06.30
Fri
今日はすごい良い天気。んでもっていろいろと用事であちこちうろうろしてたので、あっという間に日焼けしまくり。あ〜、日焼け止め塗るのわすれてた。
お昼には久々に、以前フランス語を習っていたイザベル先生に会いますた。いろいろと生き方とかで共感できる部分が多い人なので私は彼女が大好きなんすが、お互いに忙しくてなかなか会えず。でも、今日久しぶりに会ってお互いの近況を話し合って、ランチもいただいて短い時間だけど楽しく過ごしてきますた。やっぱりたまにこうやって気の合う人にあうと嬉しいだす。
彼女のパートナーはイギリス人なのだすが、フランス語も堪能なのでお互いにいろいろと文化も共有できているのが羨ましかっただす。なんせ、同居人は日本語はそんな文学が読める程とかじゃ全然ないし。でも、同じヨーロピアン言語でも、フランス語と英語ではやっぱり違いがかなりあるという話をしていて興味深かっただす。
とある記事で大金持ちの場合には自分の遺産に対して子供への影響を考えるべきであるというコラムの表現で、その子供がなんでも自由にできるように(anything)お金を残すことは重要だけれでも、その子がまったく労働や有益なことをしなくなるような(nothing)ぐらいのお金を残すのはよろしくないという。その英語のうまい表現と対になった単語の使い方はとてもこじゃれていて美しいのだすが、フランス語ではそれをうまく訳すことはできないわ。と言っておられますた。なるほど。
んでもって、そのパートナーの方は日本の文学に興味とかあるみたいで、小林一茶(しぶい!)について書かれたフランスの本を最近よんだといって、いろいろ聞かれますた。それはSARINAGARAという題の本だったのだすが、「さりながら?」と思ったら、それは一茶の
 露の世は
 露の世ながら
 さりながら
という俳句から来ている題名ですた。その本についていろいろと話はしてくれたものの、そのポエムの意味するところを英語でと言われても。。。
それこそ訳は不可能というものだす。
comment コメント 0
06.29
Thu
気合で最後に残っていたレポートを仕上げて提出してきますた。これで名実ともに晴れて?自由の身。あ〜、よかったよ。とはいえ、雑用が山ほどあるのでそんなに遊んでばっかりいられず寂しいというのもあるのだが。あ、仕事探しもしないといかんのだわな〜(鬱)
んでもって昨日は工房の謝恩会みたいなランチがありますた。お世話になったおっちゃんたちと実習生たちで一緒にランチをするという機会だす。これが思ったよりもずっと楽しかっただす。一応おっちゃんたちにはうちらからささやかなプレゼントを用意していてそれを贈呈したりとかしますた。
トムは私が一番お気に入りのパティシエなんだすが、トムにはDelia Smithのレシピ本を贈呈。実はこの瞬間が私のかねてからの念願ですた。Delia(デリア)というのは日本でいうところの栗原はるみさんのような、イギリスでのカリスマ主婦的な存在なのだす。私はひとつだけ人にプレゼントでもらったレシピ本を持っているのだすが、結構好きだったりしますだ。がっ、実はこういう主婦的な存在というのは、工房のおっちゃんたちにはひどく受け入れがたいらしく、何かあるたびに「ここはプロの仕事場だから、ハウスワイフのキッチンじゃないのだから」という文言を職人のおっちゃんたちの口から漏れるのを聞きまする。確かに、プロとしてお金を取るために大量に料理をするのと、アマチュアで家で少人数のために食事を作るのでは違いがあるのはよくよくわかるだすし、私自身もしっかりそのプロとの違いを認識できるくらいに隔たりがあるのもよくわかるだす。がっ、別にだからといってそのカリスマ主婦を毛嫌いするのもなんかな〜って感じだったりしますだ。
そして去年のトムの理論のレポートで基本的なパティセリーの理論だったのだすが、私は文献の引用にデリアの本を入れていますた。デリアの本に書いてあったバターに関する記述が結構よかったのでそれを引用しただけなんすがね。ところが、それがトムにはとても評判が悪くて「も〜、ネコちゃんたら、引用文献がデリアだなんて!読んだときに椅子から転げおちそうになったよ!」とか言われてしまいますた。それからというもの、この1年の間に工房で私が何かおっちょこちょいな失敗をするたびに「あ、デリアにそうしろって書いてあったんでしょ?」とか言われてからかわれまくり。私も「そうそう、これ、デリアのお勧め(ちがうちがう)」とかいって大笑いすることが多かったのだす。
なので、私の敬愛するトムとのお別れには是非ともこのデリアのレシピ本をプレゼントしたかったのだすよ。きれいにラッピングして、そしてデリアお勧めのハウスワイフ・スパチュラ!もつけますた。シリコンで加工してある高温の鍋とかでも使える柄のついたゴムベラだす。確かに、工房ではこんな柄のついたゴムベラは使わないので、こういうのはやっぱり家庭用なのだしょう。
本のラッピングを開けたときのトムの顔が忘れられませんだ。「オ〜〜〜ゴット!!!ネコちゃん!!!!」といって爆笑。でも、「大事に使うよ。ハウスワイフスパチュラも大事に使うよ!」といってハグハグしてくれたので嬉しかっただすよ。
いよいよ工房は来週で終わりだす。そうだすよ、エゲレスでは別れの季節は春ではなくて今の時期なんすよね。いろんなおっちゃんたちにかわいがってもらっていただけに、工房を去るのは寂しいだす。
comment コメント 0
06.28
Wed
とりあえず試験が終わってホッとしたものの、実はまだそんなに開放感に火たってはおらず。近日中に提出のレポートが一個残っていてそれをやらねば。。。といってもそんなに大層なものでもなく、実習でやった商品開発のプロセスをまとめるだけだす。商品開発もどき?の実習ではパネトーネを作りますた。レーズンとかを入れるのではなく、他のドライフルーツを入れてみたり、生地に入れる果汁の量を多くしてみたりとか。できあがりはそれはそれは美味しいものができたのだけど、これを毎日作ることになったら大変だろうな〜。自分が働く工房ではこんな商品つくりたかないわな〜とか思える笑っちゃう商品になりますたわさ。とりあえず、商品開発の過程ではイヤと言う程パネトーネが食べられて楽しかっただす。
んで、このレポートをまとめるのにそんなに時間がかからないかと思いきや、結構時間がかかってしもうた。来週まで引きずってもいいんだけど、今週中に仕上げて提出できたら楽だわな、と思って頑張りますた。
とはいえ、日中は図書館にとりあえず予約で取り置きしてもらっていたDVDを借りにいき〜のと遊ぶための準備は着々と(え?)
そしてDSも始めよう!とパッケージを取りだしたのだすが、そうだったこの手の充電モノは最初にフルに充電してからじゃないと使えなかったんだ。。。(ガックシ)
ということで、今晩寝る前に充電してからねまする。あしたから動物の森が展開されるハズ
comment コメント 0
06.26
Mon
なんとか無事に終了。とりあえず、ちゃんと勉強していたところがでていたので、最初にさ〜っと問題を読んだときにホットしますた。後は落ち着いて問題を解けたので、たぶん大丈夫かと。まあ、終わった後に「あああああ〜〜」みたいなのが無かった訳でもないだすが、とりあえず自分では満足できた出来具合。よかっただすよ。この週末にしっかりと復習していた、失敗例とか、いっぱいでてたし。どんな失敗をすると、どんな結果になるかという例だす。タルトの生地で砂糖が溶け込んでいないと、タルトを焼いたときに斑点になってしまうとか、オーブンの温度が高すぎるとスフレがうまく膨らまないとか。あと、素材の性質とかも、どんな材料はどんな役目をするかとかなんだすが、スポンジを作成するときにグリセリンを入れるのはナゼかとか、メレンゲに酸を入れるのはナゼかとか。過去問にはあまりなかったのだすが、今回の試験には結構たくさん出ていますた。とりあえず、その辺はナゼか?予知能力があるのか?この週末に勉強していたときに押さえていたので結構大丈夫ですた。あとは、レシピの説明とかはデーニッシュとメレンゲのデザート、それとチョコレートのテンパリングの問題で、結構得意な分野の部分がメインだったので助かりますた。とりあえず聞いたこともないデザートとかが出てきたりはしなかったので、よかっただすよ。
んで、試験が終わってフランちゃんやステファニーちゃんときゃあきゃあ喋りまくって、みんなで試験が終わった開放感に浸りながら帰宅。とりあえずすごく嬉しくてたまらずに地下鉄の駅を降り立ったら、なぜか、私が乗る電車の駅が閉鎖。おいおい(汗)。ガス漏れによる火事が発生とな。仕方がないので迂回して、別のルートで帰宅したのですごい家にたどり着くのに時間がかかりますた。でも、家に帰ったら同居人がワインを買ってきてくれていて、パスタとサラダ(これしかないのか?)をつくってくれていたのでそれを頂いて優雅に夕食。食後にはビンサントなんぞの食後酒まで飲んでしまったので、おもいっきり酔っぱらいだす。
実は来週提出のレポートが一個残っているのだすが、今日は全然やる気もしないので(そらそうだ)、うだうだして寝ることにしますだ。とりあえず終わって開放感と充実感だけを味わってシアワセ気分だす。
comment コメント 0
06.25
Sun
とりあえず今日も頑張っていろいろ復習。
試験前とあって同居人が親切にお昼にはサラダをつくってくれますた(珍しい)
そして夕食にはパスタをと言ってくれますた。
い、いや。有り難いのだすが、試験勉強中の食事は唯一の気分転換で実は好きだったりするのだすが。
でも、せっかく言ってくれているのに断ったら二度と何もつくって貰えないと恐れて、同居人作成のパスタをいただきますた。アンチョビーとケイパーがきいていておいしゅうございますたわ。
という訳でまたしても試験勉強。
とりあえず明日なので、がんばりまする。
レシピはゆうに100個は暗記したとおもいまする(汗)
試験終わったら全部忘れると思うけどね(おいおい)

明日の午後が試験なので、日本では夜かな〜。寝る前に是非とも私が覚えたところばかりが出ることを祈っておいてくださいませ(誰に言ってるんだ?)
comment コメント 4
06.24
Sat
今日は朝起きて、試験勉強して
そして食料の買い物へ。そしてお昼にチャーハンを食べて
また試験勉強。
それから夕食にツナステーキをつくって食べて
また試験勉強。
ああ、早く試験が終わってほしいよ〜〜〜〜
とりあえず、かなり大丈夫になってきてるハズ。
明日もう一日頑張ったら翌日は試験だし、実力発揮して
そしてぱーっと遊ぶのじゃ!
試験勉強なんて学生時代に終わらせたハズだったというのに
何を好きこのんで?とか自分でもだんだんあほらしくなってきた。
そろそろ限界ってことで、とりあえず明日まで頑張りまする。
comment コメント 2
06.23
Fri
昨日はもろもろの用事で同居人と銀行に行って、そしてお互いの見解の相違を知って帰り道にバトル。っつーか、私が1人で憤慨してただけだけど。男の人ってどうしてこう呑気というか。。。? 私は「え?そんなんで大丈夫なの?」とか思うようなことでも、ヤツは「大丈夫、だぁいじょうぶ〜、ネコちゃん心配することないって、なんとかなるってば」とな。全然なんとかなりそうもないのに、ええのか?とか思ったらいてもたってもいられなくなって「マジかよ?」といって声を荒げてしまいますた(自己嫌悪)。同居人は相変わらず、のんびりと私の演説をだま〜って聴いていて、最後に言ったのは「でも、大丈夫だよ」。その確信は一体どこから???(激しく疑問)ま、そんなものなのだろうか?男の人ってこんなどっしり構えていて心配したりとかしないのだろうか?よくわかんないけど、なんともならなかったらどうするのだろう?というすごいコワイ考えが頭をよぎりつつも、今は他の心配ごとはしたくないと言うのが正直なところ。

そうだすよ、試験がいよいよ来週の月曜日にせまりますた。
最後の試験前の週末(どよよ〜ん)、ええ、さすがにせっぱ詰まってきたので頑張って勉強しております。誘惑にも負けずに、まだ動物の森もパッケージを開けておりませんし(終わったらとことん遊んでやる)、それに予約していたDVDが届いていると図書館からお知らせが来たにもかかわらず、お取り置き期間がまだ大丈夫なので取りいったりもしておりません(終わったら速攻で取りにいって徹夜して見てやる!)。えっへん!

っつーか、そんなえばってる場合じゃなくて、それより覚えることいっぱいすぎて、結構必死というのもあるだすよ。まあ、この手の試験はとりあえず試験のときに頭に入っていて、終わったら忘れるっちゅー(え?)ものなので(そうか?)とりあえず詰め込むだけ詰め込むだす!
んでとりあえず自分で一通り全部の項目を書き出したりして、やり終えたので、今は覚えるという作業にかかっておりまする。それと過去問もどきをいくつか貰っているのでそれをやったりしておりますた。昨日の晩に同居人がその過去問用紙を見て
「。。。これ。。。、すごいよ、一問たりとも答えられないよ(滝汗)」
とな。
そうだすよ、偉い大学の研究者もできないような試験!!!どんな試験じゃ?(激爆) っつーか、マジでちゃんと勉強して覚えないと何もできない試験だす。常識とかで解けるような問題は全然なくて、どのデザートにはどのソースをかけるかとか、あとどんなケーキにはどんなレシピが適用されるかとか。びっっちり記憶しないといけないだす。しかも、全部記述式の試験で3時間も試験時間があるだすよ(ぎゃぼ〜〜〜)

がんばるだすよ〜〜〜〜〜〜(涙)
comment コメント 4
06.22
Thu
試験勉強してるんだろうな〜〜〜って感じの雰囲気を醸し出しているんだすが(単に日記が滞っているだけ)、何をしているのかと言えば、ノートを広げて30分もしたらコーヒー飲みたくなって、コーヒー入れたらビスケット食べたくなって、ビスケット食べまくって腹一杯になって、仕方なくまたノートを広げて勉強しようかと思ったら眠くなって、またコーヒーを入れて。。。(無限につづく) という、誰もが試験勉強なら経験するであろうことをしまくってるだけですた。みんな同じだよねっ、ねっ!? いや、こんなの私だけか(トホホ)まあ、とりあえず一通り項目は全部見終わったのでこれから「覚える」という作業に入りまする(それが一番大変なんじゃ?というツッコミはナシで)

そしてサッカーはイングランド戦がある日はどうやら近くの広場(芝生だけがだだっぴろく広がる公園)にデカイ画面が登場してみんなで見ることになっているらしい。先日のその集合人数は8千人を超えていたとか。我が家から歩いて3分なのだすが、見に行く気力が無いまま終わってしまいますた。時々すごい歓声が聞こえてきたので勝ったのかとおもいきや、後からニュースみたら引き分けだったんすね。
いつもニュースを読むBBCのサイトでは「ワールドカップモード」というボタンがありますた。何かというと、ワールドカップに興味がある人はそのボタンを押すと積極的にワールドカップ関連のバナーが登場するという。そしてそれをNOにすると、ワールドカップ以外の話題が積極的に紹介されるらしい。ええのぉぉぉ〜〜。こういうところはエゲレスの良いところで私は好きだよ。個人主義というか、個人の意見を尊重するというか。私はど〜でも言い主義だが、「あんだよ、フットボールなんてどうでもいいだよっ、クリケットはどうなったんだ?」とか、世の中がフットボール一色になってウザイと思っている人もいるだしょうしね。何事にも選択肢が設けられている素敵な習慣だと思ったりしますた。

そんな素敵な選択肢とは裏腹に、駅でスゴイ「注意書き」を発見した。エゲレスの電車は朝の10時前に乗るのと、それ以降では恐ろしく値段が違う。つまり朝10時前というのはラッシュ時間ということで、約倍の値段が設定されている。悲しいかな、貧乏な私もその倍値段を払って朝から工房へと行っている。もともとの電車賃も日本からは考えられないくらいにバカ高い。たいていは往復で買うとお得なので往復で買う人がほとんどである。そしてその駅の注意書きには「チケットの制限が新しくなりました」とのこと。何かと思ったら、そのラッシュ以降の時間に適用される往復割引チケットを持っていたらこれまでは帰路に関しては何も言われなかったというのに、この6月から帰路に関しても割引チケットの場合には午後4時半から7時までの電車には乗れないとのこと。ごらぁ〜〜〜〜、なめとんのか!と言いたくなった。まあ、早朝から出かけている私には関係ないことだけど、値段設定を変える時期じゃなかったら、割引運賃の適用方法をドンドン変えてますます利用者に優しくない運行を目指しているという。ったく、この国の鉄道はどうなっとんじゃ?といいたい。そして、朝電車に乗ると「本日も○○鉄道をご利用いただきありがとうございます。」というアナウンスが流れるが(もちろん機械音声)我が家から都会に通じる電車はその鉄道のみ。別に選んでる訳じゃねーよっ!とか言いたくなった。もっと安くてちゃんと動く電車があったら私は間違いなくそっちを選択してるぜ。交通手段に関しては全くといっていいくらいに時代遅れで選択肢もないのがエゲレスだ。

ふと気がついたこと。何気なく日記のインデックスをみたら

「バツイチ35歳のネコが語るお気楽苦悶な日々」

という見出しが。
おいおい(滝汗)サバ読んでどうするよ?
すいません。2年前にこのインデックスの見出しを書いてそれ以降全然手を加えてませんですた。実はこの前の5月の誕生日で37歳(あああああぁぁぁ)になってしもうたので、訂正しておきますた。永遠の35歳目指して(だったらいいよな)放置してたわけではありませぬ。
comment コメント 2
06.19
Mon
来週の製菓の筆記試験に向けて試験勉強中。うぅぅ、試験勉強はなににしてもかなりツライ。いろんなレシピとか覚えないといけないし、この老いた頭にむち打っていろいろと詰め込むのにはムリがあるわな。
ここのところ変な時間に寝たりしていて、なかなか日記をアップする時間が定まらない。昨日は夜10時に眠くて寝ちゃったし。本当は夕食後には4時間は寝たくないのだが、そんなこと全然守っちゃいないぜ(開き直るか?)
そして製菓のコースも終わりなのでそろそろ職探しをしないといけない。この2年というもの、ちょこちょことしたバイトを除いて全くといって良いほど仕事をしてないので金銭的にそろそろ仕事をせねばヤバイ。それで少し探し始めたのだが、なかなか難しそう。都会に行けば結構仕事はあるし、ガッコが推薦してくれるところとかもあるのだけど、地元で探そうとすると自力で探さないといけない。近くに最近できたオーガニックのカフェがあってそこのオーナーに会ったのでパティシェの空きがないか聞いてみたら、秋に事業を拡張するつもりなのでその時にでも良ければまた声をかけると。うーん。結構良さそうだし、個人の事業主のところだと良いかもしれない。あともう一つはカレッジの厨房で産休を取っているパティシエの代わりというのを募集していた。これは結構よさそうなのだけど、アリ君に話していたら「ネコちゃん。。。マジ?本当にその仕事したいの?」というお答え。
そうなんだよ、そこがこの国の大いなる問題なのだよ。なんだかんだいって階級意識がまだまだ残るこの国は職人に対する敬意とかが極めて薄い。食事を作ってサーブする人というのは、あくまで労働者であって給仕をするというその概念から抜け出せない。なので本来ならばカレッジのダイニングに座って給仕される立場にあるはずの私が、何を好きこのんでそんな厨房とかですごい激安の給料で働きたいのか?マゾか?クレージーか?って感じなんだろう(どっちもかもしれない)
だからこそ、職人が全然大切にされないこの国では食事が不味いのじゃないか?とか思ったりする。日本はなんだかんだいってモノを作る人とか、美味しいモノを作る人とかちゃんと尊敬してもらっているし、それなりに認めてもらっていて良い国だと思う。イギリスでアルチザンとかいう言葉は最近になって聞くようになったけど、たぶんずっとこの階級者意識がある限りは本当の意味での職人はなかなか難しいと思う。今、修行をしている工房でもオーブン担当のおっちゃんとか、そのおっちゃんがいないとこのベーカリーは成り立たないっつーぐらいなのに、年収を聞いたら愕然とするほどの低さだ。いかんよな〜、この国は。肩書きだけのマネージャーとかがやたら給料良かったりするんだもんなぁ。。。
とりあえず、どうなるか見物なのでカレッジのキッチンには応募することにしたのだけど、アリ君は「すんごいクレージーなヘッドシェフがいたら雇ってくれるかもよ?」という。わはははは。ムリってことね?確かに、履歴書にはウソはかけないし、すんごいお堅いカレッジとかだったら、私の研究者からパティシエなんていうキャリア転向は受け入れられないかも。でも、どっかにはきっとクレイジーな人がいるはず(爆)と思って、就職活動しまくることにするだす(鼻息)
comment コメント 0
06.18
Sun

昨日は土曜日だというのにここのところの早起きの習慣のせいで7時にはおメメぱっちり。寝ていられなかったので起き出したバタバタ。金曜日の夜遅くに出張から戻った同居人は気の毒なことに私のペースに巻き込まれて、やっぱり7時起き。しかも、その後も活動的に動き回っていた私は早々に同居人を引っ張り出して土曜日のいつもの買い物へも行ってしまった。わはははは。同居人たら〜あんまり仕事していてカラダが心配だわ〜とか心配するフリ(?)していて、そりゃないぜ?って感じなんすけど。いやいや、でも一応、昼前にはすべての作業が終了。ああめでたい。んで試験勉強とかすりゃ〜いいものをナゼか他のことに没頭してた。ファイルの整理とか。。。おいおい(汗)
んで夕方からはアリ夫妻に招かれていたのでお宅へ。いつも私の焼くモノを絶賛してくださる奥様のためにお土産に苺のタルトを焼きますた。今の季節イギリス産の苺がたんまり出回っていてそりゃうまいのだすよ。仕上げにアプリコットジャムを塗っていてあまりの出来に自分でもうっとり(おいおい)。一応デザートを持参するので〜と行く前に宣言しておいたので、コースのお料理の後にふるまわれますた。そしてお味もかなり美味しかっただすよ。ああ満足。
んでもって話はフットボールであった。アリ君はイラン出身なので昨日のイラン戦に対する反省を。あとアメリカ人とオーストラリア人の夫妻も来ていてよく考えたらすごくインターナショナルなテーブルであった。みんな一応自国の応援をしているらしい。オーストラリア人の先生に「いや〜このまえ日本に買っちゃって申し訳なかったね〜」って言われた。わはははは。わたしゃ〜負けたことは知ってますたがオーストラリアが相手だっつーことは知りませんですたわさ(非国民)
そしてまたいつものことながら、みんなが話しに興じていて12時ぐらいになってしまったら、もう眠くて眠くて。すごい眠そうな顔をして頑張って座っていたら、サラミちゃんが「ネコちゃん寝た方がいいよ」と言ってくれたので、おいとましますた。街の反対側なので歩いて30分ぐらいなんすが、眠い中同居人に「あ〜、ご飯たべすぎちゃったよ〜」「あ〜眠いよ〜」「あ〜、同居人もあんな奥さんほしい〜?」とか訳のわかんないことを聞きながらテクテク歩いて帰宅。もう眠くて朦朧としていて、早々にベットに入ったのでその後のことは何も覚えてまへん



comment コメント 0
06.17
Sat
今日はこの前知り合ったばかりのてるこさんという人と会ってお茶をした。すごいさばさばしていていい人。もっと若いかと思っていたら私よりも10歳以上も上だった。びっくり。ダンナさんがイギリス人で研究者というだけあって、ろいろと家庭の話とか聞いていて面白い。とりあえず家には本が溢れているというのは似たような境遇な気がする。前にお家に遊びに行ったときには家のなかはぴかぴかですごいキレイだったのですごい羨ましいと言っていたら、ダンナさんが勿体ない症候群でモノを捨てられない質だから家が散らかって困ると言ってらした。うはぁ。。。それは私も同じだから何も言えない。同居人は潔くモノをすてる質だが、私は勿体なくて何も捨てられなくてすごい家にはなんでも取ってある貧乏性。この性格はママンから受け継がれた。血は争えないってか?ママンは勿体ない病だけじゃなくて他にも潔癖性というすごい性癖の持ち主だ。
ママンはすごく潔癖性で家の中に外気が入るのを嫌がる。多分、想像だけど、外はすごいバイキンでいっぱいみたいなイメージなんだろう。とりあえず外に行って誰かの家で靴を脱いだりしたときには、帰ってきたときには靴下を脱いで家に上がるというのが鉄則であった。外に出かけて食事をするときにも、手とかおしぼりでバリバリに拭いたりして、潔癖っちゅーかなんちゅーか、少し神経質になりすぎているところがあってコワイ。
恋愛小説家という映画を見たときに主人公のオッサンが自分のカトラリーを
カフェに持参しているのをみて笑えないものがあった(ちなみにママンはそれはしないけど)叔母もまた然り。この前遊びに行ったら私が座る椅子が指定されていて(つまり私はキタナイ)その座布団は翌日にはキレイに日干しにされて菌の排除がなされたとか。。。(おいおい) そして長い間親友のハイジもコワイくらいに潔癖性で手とか洗いまくり。んで、少し強迫神経症なんじゃないか?と思うほど洗いすぎて手に油という油がなくなってがさがさですごい荒れている。皮膚科に通っているらしい。
こんな潔癖な人たちに囲まれて私はーーーすっかりワイルドに育った(ナゼ?) レストランとかでも少々のことは気にならず、パンはわしづかみにしてテーブルに置いて食べるというフランス料理も平気。家の中は散らかり放題。あ、これは関係ないか。
んでもって先日帰国したときに実家に同居人と訪ねる日がありますた。家に入るなり、手を洗うことを余儀なくされます。外から帰ってきたキタナイ手で家の中をあちこち触るのが禁忌だからだす。まあ、同居人もお育ちが良くてきちっとしている方で、いつも外から帰ってきたら手を洗う癖がちゃんとあるのでそこまでは良しとしませう。がっ、その後にうがいも強要されますた。ナゼかママンはうがいがすべてを解決すると信仰していて外から帰ったら手洗い+うがい。まあ、風邪とかを予防できるとか小さい頃から言われてきたけど、外国にきてからというものうがいをする習慣というものを見たこと無い。んでおそるおそる同居人にコップを差し出してうがいを勧めた。同居人は???なんのため???という疑問符でいっぱいの顔をしてたけど、「ママンが信じている宗教だと思って、この家にいるときにはやってあげてよ」といってうがいのやりかたを指導。っつーか、なんなんだ?っていうくらいに変な潔癖さが抜けないママンなんだが、まあその人の家にいるときにはその人の生き方を尊重してあげようとそんな気分だったのだが。
ちなみに、このママンの潔癖宗教のうさんくささは、ネコは例外というとこにある。我が実家ではネコを飼っていてうろうろしているのだが、やつらがどんなにキタナイことをしていても、我が物顔で家の中もあるきまわり〜の、テーブルの上にもどで〜んと寝っ転がったりしていることがある。さっきまで、トイレに行ってその足で砂かけをかきかきしてたくせに。この一貫性のなさが非常に笑わせてくれていいんだけどさ。
comment コメント 0
06.15
Thu
ここのところ早朝のシフトとか入っていてぐったりですた。今日も朝一番の電車で出勤。うへぇ〜〜。そして外はまだひんやりと涼しいのに工房の中はすんごい暑かった。日中は気温が上がって、オーブンの中と同じぐらいに暑いよ(んなことあるわけないがな)。ま、それくらい暑くてとりあえず水をがぶがぶ飲みながら仕事してた。んで昼頃に焼成してぐったり。その後にちといろいろとやらないといけないことがあったので、終えたらあっちゅー間に夕方。まあ明日お休みだからいいやと思って帰途に。3時過ぎにすでに工房のおっちゃんたちはビックリする程の早業で撤収を始め、オラオラはよせんかい!って感じでうろうろしてたら言われたのだが、なにかと思ったら今日はイングランド戦の日だったのね。ご苦労さまだす(汗)
あんまり関係ない私はまったりと電車に乗って帰宅。フランちゃんが「きっと電車はがら空きだよ!」って言ってたけど、そんなことないぜ?普段よりはちと空いてたかもしれないけどさ。
日本から帰ってきてから変な時間に起きたりする癖がついちゃって、しかもだ、夜シフトとか朝シフトとかぐちゃぐちゃなので余計にツライ。まあ、今週でこの重労働は終わりなのでいいが。っつーか、試験が待っているのでそうそうのんびりもしておられず。頑張って復習に励まなければならない。
フランちゃんが通っている自己啓発セミナーみたいなので、なにかのイベントを企画するというお題があるそうな。その辺がいまいち理解できないのだが、工房でつぎつぎといろんな企画を発表してくれて、ちと閉口。2年間のコースだったのでコースを一緒にやった人たちとみんなでお食事会っつーのがあって、これはまだいいんだ。そりゃ〜楽しそうだし、是非とも。その時にお世話になったおっちゃんたちにちょっとしたプレゼントを贈るという企画もいいと思う。うんうん。
がっ、その次の週に「父兄参観日」みたいなのを設けたとか。おいおい(汗)まあ、フランちゃんは若いからご両親とか連れてきてくれてもいいんだけどさ(父兄参観っつー意味では)。。。私は同居人を連れてこいってか?いまいち張り切り過ぎの彼女をみていてついていけないひねくれ者の私は、「いいね〜」とか口では言いながらも全然いいとは思ってなくて(性格悪い)、「ネコちゃん絶対にボーイフレンド連れてきてね!」って言われて「あ、う、うん。。。聞いてみるよ」っていっておきながら同居人には全然聞いておりませんだ。さて、どうするか?一応そういう機会があるから来る?とか聞くべきかどうか悩んでるとこ。言ってみて、いきなり同居人にノリノリで来られても困るしさ。

comment コメント 0
06.13
Tue
昨日までの好天続きは終わって今日は曇り。そして雨もしっかり降ってきた。ず〜っとあのまんまだと水不足だったし適度なお湿りで良い感じ。っつーかあんまり暑いと工房はサウナと化すので、これぐらいでちょうどいいっつーのもある。今日はケーキのデコレーションだったので、飾り花とかを作りますた。とにもかくにもカレン先生の可憐な(しゃれか?)手ほどきももうすぐ終わりかとおもうと寂しいだすよ。
んでもって工房に行くなりトムに「残念だったね〜、せっかく休みも取って試合に臨んだのにね〜」とか言われちゃったよ。ちゃうちゃう、試合見るために休んだのじゃないってば!とかいい訳するも、「いいんだよ、いいんだよ、うんうん、負けて悔しい気持ちはわかるしさ」と訳のわからない慰めを。あ〜〜〜、いんだけどさ(あきらめ)
んでもって日本に帰国してた間に気を抜いていたらすっかりまたしても太ってしまったのでダイエットまた頑張ることに。なんかこんな太ったらまたダイエットしてちょこっと痩せて、そして気を抜いてまた太っちゃって。。。とかの繰り返しのような気がしてきますた。いやいや、そんな呑気なこと言ってる場合じゃないのだすが。同居人は日本に行って2キロも痩せたそうだす。え?なんで?「日本食はやっぱりカロリー低くていいね〜」とご満悦ですたが、なぜに私にはその効果が現れないのか不思議だすよ(くそぉ)
暑いなかロンドンの地下鉄に乗るのは拷問だす。すごいムシムシしていてそして暑い。今朝は遅れそうだったので、一台見送ったものの、次に入ってきた地下鉄にはどうしても乗りたかったので、最後にぎゅうぎゅうと身を押し込みながらドア越しに乗りますた。背中でドアがぎりぎり閉まる感じ。まあ、東京の電車と比べたら全然がら空きのようなものなんすが(なんせ中の人が全然詰めないし)、それでもやっぱ人を押して乗るのは気が引けるだす。んで、私が最後にきゅ〜〜〜と乗ったら、隣にいたデカイオジサンが(これまた人はみんなデカイくせに、地下鉄はやたら小さいのだ)、「おっ、(電車に乗る技は)東京仕込みなんだね?」って言われますた。「いやいや、十分小さいからこの隙間に。。。オホホ」とかいっておきますたが。
そして地下鉄には「Beat the heat」の広告が。暑いので、水を持ってあるいてたくさん飲みましょうということだそうだす。っつーか。。。そういう問題か?まあ、あの暑さとかで倒れる人とかでたら地下鉄としては。。。っつーことなんだろうが、対応策というのがいまいち???
同居人はまたしてもミーティングで東欧にお出かけになりますた。家がひっそりと静かなのはいいのだすが、あまりに出かけすぎているヤツの健康がちと心配になってきた今日この頃だすよ。

comment コメント 0
06.12
Mon
昨日はお天気がよくて、一日庭で静かに座って試験勉強をしますた。近所がけっこう静かだったのでよかっただすよ。こんなに天気が!天気が!とか言ってるのだすが、本当にエゲレスにしてはこんなのは珍しいのだす。もう1週間近くこんな美しいまでの青天でみんな感覚が麻痺しそうだすよ。まるでどっかにホリデーに行っているみたいな気分だす。
今日はソリスター(法的な手続きをしてくれる人)のところに行って家の契約書にサインをする日ですた。手付け金の10%も払って、懐は寂しく、心は貧乏。でも、同居人と引っ越しが出来る日を願ってやまないだす。こんなデカイ小切手を書いたのはうまれて始めてだすよ。ひぇぇぇぇ。あとの残りは契約完了の時に払うらしい。何事もスムーズに進まないエゲレスのことなので、すべてのことに目を光らせていないといけないのだすが、一応ソリスターはちゃんとしてそうな(?)感じのところだったので大丈夫そうだす。不動産屋がいつも使っているところらしいのでまあ安心かと(頼むよ〜)あとは銀行に行ったりとかしますた。にしても、お家の購入に伴って税金もがっぽり取られてウザイだすよ。ソリスターに払うお金とか、サーベイヤーと呼ばれる家の状況を調べる人に払うお金とか全部合わせるとバカにならない金額になるだす。あ〜、ますます懐が寂しい。今日から節約せねば(ほんとか?)
そんな用事があったので、今日は工房のお休みをもらいますた。今朝電話したら「あ、なに?今日のフットボールの試合を見るために休むの?」とか見透かされたようなことをレスリー君に言われたのだけど、わたしゃ〜日本チームの試合が今日あることすら知らなかっただすよ!!!そんなことでズル休みをするのはエゲレス人くらいだしょうに!まだそこまでエゲレス化してないだすよ!(激爆)。。。っつーか、ウチにはテレビがないのでいずれにしても見られないっす。



comment コメント 0
06.11
Sun
とにもかくにもここんとこ毎日が好天気。こんなことは珍しいっていうくらいに天気が良すぎてもう何もする気になれん(え?)いやいや、そんなこと言ってる場合じゃないので頑張って試験勉強してますだ。ハイ。
同居人はぐったりと疲れて金曜日の晩に帰国しますた。見ていて本当にかわいそうなくらいに疲労しているのだすがこの週末を休んだらまたしても東欧にお出かけだす。過労死とかしないでね(なぁ〜む〜)
そして金曜日は新婚ほやほやのアリ君の奥さんのサラミちゃんと一緒にランチをして、そのあとに家の近くの新しくできたカフェでデザートを買ってきてウチの庭に座って一緒にお茶をしますた。今はちょうど花が咲き乱れていてとってもキレイなので人に見せびらかしたい年頃なんすよ。バラとか満開だしさ。ふっふっふ
いろんな話をしていて気がついたのは彼女は思っていたよりも若いという(爆)ことですた。見た目はそんなに若そうに見えないのでわかんなかったのだすが、考え方とかとりあえず若くてびっくりですた。会社では「マネージャー」とかの肩書きを持っていたみたいだし(もうやめちゃったけど)、ずっとバリバリ働いてたという割には、世の中ってそんなイージーか?っていうような発言が多々。ポジティブという面ではいいのだすが、それじゃ〜新入社員とかの若者の話を聞いているみたいだぜ?とか思うくらいに重みが少なくてちょびっと驚きますた。こういう時にありがちな(え?)ように私の自分のことはさておき、周りの友人たちを見ているとみんな着実に年をとって時間がたつにつれて奥の深いものの考えができるようになっていて、大学を出たばかりのときよりも遙かにオトナだわ〜って(そりゃそうだろう)思えることが多いのだすが、サラミちゃんは社会人っつーかそういうのだけじゃなくて、恋愛に対してもすごく若い見解で驚きますた。まぁ、若いっちゅーのはいいことなんだよな。きっと。でも、自分で事業を始めて一攫千金みたいな話されると「宇宙飛行士になりたい」といっているような小学生を彷彿されるものがありますだ。
そしてお家の購入の件はすごくスケジュールがぎりぎりで胃がきりきりしますだ。本当にこんなので大丈夫なのか?っていうくらいにもうすぐにでもサインしないといけないんすが。。。世の中ってこんなものなの?同居人と2人でネットとかの購買ガイドとかを熟読しながらポイントをチェックして「まあ、主だって、問題がありそうなとこもないし、これでいいんだろうけど。。。」一生に一度の(エゲレス人は何度も住み替えするみたいだけどさ)お買い物だすし、大金だすし。。。とか不安がよぎりながらも即断即決が迫られる現代社会はこの私にはむかん!とかババクサイことを言いたくなりますた。
あ〜、今日もいいお天気。とりあえず庭の水やりをしないと。水不足が懸念されているのでコメのとぎ汁とかもためていて(祖父がよくやっていた)ますます気分はおばあちゃんだすよ。



comment コメント 0
06.08
Thu
なんかもう時間がぐちゃぐちゃの生活をしている。時差ボケはこれでは解消できまいというくらい本能の赴くままに生活している。いかんなぁ。夕食後にすぐに眠くなってそして寝てしまい、朝は早朝から起きて活動。これも同居人がいないから1人だからこそできる技。わはははは。いやいや、同居人がいない間には普段禁止されている、デカイ音で音楽をかけるとか、バイオレントな映画を見るとか(爆)そういう今でしかできないことをすべきだというのに!なんか寝てばかりいて、そして試験勉強のプレッシャーもあったりして全然素敵なことが実行できていない!!なんでぇぇぇぇ〜〜〜。早くしないと帰ってきちゃうよ(おいおい)
帰宅してからというもの、すごいびっくりなまでに良いお天気が毎日続く。すばらしい。しかも今は日没が9時とかの夜も明るい日なので、楽しくてたまらず。暗い喪が明けたって感じ?なので夜に帰宅してへろへろなのに急に庭仕事してみたり。だって、天気がいいからどんどんいろんな花が咲き乱れていてどうしようっていうくらいに盛り上がるガーデニング熱。いいわ〜〜
とりあえず、そんな中でも今月末の工房の試験のために必死で勉強中だす。がんばらねば。毎日ちょびっとづつやらないとすんごい量がおおいのだすよ。。。試験勉強は、やっぱり苦痛だすね
まだ日本にいる同居人にいろいろと報告があったので電話。ホテルのフロントの人に名前を告げて部屋につないでもらおうとしたら「もう夜遅いですけど、よろしいのでしょうか?」と言われた。こういうところが日本のお節介っていうか、押しつけがましいっつーか。。。いいから電話してんじゃんね?None of your business。そんな風に思うのは私だけ?同居人はしっかり起きてますた。んでもっていろいろと事務的な用事の話とか、まったり話をして終了。夜中でも、問題ないんですよ。ハイ


comment コメント 2
06.07
Wed
日本に帰ったら、ワールドカップ一色だったのでびっくりした。まあ、エゲレスでも言ってる人は言っているのかもしれないけど私が気がついてないだけだろう。しかし、日本ってそんなにサッカー大国だったっけ?エゲレスやドイツで盛り上がるのはわかるんだけどさ。工房の同僚にフットボールの話を聞いていたら、ワールドカップは会社をズル休みしてまで見る人がいるという。確かに、以前にいたオフィスでは正規の就業時間だというのにみんながフットボールの試合をテレビでみていたりしたことがあった。。。ええのか?と思ったけど、ズル休みされるよりはいいのだろう(そういう問題か?)
時差ボケのおかげで朝早く起きて工房に行くのがちっとも苦痛でない。その代わりすんごい夜には早くに眠くなってしまって何もできないけどさ。今朝も早くから起きていろいろと用事をば。っていうか、帰ってきてからまだ荷物もほどいてないよ!昨日は工房は早く終わったので早々に帰宅したのだが例のソリスターとかの書類とか、それに関していろいろと「これって?」みたいなことを調べたりしていたらあっちゅーまに夜に。そして夕食なにか作らないと。。。と思っているウチに眠くなって寝てしもうた。あ〜〜〜もうなんだかな〜、カラダが思いっきり日本時間。
んで今朝も早起きしてるのだが、今から支度して工房に行ってきまする。
comment コメント 0
06.05
Mon
とにもかくにも、遊びまくりですた。そんな訳であっちゅー間のホリデー。あ〜、もっと日本にいたいよ〜〜と雄叫びをあげながら(心の中で)飛行機に搭乗した次第だす。
土曜日には大学の時の友人たちと新橋で飲み会。これがどーしてっていうくらいに、楽しかった。大学の時の友人たちはみんなびっくりするくらいにバリバリと働いていて、それぞれ偉くなっちゃったりしている。すごいわ〜とか会うたびに感心するのだけど、その仕事量も努力も半端じゃないからもっと頭が下がる思いだ。そんでも、バカばなしして飲みまくって終電で帰宅。
電車の中で寝まくってる同居人に「そんなに飲んじゃったの?」って聞いたら「うん、調子にのってたえちゃんと同じくらい飲んじゃったよ」と。
ぎゃはははっははは、そりゃ〜、キャパ越えてるかも。気分悪いとかなんとか言ってるけど服を脱がせてとりあえず寝かせますた。
んで日曜日には同居人を連れて実家へ。ちょうど兄も来てくれてたので久しぶりに会えてよかっただすよ。にーちゃんは「ニンテンドウDSいる?」などと私が聞いてもいないのにエスパーかと思う質問。どうやら、仕事で外国のお客さんをアテンドして有楽町の家電量販店に行ってる時に、みんなが並んで買っていたのをみて急に欲しくなって自分も買ったとか(爆)しかし、買ったはいいがソフトも買ってないし箱も開けてないという、にーちゃんほんとに欲しかったんか?とか思ったりする状況で、実はもてあましてるので私にくれるとな。あ〜〜、持つべきモノはミーハーで欲しくもないものを並んで買っちゃったりするおちゃめなにーちゃん!!!速攻でもらいますた。んで帰りにどうぶつの森のソフトも買ってきたよ!いえ〜い。私もまだ箱をあけてないのだすが、ちと落ち着いたら始めようかと思いまする。
帰りの飛行機はラッキーなことにアップグレードなどしてもらえますた。たぶん、座席が余ってたんじゃないか?とか思ったりするのだすが、短い足も伸ばし放題(爆)、ゆったりした席でよく寝れてよかっただす。
んで、帰宅したらソリスターからの脅迫状。例のお家の購入の件で送り返さないといけない書類を待っているとのこと。んなもん、出かけるちゅーてたのに。。。メール送ってても何も返事してこずに、手紙よこされても留守でんがな!とか思ったのだすが、そんなこと言っても始まらないのでとりあえず書類にサインして、たまたま家の近くだったのでオフィスのポストに入れてきますた。
んでもって、明日からいきなり工房だすよ。うはぁ〜〜ホリデーあけはツライだす。
comment コメント 0
06.03
Sat
なんだかんだ言っているウチにあっという間に時間が。。。さすがに東京に来てからというもの、分刻みのスケジュールで(うそうそ)参ってしまいますた。
とりあえず先日の家が見つかったことに伴ってお金を調達しないといけないので、日本の銀行においてあった貯金をごっそりと送金しますた。それが思ったよりも大変で、あちこちの銀行にあるお金をひとまとめにしてそっから送金するという行為にすごく時間がかかりますたわさ。なんかオレオレ詐欺とかの影響でか、一回にATMから送金できる料金がものすごく少ないのだすね(涙)なので、いちいち窓口に並んで送金して貰うというのをいくつかの銀行でしていたら、思いの外大変ですた。まあ、外国に送金するのは一括でこれも結構思ったよりもあたふたしますたが、無事に終了。この大事な用が今回の帰国の時に済ませられて本当によかっただすよ。本人じゃないと送金できなかったりするので、偶然にも今回帰国の機会があって幸いですたわさ。
それから、友人のたえちゃんと飲みにいってそのまま終電を逃し(!)たえちゃん宅にころがりこんだり。。。しかも、たえちゃんは持ち帰り仕事を夜中にしてたので、その横でマンガ読みまくり、笑いまくり。スマンだす。。。彼女は映画の配給会社の広報の仕事をしているのだすが、これまでに彼女が手がけたパンフレットとかを見せてもらって感動しますた。何かをつくる仕事というのは形が残るから素敵だすよね。大変そうな仕事だけど、その分かなりやり甲斐もあるのだしょう。
んで朝帰り。その後ランチの約束があったのでまたしても慌ててお出かけ。んでランチの後は友人のハイジが訪ねてきて、ウチに泊まっていかれますた。夜中までしゃべりながら飲みまくり(滝汗)
んで昨日はかつての同僚だったイタリア人の方で現在日本に住んでおられる方と、その同僚の韓国人の人と一緒に焼き肉を食べにいきますた。あ〜、焼き肉ウマイだす。キムチとかもばしばしたべちゃったよ。
んで今日はこれから、大学の友人たちと飲みに出かけるだす。あ、忙しいって遊びまくるのに忙しいだけだすよ。。。
そんなホリデーも明日で終わりかと思うと超寂しいだすが。
日本で使う携帯を新しくしたのだすがこれがどうしてっていうくらいに素晴らしい。auの携帯なのだすが、ボタンも打ちやすいし、メールも素敵に打てる。そして、なんと、携帯についているカメラがすごく鮮明に画像が撮れるので感心しますた。この携帯は秋葉原にある大型電気店でたったの1円だすよ!なんちゅーか、世の中って。。。?

comment コメント 0
back-to-top