08.29
Sat
今日は夕方から同居人の研究室の人が家でパーティを開くというのでいってきますた。着いたときにはとってもご機嫌だったお子。みんなで12人ぐらい寄ったのだすが、適当に大皿に素敵なお料理が盛り付けられていてビュッフェ形式ですた。それじゃ〜、お子がご機嫌な間にお食事を頂こうとお皿に盛った途端、「うにゃぁ〜〜〜〜!」と。なんじゃそりゃ?私が何か食べようとするのが本当に嫌なのね・・・。仕方ないのであやしたりしてたのだすが、その後、肩に抱いていたら寝だしたのでバギに入れてそのまま寝かせようと。んで、5分後にまた起きてうにゃ〜〜。たそがれ時はやっぱ無理っぽい。もう少し大きい2歳と5歳の子がいるカップルが来ていたのだすが、やっぱり夕方に外が暗くなるときによく泣いたと言っておられますた。確かにね〜、外が暗くなるのって悲しいよね〜。んでやたら泣くので仕方ないのでワタシはベットルームを借りて授乳。はぁ〜、またしても人のうちの寝室で授乳するシチュエーション。でも、お乳を飲んで少し落ち着いたみたいなので同居人に抱っこしてもらって、ワタシはまたしてもお食事にありつきますた。ホッ。しばらく、ほかの人と喋ったりしてパーティを楽しんでいたら、お子も同居人の膝に座って、うきゃうきゃとご機嫌ムードですた。そっか、たそがれ時が終わって外がすっかり暗くなってしまったら、悲しい気分もなくなるのね。それはよかった。それまで私もパーティ楽しみたいからどうか早く寝てくれ〜〜とかずっと思っていただすが、ご機嫌ムードで座っていられるならば実はその方がありがたいっす。あんまり寝ると夜に寝られなくなるし。
プレゼントにカラフルな本とか貰ったり、それを興味津々で眺めたりして、研究室の院生とかみんなにとってもかわいがってもらっておりますた。よかったねー。
それにしても、まだお子は産まれて2ヶ月半とかなんすが、それでもカラフルな絵本とか見せると、とっても興味を示して「あうー、あうー」言うのでびっくりしますた。子供を持つまでまったくというほどそういうことに感心がなかったので一体どれくらいから本とか見せたらいいのか予備知識がなかったのだすが意外に早くから興味を持つものなんすねー。ベビーベッドの柵につけるパタパタする布製の絵本とかも貰いますた。それはそのカップルのお子さんがやっぱり2,3ヶ月の頃に好きだった本らしいだす。
絵本をたくさん貰ってご機嫌で帰宅しますた。入れるところがないので(!)同居人の本棚をあけてもらわねばなりませんな。お子も外出していろんな人に会うのにだいぶなれてきたみたいで嬉しい限りだす。
ちょうど産まれて10週目で体重は5.4kgになりますた。どんどん重くなるよ・・・(汗)。ワタシ自身は体重はあと少しで元に戻りそうだすし、体もほとんど元に戻った気がしまする。出産直後は歩くと足がかくかくしたり、トイレに頻繁に行きたくなったり、尿漏れしたりして「どうしよう、ワタシのカラダはもうこんなままなのか?(涙)」、とか思ったりしますたが心配することもなくいつの間にかちゃんと元に戻ってますた。戻るものなんすね〜〜(感心)。でも、お腹周りについた脂肪はまだ残っていて(くぅ〜〜)ゆるゆるなので、この回復にはまだしばらくかかりそうだす。早く無くなって欲しいのだすが・・・、ずっとこのままかもしらん(ため息)

comment コメント 2
08.27
Thu
昨日いろいろ書いてアップしたはずなのに、なぜかアップできてなかったみたい・・・。どこへ消えてしまったんだ?
お子は夕方になるとやっぱり黄昏れるだす。んでその頃に号泣を聞きながら夕食を食べると相当胃に悪そうでだんだんしんどくなってきますた。なので、先にお風呂に入れてしまおうか?とか試行錯誤しまくり。同居人が帰ってきてとりあえずご飯を食べていたのだすが、先にお風呂に入れてしまってお乳をあげて落ち着いた頃に私たちも夕食を食べようかと。なので同居人が帰宅したら、新婚カップルの奥さんから漏れるようなそんな選択を迫られまする。しかし、この場合、お風呂に入るのは同居人ではなく、お子なのだすが。昨日はそれでお風呂を先にしてみたら、ご飯の時にはおとなしかったので結構心が安らぎますた(ホッ)。ま、この場合下ごしらえしてあるとはいえ、お風呂のあとにすぐに授乳してしまうので、夕食の用意をするという作業が同居人の作業になって申し訳ないのだすが。ま、自分で食べるものだすし努力してもらいませう。
昨日はその後に授乳して、寝かせるのは結構すぐできたのだすが、夜中の授乳で起きたときになかなか寝付けなかったみたいで、寝不足に。滅多にそんなことないのだすが、昨日はどうしたんだ?って感じだすよ。
んで今日は予防接種ですた。予防接種のあとは寝られなくなる子がいるって聞いてまするが、予防接種の前の日に寝られない子なんて聞いたことないわな?とりあえず今晩は寝て欲しいとは思っているのだすが、どうなることやら。ま、注射のあとは仕方ないっすね。
のだめの新刊を買ってはいたのだすが、ヒマがなくて読んでおりませんですた。んで昨晩、お子が早くに寝てくれたので、まったりと読ませていただきますた。あ〜、静かに漫画を読めるという至福のひととき。なんちゅーのかミルヒ大活躍(ある意味?)っていう展開ですたが、またしても先が気になるだすよ。おまけのDVDはまだ見てないので、またこんど時間ができたのきのお楽しみに(うふ)

comment コメント 0
08.23
Sun
そしてママンは帰っていかれますた。普段一緒に生活してないので、急に一緒に過ごすと結構気づかれする部分もありまする。確かにワタシが実家を出てもう20年になるだすしね(ひぇぇぇぇ)。にしても、同居人が出張で留守の間だったので、ママンがいてくれて心細くなくて助かっただすし、お子の面倒や家事を手伝ってくれて本当にありがたかっただす。1週間ちょっといてくれて本日帰っていかれますたが、ヘルプがなくなって寂しい部分と、帰ってtくれてちょびっとホッとした部分とありますただす(極悪娘)。ママンはとってもパワフルで強い人なのだすが(いろんな意味で)帰りのバスに乗るときに涙ぐんでいたのでちと驚きますた。両親からこんなに遠くに住んでいるワタシはかなり親不孝モノかと思われまする(ショボーン)
お子は随分と表情も豊かになりますた。昼間に起きている時間が長くなってきて、話しかけると、意味不明の言葉であうあうと返事をしてくれて、とっても楽しいだす。しかし、やっぱり夕方になると黄昏泣きをする日があって、その号泣を聞くとこっちも悲しくなるだすよ・・・(ため息)
木曜日はてるこさんが夕食に招いてくださったので、ずうずうしくママンと同居人とワタシとお子とみんなでお食事にいきますた。鴨肉のグリルを頂いたのだすがこれが美味。ああ、お料理の上手な友人は素敵だわ〜〜〜(うふ)。しかも、お子がやたらとご機嫌でちっとも泣かず。お食事の途中で寝だしたので、ワタシたちはデザートまでゆっくりとまったりと頂くことができますた。こんな快挙は滅多にないわな。
昨日はその社交性を身につけたお子に期待してたのだすが、どっこい。黄昏泣きまくり。ママンが最後の夜だったのでワタシはサーモンのグリルとかして最後の晩餐をと思っていたのだすが、食事が出来たときにはお子は号泣の絶頂。もう、自分でも何が理由で泣いているのかわからない状況って感じで、私たちは仕方なく号泣の中でもそもそとご飯食べる羽目に。はぁ〜〜、ご飯の味もこんなんじゃわからんっちゅーに。しかも声が大きいので会話も成立しないし(爆)。ま、赤ちゃんなんてそんなものなんだしょうなぁ。思い通りにいくことがなくても普通なんだと、少しづつ思えるようにはなってきますたが、それでも「何で今泣くかなぁ・・・」とか思ったりしちゃうだすよ。
今日は天気がものすごく良かったので、同居人と植物園にぷらりといってきますた。最近の寝不足を解消すべく?お子がバギーの中ですやすや眠っているときに、ワタシも木陰で昼寝。同居人に「二人ともいびきかいてたよ」と言われてしもうた。そんな遺伝子ひきつぐなよな・・・とか思っただす。
comment コメント 0
08.19
Wed
今日はこの夏一番の暑さだったんじゃないだしょうか?晴天が広がってとても気持ちいい日ですた。お子にはちと暑すぎる天候かもしれませぬ。でも、家の中は結構涼しいのでなんとかなってるって感じだす。エアコンとか全然ないのだすが(この国には普通の家にはエアコンはないだす)なぜかよくわかんないっすが家の中は結構ひんやりしているだす。古い家だからか?
ママンが来てくれているので家事を手伝ってくれていて助かっているだす。夕食の準備とかしていても、お子が泣きそうになったら、後はママンに任せてとりあえず相手をしてやることができるので号泣を聞かなくて済むのだす。がっ、泣きそうになっているお子を「おーよしよし」と抱き上げていたら、ママンには「それって抱き癖っていうんだよ」と言われてしまいますた。たそがれ泣きは減った模様だすが、すっかり抱き癖がついてしもうたということで(滝汗)。ま、それでも抱き上げたら泣きやんでくれるし、夜も最近は寝付くのがスムーズでこってり寝てくれているのでありがたいだす。ママンには「すっごい楽なあかちゃんじゃないの〜、あなたラッキーよー」と言われてしまいますた。そうなのか・・・楽な子なのか・・・それでヒーヒーいっているワタシって相当ヘタレってことだすな。ま、子育ては人それぞれってことにしておいてくださいまし。
ママンが日本の童謡のCDを日本から持ってきてくれたので、最近はそれを夕方のぐずったときにかけていまする。それが不思議と結構好きなみたいで、興味を示して自分も歌おうとして「あうーあう〜」言ったりするだす。なのでワタシも「おっさーるさーんだよ〜〜」とか懐かしい童謡をCDと一緒に歌ってみたり・・・。
それは自分でも想像だにしなかった姿でありまする。今まではよく赤ちゃんに「何とかでちゅかぁ〜〜」とか話しかけているお母さんたちを見て「うーん・・・」とか思っていたので、自分は普通に喋るぞ!絶対にそんな喋り方にはならないぞ!とか変な決心をしていたのだすが、気がついてみたらワタシもすっかりお子とベビートーク炸裂(滝汗)。謎の決心はどこへ?っていうか無意味な決心だすが。
たぶん思いっきり話しかけるほうが、お子は自分に話しかけてくれてるんだと思うらしく注意をひきつけられるし、なんか知らないうちにそんな話し方になってしまうだす。笑うようになってから、余計になんか反応があるので、こっちも必死でかまいたくなるだすし、必死であやしたりすることになるだす。はぁ〜。もう自分でも大笑い。
んでもって、すっかり孫に甘い甘いママンがキャラが変わってしまったように「かわいいかわいい」言っておりますたが、友人に言わせれば「ネコちゃんもすっかりキャラ変わってるよ・・・」とのこと。恐るべしお子パワー。まあ、親バカになるのも、お子のことばっかりになってしまうのも仕方ないことなんだしょうな。とりあえず産まれてから2ヶ月経ちますた。首もだいぶ据わってきた感じですし、表情とか豊かになってきてとっても楽しくなってきますた。ま、号泣しなければの話だけどさ・・・。
comment コメント 2
08.15
Sat
同居人が一週間も出張でアメリカに行ってしまうので、ちと1人では不安ですた。んで、夏休みをとってその間にママンが遊びに来てくれますた。そもそも、パワフルすぎるママンは苦手だったりするのだすが、今回ばかりはありがたいと思いますた。まとまって時間がないと出来ないような庭仕事とかも手伝ってくれて、ほんと助かりますただす。
しかし、孫パワーはすごいっすよ。全然そんなキャラの人じゃないのだすが、お子を見るたびに「かわい〜〜、かわいい〜〜」言いっぱなし。やっぱ孫は特別なんすかね〜?びっくりしますた。それだけかわいがってくれるのは嬉しいことだす。
先日、働いていた職場に行きますた。お子が産まれたら訪問するとは言っていたのだすがなかなか行く機会がなくて。産休終わって復活するかどうかはまだ決めてないのだすが、復活するとしたら交流を図っておいたほうがいいというので、なるだけ挨拶しておくことに。そしたらちょうどオーナーの人が来ている日で無事に会えますた。やり手オーナーで悪徳!とか思ってただすが、今回の産休に関してもとっても親切で快く承諾してくれただすし、お子の誕生を喜んでいてくれて意外だったのだすが、戻ってきてくれると嬉しいとまで言ってくれておりますた。ありがたいことだす。どうするかはわかんないだすが、今回の出産に関しては病院でも職場でも嫌な思いをしたことがなくて、まあ、そもそもワタシの権利ではあるかもしれませんが、周りの人の暖かい気持ちが伝わってきてとても心地よい気がしまする。お子を育てるだけでも大変なので、それ以外のそういったことでイライラしなくてよい社会というのはありがたいことだす。
子育てをするようになって、そういう意味でもいろいろと発見があるだすよ。
comment コメント 0
08.12
Wed
しょーもない話なんだすが、出産前にたくさん食料を作って冷凍しておきますた。入院中にあまりにまずい病院の食事に泣きそうになっていたら、同居人が冷凍庫から作ってあったおにぎりとか出して解凍して持ってきてくれたりしますた。んで白いご飯とかも冷凍してあったのでそれと一緒にふりかけを持ってきてくれるように頼みますた。日本の食品が入っている棚からそれらしきものを探して持ってきてくれたのだすが、それはふりかけではなくお茶漬けの素ですた・・・。確かにご飯にかけるものだけどさ。ふりかけとお茶漬けの素とのこの微妙な差を西欧人に理解しろって言うのは、わびさびを理解しろっていうのと同じくらい難易度高いのかしら?(ないない)。まあそれでどうしたかっていうと、それをふりかけて食べておきますたわさ。ちと辛かったけど、それほど悪くなかっただす。新たな発見??
お子はこの前の日曜日はワタシが途方にくれるほどぐずっていただすが、その後はとってもいい子にしていて楽だす。やっぱぐずぐずしちゃうと本人も疲れるのだしょうな。泣いたりもするだすが、意味もなく長時間ぐずることはないので、ワタシの気分がめいることもなくて助かったおりまする。午前中にうとうとしてくれたりすると家事もできるし。ちょっとぐらい泣かせてもやらないといけないことあったら放置プレイで洗濯とかやってしまったりしておりまする。掃除機の音でよく寝るという話は聞いてはいたのだすが、ここまで効果抜群だとは思っておりませんですた。びっくりするほどよく寝るだす。このままだとしょっちゅう掃除機かけて部屋がとってもきれいになりそうだすよ(爆)。昭和初期とか掃除機がない時期はどうやって赤ちゃんを寝かせていたのだろう?(そういう問題か?)
お子は毛がないベビーだす。生まれたときから毛がふさふさみたいな赤ちゃんもたくさんいるみたいだすが、残念ながらどっちかっつーとハゲだわな。そのうちたくさん生えてくることを祈ろう。髪の悩みはもう少し先になってからにしたいよな・・・
お乳飲んでぐんぐん太ってきたお子は顔がまん丸になってきた(汗)。んでハゲなので、エゲレスの若者でスキンヘッドにしているみたいな雰囲気だす。同居人は「フットボールの応援に行く、フーリガンみたいな雰囲気になってきたな・・・」とつぶやいていて笑えますた。確かに。こんどおかあちゃんがフードのついた上着を買ってあげよう。そしたらフーディーズ。ちと若すぎるか?
時々手とかをしげしげと眺めるようになってきますた。本に書いてあったよ、ハンドリガートって言うそうな。よかったね、本の通りに成長していて。夕方になると泣くのは黄昏泣きって言うんだって。そんなのは本の通りにしなくてもいいよ。(←母のこころからのメッセージ)
comment コメント 2
08.09
Sun
お子はすごく機嫌が良くて楽な日と、何をしても泣いてしまって全然ダメな日とある。そして今日は後者。なんかわかんないけど朝からあまりご機嫌がよくなくてそれが夕刻までずっと続いた。来週に大事な講演を控えている同居人は今日はオフィスに行って調べ物しながら仕事したかったらしく、午後には仕事に行ってしまった。んで、ワタシは昼寝しようとしても寝ないし、お乳あげようとしても10分ぐらいで飲まなくなっちゃったりするようなお子に翻弄されて午後を過ごした。夕食の準備もしたいけど抱っこしてあげないと号泣して、えっえっと苦しそうであまりにもかわいそうなので、抱っこしてあげまくる。抱っこしても泣き止まないけど、フルパワーでなくわけじゃないから本人は少し楽かと思って。しかしこっちが参ってくる。なんか夕刻になって外が暗くなってきたと同時にすごく悲しくてワタシの方が泣きたいよって感じでお子を抱いてたそがれていたら同居人が帰宅した。その状態のワタシたちをみてテンパッててヤバイとすぐに思ったらしく、お子に「ちょこっとお散歩いこうか〜〜〜?」といってバギーを押して連れ出してくれた。同居人が散歩に行ったのは30分ぐらいのことだったけど、なんか泣き声を聞かなくていいと妙にホッとした。ちょっと休憩が必要なタイミングだったんだろうな。そして気遣ってくれる同居人にありがたいと心底思った。夕食はサーモンだったのでちゃっちゃとグリル。お子はというともちろんバギーに乗って散歩している間はすやすや寝てたくせに、帰宅して私たちが夕食を食べ始めた途端にまた泣き出したりしますた(お約束?)。今日はどうやっても、あんまり気分がいい日ではないのね。ま、変に蒸し暑い気候だし、仕方ないか。明日は機嫌がいい日だといいなぁ〜(切望)。子供を2人も3人も育てている人を心から尊敬すると思う今日このごろ。
comment コメント 5
08.06
Thu
寝かしつけにとっても苦労してなかなか寝てくれないとワタシもすっかり疲労してしまいまする。そうかと思えばこってりとすぐに寝てくれて、夜にワタシの自由時間があったりすると非常に嬉しかったりしまする。ま、こってり寝てくれたと思い込んでお茶とか入れてまったりしてたら、隣の部屋から「うにゃ〜〜〜」とか聞こえてきて「あ、起きちゃった・・・」みたいなこともあるのだすが。きっと子供がいる人ってみんなそんな感じなんだしょうな。
昼間にちょっと昼寝とかしてくれたらここぞとばかりに家事をしたりしておりまする。でも、1時間ぐらいで起きちゃったりして時間切れ・・・みたいなこともしばしば。3分しか地球にいられないウルトラマンの心境だす。起きそうな気配がしてきたりすると、心の中でピコピコとアラームが鳴っている気分になるだすよ。まあ、3分で地球を救うよりはマシかもしれませんが。3ヶ月経ったら楽になるしとみんなに言われているので、とりあえずそれまでがんばるだすよ。
今日はBCGの予防接種だったので病院へ。このところ何度も病院にいっているのでかなりお子も慣れてきたのか?病院に入る気配がすると機嫌が悪くなるだす(そういう慣れかたかいっ)。んで注射されるときにやっぱり号泣。ま、そりゃそうだろうな。ワタシが小さいときにしたBCGはスタンプみたいなのですたが、今は注射なのだすね。とりあえず今日一日具合が悪くなったりしないかみておりますたが、別になんともなくて大丈夫そうだす。んで午後はクリニックに体重測定にいってきますた。順調に体重も増えていて健康そのもの。よかったよかった。だっこするとずっしりと重くなってきますた。腕が痛いだす。すっかり両腕とも手首が腱鞘炎みたいになってしまいますたわさ。
昼間にご機嫌で起きている時間が多くなってきたのであやしたりしているのだすが、フルパワーで遊んでいるとこっちが疲れるだす。でも、笑ってくれたり反応があるととっても嬉しいだすよ(親バカ)。今日は音楽を聴きながら腕をふりあげたりしていたら、お子もワタシとおなじ腕を動かしてまねしようとしていたのでかわいかっただす。そんなことしているうちにここのところ毎日があっという間に過ぎていくだすよ。
火曜日に伸ばし伸ばしになっていたコンタクトの検診で眼科にいかないといけなかったので同居人にお子を託していってきますた。今回初めてお子から離れただすよ。街のスタバで待ち合わせして、1時間半ぐらいたって眼科が終わってからまたスタバに行ったら同居人はおなじ席で悠々と仕事してたので寝てくれていて楽だったのかと思いきや。ワタシが出かけたあとに泣き出して、仕方ないので同居人はマーケットとかうろうろして、本屋に行ったりぷらぷらとして泣き止んで落ち着いてまたスタバに戻ってきてやっと寝たところだったらしい。お、お疲れ様(汗)。でも、まあ、同居人も慣れてきたみたいで泣きまくっても焦らなくなったみたいだす。いいことだわ。そしてお子はバギーに乗せて歩き出すとすぐに寝てくれるのでとっても助かるだすよ。ず〜〜っとバギーに乗せておきたいだす(無理じゃ)
comment コメント 4
08.02
Sun
今週はお子の6週目の検診とかもあってバタバタしておりますた。体重も順調に増えているので大丈夫そうだす。よかったよかった。そんでもってそのときに私の産後の6週間目のチェックもありますた。同居人はお子のことを心配して検診についてきていたのだすが、ワタシのチェックのときに部屋から追い出されておりますた(ぷぷ)。別にいいのに?とか思ったらどうやらワタシの精神的な安定のチェックとかもするらしく、家庭内暴力が無いかとか、ダンナの前ではいえないことを言わないといけない場合があるので一人で問診されるとのことですた。ま、幸いにして我が家には暴力もないだすし(ホッ)、ワタシも産後の鬱の心配も今のところないみたいでよかっただす。ま、こんだけのん気に生きてたら鬱にもならないか・・・
夕食後に扉をたたかれるとたいてい碌な用事の人ではありませぬ。宗教の勧誘だったり、寄付のお願いだったり、ホームレスの押し売りだったり。最近はワタシが授乳中のことが多いので同居人が応対するのだすが、ヤツは気が弱いので必ずといっていいほど押しうりに何か買わされたり、仕方なく寄付をしてしまったりして・・・。ちょっとは断れよ!とか思うのだすが。んで昨日は授乳中だったのだすが「ワタシが出る(鼻息)」といってお子の授乳を中断。この時点でお子はとってもイラついて大泣き。そのお子を抱きながら「何ですか?」って出たら、宗教の勧誘だったみたいだすが非常に申し訳なさそうに「ま、またきます・・・」と言って早々に引き上げて行かれますた。同居人よ、次回からあなたが出るときにも、号泣するお子をアイテムとして持つことをお勧めしまする!!!っていうか、ワタシはお子がいなくてもいっつもそういうのはつっけんどんに断ってたんすけどね〜。同居人は断るよりも少しばかりの寄付とかを払ってしまうほうが楽だそうだす。
お子はだんだん体重が増えて新生児用の2-5kgというオムツがだんだん小さくなってきますた。オムツはまだちゃんとはまるのだすが、排泄量がただならぬ量で増えてきたので、オムツ替えようと思ったらそこにはなみなみとウンチがあったりして・・・(驚愕)。なので新生児用ミニ2という3-6kgというのを買いにいきますた。ちょっと大きくなってかさばるし、とりあえず1個買おうと思っていったのに、そこには1パック4ポンドなのに3パックで10ポンドという表示が!
もちろん、がんばって3個担いで帰ってきますたわさ。他には何もかえませんですたが。これでしばらくオムツの供給は大丈夫かと思われまする。

comment コメント 0
back-to-top