04.29
Sun

昨日の土曜日はびっくりするほどの晴天。みんなが外にでて気が狂ったように太陽を満喫している今日このごろ・・・、ワタシは地下のキッチンで仕事ですたわさ(大粒涙)くそ〜〜〜〜〜〜〜ぉ。ま、ランチが終わったら中休みがあるので外にでてちょびっとだけ日光浴をしますたが、それでも食料の買出しもしないといけなかったのであまり時間もなく。夕方にはまたキッチンに戻ってお仕事ですた。かなしいかな。
なんとかこの一週間を乗り切った気がしまする。まじで大変ですた。がっ、人間やればできるのよね〜(しみじみ)。っていうか、もう二度とこんなことはやりたくないけどさ、でも達成感だけは得られてよかっただす。昨日は苺のムースを作ったのだすが、ムースやババロアを作る時のゼラチンの固まり具合のタイミングを計るのがうまくなってきますた。苺のピュレを火にかけて砂糖を溶かし、それから水でふやかしておいたゼラチンを入れまする。そしてこの液体を冷まして、ゼラチンが固まり始めるタイミングで生クリームと卵白(砂糖をボイルしたものとあわ立てたイタリアンメランゲ)とあわせるのだす。ゼラチンが固まりはじめるタイミングでないと混ぜ合わせたときにさらさらの液体状になってしまって、容器に入れたら固まるときに分離して、底にゼラチンが固まってしまうのだす。少量で作るときはゼラチンが固まりかけるのを待って、それから生クリームをあわ立てて、卵白をあわ立てて、とゆっくりできるのだすが、キッチンで大量に作るときには卵白もクリームもやっぱり量が多いのでうまいタイミングでなかなか混ぜ合わせることができずに、ゼラチンが固まりすぎちゃったり・・・(しかたないのでまた湯煎にかけて溶かしたりせねばならず)。そしてあんまりゆっくりしているとゼラチンが固まり始めてしまって、容器に移すときにもたもたしたりするんだすよ。イタリアンメレンゲも砂糖がソフトボイルになてから卵白をあわ立てているところに流し込むし、メレンゲが出来上がってしまったら、それから待つこともできないし。しかもキッチンで使っている型は底がないセルクル(わっかだけ)なので、あんまり液体すぎると底から漏れてしまって全然容器にはなにも残らなかったり・・・。くぅぅ。失敗を重ねるうちにかなりうまくできるようになったのは嬉しいだすよ。やっぱ、経験なんすね〜〜。
金曜日は幸いにも午前出勤だったのだすが(同僚のパティシエが休暇中だから)、夕食はてるこさんにおまねきにあずかって、パーティですた。なんかすごいいろんなものを作ってくださっていて、嬉しいことこの上なし。ほかにてるこさんのお友達の日本人の研究者の方と、韓国人の日本語ぺらぺらのお友達がいらしたのだすが、なんかみんなでわいわいしゃべって楽しくてたまらず。
ワタシはスィート担当ということだったので、今回は苺のショートケーキを作ってお持ちしますた。あんまりこういうクリームのケーキってエゲレスでは売ってないんすよね。今は苺がちょうど出始めた季節だし(オランダ産のハウスモノがけっこう甘酸っぱくて美味しい季節)、スポンジをふんわり焼いて、それにシロップとグランマニエをたっぷりしみこませて(うひひ)、苺とクリームだけで仕上げまする。これがかなり美味しくてシアワセ〜。やっぱショートケーキはケーキの王道だわな。最近日本に帰ったりしてケーキ屋さんに行くことがあると、とりあえずショートケーキを食べることにしておりまする。王道っていうか、こういう基本のものがそのお店の個性がでると思うし。確かにいろんなところで食べ比べると楽しかったりするだす。ワタシの中ではしばらくこの苺のショートケーキが流行りだす。


comment コメント 0
04.26
Thu
今日はかなり忙しかった。そしてパティシエの人がいないから全部一人でやらないといけなくて、朝からきりきりきりきり。オーブンの容量が限られていて、そして私の腕も2本しかなく、私は一人しかいなく。。。最大限に効率よく仕事ができるようにひたすら頭使って仕事回しますた。プロフィトロールを100人分作って、ランチに出すクレープ(これは20人分)ちゃっちゃと作成。それから、キャロットケーキのアイシングがけをして、ランチのアーモンドタルトを作って、カスタードクリーム(8リットル)をつくって、その時点でふぅ〜〜〜〜(ぜぇはぁ)。それからババロアのベースにするスポンジ(チョコレート味)を焼いて、そしてコーヒーババロア(100人分)を作りますた。うぉぉぉぉ。2時に仕事が終わったときには、すごい自分のその仕事っぷりに惚れ惚れしますた(自画自賛)。やり直しもなく、すべてがスムーズに運んだのでうまくいって、ちゃっちゃと仕事ができてマジよかっただす。その後はただただ洗い物の山だったのだすが、午後のシフトで現れたアシスタントのジンジャー君が私のした仕事量をみて感心してくれて(いい子だ)「ネコちゃんもう帰っていいよ、あとはボクが洗い物しておくから」などと、普段は絶対言わない台詞を言ってくれて私は解放されますた。すんばらしい。でも、もう二度とこんなことはやりたくないだすよ。こんなフル回転毎日してたら死んでしまうだす。
昨日の夕食後に家で洗い物をしていたら、同居人が大事にしているマグカップのふちをかけさせてしまいますた。ほかのお皿とあらって、ぱっこん・・・。ひえぇぇぇ。実はこれが一度じゃなくて、二度目。そう、3個しかないマグカップの2個のふちがかけてしもうて、両方とも私の仕業だす。同居人はかなりお怒りで(すまんこってすって)、なんで?なんで?二度もおんなじこと起こるの?ともだえておりますた。すまんのぉ〜〜〜。でもさ、ほら、また新しいの買えばいいじゃん〜?と人事のワタシ。っつーか、かけさせたのはワタシだというのに。おほほほ。形あるものいつかは壊れるっていうじゃん。とか開き直って、ますます同居人の怒りを買ったりしますた。とりあえず何か新しいものを買って返すことになりますた。週末にでも買い物に行ってくるだすよ。
そして今日は週に一度の外食の日。最近テイクアウトが多かったのだすが、今日はひさびさにレストランにいきますた。昔よく行っていたところなんすが、最近はご無沙汰だったので、久々に行ってみますた。美味しかったけど、食べ過ぎておなかがくるちいだす。
comment コメント 0
04.25
Wed

平日オフの日だす。ひさびさに何の予定も入れずにまったりと過ごしますた。とりあえず朝は寝坊しまくって、それからパジャマでぷらぷら。んでネットして、おやつ食べて。怠惰の見本のような生活。それからご無沙汰していた友達にメールしたりとか。もう、なんかとりあえずやりたい放題だすよ。
んで、ひさびさにず〜〜と昔の友達とチャットしますた。その子は長い間、既婚者と付き合っていて、何度も別れるだの、相手が奥さんと離婚するだのの話が持ち上がってはまたずるずる・・・。そんな関係を8年も続けておりますた。それだけでも聞くとかなりしんどい話なのだすが、この3月にホントにその既婚彼と別れたそうだす。その別れるのも大変だったらしく、まだいろんな気持ちが交錯しているみたいなんすが。とりあえず本当にキッパリと別れたみたいだす。これまで何度も別れるとかもう会わないとか言ってはよりが戻っていたのでちょびっと進歩かな。結局最後は一緒にいても、お互いにつらいだけと思ったらしんどくなったみたいだす。その彼は何度も奥さんとは離婚すると言ってたらしいのだすが、結局は奥さんのところに戻ったそうな。
そういう話を聞くと、結婚ってなんなんだろう?とか思ってしまうだす。奥さん以外のガールフレンドがいて、そしてそのガールフレンドには奥さんと離婚するといい続けて8年。そして、その彼が離婚したいと言ったらその奥さんが絶対に離婚はしないと言ったので、戦うのもイヤなのでその彼は結局は離婚はしない決心をしたと、彼女は言っておりますた。
そして「でもね、奥さんが離婚に応じてくれたら、きっと私と一緒になっていたんだと思うのよ」という彼女の言葉をきいてなんだか寂しくなってしまいますた。そんな奥さんが要らないっつーオトコと一緒になってどうするよ?とか思ってしもうのたのだすが。でも、この恋愛で彼女は相当消耗しているし、この別れてからの1ヶ月ぐらいはかなり辛かったと思うだす。そう思うと今は彼女にはとりあえず元気になって欲しいと思いますた。そんでもって、「8年も付き合って、結局なにも残らなかったよ、そんでもって自分は年だけとっちゃて36歳。もうほかに結婚相手なんてみつからない(涙)」そうだす。やっぱ既婚者との恋愛って早いところけりをつけないとお互いに消耗するだけなのかもしらん。本当に好きだったら、きちんとパートナーと別れてやりなおすこともできるはずだし、そうじゃなくてただずるずるするしているとそれは恋愛でもなく、パートナーとしての絆を構築するわけでもなく、なんだか虚しい関係になってしまうだけなのかもしれないと思ったりしますた。
去年にDSを手に入れて以来ほそぼそと、ずっと「どうぶつの森」をやっているのだすが、これって家のローンを払い終わるとすぐに悪徳商人たぬきちにむりやり大きい家のローンを組まされるのだすね(涙)。ちょこちょことやっているうちに家は3階建ての豪華な家にはなりますたが、なんだかな〜。こんなリアルなゲームを子供がするのか?と思ったら寂しい気がしたりして。しかも、これって通信とかしてやるともっと面白いゲームならしいだすが、誰も友達がいないので(寂)一人でやるだけだすよ!(涙)
とはいえ、そろそろ別のゲームもやりたいだす。今度日本に帰ったときにはMother3とか買おうっと。(あ、3だっけ?)DSでもできると聞いてすごくやりたくなりますた。むかし、大学院生の頃にスーパーファミコンでMother2をやっていたのだすが、これがすごいはまってますた。朝早起きをしてとりあえずゲームやってから大学に行き、そして大学で実験しまくって、帰宅したらコートを脱ぐよりも前にゲームの電源を入れるという生活を一ヶ月しておりますた。すごい充実した期間だったよなぁ〜(え?)遠い目。


comment コメント 0
04.23
Mon

また長い2週間の始まりだす。この週末は結構ちゃんと休めたので今日は仕事に行くのもそれほど辛くなかっただす。これが、だんだん週末に向けてしんどくなるんだわな(涙)
新しく入ってきたシェフがいるのだすが、手持ち無沙汰なのか、パティセリーの部門を手伝ってくれますた。がっ、ベーキングの予備知識がまったくない人なのでいちいち説明しないといけないので疲れるだすよ。単純作業だけお願いするのだすが、いちいち仕事を与えるのもめんどい感じですた。
んでもって、若そうに見えるのだすが実は結構年をとっているのか?二十歳そこそこだとおもったけど違うみたいだす。急に「君は子供いるの?」とか聞かれてビビリますた。「ええっえ?いないよっ!」と真っ向から反論。ま、よく考えたら子供がいてもおかしくない年なので、そんな不思議なこともないのだすが、いきなりの質問の意図がわからずに、結構ムキになっていたのだす。でも、「ボクは1歳の娘がいるんだ」と嬉しそうに写真を見せてくれますた。あ、そういうことね、自分の子供の話がしたかったのね。
ちと安心しますた(何が?)。しかしだ、私はこういう人の子供の話が苦手なんすよ。うちの子はどうだ、とかこうだとか言われても「うわ〜〜、かわいいですね〜〜」とかしか言いようがなく。たぶん、私にも子供がいたらノリノリでいろんな話が盛り上がってできるのかもしれませぬが。。。
よくキッチンでシェフ同士が子供の話とかをしているのが聞こえてくるだす。んで、私はパティシエの人と(同じく子供ナシ)「私は子供はいらないし、持つことになる予定もないけど、もし、仮に間違って(?謎)子供を持つことになったとしても、絶対に職場で子供自慢とか話はしたくないぜ」と言い切っておりますた。パティシエの人も「んだんだ」すごく賛同しておりますたが、二人とも「とかなんとか言っておきながら、きっとみんな子供ができたらあんなになるんだろうな・・・」とも言っていたのだすが。パティシエの人は私が「うんにゃ、私は違う!」と断言していたら「よっしゃ、その言葉を録音しておいて。。。」とかなんとか。ま、そんなものなんだしょうが。
午後のシフトの週の月曜日の朝は家の掃除をすることにしておりまする。掃除機をかけて、床も掃除。いつもは雑巾がけをするのだすが、結構大変なので、この週末に買い物に行った折にモップを買いますた。これが、すっごいスーパー素晴らしい。赤いバケツと赤いモップ(の柄)がかわいくて気に入って買ったのだすが、モップの機能もかなりスグレモノ。最近はこういのは進化しているのね〜。化繊のモップ先がついていて何回か使って磨耗したら新しいものと取り替えられるようになっておりまする。結構よく絞れるし、床もきれいになるだすよ。しかも、雑巾がけはかなり大変だったのが、モップのおかげでらくらく。あ〜〜〜、もっと早くに買えばよかったよ、これぐらい。
よく考えたら、この国は靴で生活する人が多いから(我が家は家では靴を脱いでおりまするが)、床の掃除のためにモップを使う人が多いのかもしれませぬ。素敵なモップがかなり気に入って今度から掃除が楽になるので嬉しいだすよ。


comment コメント 0
04.21
Sat

今週は結構忙しくなくて良い週ですた。しかも、私は週末休み。うふ。
昨日は思い切って和のデザートを。抹茶ゼリーを作って出してみますた。やっぱ、思ったとおりいまいち手を出す人が少なかったらしく、たくさん残ってますたがな。うーん、まあ、あの緑の色がね〜、知らなかったらおどろおどろしいよな。あんこもちょこっと乗っけてたんだけど、それがさらに知らない人には恐ろしい雰囲気をかもし出してたかもね(ぎゃははははは)
残ったものをお持ち帰りして、午後にてるこさんのところに行ってお茶しますた。てるこさんは器にもう残ってないんじゃないの?っちゅーくらいにスプーンで最後の最後まですくってたべてたので、日本人にはなかなかおいしいものであるのだしょう。抹茶は結構良いものをつかったので香りも高くおいしいものですた。ま、今度はこれに懲りずに抹茶シフォンケーキでも作ってみようかな。
んでもって、そうだすよ、ちょびっと時間に余裕がある週だったので、試作品でオペラも作ってみますた。ジョコンドというアーモンドの入ったスポンジにコーヒーのシロップをたっぷりしみこませて、チョコレートのガナッシュとコーヒーのバタークリームをサンドして、チョコレートのコーティングをするケーキだす。手間がかかるので時間に余裕があるときしか作れないのだすが、これが結構上手にできますた。ご満悦で試食もたんまりして(やばい、出バラになる!涙)帰宅。てるこさん宅でお茶をしていたら、材料のストックを聞きたくて電話してきたパティシエの彼が開口一番「ネコちゃん!このオペラ最高!うまいよ、うまいよ」と言ってくれたのでうれしかっただすよ。えへへへ。スポンジもきれいに薄く焼けたし、最後のグラサージュ(チョコレートのうわがけ)とかも、すっごくきれいにできて、カットした断面も完璧だったんすよ。あ〜〜、こういうのができるとその日は気分爽快だわな。失敗するとかなり落ち込むんだけどさ(その方が多い)。ヘッドシェフと検討して定番メニューに入れてくれるそうだす。ありがたいのだすが、この手間のかかるお菓子を忙しいときに作れといわれたらかなり苦痛であろうと、思ったりもしますたわさ。
今日は中途半端な天気でそれほど快晴ではないのだすが、まあまあかな。んで先週手に入らなかったガーデンテーブルがなんとエゲレスにしては珍しく、ちゃんと注文した品が届いたというので取りに行ってきますた。大きさもちょうどだし、ちとお高めだったけどまあ気に入ったものが買えてよかっただすよ。うちは車がないので運ぶのに苦労しますたが、なんとか同居人と一緒に運んで持ち帰りできますた。こんなもん手で運んでいるやつなんていないっつーくらいにみんな車もってるんすかね?
そして数ヶ月前からの「ブリティッシュガスとの戦い」。クレームをつけてもなんも改善されないし、それどころかどんどんどつぼにはまってるんすが、なんとそれは私だけじゃなかったらしい。昨日のBBCのニュースでブリティッシュガスのクレーム率の高さが批判されておりますた。しかも、私よりも深刻な状況である人もわんさかいるようだ(滝汗)。そのニュースに出ていた人は一人暮らしのご婦人なのに、あるとき急に手違いで2300ポンド(50万円ぐらい?)の請求書が届いたらしい。笑っちゃうだすよ!!!すんげ〜高いガス代!!!なんでも請求書のシステムを自動化したらしいのだすが、ぜんぜんうまく機能してなくて、しかもクレームもさばききれてないらしいだす。ちなみに、私も解決できないこのガス会社との戦い。1月から今まで8回も電話入れてますが、いまだ解決しておりませぬ。勘弁してくれよ・・・


comment コメント 0
04.17
Tue
今週は思い切り楽チンな週だす。そんなにたくさんディナーもなく、そしてほどほどに準備するものがあるという。おかげで、試してみたい新しいレシピとかそういうのをいくつか実践してみたりしておりまする。すんばらしい!こういうのってええわ〜〜〜〜とアシスタントのジンジャー君と言っておりますた。がっ、そうは問屋が卸さないのが普通だすよね。来週からはまたしても地獄の一週間となりまする。しかも、パティシエのバカヤローが一週間留守にするらしい。。。出かけるなら今週にしてくれりゃいいのに。超忙しくなること必至だすよ。
庭にある桜の木は満開を経て散り始めますた。小さい庭にところ狭しと立っていてすごく邪魔だったりするのだすが、この季節だけは楽しめまする。根が張りすぎてきてとても危険なので、これ以上木が大きくならないように植木屋さんを呼んできり戻してもらいまする。昨日下見に来てくれたのだすが、夏前ぐらいにキレイに剪定してくれるそうな。
不届きにも父親の誕生日を忘れておりますた。なんとも親不孝。ママンからメールをもらって「はっ、しまった(滝汗)」。こんな親不孝モノの私をどうかお許しくださいませ。離れて暮らしているのだから、せめてこういうときぐらいちゃんとしないといけないというのに。かな〜〜〜り自己嫌悪だすよ。
てるこさんからおすそ分け〜と言ってもらった最中。うはっ、うれし〜〜〜と思って夕食後に開けてみたら、賞味期限ぎれ。うっ。。。どうしよっかな〜?と思って開けてみたらやっぱりカビていた。寂しい。。。きっと大事にしておいてあったんだろうな。気持ちだけいただいておきますた。
comment コメント 0
04.15
Sun
そして週末。昨日は仕事だったのだすが、今日はお休みですた。んでもって、両日ともびっくりするくらいの快晴。どうしよ〜〜〜?っていうくらいにお天気がよかっただすよ。昨日は昼過ぎに買い物に行ったら、スーパーはがらがらだった・・・。そりゃそうだ、こんな天気がいいときには誰も買い物なんかいかないわな。
今日は朝からずっと庭に座って読書。もう天気が良すぎておかしくなりそうなくらいに日光浴して満足満足。庭の手入れもちょこっと。小さいとはいえども、猫の額のような庭があるのだから、天気が良くなってきたらガーデンセットでも買って庭で食事をしようと同居人と合意。んで、小さい庭用のテーブルを買うことにしますた。
天気がよかったので、ちょっと遠いのだすがショッピングセンターまで歩いていって手ごろなテーブルを選んで買うことにしますた。いろいろ見て回った結果「これよ、これこれ」と二人とも思ったテーブルがあったので、お店の人に言って買おうとしたら「すいません在庫がもうありません」とのこと。んでもって、倉庫から取り寄せると5週間かかるとな。大笑い。「注文もできますけど」といわれたので、その違いはわからなかったのだが注文することにしますた。注文すると1週間で取り寄せられるそうだす。まったくもって意味不明。たぶん、注文というのはお金を前もって払ってしまうということを意味するのだと解釈していいのだろうか(?)謎なんだすが。
そして注文しようとしたら、キャッシャーのネットワークが落ちていて今日は注文できないとな。ぎゃははははははは。もうここまできたら笑うしかない。しかも、その店員は「んじゃ、また明日きてください」とこともなげに言う。
私はすっかりエゲレスにも慣れているので、このサービスという言葉のかけらもない接客の恐ろしさもまったくもって驚かないだすよ。
在庫管理もせずに、ストックのない商品を堂々と陳列して取り寄せ5週間とかのたまい、カネを払ったら(?)一週間で取り寄せてやると脅しておきながら、挙句の果てに最後には今日は無理と最後に言い放つあたり・・・。同居人とひたすら呆れますたが、なれっこになっているのでそんなところでいかったりしてエネルギーも使いたくないし「あ、そうですか」といってすごすごと引き下がってきますた。とりあえず、注文したいという旨を伝えたら名前とか住所とか聞かれたので、そんなこと聞いておきながらまったくもって注文も何も起こらないであろうことは、エスパーじゃなくても予想できるこのエゲレスなんすが(かなり嫌味)、いつかそのガーデン用テーブルが手に入ることを祈るのみだす。サイズといい、デザインといい、値段といい、ちょうど欲しい感じにぴったりだったんすよね。
今日はお昼にはざるそばを食べますた。夏になるとおそばが食べたくなりまする。んでもって夜は焼きそば。ヌードルばっか食べてるよ。
さて、明日はまた朝から仕事だす。がんばらねば。
comment コメント 0
04.13
Fri

今週はお休みの後だったのだすが仕事的には楽な仕事でよかっただす。でも、なんかいろんなマネージメントの改良があるらしく、働く時間の制限とかうるさいことを言うようになってきました。そもそも、私はパティセリーの部門で働いていてとても人手が足りないくらいでいつもいっぱいいっぱいなのですが、キッチンはときどき人がだぶついているみたいで、そのぷらぷらしている人に勧告という形だったようだす。でもね〜〜〜、なんちゅーか、結局まじめにしている人が損をするっていうような形で成り立っているような気がしてなんだか、こういう話を聞くにつれてばかばかしい気がしまする。
ホリデーに行っていたてるこさんたちが帰宅されますた。なので猫ちゃんのお世話はこれで終了だす。なんかちょびっと寂しいだすよ。なんせ毎日せっせと餌をやりにいっていたわけだすし。結構なついてくれてかわいかっただす。また、たびたびおじゃまさせてもらおうと画策しておりまする。
同居人は出張で出かけているのだすが、本日帰宅する予定だす。さっき飛行機に搭乗するところだという連絡をもらったのだすが、なんと今日は13日の金曜日である上に、座席が13番だったらしい(恐怖)。いや、全然信じてないけどさ、でも、やっぱなんとなく飛行機でそれってイヤだよな・・・。無事に帰宅することを祈るのみだすよ。
今週は週末も働くシフトだす。なので明日は早起きしないといけないのだすが(くぅぅぅ)、午前中だけ仕事すればいいらしいのでよかっただす。えへへ。そして日曜日はオフだす。がっ、来週からは忙しくなりそうなので、結構面倒くさいだすよ。


comment コメント 0
04.10
Tue
昨日のイースター休み最終日の月曜日。とりあえず、この休みはなんもしてませぬ。本当に毎日毎日ボーっとして過ごしますた。こんなまったり休める休みも貴重でうれしい限りだす。人間休息は必要だすよ。とかいって、私はしょっちゅうまったりしている気もしまするが。
夕食は焼き餃子。なんのことはない、前日の蒸し餃子を作ったときにたくさん餃子をまるめたので、翌日は焼きにしてみただけ。これぞ、本式?焼いてもやっぱり餃子はおいしい。幸せだわな。あと土鍋でご飯を炊いてジャコ飯にしてみた。おいしいちりめんをもらったので。これもおいしくて、やたら幸せだった。
今日は本当は午前中には家事をして庭仕事をしようと思っていたのだけど、朝からメールとかしていたらすっかり時間が。でもって、本当は今日は午後から勤務のハズなんだすが、どうやら今日はなんのDinnerも予定されていないらしく、休暇をいただきますた。ヘッドシェフから「今日は休みにしていいよーーー」という電話をもらって飛び上がるほど喜んでいたしだいだす。えへへへへ。明日は平日オフの日だし、先週の金曜日から6連休でこのイースター休みだすよ。贅沢だわな〜〜〜〜
ちょっくら街に行ってカウンシル(市役所?)でちょっとした用事。それから同居人とカフェでランチをして、買い物をして帰宅しますた。庭に植える苗を何か買おうと思っていたのに、すっかり忘れてぷらぷらとかえってきてしもうた。ま、庭仕事は明日でもいいか。
こうやってまったりと毎日が過ぎていくのも悪くないだす。
comment コメント 0
04.09
Mon
イースターだす。昨日はイースター当日ということで何をしたかというと、庭に座ってごろごろと本を読み、日向ぼっこ。もう、この天気は信じられないくらいにうれしい。ありがたいことにこの休みの間ずっとこの天気だすよ。夜にはイースターメニュー(?)ということで蒸し餃子をしますた。いや、ぜんぜんイースターじゃないけど、なんとなく手の込んだ料理が食べたかったもんで。。。
庭の手入れをちょびっとしたりとか、仕事のレシピの整理をしたりとかしているのだすが、それ以外はずっと庭で太陽をさんさんと浴びながら本を読んだりネットしたりしていますた。
我が家の庭はすごく狭いのだすが、桜の木があるのだす。ちょうど今が見ごろなので(これも非常にうれしい)桜をめでながら、おにぎり食べたり、ビール飲んだり、コーヒー飲んだり。。。とりあえず日中はずっと庭にいるという生活をしておりまする。先週はずっと仕事が忙しかったのでこういうまったりしたお休みはとてもうれしいだすよ。同居人も休み明けに出張があってそのプレゼンを準備しないといけないみたいだすが、それでもまったりと庭に座って仕事をしたりしているので、休みを満喫することはできているみたいでよかっただす。
この休みを利用して友人のてるこさんは一家で旅行にでかけていってしまっているので、その間に猫シッターを頼まれますた。猫好きの私としてはたまらんくらいにうれしいことだすよ。なんせ毎日猫に会える。それに仕事が忙しいときだったら面倒になるかもしれませぬが、なんせ今は暇だし。なので、毎日夕方にてるこさんのおうちに出かけていって猫と戯れるという幸せも味わっておりまする。ほんの1ブロック先の彼女の家まで歩いていって鍵をあけると、猫ちゃんたちに熱烈歓迎されまする。そりゃそうだ、餌をやりにいってるんだから、歓迎されて当たり前だ。んで、普段から人懐っこい子も普段はなかなか触らせてくれない子も、餌をやるととたんにおとなしくなってなでさせてくれたりするので、やりたい放題しておりまする。今週末までこの楽しい日課がまっておりまする。えへへへ。
昨日は同居人も同行して猫がかわいくてたまらなくなる大作戦。というのも、猫を飼いたいと思っているのだす。私は両親が猫好きでずっと猫のいる家に育ったのだすが、同居人は猫も犬も動物を飼ったこともないらしく、二の足を踏んでおりまする。がっ、てるこさんのところのかわいい猫ちゃんたちをみて思いっきり自分もほしくなってくれないかな〜と画策しているのだすが、その効果やいかに。
comment コメント 0
04.07
Sat
昨日は同僚のパティシエであるビンセント君と奥様を招いてディナーをしますた。私と交代するシフトで働いている彼と食事をするのは結構難しく、このイースター休みが恰好のチャンスというわけだす。
ビンセント君はイタリア人にしては珍しく外国の食べ物も大好きだす。私の知っているイタリア人はたいていイタリア料理以外は料理でないというくらいに愛国精神が旺盛で、どちらかというと食わず嫌いなんじゃないか?って感じの人が多かったのだすよ。なので和食も大好き!という彼はかなり異色だす。いつも日本の食べ物について聞かれるので、説明したりしたますた。そんでもって、彼は街にあるなーんちゃって和食のレストランにもよく足を運んでいるみたいで「僕はコンビ餅が好きだよ!」とか言われますた。なにかと思ったらそのレストランでみたらし団子と三色団子をそんな名前で出しているらしいだす(爆)
一応シェフを招くので、料理は気合を入れて作りますた。オードブルと称して前菜にはちょっとづつ、きんぴらとか、ひじきの煮物とか、サーモンの握り寿司を小さいお皿に盛り合わせて。それから私が一番好きなゴマダレのなすの蒸し物。本当はシソの葉を散らすのだすが、今は冬で育ててないのでミントやバジルで代用しますた。んで、メインはSea Bassのホイル蒸し。レモンのスライスとねぎをたくさんちらして、しいたけやなんかのマッシュルームを入れてホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにしてポン酢でいただきますた。これが激ウマ。めっちゃ幸せですわさ。ご飯ものは散らし寿司。
んで、デザートはアンミツにしようか白玉にしようか迷いますた。さすがにパティシエ相手にタルトとかティラミスは出せませんだ。んで白玉ぜんざいでもいいかなー、と思ってたのだすが、迷った末に抹茶白玉にしますた。これが大正解。すごく喜んでもらえてよかっただすよ。
話も大いに盛り上がって、とりあえず職場のゴシップネタは尽きず。最大の発見はヘッドシェフがゲイであること!ビンセント君には「え?ネコちゃん知らなかったの?きっと職場中のみんな知ってるよ、ネコちゃんだけじゃない?・・・」といわれますた。そういえば、言われてみたら、ときどきヘッドシェフが連れてくるすっごく感じの良いナイスガイがいたのだすが、私はてっきり友人かと思っていたらパートナーだそうだす。なーんだ、そうだったのか・・・。しらなかっただすよ。。。でも、すっごい、いい人なので、パートナーもナイスガイなんだわな、と納得した次第だす。
んでもってもうひとつびっくりしたのは、ハンガリー人のキャッシャーの女の子とウエイターの男の子のカップルがいるのだすが、彼らは2年で1千万貯めたそうだす。すげ〜〜〜〜〜。確かに今の職場はまかないが出るので食事はいらないし、たぶん使うお金は家賃と光熱費だけ。しかも彼女はキャッシュジョブとかいって夜にはクリーニングとかもしているみたいだし、ボーイフレンドも別の場所でウェイターとかもしているみたいだす。とりあえず、起きている時間は働くという精神。す、すごすぎる。
み、見習おうか?といいつつも、私もビンセント君も「む、むり・・・絶対にできない」と言って笑ってしまいますた。彼いわく、「ネコちゃんもさ、そのスィーツに向ける情熱と同じくらい、Moneyにも情熱があればできるかもよ?」といわれて爆笑してしまいますた。確かに、お金を貯めようと思ったら、お金に対する執着心というものは必要かもしれませぬ。少なくとも、無駄遣いをしないで生きていくように心がけたいものだす。
comment コメント 0
04.06
Fri

復活祭だす。なにが良いんだか?と毎年言っているような気がするGood Friday.休みになるから素晴らしくGoodなんだすよ!このイースターの期間は今日の金曜日と来週の月曜日が休みで4連休。やった〜〜〜、やった〜〜〜。昨日はランチまでに大体の仕事が終わって、その後はキレイに掃除をして同僚とハッピーイースターと言って挨拶をして仕事終了。たった4日間だけなんだすが、しばらく休みになるのはありがたいだすよ。その分、ずっとフル回転じゃなくて、昨日は70人ぐらいのランチのみだったし(普段は200人以上)、また次の火曜日とかもDinnerの予定は入ってなかったみたいだし。実際に休みになるのは4日間だけだすが、実は1週間ぐらいのちょびっと気楽期間ができるのでありがたいだす。
2時過ぎに仕事が終わって職場をでたら、快晴。空が青い、太陽がまぶしい。こんなこと滅多にないエゲレスなので、もう人は浮かれまくりだすよ。街にはタンクトップのお姉ちゃんとかまでうろうろしておる。っていうか・・・そんな気が早くてどうするよ?といつも思うのだすが、でも、こんな天気の良い日に家のなかにいるのはバカばかしいと心底思ってしまうので、文庫本と雑誌をもって植物園にいきますた。ちょうど桜が満開でキレイ。2,3本しかないのでお花見とまではいかないのだすが、それでもキレイな桜をみると心が和むだす。日光浴をしながらまったりと本を読んでシアワセ。同じくオフィスにいるのはばかばかしいと思ったらしい同居人も植物園に来て座ってレフェリーの仕事などをしておられますた。
夕食は手抜きの木曜日なので、近くのインド料理店でカレーのTake Awayをしてウチで食べますた。


comment コメント 0
04.04
Wed

今日は同居人の誕生日ですた。ストレスフルな仕事を終えて、同僚のパティシエと仕事の打ち合わせ+愚痴大会。最後には「気にするな、気にするな、もっと流して、流して!」といって励まされますた。ま、無理難題言われていることも確かなのですべてをマトモに受け入れていたら身が持たないというのは事実だす。んで、早々に帰宅しますた。
今日は同居人の誕生日だったので二人でお祝いだす。本当はロンドンでもでかけて、どっかレストランでも行く?とか言ってたのだすがお互いに今週は仕事忙しいし、私は明日も早朝から仕事だし、ということで家で祝うことにしますた。まあ、ヘタなレストランに行くよりもおいしいものが作れるし(自画自賛)、そのほうが楽しめていいだすよ。そういう点で、この国は外食の楽しみがなくて残念だすよ。日本も安くて美味しいレストランがあるし、フランスやイタリアもそうだけど、エゲレスはそういう意味では外食文化は発展途上だす。有名なレストランとかは名前だけで高かったり、雰囲気を味わったりするものっていう感じがあるだすよ。それだったらウチで美味しいものを作って食べるほうがまずいものに高いお金を払わなくてもいいし、シアワセだす。
んで、今日はラム肉のラックにしますた。さっぱりしたのが好きなのでこってりソースもなし。ローズマリーとガーリックをたっぷり入れてオーブンでグリル。これが、かなり美味しい、あ〜〜シアワセ。前菜はエンダイブとくるみのサラダ。ロックフォールチーズと蜂蜜レモンのドレッシングでいただきまする。このサラダはすごく簡単なのにゴージャスなので気に入っておりまする。以前にフランスかどっかのレストランでお皿いっぱいに出てきてとても美味しかったのでそれ以来私の定番メニューになっておりまする。同居人とシャンペンとかあけちゃってとても楽しく誕生日を過ごしますた。よかった、よかった。
明日が終わったらイースター休みに入るので4日間仕事はお休みだす。いやっほ〜〜〜〜、とりあえず明日頑張るだすよ。


comment コメント 0
04.03
Tue
今週は午前中のシフトだすよ。昨日はランチが終わってからはやることも少なくてぼーっとシンクを磨いたり掃除をしたりとかしてますた。んでもって、今日行ってみたらびっくり。リクエストシート(何を作るのかとかの指示が書いてあるシート)が急に貼ってあってやることてんこ盛り。っつーか、マネージャーが昨日貼るのを忘れたみたいだす。も〜〜〜、こういうのやめてくれよ!昨日からちゃんと段取り良くやってたらこんなに焦ることなくできるっちゅーのに!しかも材料も全然そろってないし、マネージメント能力を疑うだすよ。
いやいや、仕事が終わってから仕事のことを考えるのはやめることにしたんだす。なんとかなるさ、ということでストレスもためずに。職場の門をでたら強制リセット、強制リセットと。
ネットが普及してからというもの、海外に住んでいても友人とメールはできるし、チャットもできるし、情報はふんだんに手にはいるし、こんな便利なものはないと思う。朝日新聞がネットで読めるアサヒコムというのは海外在住の私にとっては非常にありがたい限りなのだ。これほどインターネットがそれほど普及してなかったころでも、仕事上ではネットを使うことが多かったので、アサヒコムには長い間お世話になっている。今はADSLとかあって家でもネットができるし、大学でしかできなかった当時を思うとネット環境も格段に便利になっていると思うだす。
AICという毎週コラムを乗せているサイトがあって、これが結構気に入っていた。1997年に発足して以来ずっと愛読していた。紙面上に乗らないという気負いがないのか?ずばりと書いてあることがあったりして、興味深かった。編集をしていたのは穴吹史士さんというライターで、その気負いのなさを前面にだしたさらっとした文体がすごく好きだったのだ。コラムニストが入れ替わったりして、2005年から急にアスパラクラブという朝日新聞の会員制のクラブに移行してしまった。会員になるのは無料なのだが、日本語入力が必要だったみたいで、私のような海外在住組からは批判が相次ぐスタートとなってしまったようだ。確かに、ここでは日本語は読めても日本語はかけないというPC環境も多いだすよ。
この無料とはいえ、会員制というのはかなり不満だった。なんせ、いちいちログインしないと読めない。そんでもって面倒くさくなって、だんだん足が遠のいてしまって、たまにログインしてまとめて読んだりするようになった。以前は毎日更新されるたびに読んでいたというのに。そしてこの無料会員制というのが曲者で、実は朝日新聞を購読している人のみが読めるという記事がいくつか存在した。最初はそれほどでもなかったというのに、この2年の間にどんどんその「新聞購読者」限定の記事が増えていって、すごく嫌な予感がしていた。
そして、この3月で10年を迎えたAICが終わってしまった(大粒涙)。穴吹さんが病気を理由に編集をやめてしまったのも大きいのかもしれない。私が気に入っていた高成田亨さんのコラムは別のコーナーに引き継がれて、それは残念なことに新聞購読会員しか読めなくなってしもうた。こんな地の果てで新聞を購読なんてできないし(衛星版とかあるみたいだけど、きっとごっつい高いんだろうな)、海外在住の人は新聞を購読しなくても読めるようにしてくれたりしないのかちら?とか未練たらしく思ったりするだすよ。
まあ、ネットが普及したおかげで、いろんなサイトが無限大に読めるようになりますた。インターネットが始まった当初にはこんなになるとは思ってもいなかったことだすよ。だから別に新聞のコラムに限らなくても、読める記事はたくさんあるし、プロのライターがブログとかを公開してくれていたりもするわけだし、いろいろと開拓して好きなサイトを探せばいいのだと思っておりまする。それがネットのよさでもあるわけだすし

comment コメント 0
04.01
Sun
土曜日は本当は一日中仕事なのだすが、昨日は夕食にデザートをださないメニューだったみたいで私は午後からオフですた。すごいラッキー。えへへ。
そして午後からはてるこさんと一緒に近くに花見にでかけますた。日本ほど桜があるわけではないのだすが、ちょこちょこと1本とか2本とか桜が咲いているところがあるだす。近くの墓地にきれいな桜の木があるのでそれを二人で見て、それからカレッジとかの庭も見に行きますた。桜はやっぱりキレイでだし、この季節になると日本がすごく恋しくなるだす。
同居人が出張でいないので、夕食にも誘ってくださいますた。もちろん、遠慮なくお邪魔しますたわさ。そんでもってメニューはとんかつ。しっかりたたいて薄くしてミラノ風のカツレツみたいにして揚げたのだすが、これが激ウマ。あ〜、ごちそうさま〜〜(感謝)
そして夕食のときの話題は彼女の家の外装についてだったのだす。てるこさんの旦那様はスティーブといってイギリス人なのだすが、かなり口が達者。。。そしててるこさんがあまり賛成してなかった外装について、スティーブがDIYでさっさと実行してしまったらしく、それについての口論ですた。すごいよ。夫婦喧嘩っつーよりも、聞いているだけで疲れるくらいのスティーブの屁理屈。そう、まさしく、それは屁理屈!とか思って聞いておりますた。こりゃ〜〜、何か一緒に決め事するのにこれだけ言われたらすごい疲れるであろうとてるこさんにひたすら同情。本人も「これって、ときどき疲れるのよ」と言っておられますたが。
まあ、夫婦のことは夫婦にしかわからないし、それぞれの関係があるのだと思うのだすが、とりあえず人の家庭を垣間見て新鮮ですた(爆)
同居人はどっちかというと争いを好まないタイプの人間で、ごりごりと押しが強かったりするスティーブとかとは正反対の性格だす。同居人はなるだけ口論になったりする状況を避ける技に長けていて、なぜか私とは口論になったりすることは少ないだす。ほとんど皆無だすよ。なので私は心穏やかに(爆)生活していけるので、それはとても感謝しているのだす。んでもって、今日は人の家でこの激しい屁理屈の言い合い(まあ、それが夫婦喧嘩というものなのかもしれないが)を聞いて、ますます我が同居人に感謝した次第だす。
でも、おもしろかったけどね。

comment コメント 0
back-to-top