうじゃないか・・・肉まんマンとか実際にいそうだし・・・(知らないけど)。アンパンって言いにくいのかな?
そしてお子は鼻水ずるずるで風邪を引いていたみたいなのだすが、しっかりワタシにもうつりますた。鼻水苦しいだす。まあね、寝起きに抱っことかしてあげるとすっごい甘えてきて、涎べろべろの顔を押し付けてチューとかしてきたりするし(あまり嬉しくない)、風邪がうつっても全然不思議じゃないっすが。一体チューとかどこでそんなこと覚えたんだ?とか思うだす。同居人もやられたそうな(激爆)

comment コメント 3
back-to-top