03.29
Sun
パリから昨夜無事に戻りますた。本当に今回は腹ボテで身動きできない割には、それなりにとても楽しんだし、いろいろおいしいものも食べてとても満足しますた。何よりもこの旅行が無事に終わらせられたことに感謝しておりまする。子供が生まれたらしばらくは旅行とかも気軽に行けなくなるだすし、その前に行っておきたいと思って行ったのだすが、本当に行ってよかったと思っているだす。
最終日は同居人がパリに行くたびに巡礼のようにいっている仏像博物館ならぬ、ギメ博物館だす。仏像オタクの彼にははずせない場所。私もそんなに身動きできないし、博物館ならベンチに座ってゆっくり眺めたりできるので軽く同意してゴー。土曜日の朝とあってアルマ橋のところからギメのあるイエナに向かってずーっとマルシェがでておりますた。フランスのマルシェを見るたびに羨ましくなるだす。新鮮な食材が安く手にはいるこんなマルシェが私の家の近くにあったら土曜日なんてぜったにに朝寝してないでマルシェに繰り出すだすよ!(全身胃袋宣言)

花屋ではラナンキュラスがすっごい綺麗で


イチゴも。でもまだスペイン産だった。もう少し後だときっとフランス産が出回るのかな。甘すっぱくてやわらかいフランス産のイチゴは大好きだす。白アスパラガスもたくさん出てたし(おいしそ〜〜〜)。とりあえずぷらぷらと見て回りますた。んで、人ごみだすしぷらぷらしていたらあっという間にぐったり。んですぐに引き返して博物館に行きますた。同居人もかなり満足。お昼にはトロカデロまで歩いて行ってそこのおしゃれなカフェでランチ。ワタシはでっかいサラダのプレートを頼んで、食べ切れるのか?とか言われてますたが、すっかり食べてしまいますた。恐るべし食欲。同居人はこじんまりとサンドイッチを食べておられますた(爆)。

今回のパリ散策にはことごとくバスを利用しますた。妊婦でパリに行く方にはバスはとってもお勧めです(ないない)・・・。というか、ニンプじゃなくてもバスだと乗り方のコツさえ覚えたら街が眺められて観光には良いと思いますた。私も以前はバス路線を考えるのが面倒なので、ついついわかりやすいメトロにすぐに乗ってしまっていたのですが、今回はそういう意味でバスのよさの新しい発見があっただす。
ワタシは今回はParisNord(北駅)についてすぐにNavigo Decouverteという磁気式のスイカのようなカードを買いますた。磁気カードはNavigoと呼ばれて、旅行者用のものがDecouverteと呼ばれるようだす。磁気カード自体が5ユーロ(東京のスイカやロンドンのオイスターカードと同じくずっと使えるのだすが、メディアは最初に購入しないといけない)。これには2.5×3.0cmの顔写真が必要だす。んで、1週間券(カルトオランジュ)のゾーン1.2を16.80€で購入してチャージしてもらいますた。窓口でNavigo Decouverteと言ってサイズの顔写真を渡すとすぐに売ってくれます。んで1週間と言うと、それもチャージしてくれますた。これでパリ中心部の市内交通はすべて乗り放題だす。カルトオランジュは以前からうっとおしいと思っていたのは1週間券の始まりが月曜日と決まっていることだす。好きな日からはじめさせてくれりゃーいいのにねぇ。発売は前の週の金曜日から翌週の水曜日と限られているので、木曜日にパリに着いたりして1週間いるから1週間券を買おうと思ってもうまくいきませぬ(ちっ)。今回は私たちは運よく火曜日に到着して土曜日までだったので、1週間のカルトオランジュを買って過ごしますた。ワタシはバス停2つ分とかでもバスに乗ってしまっていたので(エネルギー温存するために極力歩きたくなかった)、かなりオトク感がありますた。ま、いちいち券を買わなくていいっつーのは楽だすよな。バスに乗ったら接触する機械があるのでそこに磁気カードを当ててポーンという音をさせればOKだす。バスはバス停にどの路線がどこへ行くのかの詳しい地図と、その路線のルートが詳しくかかれた表示があるので、何番のバスに乗ればいいのかは旅行者でもかなり楽にわかるようになってまする。あと何分で来るのかとかのデジタル表示もあって、それもかなり正確だと思われたので、パリ市内交通優秀じゃん!とか思ってしまいますた(イギリスと比べちゃぁねぇ〜)。近々パリを旅行する予定の方!お勧めだす。とりあえず顔写真さえ持参すれば買えまする。運悪く木曜日にパリに着いてしまった方はカルネ(回数券)を買うほうがオトクかもしれませぬ。
comment コメント 0
03.27
Fri

今日はルーブルへ。地下鉄で来ると地下から入ってしまったりするのだすが、バスに乗ってついたので正統派のピラミッドからの進入。最初に見たときには、なんでこんな宮殿にこんなモダンなガラスのピラミッド・・・とか思っただすが、すでに20周年にもなるそうだす。知らなかった。気分はダビンチコード(意味不明)。入り口の飲食物持込禁止のサインが油絵風のポスターにしてあったのがなんともおしゃれで笑えますた。
今回は同居人がどうしても行きたいといっていた特別展の"Les Porte du ciel"(なんだろ?天国への扉と訳すのだろうか?)という古代エジプトに関する展示会を見にいきますた。私は考古学も歴史も全然造詣が深くないのだすが、同居人はかなり趣味ではまっていてこういう展示会には目がないのだす。もちろん私は興味がないのでいくとつまんないかなぁ〜とか思ったりするのだすが、自分一人だったら絶対に行かないようなところに行けるのは悪くないと思ったりするようになりますた。行ってみるとそれなりに楽しいことの方が多いのだす。
この展示会、かなりオタク向け(!)かと思えるほどの詳しい説明と展示品の数もかなりだったのだすが(ルーブルの展示の説明はいつも感心するくらいにちゃんとしていると思う)、私はうろうろしていたらすぐに疲れてしまってベンチに座ったりしておりますた。ま、それでもいろいろ見られて楽しかっただす。Cafe Maryでランチしてその後は常設展も少しだけみて、そのあと疲れてしまったのでホテルの近くのFnacというメディア屋で本を見たりCD見たりしてホテルに戻りますた。私は同居人のエジプト展に付き合いますたが、同居人は私のパティセリー訪問に2件も付き合ってくれますた。もちろん、ヤツもしっかりケーキもしっかり食べますたが(爆)
comment コメント 0
03.26
Thu


おいしいもの食べまくり・・・といいたいところだすが、なかなかそうもいかないのがニンプの悲しいところ。今日は研究者の知り合いの人たちと一緒にレストランへ。ムニュというコースでいくつかの料理の中から前菜とメインとデザートを選ぶような形の定食をいただいたのだすが、チョイスが、チョイスがぁぁぁぁ。フォアグラはだめだし(内臓系のものはビタミンAが多くて赤ちゃんの器官の成長を阻害するとかなんとか)、生乳チーズもだめだし(リステリア菌が怖いらしい)、生とか半熟の卵もだめだし(サルモネラ菌が怖いらしい)生の卵がだめだとムースとかも避けたほうがいいとか、貝類も(有機金属の微蓄積があるから)。となると、フランス料理では結構食べるものが限られるだすよ。一緒に行った研究者の人は去年奥さんとの間に子供が生まれたので、いろいろ詳しくて注意してくるだすよ。私が「んじゃ、これにしよっかな」とか言ったら「あ、それはやめといたほうが・・・」とかなんとか。食べるものないやんか!!!って感じなんだすが、「とりあえずんじゃビーフステーキでフォアグラソースはつけないでお願いします・・・」とかいう悲しい注文になってしまう。
まあ、それでも大好きなパリにきていて、そして好きな牛肉は食べてもOKだし(ただしよく焼かないといけないらしいが、これで牛肉もだめだったら怒り狂うだすよ)まあ、ワインも飲めないのは相当悲しいだすが、だいぶ今の状況を受け入れられるようになってきた気がするだすよ(半分あきらめ)。かといってすべての項目を守っているかというとそんなことは全然なくて、結構食べてはいけないといわれているものも、こっそり(!)食べちゃったりしているので、別にそんなに大きな声で言えるほど優良妊婦ではありませぬ。
同居人と一緒に旅行に行くと困るのがランチだす。同居人はあまりランチを食べない習慣の国からきていて、食べてもサンドイッチ程度。私はしっかり昼ごはんも食べたい性分。それがパリとかに来ているとなると、昼ごはんは大事なファクターであったりしまする。夜ご飯だけだと食べる回数が少ないからなんすけど。んでもって、今日は同居人が仕事で大学に行ってしまったので私にとってはチャーンス!とばかりに行きたかったビストロまでがんばってバスで行ってみますた。がっ、そこはなぜか閉まっていた・・・。気を取り直してそこから近くのもうひとつの候補のレストランに行ってみたらバカンス中(こんなときにバカンスとるなよ!)で閉まっていた。きぃぃぃ〜〜〜
すでにその時点でお腹すきまくっていたので、怒りにまみれてもうどこでもいいのでそこから一番近くにあるレストランで目に付いたところで、適当なところに飛び込みますた。そこはランチは25ユーロのムニュがあって、思ったよりも全然おいしかったので満足だす。キッチンが良く見えるタイプのつくりだったので、キッチンの近くに座らせてもらってシェフの仕事ぶりを眺めますた。そこは日本人のスタージュ(見習い)を雇っているらしく、ギャルソンが帰りに「うちでは日本人のスタージュを雇っているんだよ!なんせ日本人はとてもきちんと仕事するし良く働くから」と言っておられますた。同じ日本人としてそのコメントは嬉しいっすよ。デザートには「クレームシトロン」というのを食べたのだすが、レモン味の利いたすっぱいプリンみたいな感じのものですた。あんなにすっぱくしてどうしてクリームと分離しないのか?かなり不思議でどうやってつくるのか知りたいとこだすよ。すごくまろやかでおいしかっただす。
買い物をもっとしたかったのだすが、すぐに歩きつかれて全然だめ。とりあえずちょびっとぷらぷらいてすぐホテルに戻って昼寝したりしてますた。ま、スローペースも悪くないと思うことにしませう。
comment コメント 0
03.25
Wed
そして、ほんのちょびっと足を伸ばしてパリでハネムーンだす。もう飛行機には診断書ナシに乗れない週に到達してしまったので、近場で。しかも、私の大好きなパリ。最近すっかりご無沙汰してたのだすが(ここ数年機会がなくてきてなかった)、相変わらずの素敵な街だすよ。昨日ユーロスターに乗ってきますた。ユーロスターは去年終着駅が変わって、私の住む町からのアクセスが非常に良くなってそして時間も短縮されますた。ロンドンからパリまで2時間ちょっと。東京から大阪に行く感覚だすよ。なかなかありがたいっす。
もう、あまりたくさん歩けないので町の中心の私が好きなところあたりにホテルを構えて、バスを駆使して街を散策だす。ホテルはここ数年の物価高でやたら値上がりしているのだすが、泊まっているところは値段の割りにそれほど悪くないところでよかっただすよ。
今日は朝から同居人お気に入りの博物館に繰り出しますた。んでもって、私はすぐに疲れるので、博物館でもいすに座りまくりだすが、いろいろ見られて楽しかっただす。軽いお昼を食べて午後にはお気に入りの百貨店ボンマルシェで少しだけお買い物。なぜかこんな時期にセールをしているので、同居人が珍しく服を買ったりとかしておりますた。私は欲しかったカトラリーを。それが応対してくれた店員がびっくりするほどかっこいい人で見とれてしまいますた(おい!!!)。あ〜〜、いいわ〜〜、かっこいいフランス人男性。私の憧れだす(マジ)。目をきらきらさせていたら同居人にあきれられますた。「あのぉ・・・一応ハネムーンなんすけど・・・」って感じで。わはははは
明日は同居人は大学にいって同業者と打ち合わせ。なんと講義までする予定入ってるそうな。おいおい、1日だけだからといいつつもそんなバリバリ仕事の予定入れるかぁ???それこそ私が「あのぉ・・・一応ハネムーンなんすけど・・・」と言ってやりたい。
とにもかくにも楽しんでおりますだす。
comment コメント 0
03.21
Sat


昨日の春分の日にレジスターオフィスで婚姻登録をしますた。そうだす、「同居人」と呼ばれる彼は一気に「夫」に昇格だす。すごい出世だすな!(え?)
二人ともイギリス人でもなく、イギリスに住んでいるといろいろとややこしいことがありまする。たぶん、子供がいなかったらパートナーとして生きていくのには何の問題もないので、きっと結婚しないままだった気がしまする。でも、子供が出来ていろいろと手続きのことを考えると結婚した方が楽だっつーことが判明。
日本は母親由来だと問題なく子供は日本国籍を取得することができるだす。しかし、父親が日本人で母親が外国人で婚姻関係に無い場合は子供は日本国籍を得ることができませぬ。そのためには出生前認知、子供が生まれる前に認知しないといけないことになりまする。
同居人の国もなんと同じ方式。大陸の小国でかなり自由なイメージのある国なのだすが、やはり結婚してないと父親由来では子供は国籍は取得できず。出生前認知という手しかありませぬ。しかし、そのためには同居人の国に何度も赴いて、当地にて公証人を雇って膨大な努力をしないと子供はEU国籍が得られないことに。腹ボテで何度も大陸に渡ることも大変だすし、そしてその弁護士や公証人を雇う費用や労力を考えるとくらくらするだけだす。結局二人で、相続とかのこともあるしこりゃ〜結婚したほうが楽(で安い)わな・・・ってことになりますた。
ま、プロポーズの言葉は「んじゃ、ま、仕方ないからそろそろ結婚しようか・・・」という言葉ですた。まったく・・・ロマンチックのかけらも無い。ワタシはそんなプロポーズで結婚をしないといけないんすか???(わっはっはっは)
同居人とはなんだかんだ言って8年の付き合いになりまする。一緒に住み始めて6年かな。んでもって2年半前には一緒に家も買っちゃって、ほんと今更って感じがあるだすが・・・。とりあえず今まで結婚もしないでなんとなく一緒にいたっていう関係はワタシは結構気に入ってはいたのだすが、Babyの到来によって終止符を打つことになったわけだす。
イギリスで結婚するには教会で結婚するという宗教的な式と、レジスターオフィス(まあ、市役所だすな)で登録する方法とあります。特にキリスト教を信じているわけでもないだすし、できればほんとにシンプルにしたかったので、レジスターオフィスに行って登録するという方式を選ぶことにしますた。地域によってはとっても素敵なビクトリアンの建物のレジスターオフィスとかがあるのだすが、ワタシが住む地域にあるオフィスは「ほ、掘っ立て小屋?」と最初にワタシが思ったくらいにショボイ建物ですた。待合室は病院か歯医者かって感じだすし・・・(滝汗)。でも、まあ、登録の署名をする部屋はそれなりにきれいにそれらしくしてある部屋だったのでまだよかっただす。
日本の区役所に婚姻届を出すというのよりはもう少し面倒な手続きが必要のだすが、とりあえずシンプルにしたいというのがワタシの希望だったので、証人2人を連れて行ってその場で誓いの言葉を読み上げ、サインをするというそんな感じですた。大事にしたくなかったのでほとんど人も呼ばず、唯一日本からマブダチのハイジがきてくれて証人としてサインしてくれますた。
なんかあっさりと・・・と思いきや、ワタシとしては不覚にもうるうるしてしまうくらいに随分と心揺さぶられるセレモニーでありますた。これまでいろいろあっただすが、同居人とずっと一緒に暮らしていくという決心をこういう形で表すのは悪くないことなんだろうなって思ったりして。以前の職場の同僚とかがセレモニーに参加してくれてみんなで写真を撮って終了、セレモニー自体は10分ぐらいのものなのだすが、お天気もびっくりするくらいに良い日でなんだかとても嬉しかっただす。夜はこじんまりと友人数人だけで近くのレストランに行ってお食事をしますた。披露宴もなしだすし、何も特別なことをしたわけでもないだすが、私たちにとっては特別な日になりますた。
写真は友人のてるこさんが用意してくれたブーケだす。私は腹ボテで着られる服がほとんど無いので(悲)普段着と変わらぬ格好ですたが、ブーケを持っていたらそれらしく見えたので彼女には心から感謝だすよ。
comment コメント 0
03.18
Wed
思いのほか、たくさんのお祝いの言葉を頂きますた。本当にありがとうです。こうやって周りの人が喜んでくれると、ああ、よかったんだな〜って思えて非常に嬉しいです。なんか最初は書くのが恥ずかしくてそのままスルーして「産みますた」とか書いちゃおうかと思ってたんだすが、そんなわけにも・・・。なんせこれから生活のほとんどがニンプ生活一辺倒になってしまうワケだすし。とにもかくにも、温かい言葉のメール・コメントをくださった方々に感謝感謝だす。マジで嬉しいっす。無事にこの数ヶ月が乗り切れそうな気がしてきますた。
んでもって産休に入ったら暇かと思いきや、結構いろいろと用事が目白押しだす。月曜日は同居人と午後からロンドンまで繰り出しますた。ちょびっとお買い物。楽しかっただす。んで、その後にGreen Parkにある日本大使館に届出用紙とか貰いに行ったのだすが、なんと最近は大使館に入るのに身分証明書が要るのだすな!以前はX線の荷物検査だけだったというのに・・・。どうやら捕鯨とかに反対する人たちのプロテストがあったらしく、それから入館に際して警戒するようにしたらしい。うへぇ〜。迷惑じゃ。
っていうかさ、もう調査とかいって捕鯨するのとかマジでやめて欲しい。日本ではどれくらい問題になっているのかわかんないけど、こっちでは何かにつけて日本がいまだに捕鯨活動をしていることを鬼の首を取ったように糾弾するし。たぶん、すっごいムキになっているのは両方なんだろうけど、イギリスの人に「なんで日本はそこまでして捕鯨するの?」とか聞かれると「さあ・・・、別に鯨が食べたい人がそんなにいるとも思えないし、生態の調査がそんなに国際的にあらゆる団体を敵に回してまでするほどのこととも思えないのだけど・・・」と正直なことを言ってしまう。それとも、ワタシが知らないどこかにもっと重大な事実が潜んでいるのだしょうか?わかんないっすよ。
そして昨日は28週のスキャンの日ですた。午後からバスに乗って近くの大学病院へ。前と同じ技師の人がぐりぐりスキャンしてくれますた。今のところBabyは順調で問題なし。ホッ。よかったよ。前回(20週)のときよりもすっごい大きくなっていて、顔とかも見られて私も同居人も、漸く実感沸いてきたって感じ。動いたり蹴ったりしている様子まで見られるのでひゃはひゃは言ってて、検査技師の人も「あ、ここお腹とがってるじゃん、ここにたぶんお尻があるんだよ!」とか言ってお腹の膨らんでるところをむぎゅむぎゅとして見せてくれたりしますた。んでスキャンした写真もいっぱいくれたので貰ってきますた。この写真・・・どうするってわけでもないけど、ま、貰っておこう。何より順調なので本当に良かっただす。


comment コメント 0
03.15
Sun
え〜っと・・・実はそういうことだす。
なんとなく日記を読んでいてわかる人にはわかってたかも知れませんが、、
ここんとこ体調がフルでないのは、妊婦だからだす。現在7ヶ月・・・かな?もうすぐ8ヶ月に入るのかな?数え方がよくわからんが・・・(おい!)
ま、トウコさんには不良妊婦とか言われるくらいに遊びまくってるし、友人ハイジにもアクティブ妊婦とか言われておりまするが、でも、健康体(?)であったときより出来ることがめちゃめちゃ限られているし、そして仕事は思いっきりガテン系の肉体労働なので結構最近は仕事がめちゃめちゃ辛かったりもしますた。なので、産休が取れる日から速攻で産休を取ることに(エゲレスでは29週から産休がとれまする)。実際には1週間お休みを頂いたので、思ったより1週間早く産休が取れることになりますた。もう腹ぼてでオーブンの下のラックとかの天板を出すのとかすっごい苦しかったので、マジでこの産休はありがたい限りだす。んでもって、無事に産休に入るまで働けたことにものすごく感謝しておりまする。

妊婦になってみて経産婦がなんであんなに逞しいのかわかってきた気がしまする。
そしてきっと出産したらもっとそれがわかるんだろうなぁ〜と思ったりもしまする。
ワタシも同居人も子供なんて持たずにこの先もずっと二人で生きていくのだとばかり思っていたので、予想外の出来事に最初は相当戸惑ったりしますた。
いや〜〜、まさか40目前にして妊婦になるなんて思ってもいなかっただす。
でも、まあ、同居人とはなんだかんだ言って長い付き合いになってしもうたし(今まで付き合った中で一番長い関係を保っておりまする)そんなものなのかもしれませぬ。最初は驚くばかりだったし、妊娠自体が計画していたことでないだけに、かなりブルーになっちゃったりとかしたのだすが、なんといっても子は授かりものだすしね〜。同居人と一緒に病院に検診に行ったりスキャンにいったりする度にいろいろと親になる心構えが出来てきたみたいで、今はこの先が怖くもあるが(特に出産はいろいろ考えると怖いっす)、まあどうなるのか楽しみでもあったりしまする。しかし、バリバリの高齢出産、もっと若いうちにやっとけってマジで思ったりしますた。

こってりしたものが食べたくなるっつーのも、そして甘いものが食べたくなるっていうのもほんと聞いていた通りなんすね〜。パティシエの癖にこれまではがっつり甘いものとかはそれほど食べる方じゃなかったんすけどね。今は結構欲望に駆られて食べちゃったりしてまする。胎動とかも感じるようになって、ぼこぼこ蹴られたりすると、カラダの中にパラサイトがいるっていうか、どうしてもX-FilesとかDoctorWhoとかSF系のものを思い浮かべてしまうのはテレビの見すぎだすな。
と言うわけで、あと2ヶ月ちょびっとぐらい、妊婦日記みたいになってしまうかも知れませんがすみません。とりあえず細々とご報告だす。
comment コメント 2
03.14
Sat
今週は忙しかっただす。仕事が結構ぎっちぎっちに忙しいにもかかわらず、木曜日はオフにしてイコマさんとロンドンでランデブー。こういうことやってると余計にしんどいのだすが・・・。っていうか、仕事はすっごい辛いけど、遊びに行くのは全然苦にならない(アタリマエ?)という、小学生のような意気込みで生きている今日この頃だす。
ロンドンではおいしいカジュアルフレンチのランチをしますた。二人でおいしいもの食べて、しかも、デザートまでボリュームたっぷりの甘いお菓子をしっかり食べて満腹。いろんなことを喋り捲って、そのあとコベントガーデンのあたりの店を見たり、オクスフォードストリートのデパートをめぐったりしますた。
今回は二人ともバスを利用しまくり。ワタシは自分の街からロンドンに行くとロンドンの地下鉄とバスが乗り放題の券がついているDayTravelCardというものを買っていくので、バスとか気軽に乗れるだす。イコマさんも似た様なものを持っていたので、二人で移動はなるだけバスを使っておりますた。地下鉄でもいいんすけど、いちいち階段下りてとかいうのが面倒くさい。その点バスだとすぐそこから乗れるし、乗り方さえコツを覚えたら結構便利な乗り物で座って休めるし。
ウィンドウショッピングとかして楽しかったのだすが、夕方にジャパンセンターに行っていろいろ見てたらちょびっとしんどくなってきて、その後ちょっと座ってお茶でもしようか?とかいって道を歩いていたら、ふらふらしてまっすぐ歩けずにめまいがしてしまいますた。自分でもびっくり。貧血??なんじゃろ?ちと気合入れて遊びすぎたかと猛反省。今度からやっぱもっとスローペースで行かねばと思った次第だす。近くのサンドイッチ屋に入ってスムージー飲んで復活。その後ワタシはまたしても移動にはバスを使ってゆっくり座っていたので元気になれたしよかっただす。気をつけなくては。
んで昨日の金曜日は仕事はひぃぃ〜〜っていうくらいに忙しくてこれまた悲しい。ビシバシ働いて午後に帰宅してぐったり。夕食は手抜きのテイクアウトの中華を食べて、その後はもうカウチにも座っていられなくなって、9時ごろに歯を磨いて身支度をして就寝。さすがにぐったりですた。来週は日本からハイジが遊びに来てくれたりするし、予定も目白押しで体力要りそうなので、この週末はゆっくり休んで体力回復に努めたいと思いまする。
comment コメント 0
03.10
Tue
今日は職場でワタシとは全然関係ないのだすが、いろいろ状況が耳に入ってしまってものすごーく、いや〜〜〜な感じに。DutyManagerが二人いるのだすが、一人はすっごいいい人で、もう一人はすっごい嫌な人だす(この対称性がなんともいえず)。んで嫌な人がいい人にすっごい意地悪しているのを聞いてしまって・・・。なんかアホクサイっつーか、いや〜〜〜な感じ。ウェイトレスの子と「どうかと思うよ」とこそこそ話してたら、そのウェイトレスの子は「私はこの人生、ウン十年生きてきてあんな意地悪な人はみたことない」とのたまわった。すげ〜〜。ワタシはシェフなので一人で働いていてそのマネージャーとはあまりかかわり無いのでいいのだすが、ウェイトレスの子とかは一緒に仕事しているからいっぱいいっぱいいろんな面が見えるのだしょう。んでもってすごくいい人の方のマネージャーはこれまたこんないい人見たこと無いよっつーぐらいにいい人で、意地悪されていても「まあ、仕方ないわね〜」と受け流しているそうな。お、大人だ・・・。とりあえずワタシはそのどろどろに巻き込まれなくていいっつーのが幸いっす。
んでもって仕事はやっぱり春になって忙しくなってきますた。昨日も今日もオーブンフル稼働してたくさん焼きまくり。焼いても焼いてもどんどん売れるっちゅーのは、店にとってはいいことなんだしょうが、工房にいるワタシにとっては地獄だす。今はあまり長い時間立ち仕事はしんどくてできないので、とりあえず段取り良く、そんで無理せずにできるだけやってるつもりだすが。でも、手も抜いていかないとね〜。そんな一生懸命仕事やっても誰も褒めてくれないだすし。単なる自己満足だったらムナシイだけだすよ。
夕食は豚の角煮。なんかいまいちうまく煮えなかったかも。もっとやわらか〜〜く煮えるはずだったのに。ま、そんなこともあるわな。最近は夕食は手抜きでカフェテリアみたいにワンディッシュばかりだす。一個のお皿にご飯もサラダもメインものせてしまうという。これだと、洗い物も楽だし、そしてテーブルに運ぶのも楽チンで気に入ってますだ。人間どんどん楽な方向に流れて手抜きになるんすね〜(しみじみ)。
日本に帰国してたときに髪の毛を短めに切ったのだすが、それが伸びてきてちょうどはねる長さに到達したようだ。毎朝、思いっきり後ろが跳ね上がっていて見て笑ってしまう。どうせ仕事中は後ろで結ぶしいっか・・・と思ってそのまま出かける私。人間どんどん楽な方向に流れて手抜きになるんすね〜〜〜(しみじみ)
なんて言ってる場合じゃないっすね。
comment コメント 0
03.09
Mon
週末はまったり過ごしますた。土曜日は午前中に同居人とセンスベリに買い出しに行って、それだけでぐったり疲れてしまったので午後はぼーっとして過ごすことに。ドラマを見ようと思って画面の前に座るもすぐに寝てしまってまた巻き戻してというのを繰り返して、結局1時間のものがフルに午後を使っても見られなかったという・・・。そんなんだったらしっかり昼寝すりゃ〜いいのに・・・と自分でも思ったのだすが、そんなこと言ってもねぇ。
んでもって昨日の日曜日は洗濯をしますた。変な天気で午前中は晴れていたのに午後から曇ってきて。冬の間はずっとエゲレスはこんな天気なのでワタシは基本は部屋干しだす。セントラルヒーティングがあって結構乾燥しているのか、すぐに家の中でも乾くのであまり苦痛じゃないかな。リビングが洗濯もので埋まるので生活感があふれるのが問題だすが。しかしツワモノのエゲレス人はちょびっとでも晴れていると外に干したりしておりまする。昨日も案の定隣の人は朝から外に干しておりますた。んで午後に雨が降ってきてもそのまま干してありますた。意味ないじゃんんねぇ。ワタシは天気をみてあわてて取り込んだりするあたふたが嫌になって夏以外は外に干すのはやめてしまいますた。夏にからっと晴れた日だったら外にシーツとか干すと気持ちいいんすけど。今の季節はまだ無理っす。
んで、庭にちっこいブドウの木があるのだすが、これを剪定しないといけっつーのにず〜っと放置されておりますた。秋のウチに剪定して春先になると芽がでてくるのだす。この秋冬と体調も優れなかったこともあって庭はあまり手入れすることができなくて荒れ放題。一応バラとか本当にやっとかなきゃ〜〜っていうモノだけはがんばってちゃっちゃと剪定したりはしてみたのだすが。ブドウはちっこい踏み台に乗ってやらないといけない高いところにあるので、同居人にお願いしてやってもらおうと思っていたら、あっちゅーまに春だわさ。おいおい。水仙とか咲き始めちゃったよ。どうせやったら30分で終わる作業だし、ということでこの日曜日に同居人をせっついてやってもらいますた。まあ、ほかにもいろいろ手入れしないといけないとことか、いけなかったところとか(すでに芽が出ていて手遅れ)あるんだすが、あまり気にせずにいきたいとおもいまする。
んで今日は月曜日でお仕事。季節が良くなって観光客が増えてきたのか、この週末は非常に店が混んでいたらしく、ストックしてあったものが全部はけていた・・・(滝汗)。アップルパイとか売り切れで足りなかったらしい。うはぁ〜〜〜、また今週も忙しいのですかいな。勘弁してくれよ〜〜〜。明日もがんばりまする。
comment コメント 0
03.06
Fri
いつも使っているデジタルの目覚ましが今日は鳴らなかった。ナゼ?うぉぉぉ〜〜〜
ま、電池がへたってきて時刻は表示できても音を鳴らす元気まで無かったのだしょう。仕事は7時から始まるのでいつも6時に起きるのだすが、今朝ふと目が覚めたら妙に外が明るくて、いや〜〜勢い良く外が明るくなる時期なんだわな〜、何時かちら?と思って時計をみたら6時半だった。ひょぇぇぇぇ。職場までは自転車で10分なのだすが、最近はちんたら歩いて行っているので25分ぐらいかかりまする。ま、ちょびっとぐらい遅れても仕方ないか・・・(イギリス人化している)、っつーことで遅刻していきますた。といっても遅れてもどうしてもその時間じゃないといけないっつー仕事でもないので大して被害はないのだすが、今の職場で寝坊して遅刻したのは実はこれでも今回が始めてだす。今日は日が射していてお天気はよかったのだすが、外は寒くて朝から霜がおりていて行く道にあるでっかいグリーンが真っ白ですた。
仕事は結構忙しかっただす。んでもってちゃっちゃか仕事してたら結構疲れてぐったり。仕事終わってから同居人と待ち合わせてコーヒー飲んで、それからちろっと買い物などをして帰宅。んで、帰宅してからちょびっとだけてるこさんとお茶したりしますた。
夜はスパゲッティボロネーゼ。牛ひき肉を買ってあったのだすが、ずっと放置してたら明日が賞味期限切れの日だったので、本日慌ててすべてミートソースにしちゃいますた。ぐっつぐっつ煮込んでワインとかも入れちゃっておいしいミートソースの出来上がり。以前に働いていたキッチンでよくイタリア人のシェフがボロネーゼソースはセロリのみじん切りを入れるのがミソと言っていたので、言われたとおりたまねぎとにんじんとそして
セロリのみじん切りも入れて煮込みますた。かな〜りおいしく、そしてたんまりできたので残りは冷凍してまた疲れて何も作る気になれない日とかに活用したいと思いまする。
それは・・・明日とかだったりして?(全然冷凍の意味なし)
comment コメント 0
03.05
Thu

だいぶ春らしくなってきますた。何よりも朝出勤するときに外が明るくなってきたのが嬉しい。日に日に明るくなっていって、最近は起きたときには薄暗いけど、外に出るころにはすっかり明るくなっていてなんともいえない開放感を味わいまする。春じゃ〜〜、春じゃ〜〜。日本に住んでいたときには春の到来がこんなに嬉しいってことはなかったのだすが、この国はなんせ冬が暗いので、春になるこの明るさと、素敵な季節が始まるわくわく感はなんともいえませぬ。一年のなかでこの季節が一番好きかもしれませぬ。
とはいえ、庭は荒れ放題。もっと早いうちにいろいろと剪定とかしておかないといけなかったものがあるのだすが、秋ごろは体調も優れなかったしとりあえず何もしてなかったので酷いことになっておりまする。ま、仕方ないわな。今年は秋に球根も植えてないのでチューリップも楽しめないことになりまする。そんな元気なかったし、と今年はあきらめることにしてまする。でも、以前の住人からずーっと植えてあるスノードロップがたくさん出てきていて綺麗に咲いていて、私を慰めてくれてるって感じだす。
昨日の晩はヨガの2回目。さすがに2回目だと、「あ、このポーズ先週もやった」とか思えるものもあって、様子がわかる分ちょびっと進歩かも。まあ、まだリラックスするには程遠いけど・・・(汗)。でも、腰痛にいいポーズとか教えてもらって、これできっとよくなるはず!と信じてがんばるしかないのだわな。
家に入ってもらっている内装の仕事がやっと終わりそうだす。はぁ〜〜、やっぱ人が家に出入りするのは疲れるだす。それでも、ペンキとか塗りなおしてもらって綺麗になるのは非常に嬉しいものがあるだす。そろそろ仕上げのころなので、「あのぉ〜〜、ここはどうなるんでしょ?」とか目を光らせてチェック入れて直しておいてもらわないと、この先ずっと不便なままっつーことになりそうで怖いので、がんばるだす。


comment コメント 0
03.01
Sun
今週も仕事忙しくてその他もろもろも忙しくてへろへろだったっちゅーのに、この週末は遊ぶことに。遊ぶことにかけての鼻息は誰にもまけまへん!(ふんがっ)。金曜日に仕事が終わってからいそいそと電車に乗って北ロンドンにあるイコマ宅へ。ちゅらちゅらとまったり一週間を楽しんでいるイコマを冷やかしにとずっと思っていたので気合入れて行ってきますた。思ったよりも電車もスムーズだしお天気に恵まれた素敵な外出日和で気分もうはうは。んで、会ってから二人とも喋り捲り。楽しい楽しいことこの上なし。かな〜りハイテンションで楽しかっただす。夕食には豚肉のプティサレをご馳走になり、これが美味なことこの上なし。お泊りして翌朝はイコマが毎日飲んでいるというバナナスムージーを頂ますた。ほんのり甘くておいし〜い、思ったとおりのイコマのまろやかさを連想させてくれる味。なんかね、もう二人でだらだらして、おしゃべりしてそして何か食べてというのの繰り返しの本能の赴くままの時間をすごしてかな〜りシアワセですた。お昼にはお野菜たっぷりのフォーとか作ってもらっちゃったし。レモンの酸味とナンプラーが利いていておいしいわん。
んで夕方に程なくおいとまして帰宅。家では同居人がワタシの不在を悲しんで寂しがっていることであろうと勝手に予想してたのだが、予想に反して一人で大いに楽しんでいたようだ(ちっ)。どうしても仕上げないといけない試験問題作成という難しい仕事があって、集中してずっとこもって仕事をしたかったので、うるさい私がいなくてちょうどよかったという雰囲気がありありの書斎。床に本や書き散らかした紙が散乱していて、本人は髭も剃ってないし、土曜日だというのに一歩も外にでなかったらしい。ま、ワタシが楽しんでいる間に彼もそれなりに楽しんだ(仕事に苦しんだ?)みたいなので、これはとてもよかったことなんだしょう(前向き)。
夕食は帰りに駅のM&Sで急遽仕入れた牛肉のランプステーキとチップスとほうれん草のサラダ。肉は焼くだけでおいしいし、チップスはオーブンに入れるだけでほくほくのフライドポテトだし、サラダはさっくり洗ってドレッシング作るだけだし。この手抜きにはM&Sは欠かせまへん。イコマとふたりで鉄分をたくさん取らないといけないというリサーチをしたばっかりだったので、私の心は牛肉+緑の野菜ですた。すっごいおいしかったわ。この二日、おいしいもの食べまくりですた。
とりあえず今日の日曜日は家でまったりして充電して明日からの仕事に備えたいと思いまする。
comment コメント 0
back-to-top