04.26
Wed
思いっきり月のものがきてしまってどんより眠くてしんどい。今日はパティセリーの理論の日だった。6月にある試験のための説明などなど。が、ジョークが大好きなトムのことなので、スフレの話をしていたというのに、いつの間にかジョークとばしまくりで、ついにはワタシまでナゼかジョークを披露するという。あ、そんな高度なジョークじゃないっすよ。英語の言い間違えで笑われたことがあるとか、そんなすんごい自虐的な(?)ジョークだす。ま、そんなことはどうでもいいのだが、とりあえず一日が終わってほっとして帰宅。
それから知り合いが夕刻にセミナーをするという案内を貰っていたので行ってきた。いまいち疲れていたのだすが、行かなかったら悪いな〜とか思っていたので顔を出したのが、そんな心配はいらないくらいに満員御礼ですたわさ。食べ物に関する話だったのだすが、人が何かを食べたときにどのように味を感じるかとかを科学的な根拠を交えながら話をするというポピュラーサイエンスのセミナーですた。結構面白かったのは、人は匂いを嗅ぐことができないと味がわからないことが多いという事実などを紹介してた。確かに風邪をひいて鼻がつまったりしていたら全然ご飯が美味しく感じられないのはそれは匂いを嗅いでいることができないからなんだろうな〜と思ったり。何かを味わう時には、単なる味覚だけではなく、色、匂い、触感など五感を駆使して味わっているという話ですた。結構面白かったのだすが、疲れていたので最後の方は放心状態ですた。スマン。
こんな体調がバリバリに悪いというのに、明日からちょっくらドイツに行ってくるだす。週末にかけて3泊なのですぐ戻るだすが、行き先でログオンできなかったら戻ってくるまで日記はお休みしまする。
comment コメント 0
04.25
Tue
今日からまた工房なので目覚ましをかけて早朝から起きる。うへぇー怠惰な生活を送ってきただけにツライ。そしてお約束の電車のキャンセル、その代わりに乗った電車が遅延、ロンドンに着いたら乗ろうとし地下鉄が動いてなくて隣の駅まで歩いていった。。。等々、「あんだよ〜、いきなり現実かよ〜」と思わせるような出だしだった。こういうことがあると「イギリスに住んでいてシアワセ」とはとても思えない自分がいて、なんでこんな国に住むためにワタシは苦労してビザとか取ろうとしてるんだ?とか思ったりする。まあそんなこと今更言っても始まらないのだけどさ。もっと早くに気がつけばよかったんだろうけどさ(遠い目)
今日はケーキデコレーションの日。それが来週はお休みしないといけないので、今日は必死でとりあえずなんとか追いつけるように頑張ってやった。ケーキの上に乗せる飾りのバラの花を作っていたのだが、とりあえず無心にローズを作りまくる。慣れてくるとちゃっちゃと作れて、自分でもビックリするくらいにキレイなのがたくさんできた。やればできるんじゃん。しかもスピードもしっかりしてたので、カレン先生に感心された。花は売りにだしてもいいらしい(いえ〜い!って工房が儲かるだけでワタシには何の得にもならないが)
んであんまり必死でやっていたのであっという間に終わった。それから速攻で片づけて帰宅。同居人と一緒に今日は家の内見に行くことになっていたのだ。駅の近くの通り。同居人の職場にもすごく近い。このあたりは最初の頃によく何軒も見ていたりしたのだが、なかなかしっくりくる物件がなくてそのまんまだったんだよな。今日のはまあまあ。庭が狭いとかいろいろと妥協しないといけない部分もあるのだけど、いんじゃん?って感じでもあった。同居人は本日一晩考えてから結論を出すそうだ。
夕食には麻婆ナスをつくった。すごいタイ料理用の唐辛子を買っていたので大盤振る舞いで入れたら、めちゃめちゃ辛いものができた。わはははっはは。ヒーハーいいながら同居人と食べる。唐辛子は脂肪燃焼に良いらしいよとかいいながら。ふは〜
んで夕食が終わってから気がついた。明日の朝食のパンがないことに。あっちゃー。気がついてちゃんと買っておけばよかった。仕方がないのでフォッカッチャを作成。ブラウン粉しかないので、それでつくったのだが結構美味しそうなのができた。ふふふ。

comment コメント 0
04.24
Mon
昨日は何をしていたかというと、覚えてない。というか、ずっとDVDを見ていた。そんなことでいいのか?と突っ込まれたら速攻で「これでいいのだ〜」とバカボンのパパのように言ってあげたい。ナゼなら私は明日からまた工房で働かなければならない通勤の毎日が始まるワケだし、今日が最後のお休みの日だったから。今日は何をしていたかと言えば、え〜っと・・・DVDを見ていた(小声)
WEST WINGのシーズン2を全部見終わった。なんか最後の方がすごいもったいつけた終わり方でやらしいわ。またしてもシーズン3を見たくなるようにしてあるのよね。そしてWEST WINGを返却して、その代わりに借りてきたSIX FEET UNDERのシーズン2とシーズン3。いやいや(汗)本当は一個づつ借りたかったのだけど、どうせもっと長い時間かかるだろうとタカをくくって一度にリクエスト入れていたら、いきなり両方が返却されて貸し出し可能ですという連絡が来たので驚いた。仕方ないので両方借りてきた。間違いなく脳みそが溶けそうなくらいにDVD三昧の日々がやってくることが約束される。
そして夕食はミニ水炊き鍋。昨日の夕食もミニ湯豆腐。ほとんど同じメニューで野菜たっぷり入れて昆布で煮て、ゆずポンでいただく。手抜きディナーなのはDVDを見ていたからだす(開き直り)。あまりの執着具合に同居人に笑われる。いやいや、このどっぷりはまって、先が気になる分を好きなだけ見続けられるというのが至福なのだよ。わはははは
とはいえ、5月には試験があってケーキデコレーションについて勉強しないといけない。何時するんだ?
そして来月は恐怖のホームオフィス(移民局)。ビザの更新に行くだす。これが私が一番苦手な作業で、そして自分が外国人であることをひしひしと重圧を感じる時。自分のいる場所が安定確保されていないとう恐怖感から解放される日がくるのをとてつもなく願う。ビザが切れて更新されなければ、私は有無を言わせずにこの国から去らなければならないという。今回の申請に通ったらいわゆるグリーンカードと同等の永住権が得られるから、長い間の移民局との戦い(?)から解放されるのだわ。うまくいくといいのだが。とりあえず申請書を書いたり書類を確かめたり、して来週の面接の日どりが決まった。
決戦は火曜日(鼻息)
comment コメント 0
04.22
Sat
今日はびっくりするほどお天気がよかった。やっと春になったという感じ。
昨日はなんと会ったことない人なんだけど、何度も会う約束をしておきながらなかなか約束が最後までたどり着かずにいたという人がまた会うことなく約束がながれた。昨日はランチの約束だったというのに、直前に電話があってドタキャン。始めの理由はダンナが風邪をひいているからということだったのだが、私は朝からちゃっちゃと家事をして出かける用意をしていたら電話があって、出かけないことになったのでなんか気が抜けた。ダンナが瀕死でないならそんなの放置して出てこいよ(怒)。既に別の機会にもドタキャンしてるんだからさ。始めてあう人に対して人見知りするから云々を電話で激白された日にゃ〜、だったら日にちをそっちから指定しないでくれる?会う気がないならさ。。。(ため息)と言いたくなった。私は予約していたエアロビをキャンセルしてまでランチ行こうと思ってたのにさ。しかも家の近くのカフェで1時間ぐらいのランチだぜ?
と、とにもかくにも鼻息荒くなんとも言えない煮え切らない気分だった。私は約束を反故にするのが嫌いなので、特別の事情が無い限りは絶対に約束は翻さない。でも、いろんな人がいるわけだしそれを逆にされたとしてもなるだけ寛大な気持ちで生きていこうと努力していたりする。でも、そろそろ出かけようと靴を出したりしている時にいきなり電話かかってきて、それも私だったらそんな理由ではちょっとしたランチとか断らないぜ?とかいうような理由だったとしたら、なんとも言えない気分になる。そもそも最初に金曜日はいかがですか?と言ってきたのは相手で、すぐに金曜日OKですとメールで返事したのに、全然なしのつぶてで「どうなってるんだろ?」と思っていたら前日の夜に明日OKですの返事がきたのでほっとしてたら、いきなり次の日の午前中にキャンセルっちゅーのは。。。(ぜえはあ)
とりあえず、こんなことならエアロビキャンセルなんてしなきゃよかったよ。。。と思ったりして気分悪かったのだが。鼻息荒くなっていても仕方ないんで、気を取り直して午後にもちゃっちゃと家事をしてお出かけ。
金曜日の夜から工房で一緒に働いているステファニーちゃんのお宅にフランちゃんとか他の子と一緒に集まってガールズナイト。すっごい楽しかった。なんか気分悪かったのが吹っ飛んで本当によかったよ。そんでそのままお泊まりをして、今日は天気がよかったので一緒に公園に繰り出したり、マーケットにいって買い物して、そしてカフェで日光をさんさんと浴びながらランチしたりした。
ステファニーちゃんのフラットメイトはフランス人の子とスペイン人の男子なのだが、すごくいい人たちで、こりゃ〜一緒に住んでいて楽しかろうと思った。みんな家をキレイにする努力もしていていいわ〜と思うくらいに磨き抜かれた浴室でびっくり。フラットメイトは掃除オタクらしい(ウチにも欲しい)
こんなにお天気が良くてシアワセな一日だったのだが、どうやら明日は天気は下り坂らしい。あ〜、どうして一日ぽっきりなの?
comment コメント 0
04.20
Thu
風邪をひいた。おもいっきり同居人にうつされた。くそぉぉ(涙)
調子が悪くなりかけていたのだが、フランちゃんのお宅に招かれていたので遊びにいってきた。ちょうどブルガリアに行って来たばかりという理由で、ブルガリア料理をつくってくれた。これがめちゃめちゃ美味しくてシアワセ。んで今日は昼過ぎにおいとまする予定だったのだが、お父さんのPCが調子悪いというのでみてみたりしていたら、夕方頃になってしもうた。PCは単にメモリが少ないのにディスクスペースがほとんど空いて無くて、すごく重たくなってただけだった。古いマシンだからもともとハードの容量が少ないから気をつけないといかんのだが、気がつかなかったらしい。んで、それを直したり、ディスクのクリーンアップをしたりしてみたりしてた。お父さんには「いつでも遊びにきてね、ホント、いつでも歓迎」と言ってくれたのでお役にたててよかった。お家はすごいゴージャスなデカイ家ですごいひろ〜い庭まであってこの上なく快適。ああ、いいわ〜。
夕刻に帰宅して、ごほごほ。同居人は今日はビジネスディナーに出かけているのでワタシは1人で鍋焼きうどんをして食べた。う〜、味がしないくらいに喉がいがいが。本格的に風邪をひいたのか?
昨日お土産にマーブルケーキを焼いたのだけど、これがすごく美味。簡単なのにすごく美味しくできるのでとても気に入った。焼いてから出かけてしまったので家には残り香だけが。。。同居人は香りを嗅いだだけでどこにも本体がみあたらなかったと悲しそうに報告してくれた。スマン。。。ケーキをホールで焼いたので全部持っていってしまったのだ。
comment コメント 0
04.19
Wed
またしてもビザの更新があってそのための書類を集めないといけない。これが結構苦痛きわまりない。今借りている家の不動産屋にワタシの住所を確認する手紙を書いて送って欲しいと3週間前に頼んだのだが、なしのつぶて。まあ、こんなことはよくあると、先週にもう一度電話したのだが「ああ、手紙が必要なのよね、すぐ送るわ」と言われてそのまんま。今週になっても手紙はちーともこない。しびれを切らして不動産屋に行ってきた。その担当の人はいなかった。でも、以前に書いて貰った手紙のコピーを持っていっていたのだが、その時の担当だった人が書いてくれると(今は別のセクションにいるというのに)。助かったよ。このビザの更新の作業はかなり憂鬱になる。なんちゅーのか、根本的にワタシはこの国では外国人なんだよな〜と、ひしひしと思い知らされるから。まあ、好きこのんで住んでいるのだから仕方がない。それにしても銀行のステイトメントとか他にも大量に書類をかき集めないといけないのでストレス溜まりまくり。一応、住民税の証明の手紙はこの前役所に行ったらさくっと書いてもらえたのでよかった。
朝から不動産屋へ足を運び、そして台所がおもいっきり散らかっていたので洗い物をしまくり、洗濯をした。んでこのあとお友だちのところに行く予定なので、お土産に持っていくマーブルケーキとかも焼いちゃったりいして。すげ〜、今日は気合いはいってますぜ。なにがって?いや、いつもだらだら過ごしてばかりだから、たまには気合いいれてしゃきっと過ごそうと思っただけ。
ちょっと風邪をひいたのか?なんか鼻水がとまらん。ちっ、同居人の風邪はうつされなくてすんだと思っていたのだが、時差攻撃か?
comment コメント 0
04.18
Tue
今日はランチにちょっと人にあっていろいろと話をした。研究所のこととか仕事のこととか。うーん。なんか工房で働くようになってからすっかり遠いことになってしまった気がする。しかし、その人が聞きたかったことは大体情報が得られたようで満足しておられた。よかったよかった。運動不足解消週間ということで、今日もエアロビに行ってきた。あんまりぜーぜー疲れなかったというのは、だんだん運動するカラダになってきているということなのか?よい傾向だわ。うふふ。そして天気がよかったので少し庭仕事をした。そしたらもそもそ動くときにバランスがわるくてぶつかって、お気に入りの鉢がかけてしまった。うぉぉぉぉ(滝涙)
恋人にする相手は背が高い人がいいか?という話を友達とした。ワタシの答えはYESだ。ナゼかといえば、背が低くてそれをコンプレックスに思っていてそのコンプレックスを打開できてない人をたくさん知っているから。ちなみに、ちゃんとコンプレックスを打開して開き直っている人だったらまちがいなく問題ないんだけどさ。ハゲも同じ。バーコードとかすっごいサイドの髪の毛とかが頭を一周しているような髪型の人とかみると「おいおい」と周りが思っているというのに、あえてそのスタイルを選ぶ勇気。そんな勇気があるなら、もっと他のことに使えよ。前に会ったとある偉い教授がその素晴らしいヘアースタイルをしていたものだから、もう話の途中でワタシの目はその髪型に釘付け。だめだよ、なんも話したこと覚えてないよ。もうハゲならどうせならつるっぱげにすりゃーいいのにとか思う横暴なワタシだけにすごいびびった。まあ、世の中にはいろんな人がいるけど、もしそれがワタシの身内で、父とかパートナーとかだったら、泣いて頼んでやめて貰うか、縛り付けてでもスキンヘッドにしてあげてると思うんだけど。この二点については自分が男じゃなくてよかったとつくづく思う点だ。
日本語の本でもう読まなくなってしまったものとか、貰った本でミステリーだったりして二度と読まないものとかたくさんあるのでどうしようかと思ってた。活字中毒のワタシとしては本は貴重だし、でも読んでしまった文庫本とかで既に要らないものもある。今日市立図書館に行ったときに、普段いかないコーナーに行ったらそこには日本語の本とか中国語の本のセクションがあった。そんなにたくさんは無いのだけど日本語の本もあって、しかもワタシが読みたかった本まであったりして。おお!と思って本を借りる時にカウンターの人に聞いてみたら、いつでも要らない本があれば持っていけば寄付できるとのこと。そりゃ〜いい。ワタシのようにとりあえず本に飢えている人が読む機会が増えるならいいことだわ。ああ、潔く捨てないでよかったよ。
comment コメント 0
04.17
Mon
今日はバンクホリデー(祝日)なので朝はゆっくり10時まで寝てた。朝寝が一番シアワセで好きなのだが、一日を無駄にするという罪悪感に駆られるという人もいるわな。工房で一緒に働いているおっちゃんは休日でも朝は5時に起きるらしい。奥さんも一緒に起こされるらしい(気の毒)。朝は効率よく家事ができるからというが。まあ、おっちゃんは仕事がある日は早くから起きて出勤してるし、休日に急にゆっくり寝るわけにもいかないであろう。デモ、わたしゃ〜、ぬくぬく朝寝が好きなのでどうしてもやめられん。
そして同居人と一緒にまたしてもバトミントンをしようと近くのグリーン(広場)へ。風がびゅーびゅー吹いていて昨日より強風。激しい風でとてもじゃないけどバトミントンはムリとすぐ判断して(家を出る前から気がつけよ!)、代わりにフリスビーをした。これは風があってもバトミントンほど影響を受けない。んで30分ぐらい走り回ってフリスビー。いいおっちゃん(同居人)とよれよれの運動不足乙女が走り回っている姿はかなり笑えるだろうが、当人たちは結構楽しかったのだからよいか。
その後も風が冷たいものの天気がよかったので植物園へ。ピクニックテラスに見事満開の桜の木が一本。いや〜いいね〜。サンドイッチは桜の木の下で食べようよ〜、花見っぽくていいよ〜。とか言ってワタシのビーチマットを広げてみたものの、それが植物園のグリーンの中で際だってキレイな木でアトラクション性に優れていたせいか?どんどん人が来て写真とか撮るので落ち着かず。仕方なしに移動。同居人は「花見はムリ」と最初から言い張ってたのだが。太陽の下、久々に良い気分でちょびっとだけ勉強。6月にあるパティセリーの試験のための準備をそろそろ始めようかと思ってノートなんかまとめ始めたら、どんどん雲が増えて雲ってしもうた。これでは外に座るのは寒すぎる。太陽がある限りは敵のように是非とも日光浴をしたいという太陽に飢えている難民なのでしばらく頑張ってまた太陽が出てくるまで震えながら座ってみたが、なんと雨まで降ってきた。くそぉ。仕方ないので温室に行って蘭とかみて時間を過ごしたら雨も止んだので帰路に。帰り道でカフェによって昼まっぱらからワインなんぞのんじゃって。。。つまみにポテトチップなんか食べちゃって。。。しかも酔っぱらいついでにその後帰宅して昼寝までしちゃって。。。三大ダイエット禁忌をやってのけた。同居人には「あんなワイン1杯で酔っぱらえるなんてすごいよな、経済的だよな、僕なんて1本は飲まないとそんなに酔っぱらえないもん」と褒めてんだか貶してるんだかわからないコメントを貰った。一応お褒めの言葉としてありがとうと言っておいた(嫌味)
一日の摂取カロリーを思いっきり全部使い切ってしまったので夕食はサラダ。しかしそれだけでは寂しいので(え?)ベジタリアンソーセージなるものが冷蔵庫に入ってたのでそれを一緒に食べた。う〜ん、微妙な味。ソーセージと呼ばれるのはその形だけが所以か?というぐらいにソーセージとはかけ離れた味のするものだった。軽く夕食を済ませて同居人と一緒に借りてきたビデオ鑑賞。SIX FEET UNDERというドラマシリーズ。工房でステファニーちゃんが「これさ〜はまっちゃって〜」と言ってたので見たかったのだ。んでシリーズ1の最初の話のプロットをみますた。1時間ものなのね?なかなかよかった。コメディっつー感じでもないのだが、笑えるところも泣けるところも考えさせられるところも多々あって、結構好きかもしれませぬ。葬儀屋の家族の話で毎回出されるお葬式とそれにまつわる人々のストーリーが展開されるという話だす。さすがにこれは感情的なので一気に見るのはツライので、少しづつ見るつもり。
comment コメント 5
04.16
Sun
今朝はあまり天気が良くなかったのだが、ダイエットのためにも運動したかったので病み上がりの同居人を連れてグリーンへ。風がびゅーびゅー吹いている中、バトミントンをしますた。ワタシも同居人もスポーツとは縁遠いくらいのとろくささが自慢(?)なので、バトミントンというよりも羽拾い大会という感じですた。その上風が吹いたらシャトルが全然違う方向へと流されてますます笑える状況に。なんか大笑いしまくりながら、30分ぐらい楽しみますた。ま、楽しく笑いながらしているあたりで健康そうだし、大笑いしてかなり腹筋も鍛えられたし、良いような気がしまする。また今度の週末にもやってみようと意気込んでいたのだすが、どうなることやら。
そして午後にはワタシはひたすらWEST WINGをみまくり。とうとう第1シーズンを見終わってしまいますた。がっ、何よ!これ?って言いたいくらいに、すっごい微妙なところでシーズンが終わってしまい、第2シーズンを見ないといけないような状況に。っつーかさ〜、セコイよな〜、あたしが1シーズン見て満足して終わりにすると思ってたんでしょ〜?といわんばかりの。こんな先が気になるほど微妙なところで終わるのはアメリカのドラマにありがちだといえばありがちなんだけどさ。そういえば、昔気に入ってみていたビバリーヒルズ青春白書の何シーズンか忘れたけど、それはケリーちゃんが襲われそうになって相手に対して引き金を引いた瞬間で終わるところがありますた。NHKはそんなにすぐに次のシーズンの放送を予定してなかっただけに「くぅぅぅぅ、この先どうなるのぉぉぉぉぉ」とめちゃめちゃもがいた記憶がありまする。
夕食は昨日の残り物の豚肉の生姜焼き。これに春雨とワカメのサラダ、玄米ご飯。あ〜健康そのもの(?)。夕食後には何も口にしないつもりだったのだが、同居人につられてついついさっきミカンを食べてしもうた。ああ、なんてこった。フルーツも結局はカロリー高くて太るというのに、やたら食べている始末。今日は朝からメロンを一切れ。イチゴをボール一杯。午後にはブドウを一房、そして夕食後にミカン。あ〜〜、これじゃ〜お菓子を食べなくてもかなりのカロリーを摂取してるよ(鬱)。
comment コメント 0
04.16
Sun
何をしていたかと言えば、WEST WINGを見まくっていた。同居人にも呆れられた。エピソード18までみた。今日でシーズン1を見終わりそう。うはぁ。
同居人の風邪は少し良くなってきたかな。復活したと言い張ってきかないのでセンスベリに一緒に買い物へ。復活祭の前なので結構混んでいた。たくさんアヒルが売っていたので「どうやらイースターにはDUCKを食べるらしい」と勝手に結論してみた。真相は不明。いつも土曜日に食料の買い出しに行くのだが、同居人と2人で持てるだけもって運ぶ。牛乳とかオレンジジュースとかは週の間に近くの店でもう一度買うけど、それ以外の野菜とかメインの買い物は土曜日にまとめてすることにしている。なので帰り道は同居人もワタシも両手に袋いっぱい、肩からもかける袋も持っていってそれもいっぱいにしている。買ってくるたびに、恐ろしく小さい冷蔵庫(我が家には日本の一人暮らし用の冷蔵庫の大きさぐらいしかない)にぎゅうぎゅうに詰め込んで「こんなに食べられるのか?」とか思うんだけどさ。。。毎週キッチリ全部なくなるんだよなぁ(遠い目)。週の最後の方とかだんだん新鮮なモノが無くなってくると乾物の豆とか煮たりしてるくらいだし。恐ろしい量を消費している気がする。この買い物の良いところは(?)、両手に持ちきれない量は買わないという点にある。スーパーでカゴ2個がいっぱいになるくらいの量なのだが、これ以上は持てないから買わないし、それがちょうどいい食べる量なんだろう。そして夕食は炊き込みご飯と豚肉の生姜焼き。全然イースターちっくじゃないディナーだ(爆)
comment コメント 0
04.15
Sat
グットフライデーだというのに、誰かが風邪をひいているので大した展開もなし。まあ、普段からそんなに復活祭だからといって何をするわけでもないが。正式には何をするのだろうか?なんだろ?子孫繁栄と繁殖を祈ってウサギとか卵とかがモチーフのチョコレートが満載だったりするし、ゆで卵に色をつけたものとかどっかのイースターランチに行ったときに食べたことがあるけど。それ以上はいまいち習慣をよくしらなかったりする。とりあえず、美しいチョコレートが出回っているのは素敵だけど。ワタシはダイエット中なので遠慮しておこう(ぐっと我慢)。一応ゆで卵とかゆでてこの前の大根の煮物の中に入れておでん風に煮付けて味卵でもしてみようかしら(激爆)
病気だというのに、ぐずぐずと起きていてちっとも治そうとしない同居人もさすがに昨晩は疲労困憊なのか10時過ぎにはもうぐったりで寝床へ。ワタシはそれからWEST WINGをみまくりますた。1シーズンの真ん中ぐらいなんだすが、ちゃんとみるとなかなか面白いだす。補佐チームのそれぞれのキャラとかもわかってくるといろいろと言いたいこととかわかってくるし。でも、政治的な部分とかでたぶんアメリカに住んでいる人だったらわかるであろうに、ワタシにはさっぱりわからない部分とかたくさんあるだすが、その辺は流して見ることにしている。会話の端々で極めてアメリカチックな部分とかがあって、見応えもありまする。
昼間にあまりにも太陽がまぶしくて天気がよかったので、散歩に。カレッジの桜がそれはそれは美しくてちょうど8分咲き。ああ、やっぱり桜をみないと春になった気がしないわな。街のなかに墓地があるのだすが、その中にも桜の木が何個かあって、とってもキレイだった。死人が横たわるところの桜は怪しく美しいという何かの引用をイヤでも思い出させるようなそんな墓地ですた。静かな墓地は散歩にはぴったりの、心が安まる空間で好きなのでよく歩きに行くのだすが、こんな素敵な桜の木があるなんて知らなかっただす。
comment コメント 0
04.14
Fri
同居人が風邪でダウン。昨日の夕方に帰宅したときに既に目は潤み、鼻はぐしぐし、咳ごほごほ。かなり状態が悪かった。なのになかなかベットへ行こうとせずに、ネットしたり、新聞読んだりぷらぷら。あんたね、具合悪いなら寝たら?って何度も言ったけど生返事をしながらすごく辛そうにして書斎の床に転がったりしてた。んなことしてるんだったらちゃんと寝ることにしてすっぱりベットで寝てしまえば早く復活できるのに。。。とまるで病気の子供を抱えるハハの気持ち。そんなんで病気の子供(!)の世話をしていたら日記を書くのを忘れて寝てしもうた。今朝起きたら同居人が熱かったので熱を測ったら37.3度。ワタシは平熱が36度なので37度を超えるとしんどいのだ。がっ、同居人は「37度が平熱だよ!」と自信満々で言い切る。BBCのhealthのサイトをみたら確かに37度が平熱って書かれていた。し、しらんかった。脇で計ると少し温度が低いそうな。ワタシが子供の頃は脇で計っていたのでそれで覚えている数字が平熱で低く覚えていたのか?それともワタシが定温動物で自分の平熱がえんらく低いからそれが基準で覚えていたのか?よくわからんが、世の中の平熱が37度というのは初耳だ。
んで平熱だとわかった同居人は、ごほごほ言いながら部屋のなかを歩き回りワタシに菌をまき散らしてくれている(ウイルスかも?)。ありがとう(怒)さすがに平熱だと言ってえばってはいるが、オフィスに仕事にいく気力はないらしい。今日一日こんなして家にいるつもりか?うへぇ(邪魔)
昨日はすごく変な天気で雨がふったり止んだり。それでも運動がてらにテスコというスーパーまで歩いていった。結構距離があるのだが(片道30分)いい運動になると思って自転車でなく徒歩で。スーパー内もえんらく広くて中を歩くだけでも良い運動。普段ワタシがいくセンスベリは街中心にある小さいモノなのでこういうデカイところにいくと圧倒される。んで、いろんなものを見て回って楽しんだ。ふふふ。野菜のところの根菜類で大根らしきものを発見。お〜、テスコには大根が売っているとそういえば誰かが言っていた。一応青首大根ちっくにクビのところは青いのだけど、日本の大根みたいにすらりと長くなくて、3角錐みたいに急激に先が細くなる形だった。でも美味しそうだったので2本購入。とぎ汁で煮てから、出汁で煮込んだらすごい美味しく炊くけた。あ〜〜、大根の煮物(美味)。こういうスーパーであまり見かけない野菜を買うときに要注意なのはレジの人が野菜の名前をしらなくてレジを打ち込めないことがあること。どの野菜か選べないと値段が決められないから(値段はすべてデーターベースに入ってる)。なので棚から取ったときに、ラベルを見たら「Mooli」とあった。ムーリ?なんだろ?インドっぽい名前だわな。インドでも大根たべるのかちら?と不可思議。アジアンフードの店とか中国人のやっているオリエンタルの店にも大根は売っていてそのときには名前とか気にしてみたことなかったのだけど、今度行ったら見てみよう。
comment コメント 0
04.13
Thu
引き続きイースター休み。朝から必死でダイエットの記事を貪り読んで最後に納得したのは「カロリーを押さえた食事、規則正しい生活、適度な運動、プッシュアップなどのエクササイズ」というあまりにも分かり切った王道でしかないということ。そりゃそうだよな〜、そんな簡単に健康的に痩せられたらだ〜れも苦労しないわな〜。と思い知らされたので、とりあえずジョギングに。しかし、ジョギング1時間しても、ショートケーキ1個分のカロリー燃焼とか言われるとやる気なくすわな。でもしないよりはマシだと思ってちょびっとだけ走りにいった。30分も走ってないから、ケーキ1個分にも満たない。わははは。プールにしようかな?
午後に一軒家を見に行った。そんな悪くないかも。でも、学生に貸し出しているような家で、家主自身が住んでいてメンテナンスしている家でないから、かなりの手入れが必要。まあそれも悪くないのだが、エゲレスだとかなりの忍耐が必要っつーことになる。どうする?悩み中。
図書館に行ってDVDを借りてきた。たまたまそこにあったWEST WINGというアメリカのドラマ。ホワイトハウスの中の話なのだが、みんながみんなえんらく傲慢チックな政治家でびっくり。もっと見たら面白いのかちら?借りたのがシーズン2の後半という中途半端なところから見始めたのがマチガイなのか?最初のエピソードみただけでちょびっと食傷気味でこのまま見ないで返すことになりそう(うはは)
気を取り直してERをみる。シーズン5でワタシの好きなジョージクルーニーがERを去る話。なんだかな〜、クルーニー演じるダグが強引っつーか、こんだけやりたい放題やってりゃそりゃ職場で居心地悪くなるだろうに、そりゃ他の職場を探さないといけない立場になるだろうに。。。と言いたくなるくらいになんかいまいち後味がよくなかった。ジョージよ、そんなにERに出演しつづけたくなかったのかい?と言いたくなるほどであった。このあとどうなるのか全然知らないのだが、たぶんこの辺がERの山場なんだろうな〜と思いつつみる。どちらもアメリカのドラマだけどワタシはERのほうが断然好きだ。

comment コメント 2
04.11
Tue
今朝はだらだらと寝ていようと思ったのだが、同居人が朝早くから起きて仕事に行くのでなんか申し訳なくて一緒に起きた。そして外を眺めたら、なんてムカツク天気。雨がしとしと降っていて寒いのなんの。4月じゃ!雪になりそうなくらい寒かったよ!(大げさな)もちろん庭仕事は出来ず。しかも溜まってきた雑誌を本棚に整理していれるボックス(なんて言うのだろう?)が欲しかったのだけど、オフィスサプライの店まで買いに行く元気全くなし。なので午前中はだらだらして過ごす。はぁ、何をやってんだかね。それからランチに同居人とカフェに行って、そのあとオフィスに行きますた。フランス人の偉い先生が先日、日本に行かれたのだすがその時に漆器や陶器を買い込んだらしくその中に入っていたしおりを見て欲しいと言われていたのだす。んで寒くて雨が降る中、風もびゅーびゅー吹いていて傘が壊滅状態になりながらオフィスに着いた。そしてその栞というのは、「漆器の取り扱い方」というものや、有田焼の窯のブランドの名前とかが書かれたお茶碗のしおりですた。漆器の扱い方はストレートなので「食器洗い機はお使いにならないでください」とかで楽に説明できるのだが、単なる窯の説明をしてある栞とかってこういうのって訳すの難しい。「わが○○窯では伝統工芸を日々の料理や暮らしのなかに取り入れていただくために努力しております。どうかご愛用いただけますようお祈り申し上げます」とか言われてもね。。。しかも、窯の名前が独特で読めん(滝汗)ネットで調べたら書いてあって(そのまま音読みすればよかった)窮地を逃れますた(日本人失格?)でも先生は何が書いてあるのかわかってとても喜んでおられたのでよかっただす。
そして夕方にはひさびさにエアロビクスに行きますた。ここのところの運動不足を何とかせねばと思っていたので、少し本気で取り組むつもりだす。かなり前にちょこちょこと行っていたのだすが工房が始まってからは行かなくなってしまっていたので、また再開する良い機会かと。ワタシはどうみてもかなり運動オンチですべての運動(球技やなんか)がとりあえず苦手なんだな。んでエアロビクスとかいって軽やかにみんなが手足を振り上げているところでもたもたとする自分を鏡で見るのはかなり虚しいのだが、音楽に合わせて楽しく動き回るのはそれでも気分が良いし、決まった時間に毎週いけるというのは性に合っていて、いいかもしれませぬ。先生がすこし入れ替わっていて前に気に入っていたサブリナ先生は他のもっとハイレベルのクラスになっていてワタシには到底ムリ(あああ)。でも、今日のアリソン先生もすごく良い感じ。とりあえず「贅肉っちゅ〜言葉をご存じですか?」っていうくらいにエアロビクスのインストラクターの見本みたいな方で、それでいてぎすぎすした感じじゃなくて、これまた美しくにこやかに、優雅に動き回る彼女をみていてほれぼれしますた。あんなにできたら気分いいだろうよ。。。(他人事)まあ、しばらく通って頑張ってみるつもりだす。そして今日のクラスの時にナゼか隅っこの方にかわいい5歳くらいの女の子が2人座っていた。なにかと思ったら、アリソン先生の子供だった(爆)「シッターさんが急に具合悪くなっちゃって、他に見て貰える人もいないし、ワタシの代打も急には探せなかったので連れてくるしかなかった。隅っこにいるだけで絶対に邪魔しないように言いきかせてあるから、よろしくね」といって、音楽かけてさっさか始める。こいうところが、良いところだな〜と思う。たぶんこのスポーツクラブの雇い主もまあそんな事情だったら仕方ないかと思ってるだろうし、今日エクササイズに来ている人もみんな、納得してるし。こういうところが融通きくっていうか、人間として「そりゃ仕方ないわよね〜」ってみんなが思ってあげられる社会っていいと思う。ちなみにそのおちびちゃんたちはスゴクお行儀がよくて、ずっと隅っこの同じ場所で本を読んだりお絵かきをしたりしていて、クラスには何の支障もなかった。いいことだわ。
夕食には久々にお肉を食べようと思ってラム肉のステーキを!エクササイズしていたら何を食べても良いような太っ腹になるのは、まだ給料を稼いでないのにどんどん使うつもりでいる、取らぬ狸のうんたらのようだ!(呆)
comment コメント 0
04.10
Mon
今日はなんか変な日だったよ。ぼーっとしているウチに時間が経って一日が終わってしまった。午前中に家事をしたり、ずっと保留していたメールとかの返事を書いたりして過ごした。それから同居人といつものカフェに行ってお昼ご飯を食べてから街で用事を済ませる。銀行に行って光熱費の支払いの処理をしたり、ちょっとした食料の買い出しをしたり。この前友人の結婚式に行こうとおもったら時計の電池が切れていた。しかたなくすごいポップなスウォッチをしていくはめに。なんすか?なんかのバチですかね?いやいや単にバッテリーが切れただけだよ。それからずっと放置してあったので今日街に行ったときに電池交換をしようと思っていた。んで、マーケットにある宝石屋に入ったら、店員のオババがずっと同僚と喋っていてなんか入ったときから感じ悪い。電池交換をして欲しいといったら、「んじゃ、明日にでも取りに来てと」なんで電池交換に丸々1日もかかるんじゃ?と思ったし以前にその店で交換してもらったときには小一時間で出来ていたから「今日中にはできませんか?」と聞いてみた。そしたら、そのオババは面倒くさそうに「そんな一日でなんてムリよね〜?ジョン?」とはす向かいにいるやっぱり面倒くさそうな店員に聞く。そしてジョンのダメだしをくらったので、私はなるだけ平静を装いながらにこやかに挨拶して自分の時計を取り戻して店をでた。こんなところでストレス溜めていてはカラダがもたん。だいたいそんなちっこい店に4人も店員がいて、みんなヒマそうにしてるのがかなり不思議だったりするのだが(しかも電池交換にそんな時間かかるか?)。んですぐ近くに別の店があったので入っていったら、その場でやってくれた。応対も感じよかったし、ごく普通だったよ。なんだよ、やれば出来るんじゃんね?とりあえず時計は直った。前には別の店で時計の裏に思いっきりキズをつけられたし、イギリスでの電池交換は嫌な思い出がいっぱいだよ。
そして街にいったらGAPでセールをしていて、ついついコートを買ってしまった。もうモノは増やさないという誓いはどこへ?そんな守れない誓いをたてる自分もアホらしくなるほどの短期間の誓いであった。
ブリュッセルから友人にハガキを送りたくて、地図をみるかぎりホテルの近くに郵便局があるハズなのに見つからなかった。そして後日ふとした瞬間にそれが実はホテルのナナメ向かいのデカイビルの一階を占めていることが判明。ずっとその前を通っていたのだが、まさかそれが郵便局だとは思いもよらなかった。なんか赤いでかでかとしたサインの入り口で(やたら赤い)、なんかの保険会社か?とか思っていたりした。いやいや、よく考えたら日本のポストも赤いんだけどさ。

しかしこれが郵便局のマークだとは夢にも思わなかったよ。常識は場所によって違うわけだし先入観に捕らわれているといかんと旅行に行くたびに思う。でも、こりゃ〜〜、とても郵便には。。。(しつこい)
しかしだ、郵便局を発見してから手紙を出したのだがそれが水曜日。そしてそれがすぐ今日にもうついているというのを聞いてびっくり。すげ〜、あんなロゴのくせに(いやいや)、この迅速っぷり!ベルギーの郵便局には感心だす。
comment コメント 0
04.09
Sun
今日は靴を履かない日と決めて家に引きこもって過ごしますた。本当は散歩にも行きたかったし、庭の手入れもしたかったのだけどいかんせん変な天気でちっとも春らしくなくて散歩をする気にもなれず、そして庭の手入れをするような雰囲気でもなくだらだら過ごした。ずっとしないといけないと思っていたファイルの整理とかをしたりしてたらあっという間に夕方に。そりゃそうだ、休みだからとぐうたらしていて起きたのは昼だったし(テヘ)
夕方になってパンがないことに気がついたのだけど、すでに時遅し。イギリスの日曜のはスーパーも早く閉まってしまうのだった。仕方がないからパンを捏ねて焼くことに。まあヒマだったしいいか〜と思って捏ねていたのだが、やっぱミキサー欲しいなぁ〜と腕が疲れてきたころに思った。工房だとミキサーに入れて混ぜるだけという楽をしているだけに(まあ量が多いのだけどさ)だんだん手で捏ねるのが面倒くさくなってきたよ。
そして最近気に入っているBBCのThe Apprenticeというオーディション番組があってそれがネットでも配信されているのでそれを見ますた。毎週1人づつ脱落していくというオーディション形式なんすが、だんだんイヤなヤツがいなくなっていくっていう感じもする。こういうのって地がでるんだよな〜とか思うくらいにシュールな足の引っ張りあいでエゴでまくりで見ていてかなりツライというのに、ついつい見てしまうという。思いっきり制作者の意図にまんまとはまってますがな。ビックブラザーズとかもそうだけどこういうのに出演しようとする人たちって、どこかすごいよな。
夜になって同居人と一緒に借りてきたDVDのDoctor Whoをみますた。やっぱりこれもBBCの作品。なんかBBCづいてるよな(汗)実は私はアメリカのドラマとか大好きなんだすが同居人はかなりお嫌い(おほほほ)私がERとか見ていると嫌がるので「そんじゃ何がみたいわけ?」といったらドクターフーだそうだ。確かにヤツはSFとか好きなんだよな。これまたイギリスチックにコミカルでシュールなギャグが満載のコミカルなSFで結構面白いことは面白い。ノートパソコンで見ているのだすが、最近はDVDも見られるし、ネットで配信されている番組もあるしPCで素敵なメディアライフが送れることに感謝したいだす。
夕食はリゾット。トマト味にしてゆっくりと火を入れてたっぷり仕上げますた。ポルチーニ茸など豪華なものはないので、単なるマッシュルームで代用したのだけど、これが激ウマ。赤ワインで煮込んでいるせいかこくがでてすごく美味しかった。
そして食べ過ぎて後悔するんだよな。。。
comment コメント 0
04.08
Sat
ブリュッセルに行っておりますた。同居人の仕事の会議とそして同居人の誕生日旅行も兼ねているという。いや、単に会議の途中に誕生日がきちゃっただけなんだすが、自分のプレゼンの準備で必死な同居人を無理矢理レストランに連れていって乾杯。仕事のプレッシャーがない私は存分に満喫するという、誰のタメの誕生日かいまいちわからんというようなところもあったけど。わははっは。
ブリュッセルはロンドンからユーロスターの列車で2時間半という素晴らしいアクセスだす。こんなに近いと思わなかった。そしてすごく早い時期に予約をするとビックリするくらいに値段が安くて(往復で59ポンド)とてもありがたい。今回は同居人の仕事だったのでホテルも全部手配してもらってナゼか分不相応にも五つ星ホテルとかに泊まってしまいますた。うは〜、こりゃ〜ええ。なんて太っ腹なブリュッセルの会議。とはいえ自腹じゃないんだからもっとそのゴージャスさを味わえばいいのに、あまりにも豪華すぎるホテルに居心地がいいんだか悪いのだかわかんないようなそんな貧乏性を認識するような気分ですた。入り口のカフェがとても雰囲気よくて気に入って何度も通って新聞を読んだり友達にハガキを書いたりして楽しみますた。
それがそんな素敵なホテルなだけに、泊まっている人は全然お金に困っていないのか?無線LANのアクセスが有料で、しかも2時間が14ユーロというぼったくり料金。今時、ネットなんてタダのビジネスホテルもゴマンとあるというのにどーして?って感じで、旅行中はまったくネットができんかったのだす。
ブリュッセルは以前にも何度か行ったことあるのだすが、フランス語とオランダ語が公用語という不思議な言語の国。私の好きなレオニダスのチョコレートを両親に送ってあげようとパックして郵便局へ行ったのだすがフランス語しか喋れないおっちゃんが窓口で、私のつたないフランス語は撃沈。ああ、こんなところで語学コンプレックスを刺激されるなんて寂しいことよ。
同居人の誕生日に行ったレストランは和食とフレンチのフュージョンというふれこみのレストラン。以前にELLEという雑誌に日本人シェフが経営するブリュッセルのレストランとして紹介されていたのをみて行ってみたかったのだす。ムニュ(コース)が30ユーロからとお値段はリーゾナブルで、そしてお食事もとっても美味しかったのだすが、お店の雰囲気は私の好みではなくいまいちですた。なんちゅーのか最近の新しいレストランにありがちなガラス張りでコンテンポラリーっていうか、モダンな雰囲気でしかも音楽はジャズっていう。。。いまいちこういうのって嫌味ちっくでイヤなんだす。結構混んでいたし、お味も美味しかったからそんなしょーもないインテリアに文句たれるような私には来てくれなくて結構って言われそうだすよ(汗)。ブリュッセルに行く機会があったらお勧めだす。予約していった方がベターだと思うけど、もし席がなくてもその界隈には結構美味しそうなエスニックのレストランもたくさんあったしダメだったら他に行くというつもりで行ってもいいかも。

Chez Oki
62, Rue Lesbroussart
1050 Bruxelles
Tel 02.644.45.76
comment コメント 0
04.01
Sat
今朝は早起きしてまたしても一軒だけ家の内見に行ってきた。先週見に行ったのと同じ通りの家。元はたぶん同じサイズの家だったのだろうが、今日みたのは屋根裏部屋が使えるようにしてあったので、使用面積は広い。がっ、何よりも対称的だったのはモノだ。先週みたところはカップルが住んでいて本が大量にある家だった。DVDもいっぱい棚にところ狭しと並んでいて、ある部屋のデカイクローゼットを開けたらそこにも本がびっしり並んでいた。本棚だけでは並びきらない本をクローゼットにしまい込んでいるという。とにかくモノが多いカップルなのは一目瞭然で、「狭すぎるから引っ越ししたい」という理由で家を売りにだしていた。そして今日行った家は何とも対称的な家。まず男の人が1人で住んでいる家だった。これがどうしてっていうくらいにとにかく広く感じた。同じ大きさのテラスハウスなんだが、とにかくモノが少ないのだ。男の人が1人で住んでいるとこんなものなのか?と思ったのだが、クローゼットとかにきっちりと何でもしまえるような設計になっていてそして目につくところには何も置かない主義なのだろう。それに元々持っているモノの量がごく限られているからこそ、収納が可能なのだろう。特にキレイにしてあるっていうのとはまた違って、たぶん普段の生活がこんな感じなんだろうと思わせるくらいに、ベットルームには服が脱ぎ散らかしてあったし(人がくるのにどうよ?)台所にはコーヒーが飲みかけだったりするカップがシンクに置かれたままだった。とにかく、私はキレイにそしてシンプルに生活しているその態度にただひたすら感動して帰ってきた。いやいや、家はね〜、たぶんいい家だと思う。値段もすごく控えめにしてあるし。だからこそ内見に来ている人もわんさかいた。でも、いまいち同居人と私のイメージするものとは違ったので、この家って感じじゃないよね〜といって終わってしまったのだが、私は家に帰ってきて自分の家の溢れんばかりのモノと、そしてあまりの雑然さに愕然として急に片づけたくなった。すっごい単純な細胞でこういうときに有り難い。とりあえず、家中に掃除機をかけて、そして整理しまくった。いや〜〜、だからといってモノが減ったワケでもないのだがとりあえず整理するのは良いことだ。どこに何があるのかわからない状態になるほどモノが溢れているのはやっぱり問題なのだろうな。貧乏性でなんでも取っておかないと気が済まないこの性格をなんとかせねばいかんのだが、こうやって時々片づけの神様が降臨するのでなんとか持っているのだろう。いやいや、もっと普段からキレイにキチンとしていたいものなんだが、そんな簡単にはできんわな。
comment コメント 0
back-to-top