09.29
Sat
今週はケーキデコレーターのパウリンちゃんがホリデーでいないのでかなり忙しかっただす。しかもだ、デコレーションが必要なケーキは全部こっちに回ってくるからもっと大変だすよ。でっかいケーキのベースに「このケーキはベンジャミンと書いてあかいトラクターを乗せてね」と言われても・・・。どないせ〜っちゅーねん。って感じなんすが、できませんともいえないのでとにかく出来る限りの技術を駆使してデコレーションするだけだす。トラクターのケーキは幸いにして赤いトラクターはパウリンちゃんがホリデーに出かける前に作っておいてくれたので、それをモチーフに乗せてキレイにデコレーションできますた。グリーンにトラクターが動いているという感じで、草みたいになるようにグリーンのクリームを搾り出して、あとはシュガーペーストで作ったお花のモチーフをいくつか散らしたりしますた。残念ながら写真を撮る余裕がなくて、できあがったらすぐにデリバーにまわされてしまっておりますた。うっ、出来た瞬間に写真とっとかないとだめだすね。
んで昨日は仕事が終わってから前の職場のイタリア人のパティシエ君とお茶しますた。相変わらずのイタリア人っぷりでかなり楽しかったっすよ。仕事が終わる前にバタバタと慌てていたら、パティセリーマネージャーのジルに「今日は急いでいるの?」といわれたので、前職場のパティシエと会う約束してるんだと言ったら「ええっ、ネコちゃん・・・前の職場に戻りたいって言うんじゃないでしょうね?」といわれたので笑ってしまいますた。いやいや、せっかくあそこから抜け出せてホッとしてるっちゅーのに(わはははは)。でも、さすがにそうとはいえないので、「うんにゃ、そんなこと全然ないっすよ、パティシエ君とは友達なんすよ」と言っておりますた。でも、とりあえず、ジルは私のこと居て欲しいと思ってくれているのだったらありがたいと思って、ちょっと安心しますた。試用期間でクビになったらシャレになんないだすが、少なくともパティセリーマネージャーがそう思ってくれているのだったら、クビになることはないだしょう。よかったよ。
comment コメント 0
09.26
Wed
今日もしゃかりきでお仕事。いつも「よっしゃ、あとこれをやるだけだから時間も余裕あるし大丈夫!」とか思うのだすが、実際にはだんだん時間が無くなって「ひぃぃぃぃぃ〜〜」となって最後には慌てまくるという構図だす。いつもその日やることリストみたいなのがあるのだすが、リストの最後まではたどり着けないまま終わりまする。今日もバタバタしていて終わってからぐったり。もうちっと段取りよく仕事ができるようになりたいのだす。
朝晩が冷え込むようになってきますたわさ。そろそろジャンパーかコートなしでは出かけられない気温になってしまいますた。あ〜〜〜、面倒くさい・・・。もうすこし秋を楽しみたいのだすが、寂しいことだす。今日の夕食には炊き込みご飯をしますた。以前に人からもらったマツタケご飯の素があったはず!とか思ってごそごそと食料棚を探していたら出てきたのはたけのこご飯の素だった・・・。うっ、なんて季節外れ・・・。きのこだと思ってたのはたけのこだったのか(がっくし)。でも、どうしてもあの味のついたご飯が食べたかったのでどんなに季節外れでもいいやとたけのこご飯を炊いてみますた。おいしかったけど、なんかね〜、イマイチおもしろくないだすよ。
食料庫といっても大した食料もないのだすが、いろいろと賞味期限の迫ったものが溜まってきているので、来週は乾物とかを食べて過ごすことにせねば。ちゃんと在庫管理とかできたらいいのだすが、ついつい、日本の食材とかって大事にしすぎて期間が過ぎてしまうというあほらしいことになりがちだす。まあ、そんなこと言っても私の貯蔵量はたかが知れていて、てるこさんのところに行ったらすごい量の食料庫があってびびりますた。どの引き出しも戸棚も食料がざっくざっく入っていて羨ましいことこの上ない。この家にいたら飢えることはないだろうな〜と、その棚を見るたびにおもいまする。
comment コメント 0
09.24
Mon

昨日は夕食で飲んだ赤ワインがきいて酔っ払い。夕食後に床にうっぷしてごろごろしていたらそのまま気分がなんか悪くなってきたので寝てしまった。酔っ払いすぎて気持ち悪いときには寝るに限るという私の信条のもとに。んで、確かに寝たらすっきり。目が覚めたのは夜の12時。え〜っと・・・、そんな時間に起きてもなぁ。で、歯を磨いて顔を洗ってパジャマに気がえてまた寝た(爆)。朝は5時半にお目覚めぱっちりで起きてしもうた(そりゃそうだ)。一体何時間寝ているんだか?
今日は仕事はパウリンちゃんが休暇に入ってしもうて、そしてジルは月曜日が平日オフの日なので私だけだった。んで、一人でちゃかちゃか仕事。だいぶやることも早くなってきて失敗しなくなってきた。ホッ。スポンジ生地を作ってケーキのベースを焼きますた。小さいケーキを何個も焼くのだすが、きっちりタネを計量して型に流し込むので時間がかかるだす。ま、パウリンちゃんとか慣れているのでものすごい美しい手さばきでどんどん計量していくのだすが、私はタネがもたもたしてなかなか思うようにいかない。でも、ちょびっと前よりは早くできるようになってきて嬉しいわな。ホッ。んで、一応私の計画では12時前にはスポンジは全部終わっている予定だったのだすが、予定通り行ったのでかなり嬉しかっただす。んで、午後はタルトの生地を作ったりメリンゲを作ったりして3時にお仕事終了。よっしゃ!(ってなんでそこで気合が入る?)
週末にLOSTのシーズン2を見ていたのだすが、なんか誰も助けに来ないし、そして話はどんどんありえない方向に向かうし・・・。新しいキャラが何人か出てきたのだすが、どれもこじつけっぽくてコワイだす。ハッチの中に発見した人が以前から知っている人だったり、怪しい部族みたいな人たちと一緒にいる女性も新しいキャラでしかも同じく飛行機に乗っていて遭難した人だったり・・・。もう、わけわかんないっす。そして誰も助けに来ないのはナゼ?とか思う割に、やたらと島の人口密度が高くてしかも、みんな英語喋るし(爆)とりあえずなんかいまいちどうしても先が知りたいっつー感じじゃなくなってきて挫折しそうだす(苦労してみるものでもないけど)
んで、ちょびっと浮気して「Brothers&Sisters」という前からみてみたかったドラマの1回目をみてみますた。アリーマクビルで主役だったCalista Flockhartが新しいドラマやるっつーんですごく気になっていたのだすが、相変わらずスキニーで口がでかくていかにもアメリカン女性って感じのそのまんまだす。Six Feet Underのブレンダ役だったRachel Griffithsも出ていて、結構ふくよかになっていたのでびっくりしますた。なんと言っても私の好きなSally Fieldがお母さん役で出ているのがポイントだす。まだ1回目しかみてないのだすが結構好きかも。コメディっつー感じじゃなくて結構シリアスなんで入り込むのに時間がかかるかもしらんが。やたら人数多い家族なんだすが、夕食のご馳走がうまそうですた。


comment コメント 2
09.23
Sun
金曜日は久しぶりに外食しますた。普段はあんまり出かけませぬ。料理をしたくない日はよくインディアンとかのテイクアウトをしたりするんだすが、レストランに座って落ち着いて・・・というのは面倒くさいっつーのがあって最近はあんまり出かけてなかったのだす。でも、この前の金曜日は仕事が終わって週末〜〜!ってことで盛り上がっていたのもあって二人で家の近くのビストロへ行きますた。裏道にあるので観光客とかがいなくて地元の人だけで混んでいる店なので結構居心地が良くて好きだす。お料理もそんなに悪くなくて(イギリスのスタンダードでは)お値段もべらぼうに高いわけでもないので入りやすいだす。私はステーキとフリットを頂きますた。んで同居人はマッシュポテトとソーセージの典型的なエゲレスメニューを食べておられますた。おなかも一杯、んでお料理もまずまずだったのでぷらぷらと帰宅。家からすぐ近くなのだすが、表通りに出たら金曜日ということもあってどこのパブも人があふれておりますた。しかもこの8月から屋内での禁煙が全面的に法律で禁止されたのもあって、どこのパブも最近はパブの入り口とか周りでタバコをすいまくる人であふれているのだす。これって、いいのか、悪いのか?もともとタバコの煙はキライなのでこの法規制は大歓迎なのだすが、このおかげで道端でタバコを吸う人が大量に増えますた。そらそうだろう、他に吸うとこがないし。喫煙が減ることをもくろんでいるようだすが、その効果はあまり見られない気がするだす。
んで、久しぶりに二人で外食して楽しかったのだすが、その反動か?(え?)土曜日の昨日はなぜか同居人と険悪なムードですた。滅多に喧嘩とかしないのだすが、たま〜〜〜にいがみ合ったりするだす(爆)。昨日は朝から家の掃除をしますた。とりあえず一人でするのはむかついたので同居人には掃除機をかけてもらい、私は台所のレンジを磨いたりしておりますた。んで、家もきれいになって私はすっきり。午後は手持ち無沙汰だったのだすが本を読んで過ごしてなかなかラブリーな土曜日だったのだすがね。夕方にしょーもないことでちょびっと軋轢が生じて、なんか喧嘩するのもかったるいっていう雰囲気(お互いにやる気ナシ)でお互いに口をきかないまま寝ますた。こういうのって一年に1回あるかないかっていうことなんだすが、まあ一緒に暮らしていたら相手に対してむかつくこともあるわな・・・。同居人は私の機嫌の悪さを察知していたみたいだすが。んで私は一晩寝たら、なんかそんなことはどーでもよくなりますた。ま、その程度のことなんだしょうが。
今日は日曜日だすし、久しぶりに庭の手入れでもしたいと思っておりまする。表のポットがすっかり枯れてきてしまっているので入れ替えたいと思っておりまする。
comment コメント 0
09.20
Thu

木曜日になるとホッとする。明日もう一日がんばれば週末になる!!!いえ〜い。なんかそう考えると毎日が早くて、一週間もあっという間だすよ。こうやってどんどん年を取っていくのかと思うとコワイだすよ。
今日はいろいろやりますた。朝からフォンダントと格闘。そしてそれからフロレンタインを作ってピーカンパイもつくりますた。途中でお店からHappyBirthdayの文字入れを頼みに売り子のバイトの子が来ますた。学生バイトなのだすが、突然「ねえ、これって難しいの?」と聞く。なんと言ったらいいかわからないでいたのだすが、「んじゃ、私にやらせて」という。なので「やったことあるの?」と聞いたら、「ない」とキッパリ。え〜〜っと・・・一応売り物だすし、そんな素人が書いたのでは・・・と思って、んじゃ横のテーブルに一応練習で書いてみたら?と言ったらHもろくに搾り出せないくらいであった(汗)。とりあえずお店では注文した人が文字が入るのを待っているハズだすし、そんなバイトのアホに付き合ってられないので、「とりあえずここは私がやりまする」と言って、さっさとHappyBirthdayと書き込みますた。んで、それを見て「あなたが書くのを見ていたら、全然難しくなさそうだし、私ももう1回やってみたい」とな。もーね、このエゲレス人の学生の自信たるや、どこから来るんじゃ?そして職人さんに対するリスペクトもへったくれもないんすか?とマジでびびりますた(ちょっとその態度にむかつきもしますた)。そして「あのぉ、お店でお客さん待ってるんじゃないの?とりあえず、これ、売り物だしさ、お客さん待たせたらいけないと思うから」といって店にケーキを持っていかせますた。も〜〜〜ね、なんか呆れるやらなんやらだす。とりあえず、私は文字入れは苦手だす。頼まれなければやりたくないっす。パウリンちゃんは10年以上もこの仕事をしていて、普通にペンで紙に文字を書くぐらいにすらすらとそのスピードでアイシングの文字が美しく書けるのだすが、私はとりあえず慎重にゆっくりと書きまする。毎回手が震えそうになるだすが、まあ、毎日何回も書いていると慣れてはきますたが。んで、とりあえず店に追い返して、私は今日はやること一杯あっててんてこ舞いだったのでそのあとタルトの生地をさくさく伸ばしていたらその子がまた店からやってきて「さっきのもう1回やらせて」とな。なので、どうぞ、といってアイシングの入ったパイピングを渡したらテーブルに書いておられますた。それは・・・どう考えても始めて書いたっつー感じのへなへな文字で思わず笑ってしまいそうなものですたが、どうやら書くのはそんなに簡単ではないと漸く悟ったらしく、一通りテーブルに書いて遊んだら店に戻っていきますた。っていうかさ・・・あんたカネもらってバイトしてんだからもっと自分の仕事しろよ・・・とか思いますた。ラッピングしないといけない商品とかいっぱいそこにあるっちゅーのに。あ、でもその後でショップのマネージャーに注意されてたみたいだすが。
私が何よりもびっくりするのはこういうイギリス人の自信だす。その子は20そこそこの学生さんなんだすがとにもかくにも典型的っていう気がするだす。なぜにこんなにイギリス人の若者は自信たっぷりなんだしょうかね〜〜?っつーか、私は自分がやったことないこととかだったら、とりあえずそんな人に豪語とかできませぬ。大学で学生を教えていたときにも似たような経験に何度も出くわしますた。なぜかみんなすごい自信があるんだすよ。それはとても良いことなのかも知れませぬが、それが私にはいまだにどこからその自信がくるのかまったくもって理解できないだす。そういう社会なんだしょうかね〜。あ〜〜、へなちょこの私にもその微塵でもいいから自信を分けてもらいたいと思う今日この頃だすよ。


comment コメント 0
09.18
Tue
なかなか仕事に慣れないのか?無意味に走り回っているうちにどんどん時間が経ってひぃーひぃーって感じ。いくつかのことを同時にしないと到底間に合わないのだが、どこかマヌケな私は二つも重要なことを平行して頭脳フル回転っていうのが難しくて、ひとつだけだったら大丈夫そうなことでも、二つやっているとどこか注意が行き届かないところがあってポカをやるだすよ。今日はフロレンタインを作りながら、ケーキの土台のスポンジを作っておりますた。んで、フロレンタインはバターとお砂糖を鍋に入れて沸騰させてそこにアーモンドとかを入れて混ぜて天板に広げて焼くのだすが、その鍋が沸騰するまで結構時間がかかるので、その間にスポンジ生地の材料を計量してミキサーにかけておりますた。んで薄力粉とベーキングパウダーは同時にふるって最後に入れるのだすが、ふるいにかける直前にフロレンタインの材料が沸騰したので混ぜて天板に伸ばしてオーブンへ。んでそれからまた戻ってきてふるいにかけて、粉をさっくり混ぜて生地のタネができあがり!んで型に流し込んであとは焼くだけ・・・、んで型に数個流しいれたところで、ふと秤の上に粉が・・・。えーっと???
と思ったらベーキングパウダーだった。入れるの忘れてたってことだすよ。ま、まだ間に合う(滝汗)。慌てて流しいれた生地をボウルに戻してベーキングパウダーをなんとか手で混ぜ込みますた。すごい大量の生地なので結構大変なんだすが丁寧にだまにならないようにもう必死だすよ。しかしここで混ぜすぎるとグルテンがでてしまって生地が膨らまなくなるし、慎重にせねば。冷や汗をかきながら祈るような気分ですたわさ。パウリンちゃんは「大丈夫、私も同じミスしたことあるし。まだ焼いてないだけマシ」となぐさめてくださいますた。とりあえずそんなヒヤヒヤするモードだったのだすが、無事に生地は焼けてスポンジの生地は大丈夫ですた。ホッ。もう自分でも笑ってしまうほどこんな簡単なことでもミスをするだす。覚えることもたくさんあるし、そしてスピードも速くやらないといけないのであたふたするだす。ほんと、慣れなんだしょうな。思えば前の職場でも最初の頃はすごい時間がかかってあたふたしていたことも、数ヶ月経ったら時間が余っていて「私は何であんなに時間が足りなかったんだ?」とか思ったこともあったし。それを思えばきっといつかは慣れてくるのだしょう(そう願いたい)。
先日ママンが来たときにどら焼きを持ってきてくれますた。実は同居人がおまへはドラえもんか?っつーぐらいにどら焼きが好きなのだす。んでもって、そのどら焼きというのが文明堂の期間限定品でドラえもんの焼印が入っているものだったので感動!(どうやら毎年この時期に売っているらしい)ドラえもんの誕生日が2112年の9月3日なんだそうな(だっけか?)。そのお誕生日用のどら焼きだそうだす。これが、かわいいし、美味しいし、かなり幸せですた。にしても2112年かぁ・・・。あの素敵な便利グッズが使えるようになるのにはあと100年近く経たないといけないっつーことだすな。とりあえずどこでもドアが欲しいなぁ。みんなが飛行機に乗らなくてよくなったら、地球温暖化も防げるかも(そういう問題か?)っていうか、私が好きなところにすぐに行きたいだけだすが。

comment コメント 0
09.17
Mon
以前は仕事が午後のときがあったのでよく月曜日の午前中に家中の掃除をしておりますた。とりあえず床に掃除機をかけて、そのあとモップがけ。あとは拭きそうじをちょこちょこ。んで約2時間の労働でぐったり。でも、まあ家もきれいになるしいいか!と思っておりますた。ところが、今の仕事だとずっと朝から仕事、そのあと帰ってきてもとても家の掃除をする気力がありまへん・・・。どっちかっつーと昼寝したいって感じ。んで家はどんどん汚くなる(うへぇ)。で、あ〜〜〜そうじしないとな〜〜〜、と今日帰ってきて一瞬思ったのだすが、疲れたから今日はイヤ、今度の週末にでもするか・・・と思って何もせず。んで夕食の時間までうだうだして過ごしますた。がっ、同居人が帰ってきて「あ、今日はクリーニングレディが来たの?キレイになってよかったね」と言うではないか。あ、クリーニングレディとは私のことなんすがね。全然汚いままでんがな!いっつも月曜日に掃除していたのでそのせいで錯覚?っつーか、いつも掃除をしたあとは私が恩着せがましく「オラオラ、掃除したんだぜ!感謝しろ!」といわんばかりだったので、今日は気を利かせたフリで感謝の意を表そうとしたみたいだ。思いっきり裏目に出てまんがな!
というよりつまり同居人は別にそんなに掃除してなくても、すごく掃除してあっても全然違いがわかんないってことね・・・。それだけウチはいつもキレイだってこと???(ちゃうちゃう)、と楽観的になってみたけどどう考えてもホコリだらけだわさ。というわけで、今度の週末に『一緒に』掃除機をかけたり掃除をすることになりますた。やっぱ私だけ家事をするのは納得いきませぬ。ちゃんとクリーニングレディに給料を払ってくれるならば別だすが!!!(それでもいいんだけどさ〜〜)

comment コメント 0
09.16
Sun

やっと一週間が終わって週末になりますた。嬉しいっすよ。やはり週に5日働いて2日休みっていうパターンがいいだす。そのほうが生活のリズムが整う気がするだす。んでもってまだ仕事を始めて間もなく、試用期間なので結構緊張することもあるだす。新しいことを覚えないといけないということもたくさんあるのだすが、仕事っぷりも評価されているかと思うと気が抜けませぬ。とりあえずクビにならないようにがんばるだけだすよ。
んで昨日の土曜日はまったりと過ごしますた。天気が良かったので洗濯をして、庭で本を読んで過ごしてそりゃ〜〜シアワセ。おりしもうるさい若者(バカモノ)の隣人が留守なようで非常にありがたいだすよ。ず〜〜〜っと留守にしてほしいくらいだす。なので誰にも邪魔されることなくまったりと休日を庭でくつろいですごしますた。
いつも仕事場でおなかがすかないように朝からご飯を山盛りいっぱい食べていっていまする。朝食がパンだと10時くらいにはもうおなかがすいてしまうんだすよ。なんかご飯のほうが腹持ちする気がして仕事に行く日の朝ごはんはなるだけご飯にしているだす。んで小さいおにぎりを1個作っていきまする。小さいのだすがそれでも小腹がすいたらすぐ食べられるし。あと、バナナとりんごを1個づつ。んでそれも合間にかじったりしているだす。工房で作ったものとかは食べてもいいのだすが(その辺とてもおおらかな職場だったりする)、毎日スコーンやクロワッサンを腹がすいたからと言ってすぐにほうばっていたらえんらいことになってしまいそうなので自粛しておりまする。あのバター大量の生地を見ているだけでもう贅肉が増えそうだすよ。
この前スコーンが焼きあがったときにパウリンちゃんが自分のためにスコーンにジャムを塗っていて、「ネコちゃんも食べたい?」と聞くのでいただくことにしますた(薦められると食べることにしている(爆))、んで用意してくれたものいはたっぷりとジャムとクリームが・・・(うぉぉ)
なのでクリームをこっそりと取り除いて捨てていたら、ジルが見ていて「ネコちゃんクリーム嫌いなの?」と。なので「い、いや・・・ウエストラインを気にしているんだすよ・・・」と言ったらすごい勢いでパウリンちゃんとジルとの二人に「私たちだってすごい気にしているわよ!!!」と反論されますた。い、いや・・・そりゃみんな気にしているだろうけどさ・・・(滝汗)。二人ともすごい恰幅が良い典型的なイギリス女性だす(爆)。んで、その二人に「持ってくるものはフルーツばかりだし、商品は味見しかしないし!」といわれてまるでワタシがものすごい健康オタクであるかのように言われて笑われますた。いやいや、そんな、何も気にしないでそこにある自分たちが作ったものを本能の赴くままに食べていたら・・・彼女たちみたいになってしまいますがな。それはすごい嫌だすよ!!健康オタクといわれたとしてもそれだけは勘弁してほしいだす(本音)
そして飲み物もそこにあるのはコーラか砂糖の入っているフルーツジュースしかないのだす。それも毎日飲んで太るのはいやなので家で作った麦茶か100%のフルーツジュースをペットボトルに入れてもっていっておりまする。適当な水筒がないのでペットボトルに入れていっているのだすがこのペットボトルって口をつけてのんでいるからか、よく洗ってもすぐに中がカビてきたりするんだすよね・・・。プラスチックなので熱湯で消毒するのもできませんし。かといってキッチンハイターみたいなのだとにおいがついちゃうし。んで良い水筒がないかと思って探していたのだすが、売っているものはステンレスで果汁は入れないほうがいいと書いてあったり、プラスチックのものだと「これってペットボトルより洗いにくそうじゃん」みたいなものばかり。中がきれいに洗えて、500ml程度の液体が入って、飲みやすい形のものというのを探しておりまする。とりあえず仕方ないので当面はちょっと重いけどガラスのビンで飲み物が入っていた容器に入れていくしかないか・・・。ガラスだと熱湯で消毒できるしね。口が広い目のビンだと中が洗いやすいし、洗っても中がすぐ乾くし・・・なんかそう考えるとワンカップ大関みたいな容器になってしまいそうだすよ・・・(爆)


comment コメント 0
09.13
Thu

2泊で火曜日からママンの襲撃にあっておりますた。突然来るといってやってきたのだすが、まあ2泊だし・・・。大丈夫かな〜って感じで一応快く迎えてみますた。心の中は複雑だったんすがね。んでもってホリデーを使い切った私はママンが来ていても仕事だすよ。まあ、ホリデーが無くなってもマネージャーに頼めばunpaid leaveという無給の休暇が貰えるらしいのだすが、仕事を始めたばかりだすし、しかもいきなりホリデー取りまくっておりますたし、さすがに気が引けたので言い出せず。昨日も今日も働きにいきますた。ま、別にママンとずっといてもしんどいので(本音?)いいのだすが、今日仕事に行ってパウリンちゃんと話していたら「ママンが来ているなら休めばいいのに」と言ってくださいますた。ま、また今度ね・・・とは言っておりますた。
んでもってママンはなんで急に来たのか意味不明だす。たぶん、ぷらりとどっかに出かけたかったとかそんな感じなんだしょうか?しかし、どう考えても今の私の生き方に不満爆発って感じで、そういう話はしたくないな〜って感じですた。スマンのぉ〜、親不孝な娘で。単に私がハッピーに暮らしていればそれでいいとは思ってくれないのだしょうかね。なかなか難しいものがあるだすよ。
職場はだいぶ慣れてきますた。重い天板をオーブンから出すのもやっと慣れてきたかな・・・。前にいたところでは天板がアルミのものだったのでどんなに一杯でも結構まだ扱える程度ですた。がっ、今のところはすっごい重い鉄の天板でそれにケーキの型とかを何個も置いて焼くとかなり重いのだすよ。くぅぅぅ。でも、慣れると力のかけ方とかのコツがつかめるみたいで、そんなにひーひー言わなくても大丈夫になった気がするだす。
フォンダントをかけるのも、前に比べてちょびっとづつ上手くなってきますた。まだ、もたもたしていてフォンダントが冷えてきてしまって、温めなおしてと作業がスムーズではないのだすが・・・。パティシエのおじいは私が1個やる間に2個やるぐらいの手さばきだすよ。くぅぅ。ま、おじいは何年もやってるわけだすし。とりあえずちょびっとづつ進歩があるのは喜ばしいことだす。明日が終われば週末だすよ!いやっほ〜〜〜〜。金曜日はフォンダントがけとチョコレートがけで大変な日なのだすが、とりあえず頑張るだす。今週はママンの襲撃もあってとことん疲れますた。


comment コメント 0
09.10
Mon

そして休暇が終わって仕事が始まってしまいますた。あ〜〜、これからどんなに辛くて仕事に行きたくなくても年内の有給は全部使ってしもうただすよ(鬱)。ま、そんな出勤拒否にならにことを祈るのみだす。
んでもって仕事は今日はそんなに忙しくなかったのだすが、フロレンタインを作るのに失敗・・・。どっひゃ〜。どうやら砂糖を入れ忘れたようだ。全然飴になって固まらなくておかしい?おかしい?と思っていたらよく考えたら砂糖を入れてないことに気がつき・・・。がっ、もう焼いてしまったので時すでに遅し。しかもそれから復活する術もなく。アーモンドがたんまり焼けたので他の何かに使うっつーことでもなければならんのだすが。同僚のポーリンちゃんは「私だったらみつからないようにこっそりすばやく捨ててもう1回やり直す」という大胆な意見を言ってくれたので(激爆)、その通りにしますた。ケーキとかに入れて焼いちゃってもよかったのだすが、今のところまだそんな自由に自分の作りたいケーキを作るほどの心の余裕やなんかがないので結局捨ててしまいますた。ああ、勿体無い。んでやり直したら上手くいきますた。やっぱ砂糖忘れてたみたいだす。二度と失敗しないようにせねば。
んでもってビリーでブートなDVDを人から借りたのでやってみることに。知り合いのハイジがやっていてすごい盛り上がっていたので、んじゃちょっくら私も・・・とか思ったのだすがね、思ったのはいいのだすが、とりあえず今日1枚目のDVDをやってみて撃沈。っつーか、ハイジが言うほどそんなに辛かったり途中でやめたかったりすることはなかったのだすよ。がっ、勢いについていけませぬ。何回か基本の動きを教えてくれるのだすが、そのときにはゆっくりで私も一緒にできるのだすが、「んじゃ!テンポ上げていってみよ〜」とか言われてもそんなに運動神経良くない私は同じスピードでは全然動けず。そもそもセンスも無いって感じだすよ。あ、そうか、そんなにスピードも足りてなくて全然運動量少ないから辛くないのか!てへ。な〜んだ、私って結構運動不足とかじゃないのね〜と自信過剰だったのは単なるアホですな。一日目にして除隊しそうな勢いだす。


comment コメント 0
09.09
Sun

mussels


昨日の夜遅くに無事に帰宅しますた。ムール貝も食べたし、グランプラスも行ったし思い切り観光も出来て楽しかっただすよ。買い物もちとしたりして、ちょびっとだけ散財しますた。ま、そのために働いているのだすし、こうやってたまに出かけて観光したり買い物したりするのは楽しくてたまりませぬ。明日からも頑張って働くだすよ。働かなくてもよかったらどんなにいいかとは思ったりもするだすが・・・、それをいっちゃ〜終わりだすよね。
んで帰りはブリュッセルからロンドンまでは電車でスムーズに2時間半ですた。がっ、エゲレスに着いたとたん、思い切り交通機関が未熟になり、ロンドンから私が住む街まで帰るのに大変なことになっておりますた。とりあえずロンドンから途中の駅までは電車が動いていたのだすが、そっからはバスの代替輸送となっておりおそろしいくらいに時間がかかっただすよ。普段は最短で45分でいけるはずの距離だというのに、2時間以上かかって、家に着いたら11時。あ〜〜〜、エゲレスの嫌なとこって物価が高いところとこういう公共交通機関がいけてないところだわさ・・・と帰国するなりガツンとやられた気分だす。ま、悪いところばっかりじゃなくて良いところも見て生きていかないと(それはどんなところ?疑問だすが)やっていけませぬ。
んで今日は日曜日で明日からの週に備えて買い物に行ったりとかちょこちょこと家事をして過ごしますた。

comment コメント 0
09.08
Sat

ブリュッセルにはユーロスターで来たので飛行機よりも荷物のセキュリティは楽チンだす。なんせチェックインしなくてもいいわけだすし、手荷物の制限とかもありませぬ。そのせいで気が緩んで(?)いろいろと買い物をしてしまいますた。あ〜、ワタシの懐のためには飛行機の手荷物制限はいいのかもしらん。運ぶの大変だよな・・・とか思うとモノを買う気がしなくなるのだすが、今回はついつい電車だし〜とか思ってしまっておりますたし。チョコレートもいっぱい買ってしまいますたが、他にも素敵な食器があったのでそんなものまで買ってしまいますた。服も靴もカバンも欲しいものがあっても結構我慢できるのだすが、食器類などはついつい買ってしまうという悪い癖があるだすよ。
んで、散財しているのだすが、散財ついでにおいしいものとかまで食べに行ってるだす。幸いにしてブリュッセルはそれほどまでに物価の高騰がないのか(他のヨーロッパ都市に比べてというだけの話だが)レストランとかも結構リーゾナブルだったりしまする。季節ではないと知りながらも昨晩はお約束のムール貝とかも食べてしまいますた。
とりあえずバカンスで仕事に行かなくていいっつーだけで楽しくてたまらんだすよ(爆)。昨日はグランプラス周辺とかの繁華街をうろうろしていて、ギャラリーサンクチュベールの端っこにあるカフェでランチしますた。ここはタルト類(キッシュとか)が有名らしくお昼時には人がいっぱいだす。ここでランチにパスタなんぞつついていたら(アルデンテに仕上がっていてすごくおいしかっただす)隣に日本人の観光客の女の子たちが座ってきますた。んで見ていたらレモンメレンゲパイを二人で分けてつついてビールを飲んでいた(爆)。ビールとスィーツの組み合わせに苦笑してしまったのだが(ワタシにはできない)でも、本人たちはいたってシアワセそうで楽しそうですた。んで、レモンメレンゲパイを口にしたときのその子の感想が「あまーい、なんか素朴な味だね、こういうのって日本にないよね」とのことですた。確かに、日本のスィーツはこんなにお砂糖ばりばりの甘さにすることは最近はないだすよね・・・しかもそんなでっかく切り分けたりもしないし。そっか、この甘いだけのお砂糖てんこ盛りは、よく言えば「素朴な味」になるのかと納得したりしますた。ワタシはパスタでおなかいっぱいだったのでそこのスィーツは試さなかったのだすが、見ていて明らかに甘そうですた(素朴ちっく?)。
comment コメント 0
09.06
Thu

ブリュッセルだす。生憎の天気で寒いだすよ・・・。服とかいろいろと買いたかったのだすがとりあえず街をぷらぷらしますた。ブリュッセルは本当にオランダとフランスの影響の混在でお店とかもオランダで良く見かけるチェーンの店とフランスでよく見るチェーンの店があるだす。どちらもワタシの好きな店だったりするので、両方が楽しめてうれしいだすよ。ちろっと買い物とかしたかったのだすが、行きたいパティセリー・ショコラティエがあったので行ってみますた。ぷらぷら歩いていたたのでちょうどお茶時。カフェに座ってコーヒーと一緒にガトーオペラをいただきますた。これが絶品。ああうまい。やっぱチョコレート屋のお菓子はチョコがうまいわな。
んでぷらぷらとほかの店とかも眺めたりしてみますた。有名店はどこもやっぱり芸術的に美しいケーキとかを売っているのだすが、お値段が・・・それだけに高い。まあ、単なる街のお菓子屋さんみたいなところで働いているワタシに言われたくないだしょうが。それはうらやましいくらいに美しい作品を作っていてその完璧度が求められる姿勢も納得できるのだすが。まあ、見た目って重要なんだしょうな〜。見た目がいまいちだったら食べる気しないし。でも、最近は日本もそうだけど素朴な焼き菓子とかよりも見た目がゴージャスで美しいきらきらしたインディビデュアルのケーキで飾りがいろいろとついてないと売れないのかもしれませぬ。それだけどこもレベルが上がっているということなんだしょう。個人的には飾りとかがごてごてしてないシンプルで味が勝負っていう感じの焼き菓子とか素朴な焼きっぱなしのタルトとかが好きだす。そういうのこそ職人の腕の見せ所だったりするのだと思うだす。以前に働いていたキッチンでもやっぱり飾りをつけるとよくみんなが食べてくれて(単なるチョコレートのプレートだったりするんだすが)、素朴な焼き菓子とかだと残っていたりとかしますた。エゲレス人の好みは良くわからないのだすが不思議なことにイタリア人のシェフたちはあまり飾りには惑わされないで(爆)その焼き菓子をバクバクと食べておられますた。実利主義なんすかね?確かにイタリアの素朴な焼き菓子とかって素材のよさを生かしたものとか多い気がするだす。なんといってもやっぱ味が一番大事だすがおいしそうに見えることも大事だしそのバランスは重要なんだと思うだす。ブリュッセルは有名店だけじゃなくて街のいたるところに小さいローカルなお菓子屋さんがあってそういうところのお菓子はパーフェクトに芸術品みたいに仕上がってないだすがそれでも美しくディスプレイしてあって手ごろな値段のケーキばかりでどれもおいしそうだす。しかも、街の人たちがよく買ってるし。こういうのがもっとエゲレスにも増えるといいんだすけどね。まだまだその道のりは遠い気がするだす。
ワタシがブリュッセルが好きな理由には街がそれほど旅行者からぼったくってないからだす。どこのヨーロッパの都市もここのところユーロのインフレのせいか、ホテルがびっくりするくらいに高いのだす。ロンドン、アムステルダムとかローマとか。すごいミジメなオンボロホテルのくせにぼったくり値段だったりして。それに比べるとブリュッセルのホテルはどこもリーゾナブルな値段でキレイだしすごくレベルが高いだす。今回泊まっているホテルも広くてきれいな部屋でゴージャスって感じではないすがシンプルでモダンなデザインにしてあってそれでいて二人で110ユーロとすごく良心的お値段設定で気に入っただすよ。もっと星がたくさんついたホテルとかでもそんな高くなかったりするし、ヨーロッパ旅行でブリュッセルは穴場だと思うだすよ。
んで夕食はホテルの近くの和食居酒屋に行きますた。なんで?って感じなんすが同居人が「夕食後にはちと仕事をしたい・・・」というたっての希望で近くにある和食の店だとちゃっちゃとご飯を食べられるからと言うので・・・。ブリュッセルまできてムール貝もなしかよっ!とか思ったのだすが、以前にその居酒屋に行ったらやたらとおいしかったので、しぶしぶ(?)承知しますた。しかもホテルから歩いてすぐっていうのが小雨が降る寒い天気にはやたらと魅力的だったっつーのもあるだす。んで刺身の盛り合わせと冷酒を頼んだらやたらとウマイ。うぉぉぉ。それから焼き鳥をすこしつまんで、揚げ出し豆腐をたべて・・・。カウンターに座っていたのだすが隣に一人で日本人のオヤジが焼酎をすすりながらはまちの刺身をつついていてそれがこれまたおいしそう。なのでついついワタシもまたしてもお刺身を頼んでしまいますたわさ。わかさぎのから揚げとかもおいしくて気がついたらおなかいっぱい。うぉぉぉ. んで冷酒でよっぱらってホテルに帰ってだらだらしますた。その横でワタシより冷酒を飲んだ同居人はかわいそうに仕事をしておられますたが。お疲れ様だす。その辺がこういう仕事をしている人がとても偉いと思える瞬間だす。ま、おいしい刺身つついているときに積分の話とかされたくないけどさ。

Wittamer
Pl du Grand-Sablon 12-13
02-512-3742
老舗のショコラティエ。日本にも支店があるらしい。
オペラを食べたのだけど、さすがにチョコレートのうわがけの具合は絶品でおいしかっただす。

Izakaya
123 Chaussee de Veleurgat
02-648-38-05
ブリュッセルのフレンチ部分とオランダ部分の境ぐらいに位置する(店はフレンチ圏)。さすが胃袋で知られるブリュッセル?和食も人気で地元の人が多くてすごく混んでいる。予約したほうがベター。



comment コメント 0
09.05
Wed
んでもって昨日は仕事が終わってからまたしても3日の休暇に入りますた。おほほほ。仕事始まったばっかりなのにそんなに休んでええのか?と言われてしまいそうだすが、以前から決めていたホリデーなんすよ。んですでに予約しているホリデーがあるといってたらマネージャーはこともなげに休みをOKしてくださいますた。ええのぉ〜〜。そういう意味では前職の職場よりもずっと休みやすいだす。キッチンでは仕事がぎっちり役割分担されていたのでワタシが休むと誰かがカバーしないといけないし。今のところはまだ仕事が始まったばかりというのもあるだすが、誰の仕事っつーわけでもなくみんなで手分けして仕事をするって感じなので休むとその分ほかの人の仕事分担が増えるというのもあるだすが、致命的ではないのが幸いだす。
んで3時に仕事が終わってすぐに帰宅、んで駅にいってロンドンまで電車で1時間弱。んでWaterlooまで地下鉄で行ってユーロスターでブリュッセルだす。最終の列車に乗ったのだすが思ったよりずっとスムーズに行って問題なくブリュッセルに到着しますた。ロンドンの地下鉄がおとといからストライキをしていたので最悪の場合3キロぐらい、ロンドンを縦断するのに歩かないといけないのじゃないか?とか言ってたのだすが、ノーザンラインは動いていて信じられないことに何の問題もなくユーロスターの駅までたどり着きますたわさ。さすがに、8時間の肉体労働のあとに、旅行荷物持ってロンドンの混んでいる市街地を何キロも歩くのはやだと思ってたのでよかっただすよ。ワタシは運良く動いている地下鉄に乗れたのだすが、ほかのストライキに直撃されたラインの人たちは通勤のために歩いたりしたそうだす。っつーか、こういうのがエゲレスの信じられないところだすよ。そもそもロンドン地下鉄Tubeの初乗りはいまやチケットを買うと4ポンド(1000円近く!隣の駅までいっても千円だすよ!!驚愕)、オイスターカードというスイカみたいなカードを使うと初乗り約350円だす。でも、東京の地下鉄の160円とは比べ物にならない・・・
んでもってこの値段にしてこのサービスかい!とか思うのだす。しかもなんと今回のストはメンテナンスの会社が倒産したためにそれに伴う雇用の保証が不十分であるという理由。っていうか、こんなに高い料金を利用者にふっかけておいて倒産する地下鉄って・・・いったいどうなっとんじゃ?とか疑問に思わずにはいられない。怒りを通り越して笑ってしまうだすよ。まあ、労働組合が機能しているというのは健全な労働環境なんだしょうかね〜?
んでユーロスターはかなりスムーズですた。ブリュッセルはすでに何回か来ているのだすが、いつもエゲレスからは電車で来ているだす。最近飛行機はセキュリティの関係で乗るのがとても面倒くさくなってきているのでますます列車での旅行は快適だす。ロンドンからブリュッセルまで2時間半なのでちょうど東京から京都に行くみたいな感じだしょうか?思っているよりずっと近いだす。例によって同居人の仕事についてきているので、私は思い切り観光(うふ)、おいしそうなケーキ屋さんとか適当に見て回ろうと思っておりまする。
comment コメント 0
09.02
Sun
昨日の土曜日は何をしていたのだろう?というぐらいにボーっとして一日を終えますた。とりあえず洗濯をして、それからちょこっと買い物へ。ま、それだけでも十分充実してるかちら?(ないない)。
最近やっとWebカメラを買ったのでちろっと実家の父とスカイプしてみますた。大きな顔が見えるといわれたのだすが、そりゃ〜カメラに顔を近づけすぎっていうだけの話だしょ。それでも、結構キレイに映像も映って楽しいのでまたしよっと。
んでもって夜には同居人とダビンチコードをDVDでみますた。ソフィー役の人はいいのだすが、教授役のトムハンクスがイマイチ・・・。もっと華奢で知的っつー感じの人を配役すればいいのに、とかすごい違和感ありまくり。私の中ではトムハンクスはフォレストガンプだしさ。んでもってキリスト教の知識がほとんどない無知蒙昧な私。最初にHolyGrailが何を意味しているのかわかりませんですたわさ。んでもってあとから「ああ、いわゆる聖杯のことね〜」とか納得してみたものの、「インディージョーンズでショーンコネリーのパパと探しにいってたアレね」と言ったら同居人に「君の知識はその程度かい・・・」と呆れられますた。すまんのぉ〜〜〜。ちなみに原作を読んでいないのでちっとも話についていけず。「この人たち何日も同じ服着てるよ・・・」とか、「なんか食べなくていいの?すごいおなかすいてきそうだよ」とか、しょーもないことばかりが気になってしまいますた。原作を読んでもちっと復習しようかと思っておりまする(反省)
今日の日曜日はもっと何もしない日。なんかやる気ナシ子でぼーっと一日を過ごしますた。ま、たまにはこんなのもいっか(いつもだってか?)。いやいや、家ではまったりするのが一番幸せなんすよ。

comment コメント 0
back-to-top