02.29
Fri
そして現場監督は続く・・・。昨日は大工さんが来てお風呂のパネルを入れていったのだすが、これがまたいけてない作業で「おまへは本当に職人か?」というような作業ですた。はぁ・・・、もう見てないほうが精神衛生上いいのかもしらん、とか思ってしまうだす。とりあえずちゃんとできてないところは文句言ったりしてたのだすが、仕上がりはどうなんでしょうね〜?もうなんかイヤになってきますた。もっと文句言わなくてもびっちりばっちりやってくれる「これぞ職人」という人が来て欲しいっす。
まあ、頼んでいる配管工はベテランですごくちゃんとした職人仕事をするのでこれでヨシとするべきなのかもしれませぬ。その他のところはまだ妥協できても、水漏れとかしたらそれこそ大変だすし。その点では信頼できる人たちでよかっただすよ。そろそろ床やバスの感じにも慣れてきてきれいなバスルームは非常に快適であったりしまする。あとはライトとかつけてくれる電気の人が来るハズなんすが、いつ来るんだしょうなぁ?
今日はさすがにやらなくてはならなかったいくつかの用事をすべく街に繰り出して、買い物したりと用事をすませますた。
もう人生何がおこるかわからん!今を楽しまねば!!というそのありのままの精神でとりあえず今はあまり深く考えずに楽しく生きていくことにしますた(それはいつもなんじゃないか?という突っ込みはさておき)。んで来週はお客様が来たり、ビルダーの人が来るのだすが、再来週は勢いあまって大陸に旅行に行くことにしますた。へっへっへ、航空券も買ったし、かなりヤルキ満々だす。楽しみだわ〜。

comment コメント 0
02.27
Wed
失業したというのに悲壮感もまったくなく毎日楽しんでいてはあまりにも気が引けるので、一応同居人の前ではしおらしく(爆)そして心の中ではビバ・リストラ!とか叫びながら余暇を楽しんでおりまする。たぶん、1ヶ月ぐらいしたらすごく不安になって仕事しないと!とか思い始めるかも(怠惰だからそんなこともないかもしらん)しれないけど、とりあえず家のこととかいろいろと棚上げになっていたことを処理することにしますた。
バスルームの改築は遅遅として進まないのだすが、やっとこの月曜日と火曜日にタイルを貼る人が来てくれて一応タイルは終わったみたい。これまた職人らしくなくちんたらした仕事をする人で(もっとちゃっちゃと働け!)、しかも私が指摘しないと端っこの部分とか適当にそのままにして帰ってしまったりする傾向あり。なので、昨日は逐一「ここの部分はどうするつもり?」とか、仕事がきっちり終わるまで帰らせるもんか!と気合入れて見張ってますた。現場監督は忙しいっすよ(激爆)
そしてタイルが終わったらあとは配管工の人がきて水道やら排水やら繋いでくれればようやくお風呂は仕上がるはずなんすが・・・。あ、あと天井のライトとか電気工事もあるけどさ。今朝もはよから起きて現場監督の私は待ってるのだすが、監督すべき相手が誰も来ん・・・(沈黙)。ったく、この国はどうなってるんじゃ?というくらいにわけわからんだす。これで私たちはのバスルームの改装は4週目なんだすが、最初の「10日から2週間ぐらいで仕上がります」という触れ込みは・・・。ま、ロンドンオリンピックもそのくらいの勢いの工事っぷりらしいので、2012年のオリンピックは2014年ぐらいに開催されることになるかもね(笑い事ではないかもしらん)
そして古い暖炉のところをビルダーに来てもらって直してもらわないといけないのが、ずーっとそのままリビングに暖炉がばば〜〜んと置いてあって、ここ数ヶ月。いい加減にビルダーにちゃんと来てもらわねば!と思って手配しますた。来週来てくれるそうだす。ほんとか?来週の木曜日と言ってたのだすが言った日に来るかどうかも疑問だすが、見ものだす。とりあえずこういう作業は私も仕事しているときには至難の業(なんせ有給とって待っていても来なかったりするわけで)だったので、この今のヒマなうちに全部やってしまおうと意気込んでおりまする。あとは内装もペンキとか塗りなおさないといけないところがやたらとあったので、それも一応デコレーターの人に連絡をとってみたりとかしておりますた。とりあえずヒマだといいつつも結構時間を有効に使っている気がしてちょびっと嬉しいだす。
んでもって、ヒマに任せてお菓子なんぞ焼いてみたりしますた。昨日はマーブルケーキとか焼いてみたのだすが、これが非常に美味。職場でストレス感じながら必死で作業するのとちがって、時間を気にせずにちんたらと好きなお菓子を作るのは大変楽しかったりするだす。いいわぁ〜〜〜
comment コメント 4
02.25
Mon

とりあえず、今日は無職第一日目(?)。めでたいのかなんなのかわかんないすが、朝起きて仕事に行かなくてもいいっつーのがすごくありがたいことだす。えへへへへへ。しばらくこの状況を楽しんで・・・、とか思っているんだすが、たぶんしばらくしたら不安でたまらなくなって楽しむ状況ではなくなるだしょうな。でも、今日はとりあえずなんか仕事しなくていいっつーのが嬉しかったっすよ。
そして、いくつか応募してみた仕事のなかに派遣エージェントを通したものがあってその仕事はもう決まった人がいるらしいのだすが、エージェントに登録しないのかと言われたので行ってみますた。なんちゅーか、いかにもこのエージェントっつーのが胡散臭くて(スマン)、とってもイヤなのだすが。その広告を出していた仕事も本当にあった仕事なのかどうかイマイチ信憑性を疑うだす。その広告につられて来る人を狙っているんじゃないかと勘ぐりたくなるのだすが、ま、今の私はそんなこといえる立場でもなく。行ってみますたわさ。んでもって、話をしたのは単に私のCVのことと希望の職についてとかだけなんすが、どう考えてもこの村でパティセリーはもう無いわけだすし(爆)そうそう希望の職が見つかるとは思えないっす。ま、とりあえず登録だけしてきますた。
んでもって昨日はてるこさんにお茶に招かれていったのだすが「ねぇねぇ、ビクトリアスポンジを焼こうとおもうんだけどさ、一緒に焼いてくれない?」とのこと。まあ、友達だすしいいのだすが、時々こういうのって「うーん?」って思うのだすよ。なんちゅーのか、私はケツノ穴がちいさいセコイ人間なので(爆)最近てるこさんに頻繁にスコーン作ってとかレモンタルト作ってとか言われ続けるとついつい「一応私はプロなのでお金貰ってこの仕事してるんすよ(今は無職だけど)」とか思ってしまうのだす。別にお金を払って欲しいとかそういうのじゃないのだす。ただ、「すごーい、やっぱり仕事をする手つきとか全然違うよね、やること早いし!」とか言われると、ますます天邪鬼でなんだかなぁ〜っていう気分になるだす。
この仕事というのが日常の作業で人が普通に行う食事を作るという作業に直結しているだけに、他の職業と違ってプロの作業という意識を持ってもらうのは難しいことなのかもしれませぬ。でも、一応職業として成り立っているだけに、趣味でお菓子を作ったりするのとは違うというホコリを一応私は持っていたいと思うのだすよね、偉そうだけどさ。そして一応私はツライ思いをして(ホントか?)その訓練を受けて今に至るのだすし、そのあたりをもう少し尊重してくれたらなぁ〜と思ったりするのだす。
うまく言えないのだすが、もし私の友人がバイオリニストでその人の家に行っても「ねえねぇバイオリン弾いてよ!」とは本人からオファーがない限りは私からは絶対に言えないだす。なんせその人はそれを弾いてお金を貰うという職業をしているわけだすし。
プロとそうじゃないところの差はたぶん気分が向かなくても仕事であればやらなくてはいけない立場にあって、そしてそれは頼まれたらいつでも同じクオリティで何かを提供することができることなんだしょうな。だから別にお金貰ってないのだったら、頼まれてもやらなくてもいいのだとは思うのだすが。もちろん仕事以外では何もしたくないというのでは無いのだす。いつも人の家に夕食に呼ばれたりするときには「デザートは私が用意しましょうか?」とかいって何かケーキを作っていったりよくするのだす。そしてそれはお店で時間と戦いながら必死で作るのと違って家でゆっくりと自分の好きなように作れるので非常に楽しいものであるので、それはそれでいいのだす。でも、そうじゃなくて、気軽に頼まれるとなんだか複雑な気分になることがあるんだすよ。
ま、単に私が偏屈なだけなのかもしれませぬ。


comment コメント 2
02.24
Sun
そして金曜日で仕事は終了ですた。なんちゅーのか、嫌なオーナーとおさらばできるのは非常に嬉しいのだすが、一緒に働いていた同僚たちと別れるのは寂しいだす。しかも、私が去った後は結局負担になるのは彼らなわけだすし・・・。複雑な心境だすよ。でも、とりあえず1ヶ月ほど有給が貰えたような形になったので、パウリンちゃんの言う「いいな〜、わたしもお金貰って辞めたい」という羨望は当たっているのかもしれませぬ。
とはいえ、職がないのは非常に心もとない。んで、近くの個人経営のカフェに窓に求人が貼ってあったので行ってみますた。先日応募したティールームっつーかカフェはその後音沙汰なしだす。たぶん、他にもう決まった人がいるのだしょう。んでだ、そのちっこい求人が貼ってあるカフェはサンドイッチとかあと手作りのお菓子を一緒に出しているので、お菓子を焼く人を雇ってくれないかと思って行ってみますた。カフェ自体は新しくてまだ1年ぐらいだそうだす。こじんまりしているのだすが、場所が良いのか、人がひっきりなしに入っている感じだす。オーナーは夫妻でやっていて今度新しく角にある場所にもう一つ店を出そうとしているらしく人を探しているらしい。できれば学生バイトとかでなくてちゃんとフルタイムで働いてくれる人をというので履歴書を持参して行ってみますたわさ。そこは手作りのお菓子を出しているというのを売りにしているのだすが、そのオーナーの奥さんが作っているらしく、これ以上は手が回らないのでパティシエの人が来てくれるとありがたいとな。んでも、サンドイッチとかも作ってもらうことになるという(げげげ)。
うーん、サンドイッチとかは作るのは正直イヤだけど、今は背に腹は変えられないので仕方ないか・・・ま、お菓子も焼いたりするんだったらいっか・・・とかちょっと思ったりもしますた。んでもってそれからだすよ。本題の賃金の話になったら「ウチは時給5ポンドか5.5ポンドくらいしか出せないけど、それだとあなたの希望する額からず〜〜〜っと離れているでしょうかね?」とな。
時給5ポンドって、時給1000円???(驚愕)
もう空いた口がふさがらないっつーか、逆に笑ってしまいますた。日本の時給1000円とはちがいますぜ?この国はコンビニのサンドイッチみたいなのを買っても3.5ポンドとかで700円ぐらい平気でしちゃう物価の国ですぜ?それに5ポンドとかで税金とかもろもろ払ったらきっとそれこそ3.5ポンドぐらいしか残らないんじゃないすか・・・(滝汗)
そして、知ってます???この国の政府が決めた最低賃金っつーのがあって、それは5.51ポンドなんだすよ!!!(去年の10月から5.51に値上げして、それまでは5.35ですた!)それを下回る賃金を提案するって・・・。もう空いた口がふさがらないっつーか、そんなオーナーとは到底仕事できないっつーか・・・。お掃除おばさんとかだったらまあ仕方ないのかもしれませんが、一応私は職人なので最低賃金では到底働きたくないっす。んで履歴書を取り戻してこようかという勢いだったのだすが、今貰っている給料よりも低い賃金で働く気はないと希望を述べ、一応オーナーが履歴書はあずかるというのでそのままにしてきますた。その話を同居人にしたら「この国って・・・とりあえず人の足元みてそんでもってとりあえず試すんだよな・・・。それでもしネコちゃんがOKしたらラッキーって感じなんじゃん?」とのこと。ほんとね〜、このぼったくりの精神が宿るこの国はそういうところが大嫌いだすよ。しかもこの国でそんな賃金では暮らしていけないっすよ(マジ)まさしくこれがワーキングプア?って感じだす。同居人は「そんな焦って仕事探す必要ないし、ちゃんとしたオファーをくれるところがあるまで、ゆっくりしていればいいよ」とは言ってくれておりますが、なんだかな〜、この先ずっと職探ししていてもそんなのしか見つからなかったらどうしよう?とかちょっと不安になったりもしますたわさ(あ〜やだわ〜〜〜、そんなこと考えたら凹むわさ)。それが本当に自分がすごく働きたいと思っているパティセリーの仕事ですごくやりたい仕事だったとしたら考える余地もあるのかもしれませんが、とりあえずちゃんと自分のやりたいこととかを見据えて就職活動せんといかんな〜とか思った日ですた。それにしてもそのオーナー、学生バイトじゃなくてちゃんとした人を雇いたかったら最低賃金(もしくはそれ以下)では誰も来てくれないと思うんですけどね・・・。
んで、昨日の土曜日は友人宅におよばれだったので行ってきますた。それが、ディナーに出してくれたお魚のグリルがやたらと美味しくて幸せ(うふ)。しかも、ずうずうしい私たちはお食事の前にシャワーを浴びたいと言ってお願いしておいてバスタオル持参ですたわさ(激爆)。あ〜〜〜、バスルームの改装も早く終わって欲しいっす。

comment コメント 0
02.19
Tue

昨日は月曜日でマネージャーがオフの日で、オーナーも店には来ない日。なのでパウリンちゃんと二人だけでせっせと仕事をする。んでもって私は相当ヤル気なし子。アタリマエだっちゅーに。んでもってパウリンちゃんも「ネコちゃん、今日なんか仕事しなくていいよ、一日座ってたら?」というので(激爆)、とりあえず朝の日課のスコーンとか作った後にはちんたらとショートブレッドを作ったりフロレンタインを作ったりする。やたらまったりと仕事していて別になんという訳でもないのだが、パウリンちゃんと将来について語り合う。お互いにくら〜〜〜い感じではあったが・・・。
んでもって今日。なんか朝起きたら全然仕事に行きたくない感じ。でも、とりあえず頑張ってたらたらと出勤。んでもって、もうね、工房中にこのたらたら雰囲気が流れまくっておりますた。そりゃそうだろう。だって、今私が抜けたらこの仕事もあの仕事もあれもこれも、他の人がやらないといけない。しかも、もうすぐ母の日(なぜかエゲレスのハハの日は3月)があってイースターがある。相当量のものを作らないといけないっちゅーのに1人抜けるわけだ。気の毒にねぇ〜(もうすでに他人ごと)。ほんと、オーナーもちょっとちゃんと采配しろよ・・・って感じだすよ。
んで、今日は全員がちんたらした雰囲気で仕事しておりますたわさ。そりゃそうだ、来週を想像するだけでおぞましい。ま、ほんと仕方ないだすがアホくさい気がするだす。んでもって、一番気の毒なのはおじいだす。おじいはそろそろ年だし退職しようと思って、新しく入ってきた私にすべての技を伝授すべくこの数ヶ月トレーニングしてくれておりますた。半年経って、おじいほどのスピードでは出来ませぬが、大体のおじいの担当している種類のケーキは私が作ることが出来るようになって、おじいがいなくてもカバーできるようになりますた。それは、おじいにとっても安心すべく良いことだったのだすが・・・。今になって私が辞めることになっておじいは相当がっくりだすよ。そりゃそうだ、来週からまたしても全部自分でやらないといけないワケだすし。最近はおじいの仕事のいくらかを私が引き受けていて彼も楽になっていたというのに。んでもってこれは相当おじいも嫌気がさしたようで、今日はなんかどうでもいいっちゅー感じがありありですた。完璧な職人さんにしてはかなり珍しいだすが、すべてのどの状況を鑑みても当然といえば当然っすよ。
私はといえば、応募したカフェはもう決まった人がいるような雰囲気だったにもかかわらず、ちょびっと期待して待ってみたりして(ないっちゅーに)、なーんだ、なんの連絡もないわ・・・とか寂しく思ってみたりして。っつーか、まだ先週の土曜日のことだっちゅーのに。焦らずにゆっくりと仕事探す計画はどうした?って感じだす。とりあえず求人広告をマメにみて過ごすことにするだすよ。
仕事は今週の金曜日で終わりだす。もう全然ヤル気なしだすが、あと3日で終了だす。失業するのは悲しいだすが、なんかもうとりあえず仕事に行かなくてよくなるっていうのはそれはそれで嬉しくて(ナマケモノ)複雑な気分だすよ。そしてもうあと少ししか働かなくて良いとなるとどうでもいい気分になるのもかなり自分でも笑えますた。そんなもんだすよね。
バスルームの改築は遅遅としておりますが、今日はヒーティングが入りますた。タオルをかけられるようなものにしたのだすが、すごく便利そうでいいだすよ!あ〜〜、とりあえず早くお風呂に入れるようにして欲しい・・・(切望)


comment コメント 0
02.17
Sun

この週末はゆっくりしますた。日本で大人買いしてきたマンガを全部読んでしまいますたわさ。おほほほほほ、ホタルノヒカリ10巻!いえ〜い。めちゃめちゃ面白かったっす。1人でぎゃはぎゃは言いながら読んでいたら同居人に気味悪いと思われたようだ・・・。やっぱマンガはいいだすよ。のだめの新刊も買ってきたのだすが、結構深刻になってきていて最初の頃の軽快な面白さとはまた違ってきたのが寂しいのだすが、絵もきれいだしストーリー自体は好きだすよ。
んで、落ち込んでいても仕方がないので職探しだす。とりあえず求人広告を見て、近くのカフェでお菓子を焼く人を募集しているところがあったので履歴書を持って行って来ますた。条件は今よりも悪くなるのだすが、まあ今は贅沢言える身分じゃないしと思っていってはみたのだすが、履歴書を持参した時に、そこのマネージャーには「求人広告を出したらかなりの応募があったので厳選する」と言われてしもうたので、たぶんもう決まった人がいるって感じですた。まあ、とりあえずいろんなところにあたってみるつもりでおりまする。何より私が住んでいる街(っつーか村)が小さすぎて、パティセリーがほとんどないのが寂しいのだすよな。あとはレストランとかになってしまって、そうなるとキッチンで働くしか選択肢がないだす。でも、キッチンはなぁ・・・(遠い目)。1ヶ月あるのでいろいろと考えたいと思うだす。ま、1ヶ月もあるなら旅行とかいきた〜〜い!とかトンでもないことも考えてはいるのだすが、果たして・・・そんな余裕でいられるかどうかは疑問だす。同居人は「焦らずゆっくり探したほうがいいよ」とは言ってくれているだすが、職がない期間が長すぎると次の職を探すのが大変になりそうで怖いだす。ほんと人生って何が起こるかわからないっす。そして、やっぱりそう考えれば考えるほど、今を大切に思いっきり楽しく生きていかなければならないんだな〜と思うだすよ。
バスルームの改築は結構ゆっくりめに進んでおりまする。やっとタイルを貼り終ったところ。これじゃ〜あと1週間はかかってしまうだすよ。んで先週はジムに2回行ったのだすが、やっぱりこの週末にもう一度シャワーが浴びたかったので、てるこさんのところにお邪魔してシャワーを浴びさせてもらってきますた。すっきりすっぱり。しかもシャワー浴びてすぐだと寒いからと言って、シャワー後にビールなんぞ飲んで(なんちゅー)テレビまで見て帰ってきてしまいますた。すっごい助かりますだす。ありがたや。


comment コメント 2
02.16
Sat

まさしく「人生何が起こるかわからない。」
だすよ。失業してしまいますた。余剰人員削減だす!(大粒涙)。そういわゆるリストラ。なんかうらぶれたサラリーマンの姿が目に浮かびますたわさ。まさか自分も!?とは思っていなかったんすけどね。
とりあえず勤めているパティセリーの経営状態が良くないことはここ数ヶ月ひしひしと伝わってきたのだすが、勤めて日が浅い人からクビを切ることにしたらしく、まだ1年に満たない私は速攻だすよ(大粒涙)。ショップアシスタントの子が何人か辞めていたのでなんとなく次は自分の番?とか思っていたら本当になってしまいますた。
結構ショックですたわさ。仕事は真面目にやっていただすし、同僚の職人さんのおじいはかわいがってくれてたし、なんてったって歩いていってすぐのところにある職場はすごく通勤しやすくてよかっただすし。うぅぅ、悲しい。今のパティセリーは老舗なのだすが、今のオーナーに変わってから経営状態がよくなくてどんどん縮小していると、ずっと勤めているおじいが教えてくれたのだすが、私が辞めると2.5人しか工房で働く人がいなくなって(2人フルタイムで、1人はパートタイムで半分しか働いてないのだす)しまってますます縮小でんがな!同僚のパウリンちゃんには「ええっ!!!で、でも、ちょっと羨ましい。私も辞めたいし・・・」とか的外れなことを言われてしまいますた。まあ、彼女はずっと辞めたいと言っていたので、リストラで少々のお金を貰って辞められるなら(自己都合でないので補償金が(すっごいわずか!)貰えるだす)、そのほうがいいんだしょうが。
何が一番虚しいかっていうとまたしても職探しをしないといけないことだすよ!!!とりあえず1ヶ月の猶予があるので、その間にいろいろと探すつもりだすが、そんな都合よく自分のやりたい仕事が見つかるとも思えないので、テンポラリーのバイトとかしながら繋がないといけなくなるかもしれませぬ。願わくばもう少し時間をかけて仕事探しできたらいいんすけどね〜。
前は研究の仕事とかしていたし、それから紆余曲折があって今に至るだすが、世の中思い通りにいかないこととかってたくさんあるんだな〜とかって思うことが最近とても多いだす。もしかしたら思い通りにいかないことの方が多くて、うまくいったらラッキーみたいな気分でいたほうがいいのかもと思うときが多いだす。最近読んでいたとある作家さんの対談で、やっぱり「人生なんて思い通りにいかないものだと思って生きているから、毎日これでも精一杯、とりあえず健康に生きていけるだけでも幸せ」っていう言葉があってなんとな〜く、すごく納得して心に残ってますた。私からしたらその人は仕事で成功していて順風満帆なんすが、子宝に恵まれなかったりとかプライベートではいろいろとあるみたいだす。
あ〜、とりあえず今週末は凹みまくって、ぐったりするだす(涙)。美味しいものでも食べて元気だすだす。んでもって来週から頑張って職探しするだすよ。


comment コメント 2
02.13
Wed
週半ばにしてぐったりだす・・・。昨日はパウリンちゃんに誘われるままに飲みにいきますた。たまにはいっか・・・とか思っていたのだすが、やはりこの国の人だ。だらだらとパブ終了時間まで思いっきり飲みまくり。うーん・・・苦手だ。まあ、それでも職場のゴシップおよび愚痴炸裂だったので面白いといえば面白かっただすが。
んでもってバスルームの改築は遅遅としてきますた。予定を大幅に遅れまくり。タイルを貼る人が来たのだすが、素人目の私からみても「どうよこれ?」という出来具合。部屋の1/3ぐらいが終わってたのだすが、これ以上同じ調子でやられたら、ちょっと・・・(怒)
同居人も「うーん(唸)」というので、今朝は私は職場に行ってしまうが、君がちゃんと文句言っといてね。他のタイル職人よこせっていっといてね!と念を押してたのだすが気の弱い同居人、もちろんそんなことは言えず。そのまま、その出来の悪いタイルが続行(大粒涙)。んでもってとりあえずすべての内装をお願いしているプラマー(配管工)に苦情の電話。そしてボスがやってきますたわさ。んでタイル屋のボスも一緒に。んでもってタイル屋のボスは「これが普通、これですごい良い出来」と言い張る。もうね、逆切れだすよ。ちくしょ〜〜〜〜。マジでそれは職人とは言いがたい出来だす。たしかに素人がやったよりはマシかもしれませぬ、がっ、まがりなりにも人からお金貰ってやっていてこの出来???って感じ。しかも「じゃあ、どこがわるいの?そのタイルだけはがして貼りなおすから、今日中に印つけといてよ」と来た。
職人気質っつー言葉はこの国にはないんだしょうな・・・(涙)職人さんを大切にしない国だというのはお菓子を作る仕事をしていてもひしひしと感じるだす。んでもって、それと同時にこういうとんでもない職人とはいいがたい人が(態度からして)いるから、ますますなんだしょうな〜〜。配管屋のボスもどうやら私の意見に賛成だったようだすが、さすがにその場で「これが普通」とはいいがたかったようで、「妥協案をだそう」としかいえなかったようだ。妥協だとぉ????そんなもん、なんで客の私がしないといけないんだよっ!!!!(唾とび)。もう、だからこの国は何もかもいけてないんだよっ!!!
そして、私のこのバスルームはいったい何時になったら出来るのだろうか?(大粒涙)
comment コメント 0
02.11
Mon
昨日はロンドンまで出かけていって本当に楽しくすごしますた。そのおかげでリフレッシュして今週も張り切って仕事ができるだすよ。いえ〜〜い!
と思ったのもつかの間、今日は私の大嫌いなライト君と一緒に夕食を食べる羽目に。そうだすよ、かな〜〜り前に私をさんざん苦痛にさせてくれていたヤツがまた舞い戻ってきますた。あ〜〜〜(ため息)
昨日はさんざんイコマさんと「大人の事情とかなんとかじゃなくて、もう私たちはそういうストレスから逃れて、会いたい人だけ会う。一緒に時間を過ごしたい人とだけ過ごす。人生短いんだし、そんな自分の労力や時間を単なる『おつきあい』とかで使うのは勿体無いからやめよう!」という話をしていたというのに・・・その舌の根も乾かぬうちに、これかいっ!!!
まあ、同居人があんまり説得するから仕方なく3人でお食事に行きますた。とはいえ、手短に済ませたかったのでファーストフードよりはちょびっと格が上だけど、レストランほどでもないという「グルメバーガーキッチン」というちょびっと豪華なハンバーガーが食べられるところに行ってきますた。お味はまあまあかな。
んで、私は愛想を振りまく気すらせずに、ひたすら無愛想に(大人じゃないなぁ〜)振舞ってお勤め終了。もう二度とあいつには会いたくないっつーくらいに、なんだか気に障るヤツですたわさ。
そして、もう一人は一度しか会ったことない、これもまた気があわな〜〜〜い感じの方。この方が仕事かなんかで我が家の近くに来るので泊めてくれと。まあ、いんだすが、実はその日にはすでに別の先客がある予定。なので丁重にお断りしますた。そしたら家のどこのスペースでもいいから寝させてくれ、というお願いがきたので、どうしようかと思ったのだすが、なんだか面倒くさくなって頑張って断ってしまいますた。なんちゅーか、すっごい親しい人だったらいいのだすが、私は私ですでに仲のいい友人が遊びに来ることになっているその日に、自分の仕事の都合だからといってこられても困るし、とかぐちゃぐちゃ考えていたら、なんだか面倒くさくなっちゃって、もういいや、「大人の事情」はやめることにしたんだった!と鼻息荒く申し訳ないメールを送ってしまいますた。
ああ、私って思いっきりスケールの小さい、そしてケツの穴の小さい人間なんだわな〜〜と自己嫌悪に陥った次第だす。
comment コメント 2
02.10
Sun
昨日はやっと金曜日って感じですた。仕事終わってホッ。それからお風呂場の工事の人が来ていたので、いろいろと手配したり相談したり。んでもうぐったり。それからてるこさんのお宅にお茶をしにいきますた。んでずうずうしくもシャワーを浴びさせてもらって(爆)、そんでもってずうずうしくもお言葉に甘えて夕食までご馳走になりますた(ぎゃはははははは)、同居人も一緒に・・・(おいおい)。そんなずうずうしい客人をもてなしてくれるてるこさんは非常に良い人だす(ありがたや)
んでもって夜は同居人の職場の懇親会レセプションみたいなのがあったのでそれに出かけていきますた。あまりに大勢の人がいてしゃべりまくっていたので相当つかれますた。最後のほうは気分が悪くなって思わず外に空気を吸いにいってしまいますたわさ。なんだか、普段こういうのをあんまりしてないので慣れてきてないのかもしれませぬ。
そして今日はロンドンにおでかけ。すっごく波長の合う友達のイコマさんとまったり日曜日を過ごしますた。やっぱこうやってたま〜〜に気の合う人とまったりと過ごすのは楽しいだすよ。とりあえず会ってすぐにしゃべりまくって、日向ぼっこしながら手軽なランチ。それから美術館をぷらぷらしたり、素敵なショコラティエでお茶したりしますた。今日は日本から戻ってきたばかりの私に気を使ってか(ないない)エゲレスの電車にしてはかなりスムーズにロンドン往復ができてよかっただす。んで、帰りにM&Sに寄って牛フィレを買ってきて(Scotish Angas Beef!)フィレステーキ&フレンチフライをしますた。激ウマ。極楽だす。そして明日からまた仕事だすよ〜〜〜〜。週末が終わってしまうと妙に切なくて悲しいだす。

comment コメント 0
02.07
Thu
時差ぼけが治らなくて結構ツライだす。まあ、朝が早い仕事なので助かってるんだすが、夜になると眠くて何もする気になれないのは非生産的というか・・・。結局寝てばっかりなんすけどね。
バスルームの改築が月曜日から始まりますた。んでもって、それに伴ってシャワーが使えない(もちろんお風呂も)。昨日はさすがになんとかせねば・・・と思ってジムに行くことに。しかしだ、ジムに行ってみたら「今は一杯なので30分待ち」とな・・・。んじゃエアロビでもするか?と思ったら5時からはピラティスとな。うーん・・・。で、私はわざわざジムまで出向いていったというのに、運動を一切せずにシャワーだけ浴びて帰ってきますた(激爆)。ま、当初の目的は果たせたとはいえ、なんかちとナサケナイだすよ。日本に行って美味しいものを食べまくって脂肪を蓄積してきただけに(くぅぅぅ)、運動しないといけないっちゅーに。
今日職場にいきなりてるこさんのダンナサマから電話。しかもお店の方にかかってきたらしく、オーナーがわざわざ工房にやってきて「ネコちゃん、Johnっていう人から電話」とな。わけわからんで出たら「てるこそっち行ってる?」との質問。え〜〜っと、ここは私の職場で、なんでてるこさんがこんなところに来るんじゃ?とあまりの唐突さにワケがわからんかっただす。どうやら日にちを間違えていたらしいだすが、てるこさんは金曜日に私とお茶をすることはよくあっても、私の仕事中に職場に来てることはあんまりないのではないかと・・・。わけわからん。でも、なんか笑えますた。たぶん、なんか勘違いしていたのだしょう。
comment コメント 0
02.05
Tue
そして帰宅しますた。今回はとにかく遊びすぎ。もうね、ほんと体力の限界まで遊びますた。懲りずにムリなスケジュールにもかかわらず遊んでくれた友人たちにほんと感謝だす。
んでもって帰宅してすぐに昨日から仕事だす。幸いにして時差ぼけで朝早く目がさめてしまっても全然問題ない仕事なのでなんとか持ちこたえておりまする。とはいえ、こんなあさ5時からおきてネットとかしちゃってるんだけどさ。その分、夜は昨日はすっごい早くに眠くなってどうしようかと思うほどですた。やばいやばい。それで我慢してないで早々に寝ちゃうから全然時差ぼけ直らないんだけどさ。
とりあえず休み明けはいろんな意味でツライっす。楽しすぎるぐらい遊んだので仕事に戻るのは結構苦痛かも。やっていることはキライじゃないっすが、毎日せっせと仕事に行くのは休暇とのギャップがあって、ああ日常が戻ってきたという感じかもしれませぬ。

comment コメント 0
back-to-top