04.29
Tue
ここのところいつも日記に書こうと思っていることを書かないうちにどんどん日がすぎていってしまっている気がするだす。ああなんて勿体無いネタ・・・。といっても別にそんな大したことがあるわけでもないのだすが。
土曜日はバカみたいに天気がよかったので庭に座って日向ぼっこ。こりゃ〜〜ええっ〜〜〜っていうくらいに天気よすぎ。まあ、そんなことはまれにしかない昨今だったので思う存分楽しみますた。そしたら土曜日にやたらと天気がよかったせいか?カフェが大盛況だったらしく、週末のために作ったケーキやなんかが全部売れてしまったとか・・・。んで土曜日の夕方に電話があったので仕方なく日曜日に出勤してスコーンをつくりますた。はぁ・・・(ため息)。まあ断ることも十分できたのだすが、特に用がある日曜日でもなかったので、ま、いっか・・・。でも、マネージャーには「もう二度と週末には電話しないで!次からは何があってもこないから」と宣言しておきますた。このマネージャーは今のところ(爆)すっごいいい人でサバサバしていて意地悪なところのない性格で結構好きだす。まあ、それだから電話かけてきて申し訳なさそうに頼まれたら断れなかったんすけどね。でも、早朝にさくさくっとスコーンとかケーキを焼いて早々と終了して外に出たらまだ外は日曜の朝。んでもってマーケットでは野菜とかの市が出ていてすごく楽しかっただす。私は野菜はすっごい人が群がっていてそれに勝てる勇気がなかったので遠慮して花屋を覗いたら素敵なアネモネがあったので購入。かわいいだす。
金曜日にオーブンで腕を焼けどしてしまいますた。ああ・・・ヤケドはね〜、跡が残るからすっごいイヤ。治るまで時間かかるし・・・(大粒涙)。もう腕はあちこち焼けどの跡だらけだっちゅーのに、またかいっ!!夏になって腕を出すと悲しくなるだす。もうブレスレットとかしても隠せないだすよ!すぐに思いっきり冷やしたりしているのだすが、やっぱり跡が残るだす。金曜日に焼けどしたところはなんか水ぶくれしたところが化膿してきたみたいで痛いだすよ。うぇ〜〜〜ん。

comment コメント 0
04.26
Sat

あっという間に1週間も経ってしもうた。結局自転車はとりあえず、やっと見つかった唯一のママチャリタイプでワタシでも乗れるサイズというのを買いますた。中古のくせにすんごい高くて、しかもライトとかつけてもらおうと思ったらそれでお値段かさばるかさばる。しかも籠とかまで別値段のオプションで最終的なお値段は中古のママチャリとは思えないほど。日本だったら新品でライトも籠もついていてこの1/3の値段で買えるよ!!!とか思うとため息・・・。ま、いっか。とりあえず自転車ないと不便だし。
ここのところの食料品価格の高騰は半端じゃないっす。ミルクが近くの商店でかったら49ペンスだった!!!驚愕!だってちょっと前までは32とか36だったんですぜ???約500mlのパックなんすが、こうも値段が急激にあがるとなきたくなるだすよ。そして米の値段も。いつも「日の出(Shinode)」とかいう銘柄が気に入って買っているのだす。賞賛日本米とか書いてあって笑えるのだすが、結構おいしくて好きなのだす。これが10キロで11.80ポンドですた。ず〜〜〜〜っと。だいたい1ヶ月半ぐらい(2ヶ月もたない)で1個買ってたのだすが、ここんところ米が不足とか値段があがってるとかいうのを聞いて嫌な予感がして、中国食材店に行ったらなんと13.80ポンドに値上がりしてた。すごく無愛想な中国人(この店はいっつもやなかんじ)店主が「米の値段ぜんぶあがってる」とぶっきらぼうに言ってますた。くぅぅぅぅ〜〜〜〜。イタリア産の日本種米なんすが、イタリアもお米取れなくなってるんかいっ!!!って感じだすよ。タイ米が手に入らなくてレストランは大変なことになってるらしいのだすが。まあね〜〜、でもバングラディッシュでも米の価格が高騰して去年の3倍とか聞いたら、我が家の台所事情の行く末を案じたくなるだす。ニュースのインタビューに応じていたバングラディッシュの民は「政府は代わりにじゃがいもを食べろっていうけど、じゃがいもはおかずで主食じゃない!米がないと生きていけない。自分の最後の1銭までつかってもお米を食べて生きていきたい」と言っておられますた。た、確かに・・・激しく同意。ワタシもたぶん、その賞賛日本米が3倍の値段になって30ポンドとかしても、たぶん買ってしまうだろうな〜〜とか思ったりしますた。
日本も米が云々といわれてますたが、どっかの大臣は米がなければ麺類を食えばいいとか言ったとか。マリーアントワネットじゃないんだから(パンがなければお菓子を食べればいいってか?)、小麦の値段はもっと高騰してまんがな!!!お米の不足はここ数年の天候の悪さでの収穫減に加えて、高騰に乗じて投機目的に利用して値段を吊り上げている人がいたりするからだそうな。そんな天候悪かったんすね、気がつかなかっただす。
んでもって日本はバターが不足しているというニュースを聞きますた。びっくり。昨日はガトーモカを作ってバタークリームを作っていたのだすが、バターをぼこぼことミキサーに入れながら「バターなかったら日本のお菓子屋さんは相当困るだろうな・・・」と思ってしまいますた。家でバターなくても、ま、パンにはジャムとかで代用できるかもしらんが、バターなかったら作れないお菓子とか大量にあるだろうし。
食べるものって一番生活のなかで大事なものだす。今まで豊富にある食材に慣れてきた生活を見直す時期なのかもしれませぬ。お米も貴重になってきたしご飯も大事に食べないと。


comment コメント 0
04.21
Mon
ううっ、書いたのが消えちゃったので書き直し。
週末は盛況だったみたいで、今日行ったらことごとく作りおきのケーキが無くなっていたので、また、ちゃっちゃと作ってみますた。ちんたら仕事していても、ちゃっちゃと仕事していてもなんか疲れる気がするだす。工房で働いていたときの方がもっと捗った気がする。それはやっぱり器具とかの関係なんだろうな。今の場所はほんと家のキッチンみたいな感じだすし。
1人で仕事をしていてつまらないのでipodを持参して聞くことにしますた。んで音楽ばっかりでもしょーもないので、ラジオとかもダウンロードしていれてみたり。BBCのニュースとか毎日podcastさせてくれるし。ちょうどいいだす。んでついでにやっぱ日本語のラジオも!とか思って関西のお笑い系のものとかもダウンロードして入れていって今日はそれを聞きながらパウンドケーキを焼きまくり。思わず途中で吹きだしちゃったりして怪しいだすよ!めっちゃ楽しかったっす。もう、これはまさしく家で1人でラジオを聴きながら、まったりとケーキを焼いているというそんな感じだすよ。ぎゃはははははは。ビバ!この素敵なバイト!
先週の金曜日に私のバイクがパンクしてしまいますた。同居人に頼み込んで直してもらおうと思ったのだすが、あまりにもオンボロで乗っているのも危ないとのことで、新しいのを買うように言い渡されますた。確かに・・・マジでもう潮時だす。8年前に中古で買った自転車だすし。そろそろご臨終かもしれませぬ。んで、新しいのを探して今日何件か自転車屋を回ってみたのだすが好みのものは全然なく。っつーか、好みどころか私が乗れそうなバイクは全然なかったっすよ(涙)。これからしばらく徒歩通勤かと思うと気が重いっす。ま、そんなに遠くないから(徒歩20分)いいのだすが、朝はちょっとでも長く寝ていたいのだすよ。
comment コメント 0
04.19
Sat
とりあえず始めたバイトなんすが、仕事始めたばかりで慣れないので結構疲れるだす。オーブンとかの癖もよくわかんないし、なんか、いろいろ探していてオタオタする時間とか、せまっこいキッチンで場所を探してオタオタする時間とか、とてつもなく段取りが悪い気がするだす。もう少し慣れたらちゃっちゃと出来るようになるとは思うのだすが、今週は結構疲れますた。
でも、働いている人たちはみんな良い人ばかりだすし、みんなさばさばしていて環境はなかなかいい感じだす。それに結局1人でキッチンで働いているので、他の人との仕事の兼ね合いとかがないっていうのが実はすごく楽だす。自分の都合だけでちゃっちゃと仕事が進められるのは、代わりに誰も手伝ってくれる人がいないという短所もあるのだすが、それよりも一緒に仕事する人が使えなかったりムカついたりして誰かにイライラしたりしなくていいという長所の方がずっと大きくて楽チンであったりするだす。やっぱ私はひきこもりタイプのお一人様なんだろうか?とかつくづく思っただすよ。ただ、1人でおこもりしていると(爆)ちょびっと寂しいのでラジオとか音楽とか聴きながらやりたいところだす。ipod持参で頑張るっすよ。
んでもって昨日の晩は同居人の同僚であるフランス人のマリーピエールちゃんが来てくれてディナーですた。仕事が終わってから帰宅してディナーの用意をしたのだすが、帰宅して見えたのは誰かが朝ごはんを食べてそのまんま、そして新聞をひろげっぱなしの、パンのカスとかがぼろぼろしている食卓。ったく〜〜〜〜(怒)、私が帰宅してすぐに調理に取り掛からないといけないってわかってるくせにこれかよ?ええっ?喧嘩売ってんのか?とか思ってしまいますた。単になーんも考えてなくて悪気がないだけの同居人だと思うだすが、ときどきハラワタ煮えくり返る瞬間があるだす(シャイニング!)。
んでもってディナーは非常に楽しかっただす。私がフランスのお菓子とかの話をしてたり、パリの店の話をして通りの名前を言ったりするたびに「え?なんのこと?」と言われて思いっきり私のフランス語の発音が笑えるらしく(くぅぅぅ〜〜〜)寂しかったっす。でもマリーピエールちゃんはいい人なので「ああ、クィニーアマンのことね?」とか言ってくれます。そうだよ、私もあなたが言ってるのと同じように発音しているつもりなんだよっ!!!フランスへの道のりは遠いだす。

comment コメント 0
04.14
Mon

限定品「カズオの時計」

この広告を見たときには、のだめファンとしては絶対に外せないと思いますたわさ!!!
ほ、ほしぃ〜〜〜〜〜〜〜!!!と思って思わずバンダイのページを速攻でクリックしますた。のだめちゃんが持っているカズオの時計を限定品で販売とな!これは買わねば!!
がっ、
なんで代引きだけなんすか?なんでクレジットカードで今すぐ決済させてくれないんすか?とりあえず実家に送りつけるにしろ、実家で代引きしておいてとか頼むのなんか気が引けるんだすよ(大粒涙)。ただでさえ買い物を送りつけて、こっちに送りなおしてもらうのも気が引けるんだすし。
とりあえず「カートに入れる」とか注文のフォームも記入しますたが、決済のところで代引きのみっつーので一気に萎えてしまいますた。なんだか、とっても悲しいっす。
ま、無駄遣いしなくてよかったっつーことなんだしょうか?
カズオ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!(雄叫び)
こういうときだけ、日本に住んでたら良かったのに・・・と心底思うだす。
comment コメント 2
04.12
Sat
書きたいことがたくさんあったのだすが、ここ数日なんか気力なくて家に帰ってぼーっとしておりますた。バイト仕事は重い仕事もなくて楽チンなんすが、まだ始まったばかりで慣れてないのでやっぱりいろいろと段取りとか悪くて時間かかるし、気づかれもするだす。
んでもって適当にすればいいところまで、これまた完ぺき主義でキリキリとしちゃったりして、すっごい気合い入れて仕事してたらこれまた疲労感増大。いかんいかん。バイトだから適当にやろうって思ってたばかりだっちゅーのに。流すところ流してやっていかないと、1人できぃ〜〜〜っとなって1人で疲れてアホみたいなことになってしまう。私の悪い癖だすよ。頑張らないっつーのを合言葉に、適度に楽しみながら仕事しないと!そう心に言い聞かせているだす。
今のところは冷蔵のショーケースがないカフェなので、作るものは焼き菓子がメインだす。キッチンで働いていたときには食事の後のデザートを作るのが仕事だったのでムースとか、ほんと冷たいお菓子のデザートって感じだったのだすが、お茶をするカフェではお茶と合うお菓子がメインだったりしてジャンルが違ってそれはそれで楽しいだす。んでもって、ムースとかみたいにキレイに色とりどりの見栄えも楽しむお菓子とは違って、焼き菓子は目で楽しむというより(もちろん見栄えも良くしないといけないのはあるのだすが)いわば味で勝負なので、実は腕の見せ所であったりもするだす。家にあったお菓子の本とかひっぱりだしてきて、いろいろとみていたら、いままで目にも留めてなかった焼き菓子がたくさんあって新しい発見ですた。しかも、こういうのってすごく上手にできるとめっちゃ美味しいんだすよね(うふ)
カフェで出す決まった定番のお菓子以外にも、その日のオススメみたいなのをボードに書いて出すことができるというので、毎日一品はお店のレシピでない何か自分の好きなものを作っていいというので、いろいろと挑戦しておりまする。昨日は大好きな洋ナシのタルトを作ったのだすが、これが美味。さくさくのアーモンドとさっぱりの洋ナシとの相性が非常によくて好きだす。これぞ焼き菓子の醍醐味っすよ。たくさん出るといいのだすが。
昨日は仕事が終わってからイタリアンのパティシエ君とお茶しますた。彼もやっぱりお菓子を作るのが好きでたまらんという性格なので、私の新しいバイト仕事の話をしていたら「いいな〜、焼き菓子か、ボクは冷たいムースとかのお菓子よりも、焼き菓子がすきだよ。地味な見た目だけに、味は作り手のスキルが前面にでるしさ」とな。私とまったく同じ意見。んでもって、確かに経験豊富な彼がつくる焼き菓子はイタリアン菓子でとっても素朴でしかも非常に美味しいだす。
んで、昨日は以前に私がつくっていたダコワーズのレシピが知りたいというので私のレシピを持参。んでカフェで配合などを語り合ってメモメモ。ダコワーズは彼は自分で作るのよりも私が作ったものの方が美味しいとな。まじかい?まあ、嬉しいんすが。んでお菓子の本を眺めながらいろいろ語ってたんすが、なんかこういう風景ってはたからみたらどういうんだろ?お菓子について熱く語る二人。レシピ交換している主婦二人(んじゃ彼は主夫?)っていうか・・・なんていうか・・・。客観的にみたら結構笑ってしまいますたわさ。でも、なんちゅーか、こうやってお菓子について語れる相手がいるのは私とっては非常に嬉しいことだす。いろいろ勉強になるし。
んでありがたいことに週末が休みのバイト仕事なので、今日はいろいろと家事をして過ごしておりまする。アメリカに出張していた同居人は、乗ろうとしていた飛行機が欠航になったりして(アメリカンエアラインだった)えんらいことになっていたらしく、すごく大変で疲労困憊っつー感じで帰宅しますた。気の毒に。まあ、テロとかじゃなくて整備不良とかのための欠航措置だったらしいので、それは空の安全のためには良いことなのかもしれませんが、自分が被害に遭うとかなり大変だわな。お気の毒ですた。
comment コメント 0
04.08
Tue

バイト仕事が始まったばかりだというのに、昨日はさっさか休んでロンドンに繰り出しておりますた。イコマさんとランデブーだす。ランチはItsuのなーんちゃって寿司だす。天気がよかったら外で食べたいくらいのランチボックスなんだすが、あいにくの天気。みぞれとか降っちゃいそうな感じ。これで外で食べたら我慢大会になっちゃいそうなので、テイクアウトにしないで中で食べますた。もう、会ってから喋りまくり。んで博物館に行ったりとか、NottingHillをぷらぷらしたりとかしますた。結局夕方になって時間も気力も無くなってから、かわいいお店とかみかけたりして・・・、また後日NottingHill散策は行ってみたいだす。にしてもやっぱ友達に会うのは楽しいだすよ!しゃべりまくって、ぎゃはぎゃはしてすごいいい気分転換ですた。
んで今日はバイトだす。ま、とりあえず言われたものとかちゃっちゃと作ったりしておりますた。まだ慣れないので、探し物とかしまくってたら結構段取り悪かったりして思ったより時間かかっただすが。使うものとか思ったより全然小さくて、今日はタルト生地のペースト作ってたら思いっきり量が多かったらしく・・・(滝汗)。工房のノリで作ってはいかんのだわな・・・とつくづく思ったりしますた。勝手が違うのでまだまだ戸惑うだす。


comment コメント 0
04.06
Sun

金曜日は同居人のお誕生日ですた。なので私はバイトが終わってからお買い物して、久しぶりに腕をふるって料理しますた。同居人は先週から歯痛に悩まされていて、木曜日にやっと治療してもらって腫れもひいてくれてなんとか誕生日は固い料理じゃなかったら食べられるということで、魚料理をしますた。ポテトをオーブンでグリルしてそれにソテーしたマッシュルームを乗せて、ハーブとSeaBass(鯛?)の切り身を乗っけてさっとグリルするというジェイミーのレシピなんすが、これが激ウマ。いろんな種類のマッシュルームのソテーにするとさらに美味。んで、シャンペンなんぞ開けて楽しくお食事しますた。同居人はブタのキャラクターもの好きなんすが(オタク?)、M&Sに売っていた子供の誕生日パーティ用のブタの紙ナプキンがあったのでそれを買ってみたら、我が家の大きい子供同居人も大喜びですた。
んでもって同居人は土曜日からアメリカに出張に行ってしまったので、私はまったり1人で引きこもり生活満喫!!いえ〜〜い。一日中パソコンで飽きもせずにドラマ見まくりですた。やばいよ、引きこもり生活楽しすぎ!ビバお1人サマ生活満喫!!ヤバイ・・・
にしても寒いだすよ。なんで?今日は氷点下っていうぐらいの気温なんすけど。早く春になって欲しいだす。


comment コメント 0
04.03
Thu

そしていきなり仕事が決まりますた。仕事というよりも、パートかアルバイトって感じなんすが。以前に仕事があったら声をかけてくださいと言って履歴書を渡していたカフェのオーナーから先週電話があって、この前の月曜日に面接に行ってきますた。そのときには給与交渉で折り合いがつかず、「あ〜、も、今回はいっか・・・」とか思ってたのだすが、オーナーは「それじゃ、木曜日に来て働いてみて、それで決めるのはどうかしら?」というので今日はお試しベーキングで行ってきますた。
んで、朝から何バッチかスコーンとか焼きまくって・・・「どこがお試しデー?」って感じですたが。とりあえず私が希望していた金額と最初に提示された金額の間の給料を提示されて、さらにそれは最初のトレーニングの期間だけで、そのあとは1ヵ月後に必ず見直しをするので、と言うのでオファーを受けることにしますた。ま、そうはいっても、以前の職場も「最初は見習い値段しか払えない」とか言われて、1ヶ月後にレビューするとか言ってたくせに、経営難を理由に断られたし、しかもそれは半年経っても全然レビューされることはなかったのだすがね・・・。だからこういう自分でビジネスやってるエゲレス人は全然信用ならないのだすが。どうなるか見物だすよ。
それと、ほんとカフェで出すだけのお菓子を作るので、作る量も全然少ないし、工房というよりも家のキッチンみたいなところで作業するだけだす。ミキサーとかも全然プロ仕様じゃないし。なので何か作ろうとしたらほんと家のキッチンでケーキを作っているのと変わりないって感じだす。なんちゅーのか、アマチュア仕事って感じだす。オマヘはなにさま?って言われそうだすが、でも、ほんとそんな感じ。そして作るものは、果てしなくエゲレス・・・(滝汗)。ま、好きなものも作っていいと言ってくれているのはかなり救いだす。そして、作る量とかが少ないし家のキッチン規模の生産なので、重い仕事とか全然ないんすよね。それは楽チンで全然いいかも。多分少し慣れたら、仕事としてはかなり楽な仕事だと思います。とりあえず今はぷらぷらしているだけだすし、それにバイトみたいな仕事だすし、他にもっといい仕事があったら(そんなのあるのか?)いつでも辞められるみたいだすし。とりあえずって感じだす。
なんかぐーたら生活もこれで終わりかと思うと相当悲しい限りだす。ひきこもりはかな〜〜り好きだったんすけどね・・・。わずか1ヶ月のお楽しみですたわさ。まあ、仕事が決まらないときには「あ〜寂しい」とか思ってたりもしてたくせに、いきなり仕事となると「あ〜もっとひきこもりたい」とか思ったりするだす。人間って勝手だす。
またしても早起き生活の始まりっすよ。


comment コメント 0
04.01
Tue

「シンプルひとり暮らし」大平一枝著

朝日新聞に書いているコラムの文章がとても好きだったので本も買ってみますた。がっ、読めば読むほど落ち込むだす(爆)。
シンプルな1人暮らしというので、そもそも1人暮らしでない私には当てはまらないのだすが、所持品を少なくしてミニマリスティックに暮らしたいという今の私の「願望」にはぴったりかと思って。そう、これはまさしく願望でしかないのだす。モノは年々年を重ねるごとにやたらと増えまくっておるだすよ。要らないものを買ってお金の無駄遣いするのはやめようと心に誓うのだすが、なかなかそんなわけにはいきませぬ。清貧でモノを買わない同居人を見習わなければならん!と普段から思っていても私はついついいろいろと買ってしまったりしているだす。
前に何かで修道院の尼さんはお茶碗(ボウル)が1個と服は2枚(洗い替え)という話を聞いて、そこまではできなくても、なるだけ所持品は少ないほうが身動きとりやすいし、そういう哲学で生きていきたいと思っているんすがね・・・。洋服や靴は女性にしては少ないほうだと思うだす(まあ、買ってることは買ってるだすが)。しかし、私はあちこちでお皿やお椀などを買い集める癖があって、家の食器棚はえんらいことになっておりまする。
ショッピングをしていて服を買う前には「うーん、本当に着るかな・・・」とか冷静に考えてやめたりすることもあるのだすが、なぜかお皿を買うときにはそういう考えには至らないらしく、ついついいろいろと買ってしまったりして。尼さんの1個のお茶碗という哲学には程遠いだすな。
家を買おうと思って探していたときにはいろんな人の家を見る機会があってなかなか興味深かっただす。所持品が少なくてすっきり暮らしている人と、やたらめったらいろんなものを持っていて、家がモノであふれている人と。そしてモノが少ない家の方がスタイリッシュに見えることは確かだす。当然、私には到底ムリな話だすが。
モノが増える要因としてはもらいものに困るというのがあるだす。エゲレスに住むようになってから親戚づきあいとかもまったくないし、要らないもらい物というのはあまり無くなりますた。がっ、日本にいたときにはおよそ我が家のスタイルに合わないような、おき場所に困るような置物をもらったり、くれた人を恨みたくなるような全然私の好みじゃないデザインの食器セットとかをもらったりしては箱を目の前に呆然としたりしたことがよくありますた。そういうのはかなり苦痛ですた。モノを贈ってくれた人の気持ちに感謝するよりも、なんだかなぁ〜どうしようこれ?という虚しい気持ちが先にたってしまったりするのは寂しいことだすし、そんな自分もなんか嫌な気分だすし。
が、この本を読んでいてすごいと思ったのは、この筆者はケッコンのお祝いかなにかに頂いた高級座布団のセットをなんと贈り主に丁重に返品していることだす。す、すごい!確かに座布団なんて似合わない家だったらあっても困るだすよね。しかも、狭い家だとそれを置いておくスペースも非常に勿体無いだす(筆者はその座布団が占拠するスペースを計算して家賃を割り出していた、すげ〜)。がっ、小心者の私は送り返したりはできないっすよ。なので家の押入れを占拠しているその神々しい高級座布団を眺めながらうらめしく思うか、申し訳ないけど誰か使ってくれそうな人を探してその人にあげるかとかしてしまうだすよ。
まあ、その座布団の話は非常に驚いたのだすが、他にはいろいろと参考になることもたくさん書かれている本ですた。コツは自分のなかでルールを決めることだそうだす。入れる場所とかを決めて、そこが一杯になったら余分なものは捨てるとか。それはできそうでなかなか出来ないことなのでぜひとも頑張って実践してみたいだす。
そして結局持っているものが多すぎると、そのものがあったこと自体を忘れて使わなくなったりして意味がないのだと思うだす。なので生活に必要なごくごく限られたものに囲まれて生きていくというのが理想なのだと思うだす。
当然のごとく単純な私はこの本を読んで昨日の晩は急に片付けをしたくなって、台所の横にあるUtilitiy Room(要は物置)をがさがさと片付けてみただす。イキナリの行動に同居人はすごい驚いておられますた。超整理法とかも昔あったよね・・・。
comment コメント 0
back-to-top