11.29
Wed
ああ。。。今日も地獄ですた(鬱)。もうテンパッテるって感じだすよ。かなり要領は良くなってきたし、いろんなことがちゃっちゃと出来るようになっているのだすが、いかんせんこのディナーだらけの毎日で量が多い。しかも今日はクリーニングのにーちゃんが休んでいた。なんで?(むかっ)。あとアシスタントのクリーニングの人がいるのだすが、こいつがまたすんごいいけてなくて、全然キレイにしない。もともとシェフはクリーニングも洗い物もほとんどしなくていいハズなんだすよ。がっ、お菓子の作るところの作業台は私が帰った後にキレイになるハズなのに、全然きれいになってないっつーことがしばしば。シンクも口うるさく言ったら5回に一回ぐらい磨いてあるっていうだけ。さすがにキッチンの方はヘッドシェフがうるさく言うからその人も気をつけてる見たいだすが、私は威力がないのか?全然だすよ。
んでもって、今日は大物を洗う人(大きい鍋とか、ケーキを焼く天板とかを洗ってくれる)が休みだったので、私の負担が異常に増えた。しかも、シェフのうちの1人も風邪で休み。きぃぃぃ。こんな時に休むなよっ!私も休みたいだすよっ!
午後にシフトが交代するときにパティシエの人が来て、私の仕事の惨状をみて愕然。そりゃそうだ、もう本当にテンパッテるって感じで、あちこちやりかけのモノが散乱していて、どうしてもオーブンに入れてしまわないといけないものをとりあえず入れてやってるって感じですた。今日はアシスタントのジンジャーがそのキッチンで抜けた人のところを埋めるために行ってしまったので私はお菓子の場で1人ぽっちだったんすよ。しかもいつもの2倍量の仕事だったし。
「どうしてヘルプを頼まないの?」とパティシエに聞かれただすが、「そんなの、何度も言ったよ!誰かキッチンの人が助けてくれないと無理だって!!!(大泣)」とシャウトしたら
「いいよ、もう帰っても。あとはボクがやるから・・・(ため息)」と言ってくれますた。がっ、そこからディナーまでの時間とパティシエの人がやる仕事量をみたら、到底間に合いそうもなく。。。
パティシエの人は「いいんだよ、ヘッドシェフが悪いんだよ。ちゃんと時間でこなせない量があるのがわかってるんだったら、それをマネージメントしないといけないのにちゃんとしてないんだから。ヘルプとか回さないのもおかしいよ。」とは言うモノの、さすがにそうも言ってられないみたいで「あ、でもネコちゃん帰る前にフルーツだけ盛り合わせ作っていってくれる(懇願)」と言われたので、あまりに気の毒だったので、残業1時間してきますた。言いたいことはわかるだすが、理論と実際は違うのね。そりゃそうだ。残業代とか全然でないし(くそぉ)、明日は1時間早く帰ってやるだすよっ(ふんがっ)。
まあ、2人で大愚痴大会もしてきたので(爆笑)ちょびっとすっきりしますた。今日は今日のことで精一杯で明日の準備も何もできなかったので、明日もまた地獄絵だすよ(鬱)。とりあえず今週が終わったらちと楽になるかと思うだすよ。というかそう願いたいだす。
風邪は本格化してきますた。喉がイガイガでツライっす。オレンジを大量に食べて今日はもうねまする。
comment コメント 2
11.28
Tue
今週と来週はクリスマスディナーだらけなので大変だす。でも今週は午前出勤だし、よかっただすよ。。。午後出勤だとディナーの用意で大変だすよ(鬱)。この時期、エゲレス人もここぞとばかりにやたらとパーティしまくりなんすね。。。(ため息)。まあ、ディナーはしなくてもいいけど下準備とかかなりいろいろとしないといけないので大変だす。
んで、昨日は同居人の研究室の人たちを招いて我が家でもパーティですた。もうあんまり仕事以外に調理をしたくないという気分だったので、小さいカナペみたいなのをいろんな種類で大量に作ってみんなで食べるという形式のパーティにしますた。人数が多いときには楽でいいかも。ブルスケッタとか、ミニピザとか、巻きずしとかを大量に作ったのだすが、結構美味しかっただす。すごいフランクな学生さんたちが多くて、いろいろと話していて楽しかっただす。最近きた新しい学生さん達とか私は会ったことがなかったりしていたので、会えてよかっただすよ。ああ、同居人はこんな人たちと仕事をしてるのね〜って感じですた。
んでもって、職場でボーナスが出ますた。びっくり。
今まで会社とかに勤めたことがなく、アカデミアとかで研究員とかしかしたことないので(ボーナスとは縁遠い)、ボーナスは生まれて初めてだすよ。しかも働きだしたばかりだというのに結構ちゃんと頂けてすごい嬉しかっただすよ。いや〜〜、世の中の人たちって年に2回もこんな素敵なことがあるのね〜(羨)と心底おもいますたわさ。我が職場は1年に一回クリスマス前だけボーナスが出るそうだす。すげ〜、知らなかっただけに、余計に嬉しかっただすよ。
んでもって風邪をひきますたわさ。たぶん、同居人がもってきたのだと思う。くそ〜〜、喉がイガイガするよ(ちっ)。

comment コメント 2
11.26
Sun
うぉぉ〜〜(涙)。日記どころか週記になりつつあるだすよ。今週は日本からハイジが遊びに来てくれていて楽しかっただす。イタリア人の彼ともラブラブみたいで、仲の良さを思いっきり見せつけて貰いますた。まあ、私も同居人も長いつきあいですっかり慣れきった倦怠夫婦みたいなものなので、まだまだ新鮮彼らと違うっちゅーのは当然なのだすが。
水曜日には同居人のお客さんのプロフェッサーも交えてみんなで我が家でお食事。お寿司とか作って和食でおもてなししますた。最近はよくお客さんが来たときに和食を作るのだすが、和食に慣れてない外国人の方でもかなりウケが良くて有り難いだす。まあ、私はどっちかっていうとサッパリとご飯とか食べたい方だしいつでも和食がいいのだすが(年?)、和食の方が準備も楽だす。お肉をグリルしてソースとかも作って。。。とかだと結構大変だすし。まあ、それも慣れなんでしょうがね〜
んでもって来週は同居人が自分の学生とかを家に招いてパーティをしたいとのこと。っつーか、この時期、職場も毎日パーティの用意ばっかりなんすけど。。。(鬱)。まあ、仕方あるまい。たくさんカナペのようなつまみ料理を作ってもてなす予定。
職場でシェフは私以外はみんな男性なのだすが、受付はハンガリー人の女の子だす。結構かわいくて、ボーイフレンドもハンガリー人で東欧がEUに加入したときからエゲレスに来て仕事をしているそうだす。最近その子とよく話をする機会がありまする。私も女の子と喋ったりもしたいので、とても有り難いだすよ。んでもって彼女におきまりの「ねえねえ、ネコちゃんは結婚してるの?」という質問に続き、「子供欲しくないの?」と聞かれますた。私はもう子供はいいや〜という感じなので正直に「そうだね〜、同居人も結構な年だし私も別に積極的に子供が欲しい訳じゃないから、間違ってできちゃった(え?)とかじゃない限り子供はいらないね〜」という返事。彼女には「ええええええええっ〜〜〜」というオドロキの返答だったらしく、コンコンと彼女の自説を聞かされますた。まあね、子供がいたらそれはそれで楽しい人生だろうけどさ、居なくてもいいっつ〜選択もありだと思うだすよ。
この前ステファニーちゃんに会ったときには、彼女もすごく子供をほしがっていて、ボーイフレンドの職のことを心配しておられますた。確かに、ステファニーちゃんのボーイフレンドはフリーターみたいな日雇いの仕事をしているので、若い今は良いけど、子供とか出来たら結構大変だろうな・・・とか思ったりしまする。雇用保険とか無いしね。でも、まあ、それでもそんなこと心配してても仕方なくてちゃっちゃと産んでしまったらそれはそれでなんとかなるのかもしれませぬ。ステファニーちゃんが子供はすごく欲しいけど、彼の仕事がちゃんと落ち着くまでは。。。とか言われると「いんじゃん?欲しいなら迷う必要ないんじゃん?」とか思ったりするし、
また、ハイジとかはハイジの彼はアカデミアでまだパーマネントの仕事が得られてないのだすが「彼の仕事が決まるまでは、結婚とか考えられないし、そんなこと言ってたら子供とか産めない年齢になっちゃいそうで困る」とか言ってるのを聞くと「いんじゃん?仕事なんてきっと決まるよ、それより自分がどうしたいかによって決めたらいいんじゃん?」とか言いたくなるし。
でも、その職場のハンガリー人の子が「今は自分の収入が少ないから、今産めば生活保護が貰えてカウンシルのフラットにも住めるから、早く産みたい」といっているのを聞くと、ものすごく
「うーん(唸)」
石橋を叩いて渡るっていうか、アリとキリギリスっていうか。人によっていろんな考えがあるんだな〜とかつくづく思うだす。さすがにその子には「おおっ、それはいいんじゃん?」とか素直に言えなかったりするだすよ。だってそのお金は私が納めている税金から来てるんだすよね・・・(涙)
生活保護とかが充実しているこの国は弱者が守られていて良い部分もあると思うだす。まあ、みんながちゃんとした生活の基盤が築けるのはよいことなんだしょう。
みなさん、どんな状況であれ、希望通り良い家庭が築けることを祈りますだす。
comment コメント 0
11.21
Tue
今働いている職場はエゲレス人が少なく、ほとんどのシェフがイタリア人だす。んでもってゴードンラムジーのように、彼らもキッチンでFワード連発だすよ。それも、Fじゃなくて、イタリア語のバラエティに富んだ暴言の数々だす。別に覚えるつもりもなくても、すっかり覚えてしまってしかもタイミング良くそれをちゃんと効果的に使えるようになりますた。あ〜、パティシエの人にお菓子を作るのを教えて貰えるだけじゃなくて、イタリア語まで教わっちゃったよ〜(うふ)、とか言ってる場合じゃない。きっとこの暴言を職場以外の状況で使う時が出てくるとは思えない(絶対ないない)。だってイタリア語の暴言はナゼか激しく男性器や女性器に直結したものが多いんだもん(なんで?)
そして、パティシエの人は見返りに「日本語では何て言うの?」と聞く。そうなんだ、みんな必ず聞くんだよな。そして日本語ってそんな暴言なんてないぜ?とか思った。言っても「ちくしょ〜」とかぐらいじゃん?とか思ったので素直に「そんなお上品な日本語にFワードなんてないよ」と答えておきますた。がっ、やたらとしつこい「ないわけがない」
んで、とある時にすっごいむかつく場面があって、私が「あ〜むかつく」とつぶやいたら、スルドイその彼は「あ、今のなに?なに?」と聞きまくる。もう目とかキラキラしちゃって「ムカツク??」。
あ〜一度しか言ってないのに覚えちゃったよ。。。(滝汗)
それから、腹をくくっていろいろ教えることにしますた。やっぱりここは言って面白いものがいいかと。なので「なめとんか」とか「しばいたろか」とか、ナゼか関西系(爆)
すっごいすごんで
「なめとんか、ごらぁ、しばいたろか!
ヘソでちゃー沸かすぞ、ぼけっ」
という、なんとも脈絡のないフレーズをば。
その勤勉な彼は、めっちゃ練習しまくり。最初のウチはボケが、バゲットになったりして大笑いさせてくれた。そんでもって、時間が経つとやたら言うのがうまくなり「ね、ね、ネコちゃんの日本人のお友だちっていつ来るの??」と、その素晴らしい才能を披露する日を夢見ておられますた。
結構流暢に言えるようになってから、私も笑わなくなり(最初はすっごいおもしろかった)最近は私がときどき頭の中で切り替えできなくて、急にそのあと日本語で「それでさ〜」とか話しかけたくなったりしてますた(マジ)
そして、先週、みちえさんとお友だちのイコマさん登場!もちろんキッチンにも一緒に行きました。
がっ、アホだよ。。。そのパティシエの人は休みですたわさ。ちっ。と最初に思ったのは私なんだが、その翌日に職場に行ったららもっともっと悲しがっている人が約1名。そんな残念なら、休むなよ(そうだよ、あんたが休んだせいで、私が1人で全部やらなくちゃいけなくてへとへとだったわさ!!!)
ま、仕方あるまい。とりあえず次回ということで、さらにより磨きをかけて貰うことに(なんのために)
職場でウエイターとか他の人にもとりあえず日本語のフレーズを教えて、と言われる時、よく聞かれて困るのが「How are you?」もちろん、「Hello」はそのまま「こんにちわ」でいいんだすが、これって・・・
だって、「お元気ですか?」ってなんか変じゃない?そのまま直訳しても、井上陽水でないかぎり、絶対に言わない言わない(古くてこんなの誰も知らないか?)。手紙とかなら書くかもしれないけどさ。
しかも外人に「コンニチワ、オゲンキデスカ〜」とか言われたらなんか、いかにも外人ぽくてすごくやだ(そのまんまやんかっ)
んでもって、仕方なしに私がいつもやっぱり関西系で(ナゼ)教えるのは「もうかりまっか」。
そうだすよ、こんなのこそ私だって日本で実生活では使ったことない。がっ、言われるとこっちが笑えて面白いし(え?)。
とりあえず、私は出勤するとパティシエの人に「チャオー」とイタリア風に挨拶して、彼が「ども〜〜、モウカリマッカ〜」という挨拶をしてくれる。
めっちゃ楽しい職場だすよ(え?)


comment コメント 0
11.20
Mon
なんかここのところいつも日記を書いても仕事の愚痴ばかりだったので、日記を開くのが億劫になっていた。まあ、よく考えたら以前に違う仕事をしていた時も秘書のやり方に文句言ったりしていてず〜っとそうだったんだけどさ(成長しない女)。
んでもってこの週末、お仕事お休みの週末ですた。やっほ〜。土曜日には同居人とお買い物に。普段あまりモノを買わない同居人が率先して電子レンジが欲しいと自ら買いに。街は早くもクリスマス前なのか人が溢れていますた。その中でクリスマスとは無関係にさっさと電子レンジを買い求めるヤツはなんか面白かった。配達して貰うのが面倒なので、手で運びますた。ちょっと重かったけど、そんな遠くないからなんとか。
土曜日の午後はまったりと過ごし、日曜日は庭に球根をたくさん植えますた。前の家に居た時にはすぐに引っ越すかもしれないと言って去年は球根も何も植えなかったんすが、今回は庭が少しだけ広くなったし春もここに居るわけだし、チューリップとヒヤシンスできれいな庭になることを祈るだすよ。
んで午後はカーテンを縫いまくり。リビングのカーテンがかかってなくて窓がそのままだったのだすが、カーテンをかけたらちょびっとすきま風が減って暖房効率が良くなったかも。このエゲレスの漏れ漏れの家はなかなかスゴイ。古い窓枠だから仕方ないのだけど、古い家のままにしておくのが流儀らしく、新しいのにする訳にもいかず。仕方ないのでカーテンをかけたりしてなんとか暖かくする工夫を。しかしこのすきま風ありまくりの窓のおかげで、全然家が密閉されないから結露とか全くないけどさ(爆)
食器洗い機はちょっとづつ慣れてきますた。普段は2人だけだったらそんなに洗い物もないし、面倒なので手で洗ってしまっているのだすが、お客様が来た時とか、量が多い時とかは使うようにしてまする。んでもって、究極は数日ためこんで回すという。3日もためれば2人分でも十分いっぱいになる。幸いにお皿はたくさんあるんだけどさ、しかしだ、3日もお皿を洗わないでおいておくってどうよ?という疑問が。まあ、たまに忙しいときはシンクに翌日とかまで放置されていることが今までにもあった訳だしいいのか?ちょっとづつ使い方を模索するつもりだす。食器洗い機に食器を入れてスイッチ入れるのは私の役目だすが、終わった食器を棚に片付けるのは同居人の役目だす。役割分担、役割分担。素晴らしい。
comment コメント 0
11.17
Fri
あ〜、気がついたら一週間経っている。今週は本当に忙しかっただす。パティシエの人が木曜日までお休みしていたので、それのカバーをするためにとりあえず必死ですた。まあ、なんとかこなすことができてよかっただすよ。
んで水曜日にはスイスのみちえさんがお友だちと一緒に私が住む田舎町まではるばる遊びにきてくれますた。プロのマイスターである、みちえさんが焼いたシュトーレンをいただき、そして美容師のお友だちには私のとんでもなくぼさぼさの髪を切ってキレイにスタイルもらうという、それだけでもめちゃくちゃ贅沢な一日だというのに、日本語でおしゃべりもた〜〜っぷりして本当に素敵な時間を過ごしますた。
んでそんな楽しかった後に、職場では今日はなんかややこしい人がウザイ文句をヘッドシェフに言ったらしく、もめにもめて(あ〜も〜やめてくれよ)、んでもって被害は全員に及ぶという。今までは大抵仕事が終わったら適当に本人の判断で帰ってたのだすが(一応規定の時間はある)、今日からはセカンドシェフに「帰ってもいいですか?」という確認をしないと職場から帰宅することができなくなり。。。
っつーかさ、小学生じゃないんだから。。。とか思うだすよ。どうやら誰か知らないだすが「誰々さんはいつも早く帰っていて仕事してない」とかなんとか訴えたらしい。が、その訴えられた人にヘッドシェフが注意したら、その人も「そんなこと言ったら、何とかさんも、ウンタラさんも、いつも遅く来るけど、早く帰る」とかなんとか抗議したとか。んで、ヘッドシェフが「そんなこと言うなら今までのフレキシブルな自己判断の時間は水に流してみんなキチンと管理する」とかいうめちゃくちゃウザイことになりますた。そんな話になったとき、大体みんなは誰がそういったとかいうのは知ってるみたいだすが、いつもこういう渦中の蚊帳の外にいる私は「へっ?」とか思うだけだし、よく考えたら朝はいつも私が一番早く職場に行って、デザートを出すのは一番遅くなって帰宅する私は???って感じだすよ。まあ、ヘッドシェフはよくそれをわかっているみたいで、今日もネコちゃんは仕事終わってるならもう帰ってもいいよ、と言ってくれたのでよかっただす。他の人に文句言われようとなんだろうと私はもう我が道を行ってずっとこのままその渦中には入りたくないっすよ。
んで今日は午後仕事が終わってから、ひさびさにてるこさんとお茶しますた。いつもてるこさんのお宅に行くと美味しいお茶(日本茶)をご馳走してくれるのだすが、今日もやっぱり美味しいお茶と、そして甘いモノをいただいて楽しくおしゃべりして過ごしますた。今日はもうぐったりなので早く寝まする。
comment コメント 0
11.12
Sun
なんだかここのところ日記を書く度に疲れた疲れた言っていて、自分でも嫌になってきた。たぶん、普通に仕事していたら、仕事を始めて3ヶ月で慣れてきて、そろそろ余裕が出てきても良さそうなところなんだが。ところが、どっこい。このパティシエの人がどうやら本当に具合が悪いらしく病院に行くのに休みを取ること(それもいつも1週間単位でだよ)この1ヶ月で3回も。彼は結局1ヶ月以内に3週間も休んだことになる。そんでもって、その間には仕方がないので私が全部切り盛りしないといけない。一応アシスタントの人がついてくれて、彼はとてもいい人なんだが、いかんせんパティシエでないのでやることが雑だ(鬱)。半分の確率で失敗する。そりゃそうだ、スポンジはものすごくデリケートなので慎重に作らないと失敗する。でも、ヤツは必ずといっていいほど、大雑把にやって失敗するんだな、これが。そもそも、こんな新米の私にアシスタントつけてどうするよ?(それもキッチンの調理師なので全然お菓子の知識ないしさ)って感じで、この1ヶ月はランチとディナーとを両方面倒見てきて、とことん疲労困憊。一応、ヘッドシェフには愚痴っておきますた。来週も1人なのだすが、もう簡単なものばかりつくっておきますた。「ええっ?またチーズケーキ?」とか「またタルト?」とか言われても文句は言わせない。1人でやらせてるのはそっちだろ!こんなんで凝った手のかかるモノなんて作れませんわさ。
んで今日は日曜日なのでひさびさに朝はぐっすり寝られた。昨日は夜11時にはもう起きていられなくて床についてそのまま寝てしまった。同居人は週末の夜更かしを楽しんでいたらしいが、私は本を読みながらうとうとしていてそのまま朝9時まで寝ただすよ。10時間睡眠。うぉ〜〜〜
んで日曜日らしく(?)溜まっていた洗い物と洗濯物を処理しますた。カーテンも縫いたいのだけど、今日はそんなパワーも残ってないかもしらん。
comment コメント 0
11.10
Fri
今の仕事は2週間のスパンでシフトが回りまする。午後勤務の週は一日だけ平日に休みがあって、その週末は仕事があるだす。んで午前勤務をしたらその後の週末は休み。なので休みでない週末の前あたりが一番しんどいかな。それが今日だよっ(鬱)。金曜日の夜は大抵デカイディナーとかあるので面倒くさいだす。作るのもだけど、サーブする直前まで終わりのデザートの時間まで待ってないといけないしな〜。んで今日は特に大きなディナーがあったので遅くまで残っていてぐったりして帰宅だす。
そしてまたしてもパティシエの人がお休みを取るそうだす。なんで?なんでそんなに休みが取れるの?とか思うくらいに小ずるい手を使っているとしか思えないのだすが、とりあえず来週はまたしても昼と夜の分を併せて面倒見無いといけないのでストレスだす。でも、今日はジンジャー君がやけに協力的で、2人でかなりちゃっちゃとこの週末分のディナーは用意できたのでよかっただす。
先日買ったアンティークのおんぼろ踏み台(はしご?)は無事に直った。というか、直した。角材を買ってきて弱くなっている部分の木を入れ替えたら乗り降りしても問題ないしっかりしたものに。よかったよ。。。
がっ、同居人は「アンティークとしての価値が下がるんじゃ?」とか言いよる。うるせ〜〜。普段使いたいからこれでいいのじゃ。

comment コメント 0
11.08
Wed
昨日は午前中びっちり仕事をして、2時過ぎに帰宅してそれから夕食の支度。同居人が他の同僚たちを招いてビジネスディナーだったので、私は腕をふるいますた。まあ、エゲレスってレストランとかってしょぼいし、人事とかの密談をするのには家が格好の場所なんだしょう。私も人にご飯をふるまうのは好きなので、いろいろと作りますた。そんでもってエジンバラからいらしていた教授はお泊まりになっていかれますた。すごい偉い先生だというのに、気さくで良い方でとても楽しかっただすよ。
んで今日はオフの日なので、ひさびさにロンドンに行ってきますた。ロンドンのコースに行ってたときの資格の書類とかが出来たという連絡を受けたのでそれを受け取りにいって、工房に顔をだしてパティセリーのトム先生とかと楽しく話をしてきますた。今の仕事の話をして、レシピとかを分けてもらったりしてとても有意義ですた。私がやりたかったこととかをよくわかってくれている彼は、いろんなデザートが作れる今の職が得られて本当によかったと喜んでくれますた。確かに、一緒に工房で働いていた他の人たちは、みんな会社とかに就職してるんすよね。大きなスーパーとかの食品開発部みたいなところでレシピの開発をしたり、マネージメントをしたりする仕事に就く人が多いみたいだす。給料が良いっつーのがメインの理由だったりするみたいだすが、会社で働くことに興味がなくて、実際に美味しいお菓子を作ることを仕事にしたいと思っている私には、今みたいに毎日デザートを作る仕事の方向いてイルのは確かだと思いまする。まあ、いろんな生き方があると思うだすが、みんなそれぞれ自分の道を見つけて歩んでいるのはいいことだとおもいますた。
それから、工房で一緒だったステファニーちゃんと一緒にAngelの近くのレストランで夕食。お互いに話すこといっぱいで久々に会っただけに、近況を報告しあって楽しく過ごしますた。
午後に時間があったのでビクトリア&アルバート美術館のレオナルドダビンチのエキシビジョンに行ってきますた。彼の細密に書かれたノートの原画とかを飾ってその説明が成されている展示会だったのだすが、この才能豊かな、まさしく天才の偉業にただただ感嘆するのみ。うーん、すばらしい。。。感動してポストカードとかいっぱい買っちゃいますた。家に帰ってきて同居人に熱くその細部について説明してたんすが、疲れている同居人はいまいちノリが悪くてちーとも興味を示さず。それは、私の説明が悪いから感動を伝えられないの?(たぶんね)。ちっ、今度は一緒にいくことにするだすよ。
comment コメント 0
11.06
Mon
この週末はすごい頑張って部屋を片付けた。本棚に本を入れたりして、これで引っ越しの時の段ボールは全部開けて片付けた。ふう、引っ越ししてから3ヶ月も経ってるよ(汗)。まあ、ゆっくりやるのも悪くないけどとりあえずいろいろと直さないといけないところとかが多くて、内装の人とか大工さんとかいろんな人が出入りしまくって疲れた。まだ修繕しないといけないところとか大量にあるのだが、とりあえずしばらくはもういいやって感じだす。
んで同居人とカーテンの生地も選んだので、そのうちカーテンもかける日がやってくるに違いない。いつになるかわかんないけどさ(呆)。本棚の高いところに手が届かないので、踏み台を買おうと思ってたのだすが、今日ぷらぷらと寄ったアンティークの店で安い木のはしごみたいなのがあったので買ってしまった。お〜、こりゃ〜いい!と見たとき思ったんだけどね。だってハシゴみたいなのを探していたら、DIYのショップとかで見るものはみんなアルミニウムとかみたいな金属でできたもので、それを部屋に置いておくのは違和感があるというのしか売ってない。んで、今日みたのは木でできていて見た目も悪くないので部屋に置きっぱなしにできるし。。。と思って買ったのだけどさ、古いのか?ぎしぎし。。。私が乗る分には良いのだが、同居人が乗ったらめきめきいって壊れそうですた。んで「ネコちゃん。。。どうしてこんなの買ったの?」とまで言われる始末。くぅぅぅ、屈辱だす。
たしかに支える木のところが弱ってたりするので、気合いいれて直すことにしまする(え?自分で?)それでも治らなかったら、こんなの買っちゃって〜〜〜と笑うことにしませう。
明日は同居人のお客さんが来るので今日中にいろいろと夕食の下ごしらえをしておこうかと思いまする。
comment コメント 0
11.06
Mon
陽陽陽さんのところで、usefulという話題が出てたので、トラックバック返し。この「役に立つかどうか」とかいうキーワードで私が最近思ってることをちと。
無駄なものを排除していってしまったらそれはとても殺風景で殺伐とした世界になるどころか、結局は中身がないモノになってしまう気がする。
最近の風潮で気になっていたのは、すごく実利主義が徹底していて役に立たないモノはいらないということが多い気がする。無駄の中にも無駄じゃないことがたくさんあるという哲学の元に生きている私にはそういう考えはすごく違和感があるし、回り回っていつかは役に立つことが大いにあると思っていろんな小さいことでも大切にするように生きてきたつもりだ。
大学では理系の専攻だったけど、フランス文学の購読会みたいなのに出席して本を読んでいたりした。それは単なる趣味のようなモノだったけど、好きな人が何人か集まって文学の先生と原書を読んで語り合ったりする機会だった。別に今でもその読んだモノを覚えているかと言われたら、ほとんど覚えてないし、私のフランス語の能力も全然今は役に立つ程その時の知識が有効であるとは思えない。でも、そういう贅沢な時間の使い方ができたことはとても有益だったと思う。大学を卒業してしまって働くようになったら、原書の文学を紐解くような時間は全然なくなったし、普通は実社会に出て働いたり、子育てが忙しかったりして、自分の好きな本を何時間もかけて読むようなことはなくなると思う。
少し前にそのフランス文学専門の先生にお会いしたら、最近はそういう購読会はもう開かれないと嘆いておられた。大学生がみんな資格を取るために、専門学校へ行ったりダブルスクールをしていて、そんな文学など読んでいるヒマはなかったり、早い時期から就職活動に忙しかったりするからだそうだ。
それは、なんとも寂しい。大学生のあの無限に時間があるようなたらたらした生活というのは、今の私の人生の肥やしになっていると信じて疑わない私には、そんな実用にばかり目を向けた大学生活というのは虚しい気がする。そもそも学問を身につけるために行くところが大学だし、大学で学んだということで専門外の知識も豊富なすそ野の広い知識基盤を築くという意味ではとても重要でだと思うから。だからこそ学年が早いうちには一般教養の授業とかあるんじゃないのだろうか?
そして最近のニュースを見ていてもっと驚いたのは高校で履修必須科目を受験に関係ないからといって高校で授業をしてなかったりしたという。受験に関係ないから?高校生までそんな目先の利益ばかりに目を向けてどうする?
確かに受験は大変だと思う。受験勉強で学んだことは知識としてとても役に立つモノとか多いと思うし、それはいいと思う。でも、受験科目でないからって授業をしないなんていうのはどう考えても教育という観点から見たらおかしいと思う。
以前に友人のハイジに「将来一生使わないようなsin とかcosまで数学の授業でやってたよ。。。あんなの何の意味があったんだろう?絶対に実生活では使わないじゃんね〜」と言われたことがある。その当時私はサイエンスの仕事をしてたので三角関数もバシバシ使って式展開したりすることが多かったので苦笑するしかなかったんだけどでも、世の中にそういうものがあるっていう知識が残ってるだけでも勉強した価値があると私は思う。
世界史とかも、私はヨーロッパ史とかはあまり得意じゃないけどそれでも最低限の知識があってよかったと、この年になって大陸に行ったりして思うことがある。国際化とか言って小学校から英語とかより、世界史とかをびっちり高校でやる方が絶対に国際化の役に立つと思うんだけどね。。。
そんな話を同居人とうだうだと話してまったりと夕食をした。かく言う彼はギナジウムという、古いグラマースクールの出身なので無駄を省くという教育とは対極のところにある教育を受けてきた人だ。高校ではラテン語、ギリシャ語を含め五カ国語をびっちりやり、理系の科目は数学のみ。まあ、数学はかなり高度なのをびっちりやったらしいが、大学に入るまでサイエンスは
全くといっていいほどしてなかったらしい。それでも、今は立派なサイエンティストになっている訳だしその無駄とも思える語学学習は贅沢な教育時間の使い方だっただけじゃないと絶対に思う。まあ、本人はギリシャ語を
やっていたおかげで物理でやたらと出てくるαとかβとかのギリシャ文字はどれもまかせてくれ!と冗談しか言ってなかったけどさ。
世の中に無駄なものなんて無いと思う。特に学問に関しては無駄を省いたら、それは意味ない。大学受験をこなすには受験技術を磨いたりする必要があるのは当然だけど、それでもやっぱり必要じゃない科目も学ぶからこそ学校に行く意義があるんだと思う。世の中が拝金主義で、実利ばかりに目を向ける世知辛い世の中になってしまうのは憂うべきことだと思うよ。
な〜んて偉そうなことを言ってる場合じゃないけど、とにかくなんだか最近の日本のニュースを見ているとオドロキ、そして憂えることが多すぎる気がする。
comment コメント 0
11.04
Sat
もう週末だよ。あっちゅー間にどんどん時間が過ぎるので、このままでいくと気がついたら還暦とか迎えそうで怖い(ないない)。今の仕事は2週間のスパンでシフトが進むので多分そのせいで時間が早く過ぎるのかもしれない。今までは大抵は1週間の繰り返しだったけど、そうじゃなくなったからかもね。
昨日の金曜日も大忙しだった。そして調子が悪かったボイラーのためにボイラー屋を呼んで来て貰った。だって暖房が効かなくて全然部屋が暖かくならず。なんと私も同居人もコート着て家の中でパソコンをいじっていた(爆笑)親切なボイラー屋のおっちゃんはすぐに来てくれたのだが(イギリスらしからぬ素敵なサービス)なんのことはない、ボイラーの設定が初期値の最低になっていたのに気がつかずにいただけだった。。。(アホ)
「これじゃ〜、家は暖かくならないよ〜〜、え〜〜?家の中でコート着てたの。ぶははははは」
と大いに笑われた。でも、笑われただけで壊れてたわけでもなく、家は無事に暖かくなるようになったので救われた。も〜私も同居人もアホ丸出しだすよ。でも助かった。
大工さんとの戦いは無事に終了しますた。終わってみたら、なんちゅーのか、良かったというかあっけなかったというか。火曜日からみっちり毎日フルに働いてくれますた。それはそれは勤勉な方。しかも腕もすごくいいし、とても良い仕事をしてくれて、棚は無事に完成。お〜〜〜〜っ、すんばらしい。昨日は引き渡しの日で出来具合をチェックして小切手で支払いをしますた。大工さんはとてもいい人で、これで催促しないでも来てくれたらもっといい人なのに。。。とか本気でおもいますたわさ。
んで、昨晩は同居人も私も、仕事でもうへろへろに疲れているというのに残っていた大量の段ボール箱を開けまくり、棚にしまいますた。あ〜、リビングの段ボールが一気になくなってすっきり。この部屋って荷物がなくなるともっと広いのね〜〜(アタリマエ)とかアホなことをおもいますた。
んで今日は同居人と買い物に行き、ついにカーテンの生地を購入。ず〜〜〜っと課題になっていたのだすが、漸く決めますた。2人とも意見が合うまでに時間がかかりまくりですたが、最後には私が決めたっつーか、同居人がいいっていうのはどれも「うーん」って感じ。
「これ、カーテンにしたら、しつこいかもよ?」
「え〜、でもここってカーテン生地売り場じゃん」
という会話が繰り広げられますた(激爆)とりあえずカーテンがいつ出来るかは疑問だすが(え?)ほんとに、すこ〜〜〜しづつだけど家は落ち着きつつありまする。まだ書斎はがらがらで机も何もないので床で仕事しておりまする。まあ、家具が無いって広くていいんだけどさ(わははは)

comment コメント 0
11.01
Wed
今日は疲れた。ここのところジンジャー君と一緒に働いていたので、大体の下ごしらえとか、些末な準備とかは任せたりできていた。がっ、今日は1人で全部こなさないといけなかったので、文字通りてんてこまい。も〜〜、お昼前が戦場のごとく、パンを用意して、フルーツを用意して、カスタードも作らないと。あぁぁぁぁぁぁ〜〜〜、と叫んでいるうちにやれよって感じ。
とりあえず必死こいて走り回っていたら相当疲れますた。
んでもって家の大工さんは、やっと来てくれたら思いの外ちゃんと働いてくれていて(え?)、棚はちゃくちゃくと作業が進んでおりますた。別に悪い人じゃないし、仕事もできるみたいだけど、単に時間の見積もりが甘いっつーだけのようだす。まあ、我が家の棚がちゃんとできたら有り難いので、とりあえず頑張って今週中に仕上げてもらいたいだすよ。
さらに、本日はお客様が。私がアムステルダムの研究所に居たときにお世話になっていた先生がエゲレスに。同居人の良き友人でもある彼はとてもいい人なんすが、なんせ寿司オタク。和食が大好きという人なので、お夕食には巻きずしを作りますた。これが思ったよりすごく美味しくできてなかなかですたわさ。サーモンとアボガドと、マグロとキュウリの巻物を作りますた。マグロは普通にM&Sで新鮮そうなのを売ってたので買ったのだすが、生で食べて大丈夫だったかちら???以前にもやったことがあるのだすが、その時には覚悟して食べますたが特に問題なかったんで(数時間待ってみたが、トイレに駆け込むこともなかった)たぶん大丈夫なんじゃないかなぁ(ロシアンルーレット)。本当はツナステーキにするもののようだすが、結構美味しかっただす。
んで明日も仕事だすよ(鬱)ぐったりな気分だす。マジで週末が待ち遠しいだす。

comment コメント 0
back-to-top