08.03
Wed
夏休みが始まって私の中では色んな野望があったのだすが、何もこなせないままもう半分が過ぎようとしておりまする。
やばいよ。お子の学校の宿題でスペリングとかあるんすけど、先日久しぶりにやったらボロボロですた。漢字の書き取りと一緒で日々鍛錬してないと忘れてしまう模様。やばいやばい。
さらに、お子はこの歳にして手を抜くことを覚え始めた。適当にやって流すというか、いかに努力しなくて良いかというところに最大限の努力をするという。すごくやだよ。もう少し一生懸命やって欲しいっすよ。
しょーもないことには情熱を注げるのに。。。学校でやらないといけないことには余り情熱を注げてない様子。まあまだ小さいし仕方ないとは思うのだすが、学校とかで余りにもぼーっとしておる小学生男子らしく、親としてこの先が心配っす。
私は夏休みに入って学校の送り迎えから解放されてそれだけは助かっているだす。まあ、だからこそ、もう少し私が努力して色々と面倒を見てあげないといかんのだしょうが、日々の事に流されて毎日が過ぎていってしまっているだす。
すんごい古い家に住んでいて時々メンテが大変なんすが、先日思わぬことで床下の電気の配線がショートして火花が散るという惨事が。もうやだよ〜これだから古い家は。仕方がないのですぐに電気工を呼んで配線を応急処置してもらいますた。
色々とあるっすが、こういう対処もなんとかできるようになってきて、私もここの生活にどっぷり慣れたよなーと思った次第だす。ああ、火事にならなくてマジよかった。

comment コメント 0
01.05
Tue
やっと今日で冬休み終了っす。今日は久しぶりにお子の水泳教室についていきますた。相変わらず溺れそうな勢いで泳いでいるのか、なんだかわかんない様子でバタバタしているのだすが、一生懸命やっていて微笑ましい感じではありまする。
以前から湿疹がよく出て気にはなってたんすけど、クリスマス前くらいからちょっと酷くなってしまい、仕方なくお医者さんに診てもらいに行きますた。正確には私は仕事で行けんかったのでお父さんに連れて行ってもらったんすけど。そしたらやっぱりアトピーだとな。大粒涙
ああ、これからこの湿疹と戦っていかんとならんのかと思うと憂鬱。夕刻になると痒くなってきたりして可哀想だったりしまする。とりあえず今の酷くなっているとこが治って来てくれたらいいんすけど。

comment コメント 0
11.10
Tue
イギリスの暗〜い秋がやって来ますた。
せめてもの救いは観光客が減って私の仕事が楽になったことかちら。
お子はとても素敵な担任の先生に恵まれて毎日楽しそうに学校に行っておりまする。それはとても幸いだと感謝して止みませぬ。
そしてついに歯が!
お友達はもう前歯が抜けている子とかいるのだすが、お子は全然その兆候がなく、本人的にはチョット悲しかったみたいなのだすが、やっと奥歯が生えてきた様子。6歳臼歯。
嬉しそうに語っているのは良いんすけどねー、これが奥歯でしかもまだ生えきっていないので一段下がっていて、とても磨きにくい!永久歯だけにこれが虫歯にでもなったら大変だとお子には大事にするように指導する毎日。
んでもこんな時に限って貰うんすよねー、甘いものを。。。ため息。
先日は学校でクラスのみんながご褒美にチョコレートを貰ったらしい。
それが、いままで不思議なことにお子はチョコレートに興味がなくて食べなかったので心配していなかったのだすが、最近急に試してみたくなったらしく、食べたら美味しかったらしい。そりゃそうだ。
んでも、このタイミングで甘いものに目覚めるのはマズイっしょ。なので、大好きなお煎餅と交換してあげるよ。と歯の大事さを説いて砂糖の摂取をなるだけ軽減しようと模索中。
それにしても学校で甘いものを貰うってどうよ?といつも思うだす。私が小さい時には少なくともチョコレートが学校で振舞われることなんかなかったと思うのだすが。それは私が覚えてないだけ?今は時代が違うの?それともイギリスの小学校が虫歯予防に無頓着なだけ?!疑問だす。
まあ大量にケーキを焼いて甘いものを生産しまくるのを仕事にしている私が言うのもなんだすが。。。

comment コメント 0
09.30
Wed
お子は赤ちゃんの時にはそれはそれはよく泣いてぎゃん泣きもしまくり、何かにつけてよく泣く赤ちゃんだった。他の人にも「当時すごく大変そうだった・・・」と言われたりするので、たぶん自我が強くて手の焼ける赤ちゃんだったんだと思う。
それでも、少し大きくなったらあまり泣かない子になった。転んでけがとかしても泣かないし、結構我慢強い子だと思うことが多い。
んでも、やっぱりうるうるすることがあるんだ!と発見。
この前、オリバーツイストを読んだ感想を聞いていて「オリバーはお母さんもお父さんもいない子がいく学校に行っていてね、なんでかっていうとお母さんが病気で死んじゃってさー」とか言う話をしていて、さらに自分のことに当てはめて、「お子ちゃんもお母さんが死んじゃったらさー」とかいいだす始末。
「いいの?お母さんが死んじゃっても???」
と突っ込んだら、「みんな死ぬよ。みんな年を取ったら死ぬし、病気になったら死ぬよ。」
とな。
「お母さん死んじゃったらどうするの?お子ちゃん平気なの?」と問い詰めたら
目をうるうるさせながら、
「うん、別に平気。お父さんと暮らすから。。。うぅぅぅ」
アホだ・・・、自分で言っておいてそのシチュエーションを想像して悲しくなっとる。

さらに、今日はイギリスがEUを離脱するかもしれないという政治の話をしていて、こういう点ですっかりイギリスに嫌気がさしている夫が「イギリスがEUじゃなくなったら、俺は大陸の自分の国に帰ろうかな~」と言いだした(←かなりマジ)
なので、「んじゃ、ワタシも日本に帰ろうかなー、私は日本人だし」
そしたら、お子が急に不安になって
「え?それじゃ、お子ちゃんは???お子ちゃんはイギリス人でしょ?だからここにいるの?」
とな。なので、面白いので調子に乗って
「あ、そうそう、お子ちゃんはここで1人でいるのかな」と言ったら
涙をぽろぽろ流して泣き出した。
スマン。あんまりおもしろかったのでからかったけど・・・
想像したらやっぱり悲しくなった様子。まあ、たくましく育ってくれ。

月曜日の朝に、家のドアに鍵が二つあってとてもかかりにくい方の鍵を無理やり閉めたら、ついに開かなくなった。
鍵が認識されない様子。はぁー。
幸いにして裏庭に通じる小路があって、そこからさらに通路を伝ったドアから表に出ることができる。
まあ、家に入れなくなったとか、家から出られなくなったとかではないのでまだ状況としては最悪ではないが、すごーく不便。
人が来たときとか、「あ、ちょっと待ってください」と裏を回ってえっちらおっちら通りまで出てこないといけないという。
鍵屋を呼ばないといけないんだけど、なかなか手配できず数日過ぎてしまった。この勢いでは、しばらく裏口生活が続きそう。
いや、それは面倒くさすぎ・・・。先日トイレが壊れてやっとそれを直してもらったというのに、今度は鍵かよ。ワタシのオフの日が修理待ちで消化されていって悲しすぎる
comment コメント 0
01.17
Sat
今週から職場のマネージャーが休暇に行っていてなんかみんなが解放感ありまくりなのか?材料の注文ができてなかったりとかなんかやりにくくて嫌な感じっす。私にとってはマネージャーが不在の方がやりにくいのだすが、いつもなるだけサボりたいとか思っている人たちにはパラダイスなんだろうなぁ。そんな職場ってどうよ?
まあ、そんなに忙しい時期でないのでちょっとくらい注文とかミスされても致命的でないからいいっす。これが忙しい時とかで私の仕事に激しく支障をきたすようになると怒りがふつふつと芽生えるっすよ。
お子はその後なんとか普通に学校に行けるようになってきて良かったっす。
普段あまり喋らない他の子のお母さんからも、この前お子ちゃん暴れていたけど大丈夫ー?とか言われてしもうた。普段から仲良くしてしている人だったら、ありがとう気にかけてくれて。。。と思うだすが、そうでない人から言われると、なんかそっとして置いて、お願い。。。とか思ってしまうっすよ。
お子がどうしておばあちゃんは2人いるのかと聞いてきますた。そりゃぁお父さんのお母さんと、お母さんのお母さんがいるからだよ!と説明したものの納得がいかない様子。お父さんのお母さんはしぶしぶしていておばあちゃんって感じだけど、お母さんのお母さんはおばあちゃんって感じじゃないよ?とな。
確かに、西洋人に比べて東洋人はシワとか出にくいし年取って見えないから言いたいことはわかるだすが、しぶしぶって。。。その表現言いたいことわかりすぎで面白いっす。
最近はお子はベットに入ってから寝るまでに勝手に本とか読んでいる時間がどんどん長くなり、寝る時間がどんどん遅くなっているのが問題っす。だから朝起きられないっつーに。お父さんが、部屋から本を撤去するとか非現実的なことをいうので、私は消灯して真っ暗にすると宣言しますた。お子は暗いのがにがてなので、十分脅しにはなったと思うのだすが、さて、どうなるか?
comment コメント 0
back-to-top