03.28
Sun
今日から夏時間だす。一時間時計を早めるということだす。ただでさえいつもお食事の時間とかお昼寝の時間とかが後ろにずれ込んで悲しいというのに、今日はもうさらに1時間も予定を早めないといけないという・・・。ブルーだすよ。まあ、それほどきちきちの時間にいつもしているわけではないのだすが、お昼寝とかご飯とかちゃんとした時間にやると夜に寝る時間とかも自然とちゃんとなって楽だったりするだす。まあ、時間に追われてストレス感じるのと、寝るのが遅くなってご機嫌悪くなってぐずられてしんどいのと、どっちがいいのかわかりませぬが、とりあえず基本は時間を決めていきたいな〜と思っているところだす。うまくいったためしはほとんどないというのが現状だすが。
我が家は古いおんぼろの家なのだすが、床も古い建築当時の床らしい・・・。んで今までは全然気がつかなかっただすが、よくきしむのだす。鴬張りといえば聞こえがいいだすが、そんなおしゃれなものじゃなくて、たんにぎしぎしとうるさいだけ。お子を寝かしつけて部屋を出ようとしたらみしみし音がして、お子がはっと目を覚ましちゃったりすることがあったり、寝ているかそーっとドアから覗こうとして近づいたら、廊下の床がみしみし言って、お子が誰か来ると思ってドアを凝視してたり(寝てないんかいっ!!!)。はぁ〜。そんな些細なことでも気になる今日この頃だすよ。
そして9ヶ月も過ぎたのでたいていのものは食べてよくなってきたのでどんどん離乳食もバラエティ豊かにしていかねば!量も増やしていかねば!硬さとかも導入していかねば!とか思うのだすがなかなか。ネットで離乳食のレシピとか調べてみたら、すごいいろんな美味しそうなメニューがたっぷり。野菜茹でただけとか鳥雑炊とかばっかりあげているワタシは少し反省。っつーか・・・そんなの作っている時間ってあるんすかね?(謎)。別に兄弟がいるわけでもないので、子供二人とか3人とか育てている人に比べて仕事量は少ないはずだというのに、ワタシはもう毎日家事とかするのもあっぷあっぷだすよ。丁寧に子育てしている人とか見るとマジで尊敬だす。まあ、お子にはこんな適当なハハの下に生まれたのであきらめてくれ・・・とか思ってもらうしかないのだすが。それほど開き直れるほど自分も強くないので、はぁ〜なんだかなぁ〜とか思っちゃう今日この頃だす。
寝返りが激しくなってあちこち動き回るので(その割りにハイハイはなしですか?)危なくなってきたので硬そうな机の足とかにクッション材をつけてみますた。木の素材はいいのだすが、ひとつ硬い鉄素材の足のテーブルがあってそれが危なそうだったので。しかも、その危ないほうに必ずといって良いほどお子は向かっていくのだすよな・・・。しかし、単なるプチプチみたいなのを適当に巻きつけていたら、パリパリ言うそのクッション材が面白かったらしく、すべてはがされてしまい・・・。あーあー。毎日こんなことの繰り返しだすな。

comment コメント 0
03.27
Sat
今週は同居人が出張でいなかったのでお留守番。まあね、いいことと悪いこととあるだすよね。食事は自分の分だけで良いと楽チンだし・・・。白菜とか切って一人で鍋とかしておけば超手抜きで美味しい夕食が。でも、お子をお風呂に入れたりするのはいつもやってもらっているのでそれを自分でしないといけないと結構面倒くさい。まあ、それでも夜にはとりあえず寝てもらってから一人で鍋とかつつきながらビールとか飲んじゃって至福の時を味わいますた。お子が寝たらあれやってこれやって!と鼻息荒く野望は広がるのだすが(ビデオ見ようとかいうショボイ野望だすが)たいていは疲れてしまっていてすぐに眠くなり(アルコールが入っているとさらに加速)ワタシも早く寝てしまうことになるのでそれほど自由な時間を楽しむわけでもないのだすが。まあ、睡眠がゆっくり取れるって言うのも今のワタシには贅沢なことなのかもしれないのでそれはそれでいいのだすが。夕方に機嫌が悪くなってきたときに同居人が帰宅するといつもご機嫌よくなるので(やっぱ一日ママばっかでもつまんないっすよね)そういう意味で一日中お子と二人っきりというのはつらかったりするだす。なので出来るだけ同居人には出張に行って欲しくないのだすが、まあ、仕事だし仕方ないっす。
そしてお子はまだハイハイせず。もう9ヶ月過ぎているのに・・・。匍匐前進ぐらいしてもいいんじゃん?とか思うのだすが、まだ寝返りで移動のみ。ま、あまり動かないほうがワタシには楽なのでいいのだすが(いいのか?)。しかし、寝返りで行くのは「ああ、そこはちょびっと危ない・・・」とかそういういけないコーナーにばかり。どうしてこんな広い空間があるのに、そんな隅っこの角が当たりそうなところにいくのだろう?と思ってしまうだす。そして掃除をしてないと隅っこに埃が溜まりまくっているようで、ふと気がつくとお子の靴下とかズボンがホコリだらけになっていて「こんなハハってどうよ?」とか自分でもいい加減さにあきれてしまう。ま、いっか(え〜?)。
以前働いていた職場のパティシエ君と一緒に街に新しくできたパティセリーに行ってみますた。まあ、そこはロンドンにあるパティセリーの支店でものはそこでは作ってなくてロンドンの工場で作ったのを運んできているそうな。ちっ、残念。でも、パティシエ君は「んじゃ、ボクはこのケーキとこのケーキ、あと水」とすごい勢いでケーキを頼むのでびっくりしますた。コーヒーとか一緒に飲むと味がわからないので水だそうな。すげ〜〜〜。ま、ワタシもそれに習って水にはしますたがケーキそんなに何個も食べられないし。でも、結構美味しかっただすよ。お子が最初は寝てくれていたのにそのあと騒ぎ出したのでゆっくり出来なかったのが残念だすが、また今度別のケーキを試食したいとパティシエ君は鼻息荒かったので是非ご一緒したいものだす。


comment コメント 0
03.24
Wed
ずっしりと重くなったお子を抱くのは相当つらくなってきますた。そのくせ、今はママママモード全開で抱っこをせがむせがむ。ほんとひぃ〜って感じだす。そして誰に似たのか知らないけど落ち着きのない子なので(悲)抱っこしても静かにしてないのでもっと大変だす。ワタシの髪の毛をひっぱりまくるし(痛いよー)、濃厚なキスもしてくれまする・・・っつーかあごを舐められるのだすが。顔が涎でべろべろになるだす。もっと悲しいのはめがねをもぎ取られることだす。口に入れてはむはむされて、そして涎をたっぷりつけたころに、床にたたきつけられること数回。あ〜、ワタシのこのめがねの寿命もそんな長くないだろうな〜、高かったのに・・・(号泣)。なるだけ家にいる間もコンタクトにしようとは思ってまする。
子育てってこんなものかな〜と思うのは、ふと考えるといろんなことがだいぶ楽になってきている気がするだす。夜寝るのとかもうまくなってくれたので、最近はベビーベットに入れても号泣することなくすんなり寝てくれるようになりますた。ほんと以前の寝る前のストレスを考えるとウソのようだす。慣れるものなのだすね〜。お風呂に入れて、お乳をあげて、本を読んであげてそしてベッドという儀式を毎日やっているのだすが、お子もそれが寝る前なんだって認識できるような月齢になったのだしょう。本を読むころにはすっかり眠いモードになっていて、しめしめワタシの思うツボ(うひひ)って感じだす。一番つらかったのは5ヶ月くらいのころかな。お乳を上げて寝させてもすぐにおきてしまうし、何度もお乳を上げてを繰りかえして寝かしつけるのに相当時間かかっていてしんどかっただす。それを思えば今はほんとありがたい限り。こうやってふと考えると、いろんなことが出来るようになっているんだわな〜と思いますた。お昼寝もだいぶうまくなってきますた。ま、相変わらずお昼寝は短いだすが。もちっと寝てくれると家事がはかどってありがたいんすけどね〜。贅沢を言っちゃいかんだすな。
同居人は学期が終わっていやっほ〜って感じでワタシはいろいろと家事や育児を押し付けようと思ったら出張に行ってしまわれますた(ちっ)。まあ、普段だったらもっと長く行くようなところを、短時間で行くようにしてくれてハードな旅程を組んでおられたのであまり責められないのだすが、お子をずっと見ていて夜も一人ってちょびっと心細いだす。お子が寝てからいやっほ〜と一人で盛り上がろうかと思ったら昨日は眠くてワタシもさっさか寝てしまいますた。はぁ、もったいない(え?)。せっかくのお楽しみの時間だっつーのに。

comment コメント 0
03.20
Sat
そして月日が経つのは早くてもう1年だす。去年の今日に同居人と一緒に市の登録所にて結婚しますた。まあ、それまで家も一緒に買って一緒に暮らしていたのでいまさらだすが。それに、お子が出来たから結婚したようなもので(ぶっちゃけ)、ほんとできちゃった婚なんすが、あっちゅー間に結婚一周年っすよ。お子が大きくなるのもこうやってあっという間なんだろうなぁ〜って思うだす。まあ、この1年は本当にエキサイティングなこととかありまくりだったので特に1年が早いという気もするだす。結婚記念日と言ってもお子もいるからディナーとかに出かけるわけでもなく、まったり過ごすつもりだす。
ベビーシッターとか雇ってディナーに行く?とかいう案もあったのだすが、無精なワタシはシッターを探すのも面倒くさく・・・。しかもお子は今は特にママママモードになってしもうてちと難しいので(はぁ〜、こんなハズじゃなかったのに)、ま、いっか。来年はどっかに美味しいもの食べにいこうね。ということに。
お子は我が家にいるときに誰かが来て抱っこしてもらうのは平気みたいなのだすが、家以外のところに行ってワタシが抱いてないと泣き出すようになりますた。この前、友人宅にお茶に行ってついてコートを脱がせて床にお座りさせようと思ったら号泣。え〜・・・
んでそれからというもの、どこへ行ってもワタシが少しでも離れると(というか横に座らせたりするのもダメみたい)号泣。お子よ・・・頼むよ・・・もう少し大人になってよ・・・。
こうならないように、結構出かけたり、いろんな人に会うようにしてたのだすが、そういうのはあんまり関係ないのだしょうかね?こういうのもほんのしばらくの間だけらしいので
しばらく我慢するしかないようだす。同居人が一緒にいると、少しはマシみたいなので一緒に出かけてお父さんがひざに乗せたりしてくれたらワタシもリラックスできるので安心っす。

comment コメント 2
03.18
Thu
今日は外に出たらずいぶんと生暖かい感じで、漸く春になってきたんだよなぁ〜って感じだす。嬉しい限り。外出が苦にならないっていうのはいいよな。マタニティヨガに通っていたときに知り合ったイギリス人女性とお茶しますた。彼女のbabyはお子よりも少し後に生まれた子なんだすが、すでに歯が上下ともめきめき生えていてびっくり。お子はまだ歯全然生えてないし・・・下の歯が生えそうな感じで堅くはなってきていまするが。
んで、いろんな話をしていたのだすが、その子はすっごいよい子にしていてにこにこして大人しく座っている赤ちゃんでびっくり。ウチのは・・・うるさいくらいに声を出しまくって発声練習か?(嬉しいといろいろ意味不明の言葉をしゃべり出すのだす)って感じですたし、その後、機嫌が悪くなったらエビ反りしまくってうにゃーうにゃー言って・・・(滝汗)。なんとも対照的なこの二人を見て、赤ちゃんってホント千差万別なのね・・・とつくづく思いますた。そしてお子は活発と言えば聞こえはいいだすが、単にがさつで落ち着きがない子なんだというのもやっとハハは受け入れざるを得ない事実と認識し始めたところだす。ま、それも個性よね、つきあっていってあげようじゃないか。すんごい、やんちゃな子になることは間違いなしだす。
彼女はトドラーグループとかの地域の会によく参加しているそうだす。地域で赤ちゃんを連れて週に一回とかお母さん同士が集まって話をしたり、子供を遊ばせたりするところがあるのだすが、実はワタシはまだ一度も行ったことがありませぬ。なんか・・・面倒くさくて・・・。ほら、一対一だと平気だけど、現地の人ばっかりの中にいたら英語がついていけないかも・・・(いいわけいいわけ)とか思ったり。エゲレス人ばっかりの中に入るのはちと気が引けまする。とかいってると日本人がやっている日本人会みたいなのもあるんだけどさ、その子供の会とかみたいなのにも「なんか苦手」と言って結局行ったことがありませぬ。まあ、お子がもう少し大きくなったら日本語に少しでも触れるために連れて行こうかとは思っておりまするが(ホントか?ホントか?)
夕方にぽっかりと時間が。まあ、家事とかもやろうと思えばいっぱいあるのだすが、なんとなくそんな気分でもなく。なのでお子を連れて近くのカフェまでぷらりと行ってお茶を飲んで帰ってきますた。なんとなーく、このところ引きこもりで家にばかりいたのだすが、季節がよくなってきて家にいるのも閉塞感が増してきた気がするだす。特に、お子と二人きりだとそんな気分になるのかも。もともと引きこもりが苦にならないタイプの人間なのだすが(けっこう家が好き)、ずっとお子と二人で家にいるとなんかふと外に出たくなることがあるだす。
季節がよくなってきてだいぶ気分も楽になってきた気がしまする。1月と2月はやっぱり辛かっただすな。エゲレス特有の冬でお日様が出ないという、毎日くらーい天気でグレイな空、そして同居人は週末もずっと仕事だったのでワタシはずっと一人でお子の面倒を見ないといけなかったし。これで鬱にならない方がおかしいっていうくらいだわな。
今日会った人は実のお母さんが近くに住んでいて1週間に一度面倒を見て貰っているそうな。ええのぉ〜。心底羨ましい。ワタシもそうやってたまに誰かに見て貰えたらきっとだいぶ違うだろうな・・・とか思ったりしますた。まあ、ウチの場合どちらの両親も遠くに住んでいるので到底無理なのだすが。仕方ないっす。
comment コメント 0
03.17
Wed
同居人はタームが終わってちょびっとホッとして昼休みに本屋をうろうろしたりする余裕が出てきたようだ。昼に街に出かけたっつー話をしてくれますた。そんで「Gapの前を通ったらセールしてたから、お子に何か買おうと思って入ったけどGapBabyってどこにも売ってなかったよ?」とな。ええっ???どのGAPに行ったの?あの街中心のマーケットにドンとあるでかいGAPに?って感じでビックリ。まあ、それまで入ったことなかった店とはいえ・・・。実は子供用のGAPの店は大人のGAPの店の真隣にあるのだす。どう考えてもそれに気がつかない同居人ってどうよ?って感じで相当驚きました。あんなに隣に堂々とあるのに・・・(ビックリ)
まあね、ワタシもずっと学生時代から理系君に囲まれて育ってきたので少々のことでは驚きませんわさ。同居人はカルバンクラインを知らなかったりしたし、てるこさんのところのダンナさんも生粋の理系君だすが、「イヴサンローランがね〜」って言ったらだんなさんは「なに?それって、てるこちゃんのお友達?」って言ったそうだし・・・(滝汗)
まあ、それでも今まで自分の服を買いに行くのも年に2回ぐらいだった同居人が急にお子のためにセールでもみてみよか?って気分になっただけでも進歩なのかもしれませぬ。そういえば、よくてるこさんとかヤコブ君とかがお子にって言ってなにか服をくれるときにはいつもGAPだったから、GAPに子供服があることは認識してたんだしょう。あんな堂々と店を構えているGAPKidsが見えなかったっていうのは、やっぱり理系君ってどこか視点が違うのだろうなって思ってしまいまする。
最近天気が良くて浮かれて毎日のようにぷらぷら午前中に出かけていたので家事が滞ってきた感が。掃除機とかって朝しかかけたくないしさ(言い訳?)。なので今日はがんばって家でちょっくら家事。お子が昼寝している間にはウハウハとお茶を飲みながらネット。ほんと、楽になってきますた。あ、そんなこと言ってたら目を覚ましちゃったよ。ふう。

comment コメント 2
03.15
Mon
やっと春になってきた感じがするだす。庭にはスノードロップが咲き出したし、日差しが少しだけ柔らかい日が増えてきますた。今日は今年になって初めて洗濯を外に干しますた。まだそんなによく乾くほどお日様が出ているわけでもないのだすが、朝から干すとなんとか乾くぐらいかな。シーツとか大きいものはやっぱり外に干せると楽だすし、これからの洗濯は少し楽になるかもしれませぬ。
お子は月齢にしては発達はゆっくりな方でマイペースだす。もうすぐ9ヶ月になるにもかかわらずまだハイハイもしませぬ。せめて匍匐前進ぐらいしようよ?とか思うのだすが、それすらまだ。同じ場所で腹ばいになって足を平泳ぎのように空中にバタバタさせるだけでどこにもいかず・・・。イコマのところの子が遊びに来てくれて動き回るのをみて少しは触発されてくれるかちら?とか期待したのだすが。匍匐前進には至らず。しかし、行動範囲は少し広がってきますた。移動はすべて寝返りだす(爆)。ごろごろとリビングの端から端まで転がって移動するのをみて笑ってしまいますた。まあね、いんだけどね、ちょびっとは移動するっつー概念が身についてきたのかちら?ハイハイもできるようになるといいね〜、ま、動くようになったらハハが大変になるだけなんだけどさ(鬱)。
まだ子供がいない頃に子供がいる人の家に行ってものが壊れていたりすると信じられない気分ですた。子供が出し入れしすぎてDVDのトレイが壊れていたり・・・。そんなもん触らせるなよ!とか思ってますたわさ。友人のローレさんのところに行ったらパソコンのキーボードが壊れていて文字がいくつか抜けてたりして。どうすんじゃ?って感じだすが、それもほんと見て驚愕ですた。ワタシだったら絶対に子供には触らせないわ!とか思ってますた。しかし、なんか最近気持ちがわかるようになった気がするだす。まあ、お子はまだパソコンを触ったりはしませんが、本棚の一番したの段からワタシの料理本とかを取り出して触るようになりますた。んで、なるだけ取り出せないようにはしているのだすが。でも、この前、えらい静かにしてるなぁ〜?とか思ってみてみたら料理雑誌を取り出して端っこをはむはむ舐めて、そして目次をびりびり・・・。とっても楽しくて萌え〜〜〜って感じで遊んでいて、それをみたら「ま、いっか・・・静かに遊んでくれてるし・・・楽しそうだし・・・たかが雑誌だし・・・破れたのは目次だけだし・・・ちょっとぐらい唾ついてもまだレシピは読めるし・・・。とナゲヤリ度が増して許容範囲が広くなる自分を感じますた。このままいくときっとキーボードも「ま、いっか」ってことになるんだしょうな。すでに我が家のものは涎でべろべろのものが増えまくり、ワタシの洋服の肩はすべてお子の涎やゲップの時にちょびっと出ちゃったお乳とかの跡がついちゃってるし。はぁ〜。こうやってどんどん生活がお子に侵食されていくのを感じる今日この頃だす。

comment コメント 2
03.14
Sun
そして同居人の仕事はやっと学期が終わり一段落。これで講義とかはしなくてよくなるので、他に仕事がたんまりあるとしてもちょこっとは育児とか家事とか頼める(押し付けられる)ということでワタシはホッとしておりまする。ま、タームが終わった瞬間に出張の予定とかたんまり入れておられて、「おいっ、こらっ!」って感じではありますが。
んで、水曜日からワタシのマブダチのイコマさんが遊びに来てくれてまたしても合宿。うまいもの食べまくって、お子達も遊ばせてほくほくというものですた。だんだんお子同士も少しづつ興味が出てきたみたいで、お互いに見つめあったり微笑みあったり。見ていてなんか嬉しかっただすよ。んでも、我がお子はどうやら暴君らしく、イコマさんとこの子の髪の毛ひっぱったりして、「なにすんねん!」って感じですたが。もう少し社会性を身につけて欲しいものだす。
んで、昨日の土曜日はワタシは久しぶりの半日オフ。同居人にお子を押し付けて朝から街に繰り出しますた。まあね、そうは言っても何をするわけでもなく、単にぷらぷらしただけですたが。お子のシャツとか下着とか買っちゃったりして。はぁ、ワタシって自分の自由時間に何しとんじゃ?と思ったりしますたが。とりあえず自分のジャケットも購入してほくほく。たま〜にこうやってバギー無しで出かけると身軽で嬉しいだす。なにか忘れてきたようなそんな感じですた。んでランチが終わった頃に帰宅したらドアの外からお子の泣く声が聞こえて笑ってしまいますた。朝食はちゃんとご機嫌よく食べられてその後も楽しく遊んでいたそうなのだすが、お昼ご飯を食べる頃から機嫌が悪くなり、それから泣きまくってお昼を食べなかったので途方にくれていたそうな。ま、そんなこともあるよ。。。ワタシと一緒にいてもご飯食べるときに機嫌悪くなって食べなくなったりするしさ。ってことでとりあえずなだめすかしてお昼の続きを。まあ、そんなんで機嫌悪くなってからは困ったみたいだすが、それまでは楽しく一緒に遊んでいたみたいで同居人も、楽しかったからまたやりたい。と言ってくれたのでよかっただすよ。
そんなわけでこのところいろいろと忙しかったので今日はまったりと家で過ごしますた。溜まっていた洗濯をして、離乳食のストックを作ったり、庭の手入れをしたりしてこれはこれで充実した日ですな。お子が昼寝している間にお茶を飲んだりする余裕も出てきて、だいぶ育児も慣れて楽になってきた気がするだす。ま、これからハイハイとかして動き出したら全然余裕なくなるのだしょうな・・・。考えたくないっす。

comment コメント 0
03.08
Mon
今日はお子の8ヶ月検診があって行ってきますた。診察台の上でいきなり診察中に噴水をし(滝汗)、最近よくやるのだすが唇をかみ締めてぶーぶーつばを飛ばすというのをドクターに向かってし・・・(滝汗)、というやりたい放題ですたが、離乳食導入後体重も順調に増えているし、健康にも問題ないようなので安心しますた。イギリスの乳児検診は6週間後と8ヶ月検診の2回のみという豪快なスケジュールなのだすが(日本はもちっとあるよね?)、とりあえず元気そうなので、まあこれでいいのかもしれませぬ。あとは1歳になったときに予防注射があるくらいで、しばらく何も行かなくてもいいみたいだす。
ワタシはお子が「ママ、ママ」となってしまうのが嫌なので、なるだけ同居人にもお子の世話をしてもらうようにしておりまする。しかし、今学期は同居人は仕事がとっても忙しくて、その上に育児も押し付けるのは気が引けてしまいますた。同僚がサバチカルを取っているので、その分カバーして講義とかしてあげないといけないので二人分やってることになり、その辺の大変さは見ていてわかるので、なんとなく遠慮してしまうっていうか。
しかし、それはあんまり良くないことなんだすよね。毎日お子と向き合っているワタシはどうしたらお子が機嫌悪くなるかとか、ちょっとぐらい悪くてもまたすぐ復活するとか大体の様子はわかってきたりするのだす。でも、同居人は一緒に過ごしていないと、そういうのがわかんなかったりするみたいで、急に泣かれてお父さん焦ってたりして。なので週末はなるだけご飯あげてもらったりとかするようにはしてるだすが、最近は週末も仕事に行ってしまうのでそれもホントにたまーにだし。ああ、早く学期が終わって欲しい(切望)。まあ、あとちょっとなんすけどね。そしたらもっと積極的に週末にお子を同居人に託して(押し付けて?)遊びに行こうかともくろんでおりまする。離乳食始まってからお乳の心配がそれほどなくなったので、出かけるのも気楽になってきますた。
離乳食が始まってから毎日時間に追われるような生活になり、なかなかタイミングが計れなくてとりあえずあんまり長時間の外出ができておりませんでした。昨日はてるこさんに誘ってもらって昼間にちょこっとお散歩に行ったので、お子の離乳食もタッパーに入れて持参。初めてご飯を外であげてみたけど、結構大丈夫かも。ちゃんと食べてくれたし。ま、家ほど散らかして食べられないから気を使って面倒くさいけど、でも、これなら昼間もランチ持参で出かけられるかも!とか思ったらちょびっと気が軽くなりますた。今度から昼間は離乳食タッパーに詰めて出かける自信もついたし。よかったよかった。
新生児の頃の黄昏泣きはなくなったのだすが(アタリマエ)やっぱり夕方になると疲れてきて一日の終わりはちょっとしたことで機嫌が悪くなったりするだす。離乳食も途中で泣き出して食べてくれなかったりして、なだめてすかして食べさせていて結構大変なこともあるだす。まあ、それでもがんばれば最後まで食べるのだすが。なんか、ワタシが小さい時の給食を髣髴させるものがあるだすよ。ワタシは給食がとりあえず苦手ですた。そしてその頃は給食は全部食べないといけないという拷問のようなルールがあって、ワタシは食べても食べても全然減らないお皿を眺めて毎日苦しんでいたというトラウマがあるだすよ。今の離乳食をあげてるのもそんな感じかも。途中でお皿を見たら「ああ、まだこんなに残ってるよ・・・」とか思うのに、お子はすっかりご機嫌斜めで口を四角にして真っ赤になって泣いていたりして。はぁ(ため息)。もう少ししたらバクバク食べるようになってくれるのだしょうかね〜?だといいんだすけど。
昨日の夜中はわけもなくぎゃーぎゃー泣きだして参りますた。眠いよ〜、と思いつつなでてあげたりしてなだめていたのだすが、すぐに起きちゃったりして。はぁ・・・どしたんじゃ?とか思ってたのだすが、今日検診の時にドクターが「歯が生えてきてるからかもよ?」と言ってたのでそうかもしれませぬ。歯が生えるたびにこんな泣かれたらたまらんな・・・と寝不足のハハは思ったりするだすよ。

comment コメント 0
03.06
Sat
陽陽陽さんのところでゴミ談義で盛り上がったのでそのついでにうちでも。
大陸出身の同居人はエコにかける情熱はただものではありませぬ。ゴミだしは同居人の仕事なので、ワタシは特に何もしないのだすが分別とか厳しく教育されておりまする。面倒なので(!)たまに適当にしていると警告が入ります(ちっ)。
そしてエゲレスは大陸のドイツとかスイスとか徹底している国から見るとエコとは言い難いかも。ワタシが来た当初はゴミは分別なしですた。すべてがWheelie binと呼ばれるでかいゴミバケツのようなものに入れて、回収の前日の夜に家の前に出しておくという。ビンとか缶とかリサイクルしたかったら、家の近くにたいてい回収するでっかいタンクのようなものがあるのでそこに持っていくというしくみですた。何もかも普通ゴミ!??って最初は驚いただすが、ズボラなワタシはひたすらすべてのものを普通ゴミに捨てることに罪悪感がなくなるのも一瞬だったので平気で捨てておりますた。その後、同居人と一緒に暮らすようになってから、エコ指導されて分別の日々が始まり、そしてワタシのエコ度が同居人の教育(強制?)によってあがるのと同時にエゲレスも少しエコがマシになってきてゴミの分別収集が始まりますた。とはいえ、今のところ1)普通ゴミ、2)生ゴミ、3)リサイクルゴミの3種類の回収だす。
1)普通ゴミはとりあえずどんなゴミでも入れて可(ここが日本と違う。リサイクルになるモノであったとしても普通ゴミに入れてしまえば別にそれはそれでかまわないようだ)。
2)生ゴミは台所から出るゴミで、コンポストにするらしい。
3)リサイクルゴミは
アルミ缶、スチール
ビン類
新聞とか紙類
段ボール、お菓子の箱とかのボール紙
プラスチックのボトル、PETボトル(プラゴミはボトルのみだす、スーパーのトレイとかヨーグルトの入れ物とかは普通ゴミになりまする)、
いわゆる牛乳パックみたいな紙パック(イギリスの牛乳は紙パックではなくプラスチックボトルに入っているのだすが、オレンジジュースとかは紙パックだす)
ぐらいかな。
そしてすべてのものは2週間に1度の回収なので一度出し忘れると結構痛い。
お子が生まれるまでは、エコ熱の入った同居人のおかげで我が家のゴミはすごく少なくて市から表彰状がもらえる(ないない)くらいだったかもしれませぬ。がっ、お子が生まれてびっくりするほど増えたのが紙オムツ。確かに、オムツは飛ぶように無くなるからしょっちゅう買いにいかないといけないと聞いてはおりますたが、その分、ゴミは文字通り山のように増えますた。エコに命をかけていた同居人はこのゴミを出すときに毎回心が痛んだそうな(ぎゃはははは)。
まーねー、ワタシはとりあえずズボラで無理したくないので、紙おむつをせっせと使っておりますた。
がっ、12月に入ってエゲレスに寒波が来て大雪が降りまくり。なんとバギーを押して外に買い物に行けなくなるほど雪がつもりますた。寒すぎたのでつもった雪は全然溶けないし、それどころか凍ってつるつるになってますますワタシは外に出られず。それで仕方なく取り出したのが以前に市から貰った布オムツだす。市がエコ促進のために無料で布オムツを配布していて、ワタシは使う気もないのに(汗)たんまりセットを貰ってしまっておりますた。ずっと部屋の隅に置いてあったのだすが、オムツを買いに行けなくなったときに「とりあえず、これつかってみよかな」と思って洗って使ってみることに。マブダチのイコマさんが布オムツを上手に使いこなしていたのを見てたので、それも結構ワタシの布オムツに手を出すきっかけになったのもありまする。
んで、使ってみたら意外に平気だったりして、自分でもびっくり。とりあえず雪が溶けるまで・・・とか思っていたのに、雪なんかとっくに溶けた今でもまだ使っておりまする。無理をしたくないので、できるだけ昼間とかに使おうと思って夜寝る時には紙のオムツを使っていまする。夜だけだと1日1枚しか使わないのでオムツを買いに行くのもほんとたまにいくだけだし、ゴミも激減しますた。洗濯は面倒だすが、2日に一度洗濯機に入れて回すだけで、今は部屋に暖房が効いているので部屋干ししていてもすぐ乾くので結構楽だったりしまする。干すのも面倒だけど、実は四角いものなのでちゃっちゃと干せばあっというまだすし。
もう少ししたら挫折するかも、洗濯が面倒になってイヤになるかも、とか毎日思ってるのだすが、これがどうして意外にハマッてしまって、ズボラなワタシが「これっていいかも」とか思っていたりするのもびっくりだす。洗濯の際に電気代も水道代もかかるし、経済的かどうかと言われたらそれも疑問だすし、環境にいいかと言われてもそれも・・・どうかなぁ?って思ったりもするだす。ゴミが減ったのはやっぱりいいことだと思うだす。確かに紙よりも手間はかかるだすが、なにより重くてかさばるオムツを買いにいく手間がないのが何よりも楽ちんだす。ウチには車がないから大量のオムツを買いにいくのは結構しんどいのだす。
まあね、ズボラなワタシのことなので、とりあえずいつまで続くか・・・って感じだす。また天気良くなってきたら、散歩がてらにスーパーにちょこちょこ行くようになってオムツを買いにいって布をやめるかもしれませぬ。でも、布オムツ使ってみようかな?と思っている人がいたら、思ったより大変じゃないので使ってみるのもいいかもしれませぬ。
comment コメント 4
03.01
Mon
イギリスの冬は本当に暗くて滅入るのだす。ワタシは以前に2月に1週間くらーい日が続いたら本当に鬱々としてしまったことがありまする。出張に行った際に飛行機が異常に揺れて酸素マスクがおりてくるほどの状況だったのだすが、そのときにふとこのまま死んでも構わないかも、それも楽でいいかも・・・とか思ったりしますた。そんなくらいに気分が滅入るのだすが、あとで考えればそれはこの暗い気候のなせる業だすよ。ま、その飛行機は無事に着陸し、その後春になってワタシの気分も盛り上がったので大丈夫ですたが。それ以来エゲレスに来てから2月は自分でも要注意と思ったりしておりますた。んで3月になっただすよ。非常に嬉しいっす。そしてこの冬は暗くて寒かったのだすが、今日は珍しく晴れていて天気がいい日だったので、家事もそこそこに家は散らかったままだったのすが、お子に朝のご飯をあげたらすぐにバギーを押して植物園に散歩に行きますた。ホントに久しぶりに晴れ間が広がって気分も盛り上がる感じだったのだす。それまで何をするのも全然気分が乗らなかったのだすが、今日はだいぶ気分も明るくなって庭の手入れとかしようという気にもなったりして。春の到来がこんなに嬉しいというのはエゲレスに来てから身にしみるようになったことだす。それは暗ーい冬があるからこそなんだしょうなぁ。これから夏に向かうこの季節がワタシは一番好きだすよ。
comment コメント 4
back-to-top